2017年05月24日

450 農業大学校学生会陸上クラブと走る その23

▲2017年5月9日(火) 曇のち小雨

 先週と同じく本日も学生指導があり、練習開始時間に遅れての参加であったため、一人練習会となりました。

 走り始めてまもなく、ポツポツ雨が降ってきました。天気予報どおりです。コース一周は諦め、1.5kmほど走ったところで折り返し、3km少々のジョギングで終了しました。

 日本経済新聞に載っていた広告です。
 「RUN FOR THE FUTURE
  健康で心豊かな快走人生を
  ランナーズとランネットから。
  R-bies RUNNERS GROUP」
 日経の読者にはランナーが多いのでしょうか。中日新聞では、この広告は見たことがありません。
 ビジネスの最前線で活躍するには健康でなければなりませんから、ランニングで体調管理に努めている経済人が多いのでしょう。広告の効果もそれなりにあるのだと思います。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:3.3km
走行時間:24分
  

Posted by まつぼっくり at 22:48Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年05月23日

449 鉄腕アトムに会いに

▲2017年5月7日(日) 晴時々曇

 知多市岡田の古民家「旧岡田屋」で開かれている「アトムがいた昭和の風景展」に行ってきました。

 「おかき屋辰心」のバイクラックに自転車をかけていたら、ボランティアのおじさんが会場への案内図を渡してくれました。
 急坂を上った料理旅館「枡磯」の斜め向かいに旧岡田屋(弘法宿)は建っていました。

 中に入ってみると、鉄腕アトムのブリキのおもちゃ、ぬいぐるみ、だっこちゃん、食器、靴、文具、かるた、ポスター、Tシャツなどなど、古民家の居間に展示されています。お茶の水博士をかたどったTOYOTAのプリウスの看板もありました。これらは、アトムグッズ収集家、小池信純さんのコレクションです。
 小池さんは1960年、名古屋市生まれ。幼少の頃、テレビで「鉄腕アトム」を見て魅了され、それから収集を始めたそうです。
 私が特に気を引かれたのが、ヤクルトアトムズのユニフォームです。現東京ヤクルトスワローズのかつての球団名です。
 1950年、国鉄スワローズとして発足し、その後サンケイスワローズとなり、1966年、サンケイアトムズとなりました。
 フジテレビで鉄腕アトム (アニメ第1作)が放送されていたことや手塚治虫が当時球団後援会副会長(会長は徳川夢声)だったという経緯もあって鉄腕アトムをペットマークに使い、チーム名をサンケイアトムズ(Sankei Atoms)にしたそうです。
 1970年、ヤクルトがアトムズを買収し、ヤクルトアトムズとなりましたが、1973年、虫プロダクション倒産に伴いヤクルトスワローズに名称を変更しました。

 これだけのコレクションをどこに保管しているのか、小池さん本人に聞いてみたいと思っていたのですが、知多市長や国会議員の夫人がやって来て、機会を逃がしてしまいました。
小池さんは知多市勤労文化会館の館長を経て、現在は愛知県の施設であるウィルあいちの所長の立場にあるとのこと。偉い人なんですね。

帰りに「おかき屋辰心」で団子を試食し、おかきを買いました。

使用自転車:COLNAGO C59
走行距離:53.1km
走行時間:2時間51分
  

Posted by まつぼっくり at 23:41Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月21日

448 5月は自転車月間

▲2017年5月6日(土) 曇時々雨

 今日は天候が悪く、家で掃除や書類整理をすることにしました。

 本日の新聞に我が意を得たコラムがありましたので、そのまま転載させていただきます。
『中日春秋』
 夏目漱石は自転車が苦手だった。1902年、ロンドン留学中に勧められ、稽古したものの<大落五度小落はその数を知らず、或時は石垣にぶつかって向脛(むこうずね)を擦りむき(中略)その苦戦云うばかりなし…>と「自転車日記」に書いている▲ジョン・レノンは子どものとき、自転車を手に入れるのが夢だったそうだ。夢がかなったその夜、自転車を裏庭に置いたままにできず、家の中に入れた。それでも心配でついには自転車をベッドの中に入れ、一緒に眠った▲どなたにも自転車の思い出があるだろう。初めて乗ることができた日。暑い日の自転車通学を振り返る人もいるか。昨日5日のこどもの日は「自転車の日」。5月は「自転車月間」である▲自転車交通の拡大や安全確保などを目的とした自転車活用推進法が1日に施行された。これを機に専用道路の整備や自転車を借りるシェアサイクルが先行する欧州レベルまで進むことを期待する▲排ガスも出さず、騒音もない、自転車は環境にやさしく、災害にも強い。適度な運動は心身にプラス効果を与える。それを生かすためにも、まずは運転ルールの厳守とマナー向上を図りたい▲残念ながら、まだまだ車道の右側を堂々と走る人や、歩行者そこのけで歩道を突っ走る人を時折見かける。漱石ではないが、危険な思いをさせ自転車嫌いを増やせば、その試みの車輪はパンクする。
  

Posted by まつぼっくり at 22:54Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月16日

447 へきなん町巡りサイクリング

▲2017年5月5日(金・こどもの日) 晴

 次の探訪あいち下見のため、碧南までサイクリングに行きました。

 碧南というと工業の街のイメージが強いですが、実際訪れてみると、農業も盛んなところです。
 あおいパークという農業体験施設もあるし、その周辺は畑が広がっています。特産はにんじんやタマネギ。それらの野菜をたっぶり使用し、白醤油で味付けしたのが「碧南焼きそば」です。
 お昼は鉄板焼きの「みのりや」さんで、そのご当地グルメを頂きました。
 昭和の風情漂う、古い汚い店内は、地元のおじさん、おばさんで賑わっていました。煙草を吹かす年配のおじさんが多いのには閉口しましたが‥‥
 壁にウド鈴木のサイン色紙が飾ってありました。「旅してごめん 2017.4.17」と記されていましたから、最近取材があったのでしょう。
 代金700円を払うと、店のおばさんが「どこからいらした?」
 「名古屋から、自転車で来ました」
 「名古屋から自転車で?」
 驚いた様子です。サイクリストからすると何でもない距離なんですが‥‥
 「この前、ウド鈴木のテレビ番組で碧南焼きそばの取材があったの。よかったら5月13日の土曜、テレビ見て」
 ちゃっかり宣伝がありました。

 食後、旧大浜警察署近くの大杉屋製菓に立ち寄りました。端午の節句ということで店頭の幟に書かれていた柏餅を買いました。

 碧南レールパークは、2004(平成16)年に碧南駅から吉良吉田駅まで廃線となった三河線の跡地を利用してできた公園です。旧玉津浦駅と旧棚尾駅のプラットフォームはそのまま再利用され、鉄道をモチーフに整備されています。線路を模した細長い公園はジョギングをするにはちょうどいいコースです。

 本日は、この他に、国登録文化財の九重味醂の大蔵、、権現崎灯台、油ヶ淵花しょうぶ園、哲学たいけん村・無我苑を見て回りました。
 これらを見学先に織り交ぜて、コースを設定したいと思います。

使用自転車:Panasonic POSクロモリロードバイク
走行距離:82.8km
走行時間:4時間12分
  

Posted by まつぼっくり at 22:14Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月12日

446 松平郷へ

▲2017年5月4日(木・みどりの日) 晴時々曇

 中日新聞連載の「街道を行く」に紹介されていた、家康ゆかりの松平郷に行ってきました。

東岡崎駅の東改札口で自転車を組み立て、午前9時出発。
 岡崎市街地を北上し教育大附属小学校東交差点を斜め右に進みます。グランドロードを道なりに走ると愛知県岡崎総合運動場が右手に見えます。右折して県道477号線に入ります。8%勾配の坂道。坂道は当然のコースですから、えっちらほっちらペダルを漕ぎます。
 道は青木川沿いに進みます。
 常盤東小学校前の川に沢山の鯉のぼりがつるされていました。まるで川を泳いでいるかのような光景に、自転車を停めてしばし見取れました。
 登竜門‥‥鯉が滝を登ると竜になる。
 鯉のぼりにはそんな願いが込められているのかもしれません。

 簡易郵便局を過ぎて三叉路を左折。段々畑で田植えをする農家の方の姿が目に入ります。
 田舎道を走ると、街中では見られない非日常空間を体験することができます。

 最近のフィットネスクラブでは、VR(ヴァーチャルリアリティー)サイクルがトレンドになっているそうです。大型スクリーンにに映し出された仮想のコースを見ながらバイクを漕ぎます。画面に急な坂道が登場するとバイクのペダルも重くなり、実際にそのコースを自転車で走っているように感じることができるとのこと。
 私はこんな仮想現実は嫌です。
 リアルの質感が大切だと思います。
 道路の凸凹を感じ、花の色彩、草や木の香りを楽しむ。この実感が体や脳に良いのです。
 ITが発達した現代では、家から出なくても、大半のことはスマートフォンやパソコンで済んでしまいます。しかし、それでは刺激が「視覚」に偏ります。
 目、耳、鼻、肌、舌、「五感」をバランスよく刺激するには、外に出て人と会い自然に接することでしかできません。
 インドアで映像を見ながらエアロバイクを漕ぐよりも、アウトドアでスポーツバイクを漕ぐ方が何十倍も楽しいし、身も心も生き生きと元気になれるでしょう。

 閑話休題。
 起伏ある道が続き、国道301号線にぶつかります。道路右下に神社がありトイレが見えました。我慢していたものを放出できました。ただ、蛇口が閉められていて水は出ません。

 挙母街道の急な坂を下ると、右手に見えました。目的地の松平郷です。
 天下人徳川家康の祖の歴史が刻まれたこの地は、松平郷園地として整備されています。ゴールデンウィーク中でしたが、さほど混雑はしていません。天下茶屋、室町塀、高月院などを見て回り、一番行きたかった展望テラスまで950mの山道を登りました。
 物見櫓を思わせる展望テラスからの遠望は素晴らしく、豊田市街はもちろん、三河湾まで見渡せました。

 天下茶屋でお昼ご飯を食べても良いのですが、時間はまだ11時を過ぎたところ。
 岡崎のまるぎん商店でラーメンを食べたい。
 松平郷亭(休憩所)で補給食を食べることにします。
 休憩所にはハイカーらしき年配の女性が休んでいました。
 「一人でサイクリングですか?」
 「ええ、そうです」

 エンジンを唸らせながら追い抜いていく車を横目に、いろは坂のような急坂をゆっくり駆け上がります。
 ぶどう狩りで有名な駒立町経由で帰ります。
 ほとんどペダルを回すことなく、アッというまに岡崎市街地に着いてしまった感じです。

 まるぎん商店は4回目。定番のあごそばを注文。スープまで全部飲み干してしまう美味しさです。

 時間はちょうど午後1時。まだ早い。輪行より自宅まで自走しよう。

 走り慣れた旧東海道を行きます。
 豊明駅北の「三寿園」が立て替えられていました。トコトコ東海道でスタンプ集めに何度か御菓子を買った店です。以前は古い地味な店舗だったのに、駐車場も完備したお洒落な建物に変わっていました。お客さんも何人かいました。
 店員さんに聞いてみると、一昨年リニューアルしたとのこと。
 そうか、2年前にスタンプラリーが実施されなくなってからこの場所を通っていなかったので、その間に変わってしまったんだ。
 街は変化していく。改めて実感。
 お土産にDバッグに入れても型崩れしにくいシュークリームを買いました。
 「自転車で持って帰られる? 箱に入れましょうか?」
 「いえ、袋でいいです。」
 紙袋に入れ、さらにポリ袋に入れてくれました。嬉しい心遣いです。買い物はこういう店でしたいものです。

 午後3時半過ぎ、自宅着。岡崎から38km、2時間半の道程でした。

使用自転車:Bianchi AXIS シクロクロス
走行距離:74.7km
所要時間:6時間3分
  

Posted by まつぼっくり at 22:40Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月11日

445 J2リーグ第11節(vs京都サンガFC)

▲2017年5月3日(水・憲法記念日) 曇

 ボール支配率で相手を上回っても、得点できなければ試合には勝てません。
 それに肝心の所でパスミスが目立ちます。いいところまでボールを持ち込んでも、最終局面でタイミングが合わなかったり、ときに「ボール差し上げます」というようなパスもあったりします。
 前半にフリーキックを決められ、後半アディショナルタイム、土壇場で同点に追いついて引き分け。ホームで負けなかったのがせめてもの救いでしょう。

 ホームゲーム入場者数歴代2位の36,755人の観客で埋め尽くされた豊田スタジアムは、コレオグラフィーで赤とオレンジで彩られました。
 この日の注目は、昨年まで7年間グランパスでプレーした闘莉王との対戦でしょう。何とも複雑な感じがしましたが、結果が1対1のドローだったのは良かったのかもしれません。
 試合後、名古屋サポーターの前に挨拶に来た闘莉王に、大きな拍手が送られました。できれば、もう一度グランパスに戻って欲しいものです。

<成績>
6勝3分け2敗、勝ち点:21、得点:21、失点:13、得失点差:8、順位:3位
観衆:36,755人、開始:午後3時
  

Posted by まつぼっくり at 22:21Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2017年05月08日

444 農業大学校学生会陸上クラブと走る その22

▲2017年5月2日(火) 晴

 農大は全寮制ですので、安全や規律を守るため、学生が守るべきルールがあります。校内は禁酒、決められた場所を除いては禁煙です。未成年者がほとんどですから、法律上も飲酒・喫煙は違反となります。しかし、ルールを破る学生はいるものです。
 午後4時半から、寮にたばこを持ち込んだ学生指導がありました。このため、陸上クラブの練習には遅れて参加しました。

 集合場所の掲示板前に行ってみると、誰もいないと思っていたのに2年生女子のSSさんがいました。
 「今から走ります。みんな、もう行ったと思うけど。先生もこれからですか?」
 「学生指導があったので、これからですよ」
 「ゆっくり走りますから抜いて行ってください」
 そうは言っても彼女の方が速いので、先に行ってもらいました。
 いつものコースを走って戻ってみると、結局、誰も残っていませんでした。やはり、先に行ってもらって正解でした。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.3km
走行時間:38分
  

Posted by まつぼっくり at 22:32Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年05月07日

443 探訪あいち 貧乏山を訪ねて

▲2017年4月30日(日) 晴

 「蒲郡市西迫町貧乏山」。
 あまり有り難くない、ちんけな地名ですが、グーグルマップなど地図検索でもきちんとその名称が載っていて、正式な地名であることがわかります。
 これを知ったのは昨年10月の新聞記事でした。その由来は、「干害や災害で年貢を納められない人が、領主の許可を得て山の出入りを許され、雑木を切って薪や炭にして年貢にしたり、町に持ち出して生計を立てた」ことで、困窮した人々が出入りした山から転じて、貧乏山と名付けられたとのことです。生活に困った人を助けたのですから、「救いの山」とも言えます。江戸時代から呼ばれてきたのですから歴史ある名称です。

 突然の開催告知にもかかわらず、10人が名鉄美合駅に集まってくれました。

 最初の訪問地は大井池。面積が9haという農業用溜池としては県内最大級の人造池です。
 四季を通じて豊富な水を蓄えており、湖畔にはたくさんの桜が植えられ、花見の名所となっています。
 「大井池」と刻まれた立派な石碑の前で集合写真を撮りました。

 次は本日のメイン目的地、貧乏山に到着。
 麓にあるビニールハウスからは苺の甘い香りが漂ってきます。
 「素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)」は大正14年に創建された村社です。石で作られた掟には、禁止事項として「車馬乗り入れ」と刻まれており、時代を感じさせられます。
 山の斜面に作られた急な階段を上ると、結構立派な本殿があり、そこから北西に見える200メートルほどの低い山が貧乏山と言われているそうで、そしてこの辺りの地名が貧乏山なのです。

 復路、幸田町郷土資料館に寄ります。
 古い木造平屋建てスレート葺きで、地味な建物です。館内の展示は、どこの郷土資料館でもあるような昔の生活用品です。
 この日は端午の節句の季節展示がされていました。
 野外には古いジェット戦闘機、ヘリコプターや軽飛行機、それから大砲、潜水艦のスクリューなどが設置されています。どれも自衛隊の物です。何故このようなミニタリーが展示されているのでしょうか。
 係の女性職員に尋ねてみると、昭和52年開館当時の町長の意向で、自衛隊から借りて展示したとのこと。毎年1回、展示状況を自衛隊が確認に来るそうです。

 航空自衛隊のF-86旭光ジェット戦闘機。エンジンは取り外されていて、操縦席もひどく痛んでいます。翼には赤いシャチホコマークが。これは名古屋(小牧基地)の証でしょう。
 海上自衛隊のKM-2型プロペラ機は、黄色でひときわ目を引きます。いずれにしても郷土資料館にはミスマッチな展示です。

 続いて、幸田町文化広場の展望台に上ります。希望の塔という名称で、50段ぐらいの階段を上ると、すぐ近くに東海道新幹線も走っていて、幸田の町を360度見渡すことができます。

 午前11時になりました。朝早かったので、お腹が鳴っています。
 昼食は、国道248号線沿いの「Stand By Me」に入りました。マスター一人で切り盛りしているらしく、いっぺんに10人もお客が来て困惑されたようです。
 店内には映画のポスターやグッズが至る所に飾られていて、何となく60年代か70年代のレトロな雰囲気がありました。
 三河牛100%ハンバーグとオムライスの店です。両方食べたい人はオムバーグ(1270円)を、私は950円の和風ハンバーグを注文。ハンバーグは、大きさも結構あってソースも美味しく、味噌汁、小鉢、ミニデザート付きで満足できる内容でした。

yuuminさんお薦めのクリム・ド・ファリーヌ(Creme de farine)。メルヘンチックな建物のベーカリーショップで家のお土産用にパンを購入しました。

 今日は、アップダウンとカーブを繰り返すコースですが、特に復路の方が坂の勾配がきつかったと思います。ただ、ブルベに参加したり、長距離に慣れている参加者が多かったので、大丈夫でしょう。

 最後に、農業大学校を見学してもらいました。
 農業大学校は県立の専門学校です。2年制で約200人の学生が全寮制で農業を学んでいます。
 牛舎の南にある「畜魂碑(ちくこんひ)」は牛、鶏、豚の供養碑です。私達は「家畜の命」をいただくいて自らの血肉にしています。命を預かる畜産課程の学生達は毎年、この碑の前で動物たちの慰霊をしています。
 食事をする前の「いただきます」という挨拶には、「動物や野菜の命を私の命にさせていただきます。動物や野菜の命に感謝の気持ち、食事を整えてくれた人、食べ物を作ってくれた農家への感謝をあらわしたもの」という意味があるそうです。
 ハンバーグや玉子を食べるとき、私達人間のために食用に供された「動物たちの命」のことにも思いを馳せてみてください。

 午後2時前に美合駅の到着。私とTさんは輪行でしたが、何人かのメンバーは自走で帰宅されました。

サイクリングコース
名鉄美合駅(午前8時30分)→〔県道326号線〕→ 桑谷町 → 大井池 →〔国道248号線・23号線〕→ 貧乏山・素盞嗚神社 → <折り返し> → 幸田町郷土資料館 → 幸田文化広場 → 〔昼食:Stand By Me〕→Creme de farine → 〔県道480号線〕→ 農業大学校 → 名鉄美合駅・解散(午後2時10分)
距離:37km、高低差:136m、走行時間:1時間59分
使用自転車:KHS Manhattan m451S

参加者
aQsimさん、hbさん、celica♪さん、kuwanaさん、yuuminさん、白のトレックさん、鉄のGIOSさん、Yokotaさん、MTさん、幹事  計10人
  

Posted by まつぼっくり at 22:00Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月06日

442 三度貧乏山へ

▲2017年4月29日(土・昭和の日) 晴、午後雷雨

 明日実施する探訪あいちのコース確認のため、三度目の貧乏山です。
 予報では午後雨となっていましたので、午前中に試走を終えるように朝7時台の電車で美合駅まで行きました。

 今回の探訪あいちは、地形の関係で全体的にアップダウンの多いコースです。
 桑谷町の三叉路を右折して緩やかな上りが続き、そのまま幸田町との境界の峠に至ります。車もオートバイも通る道で、路面状況は良好です。大井池を経由して、一気のダウンヒルです。時折車が通行するので前方に注意しましょう。何人かのローディを見かけましたから、ここは格好のヒルクライムの練習コースになっているようです。
 国道248号線、県道383号線、そして貧乏山に至る道も小刻みな上り下りがあります。
 復路の県道480号線(美合幸田線)は波のように上り下りを繰り返す道です。若干荒れた路面があるものの、ロードバイクで全く問題ありません。最後にきつい上りがありますが、この坂をクリアすれば美合駅までは下り坂を楽に走行できます。

 なお、大井池の周りを一周する予定でしたが、幸田神社から先が通行止めとなっていたので、折り返して半周とせざるを得ません。

 明日は晴天が期待できそうです。楽しいサイクリングとなりますように。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:38.0km
走行時間:2時間08分  

Posted by まつぼっくり at 20:41Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月05日

441 矢作川リバーサイドサイクリング

▲2017年4月23日(日) 晴

 日々の通勤で矢作川を渡るとき、橋下にサイクリングロードがあるのが気になっていました。
 あの道はどこからどこまで続いているのだろう?
 と言うことで、矢作橋駅まで輪行しました。

 矢作神社前の堤防道路から川沿いに降りて走ってみると、3kmほどの短いロードでした。渡橋から堤防道路に上がり、河口まで行ってみることにします。
 矢作川の河口には「へきなんたんトピア」があります。距離は30km弱でしょう。

 安城市に入った堤防下に巨木がありました。お椀をふせたような丘に二本の楠木が隣接して生え、遠くから見ると雄大な一本の大樹のように見えます。安城市教育委員会の看板を見ると、市指定天然記念物で「村高の大クス」と呼ばれるもので、樹齢は300年と推定されています。丘に上がってみると枝にハンモックがくくりつけてありました。

 ファミリーマート西尾米津町店でトイレを拝借して店の外に出てきたら、サイクリングの大集団が。20台はいたでしょうか。
 堤防道路は走っているサイクリストは、他にも大勢いました。一部を除いて交通量も少なく、自転車には最適の道であることがわかります。

 碧南火力発電所の巨大な煙突が見えてきました。まもなく河口です。しかし、支流の堤防道路に分断されていて、河口からかなり北上して回り道をしないと、たんトピアへの入口へは行けませんでした。

 へきなんたんトピアは、中部電力(碧南火力発電所)が地域と共生する目的で作った施設で、「電力館」「ヒーリングガーデン」「エコパーク」で構成されています。
 「電力館」は中部電力のPR館で、電気(火力発電所)の仕組みや環境対策などが学べるようになっています。「ヒーリングガーデン」は芝生広場が広がっていて、親子連れがキャッチボールをしたり、子どもたちが走り回ったり、ゴロゴロしたりしていました。花壇や池もあって、想像していたより、すばらしい景色が広がっていました。「エコパーク」には、行けませんでしたが、次回時間に余裕を持って見学したいと思います。

 帰りもサイクリスト達と遭遇しました。やはり川沿いは走りやすいのでしょう。見通し良好で、気持ちよく、ご機嫌なサイクリングが楽しめました。

 ちょっと遅い時間になりましたが、矢作橋の旧東海道沿いにある「とんかつのツヅキ」で『とんからランチ(860円(税込み))』を食べ、明治44年創業の「近江屋本舗」で草餅を買いました。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:67.4km
走行時間:3時間31分  

Posted by まつぼっくり at 22:31Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月04日

440 J2リーグ第9節(vsレノファ山口FC)

▲2017年4月22日(土)午後 晴

 0対2、何とも無様な完敗でした。
 いくら下位に沈む相手とは言え、ハードワークしなければ足をすくわれるのは自明の理です。相手は格上のチームに一泡吹かせようと必死で戦ってきます。
 1失点目はボール処理を誤り、球をさらわれ、そのまま速攻を許してしまいました。2失点目も緩慢な守備であっけなくゴールを割られてしまいました。
 簡単にボールを奪われ、球際の攻防に激しさがなく、相手に脅威を与える攻撃がありません。ボール支配率で上回り、シュート本数で上回っても、得点に結び付かなければ試合には勝てません。
 まさにGIANT KILLING(ジャイアント・キリング「番狂わせ、弱者が強者を倒す」)でした。スタジアムにブーイングが巻き起こったのは当然です。どんな格下の相手でも圧倒する気迫で戦ってもらいたいものです。

<成績>
5勝2分け2敗、勝ち点:17、得点:16、失点:11、得失点差:5、順位:3位
観衆:8,883人、開始:午後2時  

Posted by まつぼっくり at 21:55Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2017年05月03日

439 山崎川JOG その46

▲2017年4月22日(土)午前 晴

 午後のサッカー観戦で時間が限られていましたが、10kmは走りたいと思ったので、いつもよりスピードアップしてジョグしました。
 パロマ瑞穂スタジアム周辺はサポーターが徐々に集まっています。
 対戦相手のレノファ山口FCのサポーターも、数は少ないですがバックスタンドゲートにいました。

 いつもより動きが激しかったせいか、腸も刺激を受けたようで、2回もトイレに駆け込みました。東山荘と北陸上競技場のトイレを拝借。便秘に悩んでいる私には嬉しいことです。

 最近、胃腸のために白湯(さゆ)を飲むようにしています。以前は水を飲んでいましたが、適度の暖かさの白湯の方が胃腸など内臓の働きを高める効果が期待できるそうです。朝起きて空腹時に1杯飲むだけでも、じんわりと体が温かくなって、活動的に過ごせる気がします。

使用シューズ:asics GEL-1110
走行距離:10.0km
所要時間:1時間11分  

Posted by まつぼっくり at 23:19Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年05月02日

438 農業大学校学生会陸上クラブと走る その21

▲2017年4月18日(火) 晴

 4月13日に入学式、翌14日に始業式と慌ただしい2日間が過ぎました。

 農大では、ソメイヨシノが葉桜となり、代わってピンク色の八重桜と淡黄色の鬱金桜が満開です。

 本日の陸上クラブの練習には、2年生のYM部長と女子2人に新入生男子2人が参加してくれました。計5名です。
 新1年生は初めてのコースでちょっと道に迷ったようです。私が道案内役になりました。

 これから2年間、地道に走ってもらうことはもちろん、しっかり勉強と実習にも取り組んでもらいたいものです。
 
使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.3km
走行時間:32分  

Posted by まつぼっくり at 23:18Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年04月29日

437 ツール・ド・あいち 第3回ロングライド知多半島

▲2017年4月16日(日) 晴

 昨年は雨天中止で自主走行しました。
 今年は晴天、ポカポカ陽気です。

 集合場所は常滑競艇場南の駐車場。トイレがなくて困りました。いったん停めた車にもう一度乗って、近くのコンビニまで用を足しにいきました。
 イベント会場にトイレは必須です。参加者数に見合ったトイレが設置されているかどうか、イベントの良し悪しの重要な要素です。トイレが完備している会場に変更してもらいたいものです。

 午前8時にスタートして半島を横断。岩滑中町を右折し、寺西の三叉路まで南下します。何人かの参加者が私の後ろに付いているようです。先頭は走りたくないのですが、信号でちぎれてなぜか先頭になってしまったのです。

 名鉄富貴駅南の踏切を越えて、国道247号線との交差点角のサークルKで、トイレに行きました。後ろにいた参加者は先に行きました。

 我々以外にも知多半島を走るローディが沢山います。健康志向の高まりなどから、自転車愛好家が増えていることが背景にあるのでしょう。行き違ったり、追い抜かれたり。何度もあいさつを交わしました。

 コンビニから出てきた男3人女1人の4人グループの後に付きました。河和交差点で信号待ちしているとき、女性が振り向いて私に話しかけてきました。
 「先に行きますか?」
 「いえ、ちょうどいいペースですから」
 しばらく後ろを走っていましたが、赤信号でちぎれて離れてしまいました。
 それからは1人旅となりました。

 美浜町の食と健康の館までノンストップ行きました。
 ここで補給食で空腹を満たし、トイレ休憩を取りました。
 あとは一気にゴールまで走ります。
 風もなく、心地よくペダルが回ります。
 11時36分、競艇場に到着。
 
 そのまま自転車で長崎のおとんとおかんがやっている「ちゃんぽん屋」まで走り、ちゃんぽん(820円)を食べました。
 食後のデザートとして、イオンモール常滑のペダルハウスにてペニンシュラソフトクリームもいただきました。これは参加賞のクーポン券を使って無料です。

 気持ちよくペダルを回して、美味しいものを食べる。最高に贅沢です。

参加者数:85人(ロング:36人、ノーマル:49人)、25番目ゴール
走行距離:71.7km
所用時間:3時間36分
走行時間:3時間07分
使用自転車:Panasonic POSクロモリロードバイク
  

Posted by まつぼっくり at 21:40Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年04月26日

436 港区お花見サイクリング

▲2017年4月15日(土) 曇のち雨

 この春は桜にこだわっています。
 最後の桜を観ようとミニベロでポタリングに出かけました。港区で一番の桜の名所、荒子川公園です。かなり葉になっている枝もありましたが、まだ鑑賞に堪える状況でした。公園の散策路は花びらが落ちてピンクの絨毯のようです。

 次に多加良浦町の惟信第一公園に行きました。名古屋七福神の一つ辯天寺を取り囲むような公園で、桜と池が美しく調和していました。
 公園内を散策していたら空からポツポツ‥‥‥。
 天気予報では曇だったので信用して出かけたのに、雨に降られてしまいました。
 急いで帰路につきました。雨と汗でべとべとです。
 家に着いて、自転車を見たらフレームに桜の花びらが付いていました。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:25.8km
走行時間:1時間43分
  

Posted by まつぼっくり at 22:24Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年04月21日

435 名古屋お花見サイクリング

▲2017年4月9日(日) 雨のち晴

 今日はお花見三昧サイクリングといきましょう。
 名古屋地方気象台によれば、名古屋市の桜の満開日は4月6日でした。平年より3日、昨年より6日遅いとのこと。同気象台の敷地内にある標準木の花が8割咲いたところで「満開」と判断しているそうです。

 山崎川は、千種区の平和公園の猫ケ洞池に源を発し、昭和区、瑞穂区、南区と南西に流下して、名古屋港に注ぐ、延長13.6キロメートル、流域面積約26平方キロメートルの河川で、本山交差点から下流約12.5キロメートルが二級河川に指定されています。
 この山崎川は名古屋市内屈指の桜の名所ですが、その中心地は瑞穂公園の辺りです。しかし、もっと北にも見所があります。大島橋から田代本通の区間です。両岸の桜が川を覆うように咲き、見応え充分のエリアです。

 次に訪れた鶴舞公園ではたくさんの人が花見を楽しんでいました。外国人観光客も多く、あまりに賑やかしくて、静かに観桜する場所ではありません。
 しかし、公園の東にある八幡山古墳では、落ち着いて桜を観賞することができました。

 続いて平和公園です。ここも桜よりブルーシートが目立ち、バーベキューの煙と匂いが立ちこめ、興醒めしてしまいました。

 最後に、先日の中日新聞(2017.4.2付け)で紹介されていた名古屋市の「第3回まちなみデザイン二十選」に選ばれた、千種区四谷通の「桃厳寺の参道」を訪れてみました。桜はありませんでしたが、秋には鮮やかな紅葉と参道と山門が趣ある風景を見せてくれるところだと想像できました。

 帰路、もう一度山崎川沿いの桜を見ながらペダルを回しました。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:33.8km
走行時間:2時間7分
  

Posted by まつぼっくり at 23:39Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年04月19日

434 J2リーグ第7節(vsカマタマーレ讃岐)

▲2017年4月8日(土)午後 雨時々曇

 前半は完全に讃岐のペースで、「何やってんだ」と言いたいぐらいひどい出来でした。パスを簡単にカットされ、また、讃岐の激しい当たりに動きが悪く、何度もピンチを招きました。シュート精度の低さに助けられたようなものです。
 しかし、後半、持ち直しました。その立役者は、杉森考起に変わって投入された杉本竜士の活躍でした。積極的にドリブルを仕掛け、相手ディフェンダーを後退させました。パスが回るようになり、主導権を握るようになりました。
 決勝点は、その杉本の豪快な一撃でした。ドリブル突破でフェンダーを交わし、ゴール右上隅にボールを突き刺したのです。
 角度のないところからよく決めたものだと驚きました。
 「杉本、イイね!」
 164cmと私より小柄なのに、強気で向かっていく姿勢がいいです。
 また、玉田圭司も芸術的なフリーキックで先制点を決めました。
 2対1の勝利で、首位に。このまま連勝街道を突っ走って欲しいですね。

<成績>
5勝1分け1敗、勝ち点:16、得点:14、失点:7、得失点差:7、順位:1位
観衆:7,046人、開始:午後2時
  

Posted by まつぼっくり at 23:58Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2017年04月18日

433 探訪あいち 名古屋南部観桜サイクリング

▲2017年4月8日(土)午前 曇一時雨

 昨日、山崎川の最後のライトアップに行きました。
 山崎川のライトアップは4月4日までの予定でしたが、桜の開花が遅れていることから、7日まで延長されたのです。
 光に浮かび上がった満開の桜の花は、幻想的な美しさでした。

 さて、朝5時の時点で昨夜からの雨は上がっていました。天気予報では日中は曇。本日の探訪あいちを実施するか、中止にするか、空模様が気がかりで、迷いました。
 しかし、今年の桜の見頃は今しかない。
 サイクリング協会ホームページの掲示板に「実施」の告知をしました。

 パロマ瑞穂スタジアム前に5人の方が集まってくれました。
 ミクベロさんはGoodsmile racingのマグネシウムフレームのミニベロ、ミシガンさんはダホンのミニベロ、白のトレックさんはTREKのクロスバイク、くらぽんさんは赤いNISRI号、鉄のGIOSはGIOSのロードバイクでの参加です。

 先ずは南区の大江川緑地を目指します。距離を稼ぐため、宮の渡しから堀川沿いを走り、港区東築地経由で行きます。
 大江川緑地の桜は例年に比べると寂しい感じです。
 次に丹八山公園。ここはかつて知多から信州まで塩を運んだという塩付街道沿いにあり、地元の人に親しまれている小さな公園です。天気が良ければ青空にピンクの花が映えるのですが、曇り空に同化して、美しさが半減しています。

 笠寺観音の桜は山門と池が調和して見応えのあるロケーションです。ちょうど本日4月8日はお釈迦様の生誕日で、より有難味のある桜に思えました。
 ちなみに、ここには宮本武蔵之碑があります。
武蔵は小次郎を倒したあと尾張にやってきて、ここ笠寺観音に滞在した経緯があり、100回忌に武蔵を顕彰して建てたとのこと。

 笠寺公園には双子の姉妹、きんさんとぎんさんを偲ぶ桜があります。かつて南区役所脇にあった二人の桜を平成25年1月にこの地に移植したものです。残念なことに「きんさんざくら」も「ぎんさんざくら」も花はほとんどなく、葉桜になっていました。

 天白川堤道路を走行中に小雨が降り出しました。菅田橋の南北にある桜並木の下を走れば桜の枝が近く迫ってきます。
 カッパを着ようかとも思いましたが、蒸れるし一時的な雨と期待してそのまま走り続けました。

 続いて、天白区相生山緑地の中にある桜並木です。ここはおそらく、地元の人と僅かの人しか知らないでしょう。下見の時はほとんど咲いていませんでしたが、今日はしっかり咲いていました。ただ、昔に比べると本数自体が減っているようです。

 菅田橋を渡り、瑞穂区の弥富公園へ。
 雨は上がりました。
 弥富公園から瑞穂運動場東駅1番出口に向かう道では、通称、桜のトンネルと言われるほどの、桜のアーチに中を走ることができます。

 最後は真打ち、山崎川の桜です。満開の桜が私達を迎えてくれました。日本さくら名所100選にも選ばれた景勝地です。全国で100箇所の内の一つですから、その美しさは折り紙付きです。
 ちなみに愛知県では山崎川の他、岩倉の五条川、岡崎公園、鶴舞公園の4箇所が選定されています。
 鉄のGIOSさんが言うには、鶴舞公園は外すべきとのこと。桜よりブルーシートが目立つから。山崎川は屋台も少なく、純粋に桜を楽しめる場所だと思います。
 カメラを手にした外国人観光客も多く見受けられましたが、天候がイマイチだったのが幸いして人出がそれほど多くなく、自転車を押して歩くことができました。晴天でしたら、自転車は離れたところに置いておかねばならなかったでしょう。

 鼎橋の上から写真を撮ってもらいました。ここは一番の撮影スポットです。背景となる木製の鼎小橋と川と桜が調和して、一幅の絵のような風景が撮れます。
 ただ、去年に比べると咲き具合が弱い気がします。枝をよく見ると、蕾のままだったり、既に葉になっていたりしていました。
 それでも、参加の皆さんには桜を堪能していただけたと思います。
 3時間弱の短い探訪あいちでしたが、雨の間隙を縫って実施できて良かったです。ありがとうございました。

サイクリングコース
瑞穂公園(午前8時15分)→宮の渡し公園 → 大江川緑地 → 丹八山公園 → 笠寺観音(宮本武蔵碑)→ 笠寺公園(きんさん桜・ぎんさん桜)→ 天白川左岸 → 相生山緑地桜並木道 → 弥富公園 → 山崎川 → 瑞穂公園・解散(午前11時)
距離:31km、高低差:36m
所要時間:2時間45分

使用自転車:cannondale F700
走行距離:36.0km
走行時間:2時間12分

参加者の声
<ミシガンさん>
幹事さんの英断のお陰で、雨の止み間を狙い済ました観桜サイクリングを楽しみました。先週は青空一杯で桜少なく、今週は桜満開で青空なし。二つ合わせて完成形の花見でした。
午前中に終わったので午後はリーフで開催されたWako'sの講習会に参加。プロのクリーニング技術に感心しました。

<ミクベロさん>
幹事様、参加者の皆さま本日はお疲れ様でした。
幹事さんのナイスな決断により満開の桜を見ることが出来ました!
次回もこのようなナイスな企画を楽しみにしています。
ありがとうございました!
  

Posted by まつぼっくり at 22:36Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年04月14日

432 名古屋南部観桜サイクリング その2

▲2017年4月2日(日) 晴

 3月30日に走ったコースに笠寺公園を加えました。ここには、あの「きんさん桜・ぎんさん桜」があります。
 桜の花は総じて2分咲きから3分咲きでしょうか。
 桜は満開のときだけでなく、これから咲きそうなつぼみのときや、花びらが散っているときも見所が多い樹木です。
 今週土曜日の探訪あいちのときは、きっと満開になっていることでしょう。ただ、ちょっと天気が心配です。

使用自転車:cannondale Jekyll
走行距離:33.8km
走行時間:2時間7分
  

Posted by まつぼっくり at 22:58Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年04月12日

431 J2リーグ第6節(vsロアッソ熊本)

▲2017年4月1日(土) 雨時々曇

 熊本相手に5対1の勝利。
 得点だけを見れば完勝です。しかし、内容は点差ほど圧倒したとは言いがたいものでした。
 特に前半はパスミスで相手にボールを取られ、押し込まれる場面が多すぎました。キーパーとの1対1で楢﨑のファインセーブがなければ、そのあとの展開ががらっと変わっていたかもしれません。
 ボールを保持し、パス回しで敵陣営を崩すという攻撃スタイルの確立はまだまだのようです。

4勝1分け1敗、勝ち点:13、順位:2位
得点:14、失点:7、得失点差:7
  

Posted by まつぼっくり at 23:02Comments(0)TrackBack(0)サッカー