2017年06月24日

465 山崎川JOG その49

▲2017年6月11日(日) 晴

 午前中に走ることが多い私ですが、今日は暑いこともあり日差しが弱くなった夕方に走りました。20人ぐらいはランナーがいたでしょうか。暑くても走欲に駆られる仲間はいるものです。

 ランニングでは足首の柔軟性や可動域の広さが大切です。
 現代の生活スタイルは椅子の座って仕事や食事などをすることが多く、直接、床に座ることが少なくなりました。中には居酒屋ぐらいでしか座布団に座らない人もいるでしょう。
 トイレも洋式トイレが主流になり、深くしゃがみ込む和式トイレは嫌だという人も増えています。こうしたことが足首の柔軟性が低下する一因とも言われています。
 専門家によると、足首を柔らかくすることで、脚の捻挫の予防だけではなく、膝関節や股関節、腰背部への負担を減らし、膝の痛みや腰痛予防にもなるそうです。

 正座は腰への負担が少ないだけでなく、足首の柔軟性を高めることにつながります。
 私は普段から正座をよくします。入浴時に浴槽で正座をして足の甲を伸ばすこともしています。足首のストレッチは走る上でも大切です。

使用シューズ:asics GONA
走行距離:10.2km
走行時間:1時間13分
  

Posted by まつぼっくり at 22:43Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年06月21日

464 探訪あいち 碧南観光サイクリング

▲2017年6月10日(土) 晴

 碧南市は、窯業、鋳物、醸造などの伝統産業と近代的な輸送用機器関連産業などがバランスよく存在し、農業、漁業も盛んな調和のとれた町です。そんな碧南の観光施設を巡り、市の花である花菖蒲が見頃の季節に探訪あいちを企画しました。

 大高緑地公園に集まったメンバーは8人。平均年齢62.7歳と、還暦越えのメンバーが多い老頭児(ロートル)集団となりました。
 菰野のカンさんミシガンさんは、DAHONの同一モデルでの参加で意気投合していました。

 県道20号線を南下します。共和インターから大府市街は信号も交通量も多く、ストレスがたまります。
 亀城公園から刈谷・高浜を通過する道は、なぜが道路工事で片側交互通行となっている個所が何カ所もありました。

 1時間半ほどで「大浜てらまちサロン」に到着。地名のとおり、古刹の多い地域です。西方寺の太鼓堂は仏教建築と言うより城郭の隅櫓のような建物で格好の被写体です。サロンの女性ボランティアの方に写真を撮ってもらいました。

 九重味醂の工場を覗いてみると、偶然にも直売所が特別営業していました。二人の男性職員が私達を出迎えてくれ、バイクラック(ちょっと高くて車輪が浮いてしまいますが)を用意していただきました。
 「高級な自転車ばかりですね」
 「私も学生時代自転車に乗っていましたが、こんなイイ自転車じゃなかったです」

 味醂を使ったアイスクリーム(324円)や水ようかん(200円)をいただきました。
 九重味醂は現存する日本最古の醸造元で、「大蔵」は国の登録有形文化財に登録されています。

 旧大浜警察署は、大正13年に鉄筋コンクリートで造られた建物で、白と茶色の外観が、大正ロマンの趣を残しています。残念ながら中に入ることはできません。
 敷地の北西部には、かつて漁に出る船に利用された「バロメートル」(気圧計)を埋め込んだ石柱があります。

 さらに南下して、衣浦港の先端まで行きます。
 ここにこぢんまりと立っているのが権現崎灯台です。昭和29年に設置され、昭和51年に衣浦港に新しい灯台ができたことによりその役目を終え、権現崎灯台緑地の中にひっそりと立っています。
 灯台からは中部電力碧南火力発電所など衣浦臨海工場地帯の工場群が見えます。
 釣りをしていた青年にシャッターを押してもらいました。

 あおいパークは、「農業と食と健康」をテーマにした体験型交流施設。温室にはベコニアやガクアジサイなどが綺麗に咲いていました。
 この辺りは砂質土壌でにんじんやタマネギ畑が一面に広がり、イチゴハウスも建っていてイチゴ狩りの看板が目を引きます。その中を北上します。

 碧南レールパークは、平成16年に廃線となった名鉄三河線の線路跡を遊歩道として整備した公園です。路線があったことを生かし、線路と同じ幅で二本の白い線が描かれています。この線をなぞりながら走っていると、電車が走っていたことを想像することができます。駅のプラットホームも再利用され、トイレもある広場となっています。

 お昼は鉄板焼きの「福本屋」にて。タイミング良く全員がすぐに座れました。11時半を過ぎていたら少し待つことになっていたでしょう。
 下見のときは碧南焼きそばを食べたので、今日はお好み焼きにしました。
 celica♪さんは、高校を卒業するまで山口に住んでいたとのこと。それでJ2レノファ山口FCのレプリカユニフォームを着ていたのですね。

 お腹に燃料を満たし、油ヶ淵公園・花しょうぶ園に向かいます。菖蒲の咲き具合が心配でいた。公園に入ってみると、咲いていました! 一万株以上の菖蒲が咲き誇る公園は、綺麗で見事です。紫と白の花を中心に、黄色の花もありました。油ヶ淵公園には何度か来ましたが、見応え抜群の開花時期に訪れたのは初めてです。

 花しょうぶ園から「哲学の道」を通り、哲学たいけん村無我苑へ。
 ここは、碧南の哲学者・伊藤証信にちなんで誕生した文化施設。彼の説く「無我愛」に関する資料や、展示ギャラリーがありますが、そんな難しいことよりもリラックスルームのリクライニングチェアで横になるのが一番です。気持ち良すぎて時間があれは30分ぐらい休みたいところ‥‥‥

 予定の場所を見学し、帰路につきます。
 安城のS山さんは高浜で、知立のミシガン産は小垣江で分かれました。
 午後は気温が上がり、暑くなりました。
 トラブルもなく予定より早く大高緑地公園に到着できました。

 今日6月10日は時の記念日。充実した時間を過ごしていただけましたら幸甚です。

サイクリングコース
大高緑地公園(午前8時10分) → 共和インター → 大府駅東 → 亀城公園 →〔県道48号線・県道50号線・県道43号線〕→ 大浜まちかどサロン → 九重味醂大蔵 → 旧大浜警察署 → 権現崎灯台 → あおいパーク → 碧南レールパーク → 〔昼食:福本屋〕→ 油ヶ淵遊園地、応仁寺 → 哲学たいけん村無我苑 → 〔県道46号線〕→ 高浜市役所 → <往路と同じ> → 大高緑地公園・解散(午後2時)
距離:62km
高低差:23m
所要時間:5時間50分

使用自転車:Panasonic POSクロモリロード
走行距離:74.1km
走行時間:4時間34分

参加者
ミシガンさん、celica♪さん、熱田のワカさん、菰野のカンさん、Tさん、安城のS山さん、とみかわさん、幹事  計8人

参加者の声
<celica♪さん>
幹事様、参加された皆さま 本日はお疲れ様でした。
碧南は昨年の碧南自転車散歩以来でしたが
まだまだ見どころがたくさんありますね。
油ヶ淵の花しょうぶはとても綺麗でした!
またよろしくお願い致します。ありがとうございました!

<ミシガンさん>
午後は暑かったですねぇ。
味醂工場の水ようかん、元灯台、碧南味?のお好み焼きなど見どころ、味わいの多い探訪でした。
菰野のカンさんがダホン仲間と言う事が分かったのも嬉しかったです。
まつぼっくりさんの次の探訪にも期待です。

<とみかわさん>
幹事様、参加されました皆様お疲れ様でした。
久々のポタリでしたが、暑かったですね
お昼のお好み焼きレモンとの相性、抜群ですね
美味しかったです( ^ω^ )
  

Posted by まつぼっくり at 23:24Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年06月19日

463 農業大学校学生会陸上クラブと走る その26

▲2017年6月6日(火) 晴

 今日は農業大学校の体育祭でした。8専攻対抗で、ソフトボール、バレーボール、ドッジボールの3種目で争われ、切花専攻が総合1位となりました。
 その終了後の練習会とあって、参加者は1年男子1人、2年女子1人と私の3人だけ。部長はやることがあると言って寮にいました。
 2人とも話をしながらゆっくりジョグでしたので、私も付いていくことができました。

 1年のDW君は、朝5時に起きて1時間勉強し、それから朝の点呼時間まで走ると話していました。「勉強も運動も楽しい。」という彼は学生の鏡のようです。
 今年の1年生は全体的に学力が低くなっているのか、試験の成績が悪く、再試験を受ける割合が多くなっています。学生が皆、彼のように勉強してくれるといいのですが‥‥‥。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.3km
走行時間:36分
  

Posted by まつぼっくり at 23:12Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年06月18日

462 山崎川JOG その48

▲2017年6月4日(日) 晴

 素晴らしい青空です。
 眩しい日の光で、木々の緑が映えています。爽やかな風を感じます。走っていると五感がフル活動するようです。だけど、もっと感度を上げて草木の匂いや鳥のさえずりも感じ取りたいものです。

 さて、人間の三大欲求は「食欲」「睡眠欲」「性欲」だと言います。
 その中で基本中の基本と言えるのが「食欲」ではないでしょうか。「食べることは生きること」です。
 人間は生まれてから死ぬまで、生きるためのエネルギーを口から取り入れます。最期に点滴で栄養を摂ることがあるかもしれませんが、自分の口で、自分の歯で、食べることができるのは、人間にとって最高に幸せなことだろうと思います。
 そして、食べることで健康が保たれるのです。
 そのためには、歯が大切です。私は歯並びが悪いので、歯垢がたまりやすく、定期的に歯科で除去してもらわなければなりません。きちんと美味しい食事を摂れるように、歯と口の健康に気をつけたいものです。

使用シューズ:asics GONA
走行距離:8.6km
所要時間:1時間1分
  

Posted by まつぼっくり at 18:33Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年06月15日

461 J2リーグ第17節(vsツエーゲン金沢)

▲2017年6月3日(土) 晴

 何とも後味の悪い敗戦でした。
 2対3のスコアは、実力を現していません。
 失点した3点はすべてミスがらみで、献上した、差し上げたというべきものです。
 1点目はバックパスをクリアしようとした楢﨑のボールが、詰めていた相手フォワード選手に当たってはね返り、コロコロとゴールの中へ。2点目はDF酒井がボール処理を誤って相手に奪われ、3点目は自陣のゴール付近の連携ミスでボールを奪われ、すんなりシュートを決められてしまったのです。
 実力差を象徴するように攻撃で圧倒しながら、決定機で決められない。拙守で負けてしまう。結果が伴わない苛立たしさが募ります。
 勝ち点を積み重ねるためには、攻撃の最終局面での精度を上げるとともに、失点に直結する場面での安易なミスが出ないよう守備の安定も不可欠です。

<成績>
9勝4分け4敗、勝ち点:31、得点:30、失点:23、得失点差:7、順位:3位
豊田スタジアム、開始:午後2時
観衆:14,746人
  

Posted by まつぼっくり at 21:26Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2017年06月07日

460 農業大学校学生会陸上クラブと走る その25

▲2017年5月30日(火) 曇

 今日は男子1人、女子1人と私の3人だけでした。ちょっと寂しいですね。
 2人はクラブで一番速い男女学生です。ともにハイペースで、あっという間の置き去りにされました。

 さて、フルマラソンの現在の世界最高記録は、男子が2時間2分57秒、女子がポーラ・ラドクリフの2時間15分25秒です。半世紀以上前のローマオリンピック(1960年)で金メダルを獲得したアベベの記録が2時間15分16秒でした。現在の女子の記録とほぼ同じタイムです。

 今月6日、フルマラソンのタイム更新への実験が行われました。F1レースも行われるフラットなサーキットで、風世になるペースメーカーが前を走り、給水のために自転車が伴走したそうです。そこでケニアの選手が2時間0分25秒をマークしました。ただ、非公認レースですから世界記録にはなりません。しかし、2時間の壁にもう一歩のところまで迫ったのは驚異的です。

 記録を追い求めるのも夢がありますが、マラソンの醍醐味は、コースの起伏やカーブ、気象条件、沿道の声援などの影響があって、選手の実力だけでは図れない勝負が繰り広げられるところにあると思います。選手の駆け引き、心身のせめぎ合いが面白いのです。ただ走っていいるだけなのにマラソン中継に見入ってしまう所以でしょう。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.3km
走行時間:34分
  

Posted by まつぼっくり at 22:47Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年06月06日

459 矢作川リバーサイドサイクリング その2

▲2017年5月28日(日) 晴

 4月23日に続いて2回目の矢作川です。今回は左岸を走りました。

 輪行で名鉄岡崎公園前駅下車。
 午前9時ちょうど出発。
 川沿いの堤防道路を走ればいい、と高をくくっていましたが、途中で堤防道路が途切れ、少し迷ってしまいました。アイシンAIの製作所がある辺りです。一旦矢作川から離れ、国道23号線沿いを名古屋方面に戻って再び川沿いに合流しました。
 堤防道路の外側に新しい道路ができていて、旧堤防道路には車止めがあって走りにくくなっています。路面も荒れ、ひび割れて隙間から雑草が生えている所もあります。
 右岸と同様、左岸もサイクリストが大勢いました。車が少ないので、快適に走れます。
 西尾の茶畑と川の流れを左右に見ながら走るのは爽快です。

 河口の先端までは回り道がなければ、およそ23km。
 正面には知多半島が見えます。

 お昼は「みそ膳平坂店」にて札幌味噌ラーメン(730円)を食べました。八丁味噌ラーメン、西京味噌ラーメン、胡麻味噌ラーメンなど味噌ラーメン専門の店です。味はノーマルだと思います。

 真宮遺跡に立ち寄り、午後1時40分頃、岡崎公園前駅に到着。約60kmの道程でした。
今日の走行を基に探訪あいちのプランをまとめたいと思います。

 時間があるので、イオンやカトーサイクルに寄りながらゆっくり自走で帰りました。

使用自転車:Bianchi AXIS シクロクロス
走行距離:91.4km
所要時間:7時間48分
  

Posted by まつぼっくり at 22:18Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年06月05日

458 第15回市民サイクルパラダイスin日間賀島

▲2017年5月27日(土) 晴

 第15回目を迎え、大きな変更がありました。
 2時間のエンデューロが1時間に短縮されたのです。ファミリーでの参加がほとんどなので、ちびっ子に配慮してのことなのでしょう。
 2時間なら9~10周できましたが、1時間だとせいぜい4~5周で終わりです。

 青い空に綿菓子のような雲がくっきりと浮かんでいます。気温はさほど高くなく、潮風が心地よく吹いています。ただ、北の風が強く、西港付近を北上するときは向かい風にペダルが重くなります。

 今年は、昨年4月に結成された愛知県警の自転車対策小隊「B―Force」の隊員7名が特別参加されています。シルバー色のスペシャライズドのクロスバイクです。
 「交通規則を守らないと逮捕されます」
 特定非営利活動法人市民・自転車フォーラム(FCB)の司会の方のアナウンス。
 お馴染みのその方も、45歳から大会の司会を始めて今年で60歳とのこと。自転車に乗っているような体格には見えないですが、私と年齢が近いこともあって親しみがあります。

 今回のママチャリ・ソロの部門は参加者が4人。運が悪くなければ入賞できます。

 「懐かしいTシャツですね」
 「10年ぶり、ありがとうございます」
 「10年前のTシャツ、カッコイイですね」
 立哨のスタッフの方々に声をかけてもらいました。第5回大会参加賞のTシャツを着て出場したからです。何気なく着ていたのですが、こんなに反響があるとは‥‥‥

 記録は4周、53分51秒で4人完走中1位。ただし、表彰としては2位でした。
 毎年、大会開催回数や開催日などの数字を基に順位を決めますが、ママチャリの部は記録上3位の人が優勝、1位の人が2位、2位の人が3位となりました。
 3年連続2位の表彰となった私は、小さな賞状と、島で製造されたエビ煎餅とタコ煎餅をいただきました。

 走り終わってから、島の北側、コース終盤にある自転車に乗ったプーさんのぬいぐるみが目立つ店に行ってみました。
 大会で周回の度に目にする店で、気になっていました。、
 「行こう行こう ひまかの『あなば』かもヨ」
 「あ!! おもしろそうなお店だヨ」
 「カネヒコ水産」
と手書きの看板が店頭にあります。

 「あら! 見たことある顔、お久しぶり」
いきなりおばさんに声をかけられました。
 私は初めてなんですけど‥‥
口にするのも何となくはばかれたので、笑ってごまかしました。
 魚師の奥さん達がやっている店で、皆60歳以上の年配の方のようです。
 タコカレー(500円)を注文。
 ゆでタコが数切れ入っていましたが、明らかにレトルトカレーです。がっかり。
 他のお客さんのテーブルの上を見ても余り美味しそうではありません。
 二度と来ることはないでしょう。

 1時50分頃、西港に着き、高速船を待っていました。
 2時10分頃出港とのこと。ちょうど良かった。
 ところが、船は来ません。
 「すいません。2時45分頃になります」
と名鉄海上観光の係のおじさん。
 「1時間以上待っているのに、どうなってるんですか! 私達も予定があるんです」
抗議するお母さんもいました。
 確かにそのとおりです。毎度のことですが、第1便は何時に出航するのか予め案内しておいて欲しいと思います。

種目:1時間・ママチャリ・ソロの部
申込み:4人
記録:1位/完走4人
周回数:4周
タイム:53分51秒
最高ラップ:3周目 10分35秒

走行距離:20km、5周
走行時間:1時間6分
(大会プログラムには1周約3.7kmとなっていますが、もう少し距離があると思います)
使用自転車:ブリヂストン・アルベルト

■費 用
高速船代(往復) 2,300円
    〔通常は 2,680円〕
高速道路代 大高IC ←→ 豊丘IC
     870円×2=1,740円
■参加料
1,000円
  

Posted by まつぼっくり at 22:26Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年06月04日

457 走れなかったツール・ド・あいち ロングライド琵琶湖一周

▲2017年5月21日(日) 晴

 ツール・ド・あいちロングライド琵琶湖一周の日程を間違えていました。
 5月28日開催だと思い込んで手帳に記入していたのが、実は本日21日だったのです。
 土曜日から宿直勤務のため、大会出場は断念。参加料2,000円を支払い済みですが、仕事では何ともなりません。

 それにしてもなぜ間違えてしまったのか?
 開催日を取り違えたのか、当初計画から開催日が変更になったのか、今となっては確かめようがありません。
 スケジュール管理は仕事でもプライベートでも的確に行うこと。いい教訓になりました。
  

Posted by まつぼっくり at 21:55Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年06月03日

456 へきなん町巡りサイクリング その2

▲2017年5月20日(土) 晴

 5月5日のサイクリングの際に立ち寄れなかった権現崎燈台に行ってみました。
 1954(昭和29)年に設置された白亜の灯台です。高さは7メートル程で、思っていたりこぢんまりとしていました。昭和51年に衣浦港に新しい灯台ができたことによりその役目を終え、周辺は緑地公園となっています。ただ、草が生い茂り、荒れた状態でした。訪れる人もあまりないようです。

 昼食は鉄板焼きの「福本屋」に入ってみました。先回入った「みのりや」とは比べものにならないくらいオシャレで洗練された店です。
白焼きそば(碧南焼きそば、880円)はトマトがトッピングされていて、今まで食べたことがない味でした。
 今度の探訪あいちでの昼食はこちらにしようと思います。

 油ヶ淵公園では花しょうぶまつりの初日で、屋台が出ていて賑やかでした。花はまだ、ちらほらとしか咲いていません。
 ところで、愛知県の花でもある「かきつばた(杜若)」と「しょうぶ(菖蒲)」とどう違うのか、両方とも紫色系の同じような花に見えて、植物に関してはほとんど知識がない私には、区別がつきません。でも綺麗であればいいことです。
 6月上旬が見どころでしょう。次回来るときが楽しみです。

使用自転車:Panasonic POSクロモリロードバイク
走行距離:82.8km
走行時間:4時間12分  

Posted by まつぼっくり at 23:20Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年06月02日

455 J2リーグ第14節(vsFC町田ゼルビア)

▲2017年5月17日(水) 晴

 平日のナイトゲームのためか、パロマ瑞穂スタジアムのスタンドには勤め帰りのサラリーマンやOLの姿が目立ちました。ビールもよく売れていたようです。
 アディショナルタイムに入ってのシモビッチのゴールで劇的勝利を収めたことで、ビールの味も旨くなったことでしょう。
 正直、今日も引き分けかな、と思っていたところでした。
 開始早々に先制しながら、その後は何度もゴールチャンスを得たのに、なかなかネットを揺らすことができません。決めきれない状況が続くと失点するものです。
 案の定、後半31分にあっけなく決められてしまいました。
 しかし、杉本竜士がピッチに入ってからリズムが変わりました。得意のドリブルで相手を攪乱し、最後に見事なクロスをゴール前に供給したのです。
 「もっと早く交代させれば良かったのに」
 家内の言うとおりです。こんな生きのいい選手はもっと使うべきでしょう。

<成績>
7勝4分け3敗、勝ち点:25、得点:21、失点:13、得失点差:8、順位:5位
観衆:7,708人、開始:午後7時
  

Posted by まつぼっくり at 23:14Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2017年06月01日

454 農業大学校学生会陸上クラブと走る その24

▲2017年5月16日(火) 曇

 久しぶりに学生4人と一緒に走りました。先週、先々週と一人でしたので、賑やかです。

 YY君はこの3月に農大を卒業した元陸上クラブ員で、大府市の農業法人に就職しました。火曜日が休業日でわざわざ母校にまで走りに来てくれました。

 5月は1年で最も紫外線の強い月と云われています。私は日焼けに弱いので、なるべく木陰や建物の陰で日差しを避けながら走ります。
 新聞情報によれば、肌の老化は加齢による影響は2割程度。太陽光線による光(ひかり)老化の影響が8割を占めると言われています。皮膚がんの8割程度は日光に当たる部位に発症するそうです。太陽光線は、波長の短い方から紫外線(UV)、可視光線、赤外線の3つに分かれています。光老化に最も影響するのは紫外線です。
 日没が遅くなって、走り終えても太陽はしっかり照っていますから、日焼け対策、暑さ対策が必須です。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.3km
走行時間:36分
  

Posted by まつぼっくり at 22:27Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年05月31日

453 京の美人画 100年の系譜

▲2017年5月14日(日)午後 晴

 岡崎市美術博物館で開催中の京都市美術館所蔵「京の美人画 100年の系譜」を夫婦で鑑賞してきました。
 美人画は、女性の美しさを鑑賞の対象として描いた絵画です。日本では、特に江戸初期の風俗画に始まり、以後浮世絵の主流となって発展しました。

 上村松園「晴日(1941年)」
 由里本景子「望遠鏡(1940年)」
 丹羽阿樹子「遠矢(1935年)」
 印象に残った作品ですが、どれも女性画家の作品です。明治・大正・昭和時代の作品、特に戦時中の作品が多い印象でした。そして現在の京都市立芸術大学出身者が多いのも特徴です。
 洋画と違って輪郭がはっきりしている作品が多く、柔らかく優しい感じがします。
 女性画家たちは、美人画を通して、国家主義や家父長制度への反発、女性の自立を表現しているようにも思います。
 そして、京都は空襲に遭わなかったため、こうした美術工芸作品が多く残っているのでしょう。
  

Posted by まつぼっくり at 23:09Comments(0)TrackBack(0)美術

2017年05月29日

452 山崎川JOG その47

▲2017年5月14日(日)午前 晴

 4月の風は光、5月の風は薫る。
日の光が熱を持つようになり、樹木の成長が活発になって新緑の香りを風が運ぶ季節となりました。
 風は目には見えません。しかし、その存在を肌で感じることができます。走っていれば、より強く感じます。

 誰が風を見たでせう?
 僕もあなたも見やしない、
 けれど木の葉を顫(ふる)はせて
 風は通りぬけてゆく
      (クリスティーナ・ロセッティ  イギリスの詩人)

 目に青葉 山ほととぎす 初鰹
               (山口素堂)
 この有名は俳句は「目には青葉が、耳には山ほととぎすの鳴き声が聞こえてくる清清しい5月がやってきた、あとはあの初鰹を口にすることが出来たら言うことはないのだが………」という意味のようです。

 山崎川の木々も緑が深くなっています。鳥の鳴き声はあまり聞くことはありませんが、鰹を口に……、ちょっと無理なので鮭でも食べたいものです。

使用シューズ:asics GEL-1110
走行距離:7.2km
所要時間:58分
  

Posted by まつぼっくり at 22:28Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年05月25日

451 愛知県サイクリング協会5月常任理事会

▲2017年5月13日(土) 雨のち曇

 本日の主要議題は、探訪あいちのルール改定です。
 特に年間表彰基準をシンプルにしようというものです。
 現在は、走行距離、獲得標高、活動時間、年齢、性別をポイント化して、ポイント獲得数上位の参加者を表彰しています。
 走行距離のみとする、参加回数のみとする、の2案がありました。
 長距離を走りたい人は走行距離案を支持していましたが、参加回数案に賛成しました。
 距離のみにすると、150kmとか200kmを走る企画に1回参加するだけでポイントが伸びます。しかし、探訪あいちは短い距離のポタリングを希望する人もいます。脚力のある人だけが上位になっては、不公平になりますし、参加回数だけの方が参加者が増えて協会が活気づきます。
 討論の結果、常任理事会としては参加回数での表彰とすることで決着し、次の理事会に諮ることとなりました。
 また、「チャレンジ精神を養い、サバイバル感覚を味わう」という文言も削除することになりました。
 探訪あいちは担当者(幹事)の自由な発想で企画すればよいと思います。挑戦的にハードなコースで長い距離の企画もあれば、名所旧跡を見学しグルメを楽しむ企画もあって良いのです。安全第一に参加者みんなが楽しむことが大事です。
  

Posted by まつぼっくり at 22:57Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月24日

450 農業大学校学生会陸上クラブと走る その23

▲2017年5月9日(火) 曇のち小雨

 先週と同じく本日も学生指導があり、練習開始時間に遅れての参加であったため、一人練習会となりました。

 走り始めてまもなく、ポツポツ雨が降ってきました。天気予報どおりです。コース一周は諦め、1.5kmほど走ったところで折り返し、3km少々のジョギングで終了しました。

 日本経済新聞に載っていた広告です。
 「RUN FOR THE FUTURE
  健康で心豊かな快走人生を
  ランナーズとランネットから。
  R-bies RUNNERS GROUP」
 日経の読者にはランナーが多いのでしょうか。中日新聞では、この広告は見たことがありません。
 ビジネスの最前線で活躍するには健康でなければなりませんから、ランニングで体調管理に努めている経済人が多いのでしょう。広告の効果もそれなりにあるのだと思います。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:3.3km
走行時間:24分
  

Posted by まつぼっくり at 22:48Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年05月23日

449 鉄腕アトムに会いに

▲2017年5月7日(日) 晴時々曇

 知多市岡田の古民家「旧岡田屋」で開かれている「アトムがいた昭和の風景展」に行ってきました。

 「おかき屋辰心」のバイクラックに自転車をかけていたら、ボランティアのおじさんが会場への案内図を渡してくれました。
 急坂を上った料理旅館「枡磯」の斜め向かいに旧岡田屋(弘法宿)は建っていました。

 中に入ってみると、鉄腕アトムのブリキのおもちゃ、ぬいぐるみ、だっこちゃん、食器、靴、文具、かるた、ポスター、Tシャツなどなど、古民家の居間に展示されています。お茶の水博士をかたどったTOYOTAのプリウスの看板もありました。これらは、アトムグッズ収集家、小池信純さんのコレクションです。
 小池さんは1960年、名古屋市生まれ。幼少の頃、テレビで「鉄腕アトム」を見て魅了され、それから収集を始めたそうです。
 私が特に気を引かれたのが、ヤクルトアトムズのユニフォームです。現東京ヤクルトスワローズのかつての球団名です。
 1950年、国鉄スワローズとして発足し、その後サンケイスワローズとなり、1966年、サンケイアトムズとなりました。
 フジテレビで鉄腕アトム (アニメ第1作)が放送されていたことや手塚治虫が当時球団後援会副会長(会長は徳川夢声)だったという経緯もあって鉄腕アトムをペットマークに使い、チーム名をサンケイアトムズ(Sankei Atoms)にしたそうです。
 1970年、ヤクルトがアトムズを買収し、ヤクルトアトムズとなりましたが、1973年、虫プロダクション倒産に伴いヤクルトスワローズに名称を変更しました。

 これだけのコレクションをどこに保管しているのか、小池さん本人に聞いてみたいと思っていたのですが、知多市長や国会議員の夫人がやって来て、機会を逃がしてしまいました。
小池さんは知多市勤労文化会館の館長を経て、現在は愛知県の施設であるウィルあいちの所長の立場にあるとのこと。偉い人なんですね。

帰りに「おかき屋辰心」で団子を試食し、おかきを買いました。

使用自転車:COLNAGO C59
走行距離:53.1km
走行時間:2時間51分
  

Posted by まつぼっくり at 23:41Comments(1)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月21日

448 5月は自転車月間

▲2017年5月6日(土) 曇時々雨

 今日は天候が悪く、家で掃除や書類整理をすることにしました。

 本日の新聞に我が意を得たコラムがありましたので、そのまま転載させていただきます。
『中日春秋』
 夏目漱石は自転車が苦手だった。1902年、ロンドン留学中に勧められ、稽古したものの<大落五度小落はその数を知らず、或時は石垣にぶつかって向脛(むこうずね)を擦りむき(中略)その苦戦云うばかりなし…>と「自転車日記」に書いている▲ジョン・レノンは子どものとき、自転車を手に入れるのが夢だったそうだ。夢がかなったその夜、自転車を裏庭に置いたままにできず、家の中に入れた。それでも心配でついには自転車をベッドの中に入れ、一緒に眠った▲どなたにも自転車の思い出があるだろう。初めて乗ることができた日。暑い日の自転車通学を振り返る人もいるか。昨日5日のこどもの日は「自転車の日」。5月は「自転車月間」である▲自転車交通の拡大や安全確保などを目的とした自転車活用推進法が1日に施行された。これを機に専用道路の整備や自転車を借りるシェアサイクルが先行する欧州レベルまで進むことを期待する▲排ガスも出さず、騒音もない、自転車は環境にやさしく、災害にも強い。適度な運動は心身にプラス効果を与える。それを生かすためにも、まずは運転ルールの厳守とマナー向上を図りたい▲残念ながら、まだまだ車道の右側を堂々と走る人や、歩行者そこのけで歩道を突っ走る人を時折見かける。漱石ではないが、危険な思いをさせ自転車嫌いを増やせば、その試みの車輪はパンクする。
  

Posted by まつぼっくり at 22:54Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月16日

447 へきなん町巡りサイクリング

▲2017年5月5日(金・こどもの日) 晴

 次の探訪あいち下見のため、碧南までサイクリングに行きました。

 碧南というと工業の街のイメージが強いですが、実際訪れてみると、農業も盛んなところです。
 あおいパークという農業体験施設もあるし、その周辺は畑が広がっています。特産はにんじんやタマネギ。それらの野菜をたっぶり使用し、白醤油で味付けしたのが「碧南焼きそば」です。
 お昼は鉄板焼きの「みのりや」さんで、そのご当地グルメを頂きました。
 昭和の風情漂う、古い汚い店内は、地元のおじさん、おばさんで賑わっていました。煙草を吹かす年配のおじさんが多いのには閉口しましたが‥‥
 壁にウド鈴木のサイン色紙が飾ってありました。「旅してごめん 2017.4.17」と記されていましたから、最近取材があったのでしょう。
 代金700円を払うと、店のおばさんが「どこからいらした?」
 「名古屋から、自転車で来ました」
 「名古屋から自転車で?」
 驚いた様子です。サイクリストからすると何でもない距離なんですが‥‥
 「この前、ウド鈴木のテレビ番組で碧南焼きそばの取材があったの。よかったら5月13日の土曜、テレビ見て」
 ちゃっかり宣伝がありました。

 食後、旧大浜警察署近くの大杉屋製菓に立ち寄りました。端午の節句ということで店頭の幟に書かれていた柏餅を買いました。

 碧南レールパークは、2004(平成16)年に碧南駅から吉良吉田駅まで廃線となった三河線の跡地を利用してできた公園です。旧玉津浦駅と旧棚尾駅のプラットフォームはそのまま再利用され、鉄道をモチーフに整備されています。線路を模した細長い公園はジョギングをするにはちょうどいいコースです。

 本日は、この他に、国登録文化財の九重味醂の大蔵、、権現崎灯台、油ヶ淵花しょうぶ園、哲学たいけん村・無我苑を見て回りました。
 これらを見学先に織り交ぜて、コースを設定したいと思います。

使用自転車:Panasonic POSクロモリロードバイク
走行距離:82.8km
走行時間:4時間12分
  

Posted by まつぼっくり at 22:14Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年05月12日

446 松平郷へ

▲2017年5月4日(木・みどりの日) 晴時々曇

 中日新聞連載の「街道を行く」に紹介されていた、家康ゆかりの松平郷に行ってきました。

東岡崎駅の東改札口で自転車を組み立て、午前9時出発。
 岡崎市街地を北上し教育大附属小学校東交差点を斜め右に進みます。グランドロードを道なりに走ると愛知県岡崎総合運動場が右手に見えます。右折して県道477号線に入ります。8%勾配の坂道。坂道は当然のコースですから、えっちらほっちらペダルを漕ぎます。
 道は青木川沿いに進みます。
 常盤東小学校前の川に沢山の鯉のぼりがつるされていました。まるで川を泳いでいるかのような光景に、自転車を停めてしばし見取れました。
 登竜門‥‥鯉が滝を登ると竜になる。
 鯉のぼりにはそんな願いが込められているのかもしれません。

 簡易郵便局を過ぎて三叉路を左折。段々畑で田植えをする農家の方の姿が目に入ります。
 田舎道を走ると、街中では見られない非日常空間を体験することができます。

 最近のフィットネスクラブでは、VR(ヴァーチャルリアリティー)サイクルがトレンドになっているそうです。大型スクリーンにに映し出された仮想のコースを見ながらバイクを漕ぎます。画面に急な坂道が登場するとバイクのペダルも重くなり、実際にそのコースを自転車で走っているように感じることができるとのこと。
 私はこんな仮想現実は嫌です。
 リアルの質感が大切だと思います。
 道路の凸凹を感じ、花の色彩、草や木の香りを楽しむ。この実感が体や脳に良いのです。
 ITが発達した現代では、家から出なくても、大半のことはスマートフォンやパソコンで済んでしまいます。しかし、それでは刺激が「視覚」に偏ります。
 目、耳、鼻、肌、舌、「五感」をバランスよく刺激するには、外に出て人と会い自然に接することでしかできません。
 インドアで映像を見ながらエアロバイクを漕ぐよりも、アウトドアでスポーツバイクを漕ぐ方が何十倍も楽しいし、身も心も生き生きと元気になれるでしょう。

 閑話休題。
 起伏ある道が続き、国道301号線にぶつかります。道路右下に神社がありトイレが見えました。我慢していたものを放出できました。ただ、蛇口が閉められていて水は出ません。

 挙母街道の急な坂を下ると、右手に見えました。目的地の松平郷です。
 天下人徳川家康の祖の歴史が刻まれたこの地は、松平郷園地として整備されています。ゴールデンウィーク中でしたが、さほど混雑はしていません。天下茶屋、室町塀、高月院などを見て回り、一番行きたかった展望テラスまで950mの山道を登りました。
 物見櫓を思わせる展望テラスからの遠望は素晴らしく、豊田市街はもちろん、三河湾まで見渡せました。

 天下茶屋でお昼ご飯を食べても良いのですが、時間はまだ11時を過ぎたところ。
 岡崎のまるぎん商店でラーメンを食べたい。
 松平郷亭(休憩所)で補給食を食べることにします。
 休憩所にはハイカーらしき年配の女性が休んでいました。
 「一人でサイクリングですか?」
 「ええ、そうです」

 エンジンを唸らせながら追い抜いていく車を横目に、いろは坂のような急坂をゆっくり駆け上がります。
 ぶどう狩りで有名な駒立町経由で帰ります。
 ほとんどペダルを回すことなく、アッというまに岡崎市街地に着いてしまった感じです。

 まるぎん商店は4回目。定番のあごそばを注文。スープまで全部飲み干してしまう美味しさです。

 時間はちょうど午後1時。まだ早い。輪行より自宅まで自走しよう。

 走り慣れた旧東海道を行きます。
 豊明駅北の「三寿園」が立て替えられていました。トコトコ東海道でスタンプ集めに何度か御菓子を買った店です。以前は古い地味な店舗だったのに、駐車場も完備したお洒落な建物に変わっていました。お客さんも何人かいました。
 店員さんに聞いてみると、一昨年リニューアルしたとのこと。
 そうか、2年前にスタンプラリーが実施されなくなってからこの場所を通っていなかったので、その間に変わってしまったんだ。
 街は変化していく。改めて実感。
 お土産にDバッグに入れても型崩れしにくいシュークリームを買いました。
 「自転車で持って帰られる? 箱に入れましょうか?」
 「いえ、袋でいいです。」
 紙袋に入れ、さらにポリ袋に入れてくれました。嬉しい心遣いです。買い物はこういう店でしたいものです。

 午後3時半過ぎ、自宅着。岡崎から38km、2時間半の道程でした。

使用自転車:Bianchi AXIS シクロクロス
走行距離:74.7km
所要時間:6時間3分
  

Posted by まつぼっくり at 22:40Comments(0)TrackBack(0)サイクリング