2020年09月30日

940 矢勝川堤の彼岸花

◆2020年9月22日(火・秋分の日) 晴のち曇

 彼岸花が見頃になっているはずだと思い、矢勝川までサイクリングです。

 県道55号名古屋半田線を南下し、約30km。およそ1時間半で阿久比町と半田市の境になる矢勝川に到着。
 川の北側、左岸は舗装された知多半島サイクリングロードになっています。反対側の右岸は土の道です。自転車の私は左岸を西に向かってゆっくりとペダルを回します。歩行者の邪魔にならないよう気をつけながら。

 三百万本の彼岸花で真っ赤なじゅうたんのようになると言われていますが、今日は圧巻の風景には少し早かったようです。

 新美南吉の童話「ごんぎつね」には「ひがん花が、赤いきれのようにさきつづいていました」と書かれています。ここは「ごんぎつね」の舞台にもなった場所なのです。

 右岸の堤の方がよく咲いているので、そちらがバックになるように自転車を置いて、写真を撮りました。

 橋を渡って南側の田んぼ道を走り、新美南吉記念館へ。
 警備員が誘導していて、記念館の駐車場は満車。近くには500円の臨時有料駐車場もありました。
 自転車だと、駐車場の心配をしなくていいのがメリットです。
 駐輪場に止めていたら、白いチネリのロードバイクの女性に「こんにちは!」とあいさつされました。仲間がいて嬉しいです。

 彼岸花の別名は「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」で、サンスクリット語で天界に咲く花という意味だそうです。おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。また、花が咲いているうちは葉っぱがありません。花が散ってから葉が出てくる珍しい植物です。

 「赤いきれのようにさきつづいて」いる彼岸花を見たいので、来週もう一度来てみたいと思います。

使用自転車:Panasonic POS クロモリロード
走行距離:62.6km(累積273km)
走行時間:3時間13分
所要時間:4時間01分(7:56~11:57)
  

Posted by まつぼっくり at 19:12Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月27日

939 猿投山に登る

◆2020年9月21日(月・敬老の日) 晴

 昨日、一昨日とは打って変わって晴天です。
 今日は、以前から行ってみようと思っていた猿投山に登ることにしました。

 5月6日に山崎川をジョグしてから股関節が痛くなりました。日常生活や歩行、自転車には特に影響がないのですが、走ると痛みが出るのです。土の上をゆっくり歩く分には、股関節には大きな負担はかからないと思います。

 車で約1時間、猿投神社奥にある登山者用の駐車場に着きました。しかし、満車となっています。休日ですし、皆さんかなり早くやって来るようです。ちょっと離れますが、第2駐車場に向かいました。ここはまだ3分の1程度埋まっているだけでした。

 GPS腕時計を忘れたので、距離と歩数が計測できるアプリをダウンロードしました。

 9時15分、駐車場を出発。
 猿投神社のトイレで用を足し、満車だった第1駐車場への舗装道路を歩きます。
 駐車場から先の道端にも結構駐車しています。
 猿投川沿いの坂道をしばらく歩くとトロミル水車があり、その先に登山道への案内標識がありました。

 猿投山の由来は、「第十二代景行天皇(日本武尊の父)が伊勢国へ赴いた際に、かわいがっていた猿が不吉なことを行ったので、海へ投げ捨てた。その猿が今の猿投山に籠もって住んだとされることから、"猿投"と呼ばれるようになった」とされています。

 猿投山は、初心者向けというか、軽登山、トレッキング向けの山です。コースは概ね東海自然歩道になっています。
 老若男女、未就学児から高齢のじいさんばあさんまで、幅広い年代の人がいます。犬を連れている人もいます。

 手を使って登らなければならないような箇所はありません。スティックや登山用のポールを手にしている人もいますが、そこまで必要ないでしょう。

 トレイルランナーも数人いました。私もできれば走りたいですね。でも、今日のように人多いときは、走る人を少し迷惑に思う人もいるのではないでしょうか。

 10時20分、大岩展望台。
 岩の上からは東海環状自動車道や豊田市が見渡せます。絶景とまでは言えませんが、グッドロケーションです。あとでみる頂上の景色より、こちらの方がベターだと思います。

 10時55分、東の宮。
 公衆トイレで用足し。水道がなく手は洗えません。ウエットティッシュを持ってくればよかったと準備不足を後悔。
 ここから山頂まで30分の標識。
 でも、そこから頂上付近までさほど傾斜がなく、15分ほどで木のベンチがたくさんあって大勢のハイカーが食事をしたり、休憩したりしている場所が目に入りました。
 あれ! ここが山頂なの?
 「猿投山」の標識がありました。あっけなく着いてしまった感じです。
 
 629mの山頂は豊田市と瀬戸市の市境となっています。
 設置された温度計を観ると、19℃。吹き抜ける風が心地よく、汗も引きます。
 「寒い」と言っている人もいましたが、私にはちょうどよい気温です。

 山頂は木々に囲まれ、眺望は一部開けたところがあるだけです。眼下には春日井市、多治見市の景色が広がります。遠くには伊吹山や御嶽山が望めるようですが、今日は霞んでよく見えませんでした。
 温度計の近くに登頂日時などが書かれた記録板がありました。ここに定期的に登る人が何人もいるようです。

 空いたベンチに腰掛け、持参してきたコンビニのおにぎりや“ういろう”などを食べました。

 11時40分、下山開始。
 膝に負担がかからないよう、小幅でゆっくり進みます。

 東の宮の公衆トイレで再び用足し。
 その前の舗装道路をモーターバイクが通過していきました。どうやら登山道にほぼ並行して車が通れる道もあるようです。そう言えば、往路でもロードバイクでヒルクライムをしているサイクリストを見かけました。

 途中、猿投川で手を洗いました。冷たくて気持ちいいです。

 13時過ぎ、第1駐車場の公衆トイレで最後の用を足し、13時20分に車を停めた第2駐車場に到着しました。実質的な歩行時間は3時間20分ぐらいでしょうか。

 登山道が大体わかりましたので、次回はもっとスムーズに歩けると思います。

使用シューズ:asics GEL-Fuji
走行距離:14.2km
所要時間:4時間05分(9:15~13:20)
  

Posted by まつぼっくり at 18:40Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2020年09月26日

938 J1リーグ第17節(vsヴィッセル神戸)

◆2020年9月19日(土) 曇時々晴

 午前中、実家のお墓参りに行き、帰りに緑区鳴海町母呂後にある「SPOON」でランチを食べました。東海テレビの「タイチサン」で紹介されたセイロ蒸しの店です。
 妻は日替わりの海鮮セット(税抜き2,400円)、私は点心セット(同2,100円)を注文しました。素材や自然に拘った珍しいセイロ蒸し料理でとても美味しかったですが、内容からするとちょっと値段が高いな、と思いました。それでも若い女性やカップルで満席状態でした。

 午後は豊田スタジアムです。

 本日から、入場制限が緩和されました。
 Jリーグでは収容人数17,000人以上のスタジアムでは30%まで認められるようになりました。豊スタは40,647人(豊スタのオフィシャルサイトでは44,380人)ですので、12,500人となりました。
 ただ、全てのスタジアムが緩和された訳ではありません。感染者の多い東京の味の素スタジアムは5千人のまま、埼玉スタジアムは7千人までとなっています。
 本日の入場者数は11,854人。今節開催の試合で唯一1万人を超えとなりました。

 今日の試合も前半の早い時間帯で失点してしまいました。イニエスタや酒井高徳ら、タレント揃いの神戸相手に厳しいスタートとなりました。
 野球でもサッカーでも先制点は重みがあります。逆転するのはなかなか難しいからです。
 ですから、どのチームも先制点は奪いたいもので、先に失点はしたくないという位置づけで戦っています。それでも失点してしまうことはあります。

 今日のグランパスは失点後も果敢に攻める姿勢がありました。それがペナルティエリアでの相手選手のハンドを誘い、PKを獲得したのだと思います。
 これを金崎夢生選手がきっちり決めて同点です。

 後半も攻め続け、今度は前田直輝選手がペナルティエリア奥深くで倒され、再びPKを獲得。今度も金崎選手がキッカーとなり、逆転のゴールを決めました。
 その後は守備も安定し、ピンチらしいピンチはほとんどありません。何度も惜しいチャンスがあったのに追加点を取れなかったのが課題と言えましょうか。

 野球は、投手力、打撃力の差が、如実にスコアに表れます。しかし、サッカーはかなり力の差がある相手に対しても、まさかということが起こる確率が高いスポーツです。神戸のように高額年俸のタレントが揃っていても、必ずしも勝てるとは限らないものです。ほかのスポーツと比べると、ジャイアントキリングが起こりやすいです。そこがサッカーの面白いところでもあると思います。

 結果、2対1の逆転勝ち。
 昨シーズンは一度もなかったのに、今年はこれで3回目。少しチーム力が向上してきたのかなと思います。

<試合結果>
豊田スタジアム
2対1(前半1-1、後半1-0)
得点:【名古屋】①金崎(前42・PK)、②金崎(後11・PK)、【神戸】①山口蛍(前15)
観衆:11,854人、開始:午後5時
主審:家本政明
<成績>
9勝3分け4敗、勝点:30、得点:26、失点:16、得失点差:10、順位:4位
  

Posted by まつぼっくり at 21:23Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2020年09月25日

937 ららぽーと愛知東郷へ

◆2020年9月14日(月) 晴時々曇

 病院へ行くため、年休を取りました。
 午前中は小池内科へ。また1週間分の薬をもらいました。

 午後、本日グランドオープンのららぽーと愛知東郷へ行ってみます。
 みなとアクルスに次いで県内2店舗目です。
 東郷町役場のすぐ西側、元々何もなかったところのようです。道路が新しく整備され、滑らかな路面で気持ちよく走れました。
 近隣には、イオン三好、プライムトゥリー赤池があり、ショッピングセンターの競争が激しくなるでしょう。

 平日だというのに、駐車場は満車、店内もすごい人出です。
 中でも目を引くのが、アルペンのアウトドア専門店です。大型ショッピングセンターでは珍しく、1階と2階の2フロアに入店しており、専用の階段で行き来できるようになっています。テントやカヌーなどの大型商品も展示され、カヌー用のシューズも売っていました。トレイルランのコーナーも充実しています。目移りしてしまいますが、とりあえずの用品は持っているので、ここは我慢です。

 オープニングの賑わいが落ち着いたら、また来てみようと思います。

使用自転車:cannondale Jekyll
走行距離:28.9km(累積474km)
走行時間:1時間39分
所要時間:2時間20分(14:02~16:22)
  

Posted by まつぼっくり at 19:37Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月24日

936 J1リーグ第16節(vs横浜FC)-ライブビューイング

◆2020年9月13日(日) 曇一時雨

 スポーツは筋書きのないドラマです。生で、あるいは生放送で観て、ドキドキしながら熱くなるのがいいです。
 結果がわかっている内容を録画で観ても面白くはないですから。

 アイモール三好3階にあるMOVIX三好での横浜FC対グランパスのライブビューイングに行きました。
 何年かぶりの映画館です。
 500席以上ありますが、新型コロナウイルス感染予防のため、半分以下の入場に限られています。

 上映前に、アイモール三好1階の「握一番」という寿司屋で夕食を取りました。妻と2人でウニや数の子など7皿を注文。映画券を提示するとあさり汁がサービスされました。

 午後6時、キックオフ。
 前半12分、ペナルティエリア外のこぼれたボールを吉田豊選手が弾丸ミドルシュートを決めました。館内に大きな拍手が響きました。幸先良い試合です。
 ところが、その7分後、そして10分後にゴールを許し、たちまち逆転されてしまいました。

 後半、攻めに攻め、チャンスは何度もあったのに、決めきれません。
 マテウスのゴールでいったんは追い付いたものの、すぐに勝ち越しゴールを決められてしまいました。
 最後まで猛攻をしのぎ切った横浜FCに敗戦。

 3連敗中で下位の横浜FCに対し、油断か、慢心か、侮る気持ちがあったのでしょうか。
 なかでも、ガブリエル・シャビエル選手にはガッカリしました。目の前がゴールだったのに、シュートを空振りしてしまったのです。これを決めていれば、少なくとも引き分けでした。

 それにしても、パブリック・ビューイングやライブ・ビューイングでは、勝率が悪いです。昨年3試合、今年2試合で1勝1分け3敗です。
 こんな調子では観に行かない方がいいのかな、と思ってしまいます。

<試合結果>
ニッパツ三ツ沢球技場
3対2(前半2-1、後半1-1)
得点:【横浜FC】①斎藤功佑(前19)、②志知孝明(前22)、③瀬沼優司(後33)、【名古屋】①吉田豊(前12)、②マテウス(後28)
観衆:3,290人、開始:午後6時
主審:家本政明
<成績>
8勝3分け4敗、勝点:27、得点:24、失点:15、得失点差:9、順位:4位
  

Posted by まつぼっくり at 21:28Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2020年09月23日

935 イオン三好アイモールへ

◆2020年9月12日(土) 曇時々晴

 今年8月7日にオープンしたニッコースタイル名古屋にランチを食べに行きました。
 シェフズランチコースを堪能しました。とても美味しかったです。
 「スタイルキッチン」という名のとおり、店内も食器もお洒落でした。スタッフもカジュアルな服装で、全員が革靴ではなくスニーカーです。

 ランチから帰宅後、明日行く予定のイオン三好へ自転車で行ってみました。
 久しぶりに午後からの走行です。
 夏日ではありますが、猛暑ではありませんので耐えられるようになってきました。ただ、日没が早くなってきましたから、念のため前照灯を持って行きます。

 20km弱の道程でした。
 イオン三好は別名アイモールとも言います。
 1階、2階はイオンと専門店街、3階は映画館となっています。30分弱でしたが、映画館と飲食店街、フードコートを中心に見て回りました。

 外に出ると黒い雲が出て、陽も陰ってきました。季節が秋に向かう中で日没も早くなってきたようです。前照灯を使わなくていい時間に帰りましょう。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:37.3km(累積13344km)
走行時間:2時間04分
所要時間:2時間42分(14:33~17:16)
  

Posted by まつぼっくり at 21:25Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月21日

934 J1リーグ第15節(vs横浜F・マリノス)

◆2020年9月9日(水) 曇一時雨

 午後、激しい雨が降りました。試合観戦中も雨に濡れることを覚悟し、最初からレインジャケットとレインパンツを着て瑞穂スタジアムへ行きました。
 ところが、家を出てから帰宅するまで雨に濡れることなく、雨対策は空振りでした。結果、良い方に外れたことは幸運です。

 今日の試合も天気と同じように良い方に流れました。

 試合開始1分で失点。
 どうしちゃったの? と思うくらいあっけなく決められたのです。
 前節の鹿島戦、ルヴァンカップ準々決勝のFC東京戦と、2試合続けて3失点したあとですから、またしても守備崩壊か、と心配しました。

 しかし、この日は違いました。
 前半のうちに同点に追い付き、守備も立て直しが図られました。
 後半、マテウスの見事なボレーシュートで逆転すると、残り約20分を鉄壁の守備で相手攻撃をはね返し、3試合ぶりの勝利を収めたのです。

 昨シーズンのチャンピオンチームから勝ち点3ををゲットしたのは大きいです。
 このまま大崩れすることなく、トップスリーでシーズンをフィニッシュして欲しいです。

 ところで、今日の試合から手拍子が解禁となりました。9月19日(土)からは上限5千人枠も撤廃され入場者数が緩和されそうです。
 新型コロナウイルスが早く終息するよう、祈念します。

<試合結果>
パロマ瑞穂スタジアム
2対1(前半1-1、後半1-0)
得点:【名古屋】①ガブリエル・シャビエル(前24)、②マテウス(後29)、【横浜F・マリノス】①ジュニオール・サントス(前1)
観衆:4,005人、開始:午後7時30分
主審:山本雄大
<成績>
8勝3分け3敗、勝点:27、得点:22、失点:12、得失点差:10、順位:4位
  

Posted by まつぼっくり at 22:12Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2020年09月17日

933 上室期外収縮

◆2020年9月7日(月) 雨

 職場の定期健康診断の心電図検査で「上室期外収縮」という結果が出され、精密検査を受診するよう指示がありました。
 人間の心臓は一日10万回くらい一定のリズムで脈を打っていますが、このうち何回かはズレて脈を打つことがあります。このズレた脈のことを期外収縮と言い、ズレた脈の起源が心臓の中の上室という場所の場合、上室期外収縮と呼ぶそうです。いわゆる不整脈の一つです。
 私は昔から不整脈がありました。しかし、上室期外収縮として心電図異常を指摘されたのは初めてです。

 行きつけのクリニックに相談したところ、近くの循環器科を紹介していただき、本日その医院に行きました。

 尿、血液、レントゲン、心電図(安静時と踏み台昇降運動後)と検査を受け、先生の診察です。
 「ストレスのある仕事をしていませんか?」
 老先生から質問されました。
 私は再雇用で短時間の勤務ですし、現役のときのような重圧がかかる仕事はありません。ストレスチェックでも特段の指摘はありませんでした。
 期外収縮は、自律神経である交感神経の緊張によっておこることもあります。例えば、アルコール・カフェインの過剰摂取、睡眠不足、過労、疲労、ストレス、喫煙、です。加齢によっても起りやすくなるとのことです。
 1週間、薬を飲んで、また来てくださいと言われました。

 今のところ、血圧も低いですし、特に基礎心疾患もないので、たぶん加齢によるものだと勝手に自己判断しています。

 50代半ばを過ぎてから、緑内障になり、膵臓に腫瘍(今のところ悪性ではありません。)が発見され、定期的に検査を受けなければならない状態になっています。緑内障に関しては進行を抑えるため、毎日点眼をしなければなりません。歯も悪くなって2~3か月ごとに定期検診に通っています。
 そして今回は上室期外収縮。
 かなりポンコツな身体になってしまいました。自然の摂理とは言え、気持ちは落ち込みます。いつまで生きられるのだろうか? 不安も増幅します。

 しかし、あれこれ良くないことを考え、気力やこころが萎えても仕方がありません。
 とりあえず、体が動くうちは趣味に勤しみ、行動したいと思います。そうすると気持ちも晴れてくると思うからです。
  

Posted by まつぼっくり at 21:52Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年09月15日

932 ウォーターサンダルを買いに

◆2020年9月6日(日) 晴一時雨

 8月30日に初めて水上自転車とカヌーを体験したとき、アクアシューズ、ウォーターシューズ、マリンシューズとか呼ばれる水中用シューズ(サンダル)があればいいな、と実感しました。
 一応、今あるサンダルを持参したのですが、これだと露出が多くてソールも柔らかく、ペダルを踏むのに適していません。
 つま先が保護され、ソールもある程度堅さがあるものが理想です。

 昨日、MTBでららぽーと名古屋みなとアクルスに行き、スポーツ用品店などで探してみました。KEENのウォーターサンダルがありましたが、合うサイズがありませんでした。

 本日、ポタリングがてらイオンモール熱田にあるムラサキスポーツに行ってみると、KEENのバーゲン品でちょうどよい26cmがありました。これなら、水上自転車のペダルを踏むのにもカヌーに乗るときにも適していると思い、ちょっと高かったですが思い切って購入しました。履いていて楽しくなるようなマルチカラーも気に入りました。

 台風10号が九州地方に接近しています。東海地方は距離的には離れていますが、激しい雨と風邪に襲われることが予想されています。早々に帰宅して、台風対策をしようと思います。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:13.4km(累積13307km)
走行時間:1時間01分
所要時間:3時間(9:00~12:00)  

Posted by まつぼっくり at 22:23Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月14日

931 J1リーグ第14節(vs鹿島アントラーズ)

◆2020年9月5日(土) 晴一時雨

 前半、暴雨と雷で1時間中断するアクシデントが発生した試合でした。

 相手は通算成績で大きく負け越している苦手の鹿島アントラーズです。
 試合巧者に勝つのは難しいかな、という予感がありました。

 案の定、前半の早い段階で元グランパスの和泉選手にゴールを決められました。攻撃ハーフライン付近まで上がったところで、裏にボールが転がり速攻で見事に攻められたのです。

 そのあと、激しい雨と雷で約1時間中断。台風10号の接近で大気が非常に不安定になっている影響でしょう。
 午後7時20分から試合再開となりました。

 この日は、今までの堅守がどうかしちゃったの、と思うくらい守備が不安定で、不用意さが目立ちました。前半、さらに1失点し、0対2。
 この時点で逆転は無理だな、と思いました。

 後半、1点返したものの、すぐに追加点を許しました。今のグランパスには3点以上取る攻撃力はありません。
 しかも、セカンドボールはことごとく鹿島の選手に渡り、パスカットされる場面も多かったように感じました。

 それにしても、グランパスは素早い攻撃がなぜできないのでしょうか。
 パス回して相手陣形を崩してシュートを打つのも魅力ですが、ボールを奪って相手の陣形が整わないうちに攻めあげれば、チャンスが作れる場面が何度かあったように思います。せっかく足の速い選手が何人かいる訳ですから、相手ゴールへの怒濤のような速攻があってもいいと思うのです。

 いずれにしても、出だしが良くて失速した昨シーズンの二の舞になっていけません。このままズルズル後退しないよう、立て直しに期待したいです。

<試合結果>
豊田スタジアム
1対3(前半0-2、後半1-1)
得点:【名古屋】①稲垣(後4)、【鹿島】①和泉(前16)、②荒木(前37)、③土居(後18)
観衆:4,951人、開始:午後6時
主審:福島孝
<成績>
7勝3分け3敗、勝点:24、得点:20、失点:11、得失点差:9、順位:4位  

Posted by まつぼっくり at 21:41Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2020年09月12日

930 庄内川リバーサイドポタリング

◆2020年9月5日(土) 晴一時雨

 午後から豊田スタジアムに行くので、時間は限られています。しかも台風10号が九州地方に近づきつつあるため、今晴れている天候もどうなるかわかりません。そこで、近場の庄内川河川敷を走ってみることにしました。

 国道1号を西進して、一色大橋で河川敷に降ります。ここには樹齢百年を超える立派な松があります。そのため、松陰(まつかげ)という地名で、公園、住宅、病院などもその名が付いています。昭和の初期には川の水もきれいで水泳場があった場所です。

 ここから北の上流に向かって、舗装された緊急河川敷道路があり、普段、車は入って来られませんが、自転車なら走ることができます。ジョギングや散歩をしている人もいます。

 前日に降った激しい雨でところどころ水溜まりがあります。
 大当郎橋、新前田橋、近鉄名古屋線、JR関西線をくぐって、横井大橋に来たときでした。
 柵が張り巡らされ、通行止めの看板がありました。まだ3kmも走っていないのに、この先に進めなくなってしまったのです。
 土砂撤去、掘削工事のため、令和2年8月17日から令和3年3月31日まで通行止めとのことです。
 ここで折返し。
 まだ時間がったので、ららぽーと名古屋みなとアクルスに立ち寄って帰ることにしました。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:32.4km(累積13294km)
走行時間:1時間58分
所要時間:4時間(8:00~12:00)
  

Posted by まつぼっくり at 21:39Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月11日

929 水上自転車&カヌーに初乗り

◆2020年8月30日(日) 晴

 人生で初めて水上自転車とカヌーを体験しました。

 愛知県サイクリング協会の有志で結成したACA水上自転車友の会があります。そのメンバーのKuraさんに誘われて乗船会の参加しました。

 会では碧南市油ヶ淵近くの『葦舟倉庫』に水上自転車とカヌーを所有しています。いずれも使わなくなって無償で譲り受けたもので、古いです。
 水上自転車は瀬戸市のしなのサイクルが持っていたもので、木製のかなり長い舟です。油ヶ淵までは約1kmの距離を台車に乗せて引っ張って運ぶそうです。

 この日の参加者は、70代のaQsimさん、60代の石川さん、Uchiさん、Kuraさん、私、50代の岩田さん、そして岩田さんの後輩の若者2人(20代)の8人です。

 午前9時に葦舟倉庫に集合し、車でカヌー2艇を運びます。水上自転車は会所有のものではなく、Kuraさんが退職金で買ったというイタリア製の『Shuttle Bike Kit』に乗せてもらいます。

 乗船場所は半田市亀崎海岸。
 海岸の芝生の上にテントとタープを張り、『シャトルバイクキット』を組み立てます。
 その名のとおり、この水上自転車組み立て式です。巨大なソーセージのような形をした2つのフロート(浮き)部分に空気を入れて膨らまし、軽量のパイプを組み合わせてフレームを作り、2つのフロートの間にフレームを合体させます。ここに自転車をセットし、完成となります。自転車はハンドルネーム「ジェームス・ディーン」さんから無償でもらったというキャノンデールのマウンテンバイク。1990年代製造の年代物です。

 自転車のペダルを漕ぐと、後輪に接触するローラーが回転し、前輪の下方に取り付けられた水中フィンにケーブルによって動力が伝えられます。フィンの回転が推進力となり水上を移動できる仕組みです。しかもこの推進部分は、前から押されると折れ曲がるので、壊れる心配がとても少ないのです。
 そして自転車のハンドルを切ると水中フィンの方向も変わるため、移動する方向がコントロールできるのです。
 まさに道路を走っているかのごとく、川や湖、海でも移動することができます。

 さらに、後輪に接触するローラー内にはエアポンプが内蔵されており、ケーブルをフロートの吸入口に接続すると、自転車を漕ぐだけでどんどん空気を充填することができます。
 またフロートの空気を抜いて折りたたみ、フレームをバラバラに分解すれば付属のバックパックに入るほど小さくなります。
 非常に優れものです。Kuraさんに値段を聞いたら、だいたい15万円ぐらいだそうです。

 一人ずつ順番に乗ります。
 海岸から見ているとアメンボがすいすい動くような感じです。
 海水浴できていた人達も珍しそうに眺めています。
 そして、自分の番。
 最初、海の上を走るのは少し不安でしたが、すぐに慣れました。歩くぐらいのゆっくりしたスピードです。波がなければ、ジョギングぐらいの時速になるでしょう。
 街中を走行しているのと違い、信号待ちもありませんし、自動車や歩行者との事故に巻き込まれないよう、常に神経を張り巡らせておく必要もありません。ストレスから解放され非常に気持ちのいい乗り物です。

 水上自転車のあとはカヌーです。
 パドルの使い方も何もわからず、我流で漕いでみました。転覆が心配でしたが、想像していたより安定していました。水面に近い乗車位置なので、水上自転車よりスピード感がありますし、その爽快感は格別でした。

 正午過ぎ、乗船会終了。
 『シャトルバイクキット』を解体し、持ち主のKuraさんのSUVへ。カヌーはaQsimさんのワゴン車へ積み込み、碧南の葦舟倉庫に戻ります。
 葦舟倉庫には、その名のとおり、油ヶ淵で採れた葦を組んで作った葦舟が格納されています。会の水上自転車とカヌーはここに間借りさせてもらっている訳です。

 片付けが終わって、活け魚料理「つりぼり」にて昼食を取ったあと、午後2時解散となりました。

 次回は11月に碧南の油ヶ淵で乗船会を行う予定ですので、またぜひ参加したいと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 20:16Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月10日

928 J1リーグ第13節(vsコンサドーレ札幌)-テレビ観戦

◆2020年8月29日(土) 晴

 先週に引き続き、NHK・BSでグランパスの試合が中継されました。NHKさん、ありがとうございます。

 コロナ過でなければ、北海道旅行を兼ねて札幌ドームに行ってみたいと思っていました。

 開始早々、グランパスの主導で試合は進みます。コーナーキックが続き、得点チャンスの連続です。
 しかし、金崎夢生選手のシュートがクロスバーを直撃して跳ね返ったときはため息が出ました。これがもう数センチ下の行っていればゴールに入っていたはずです。
 以降、もどかしい展開が続きます。札幌が押し込む時間帯もありました。

 そして最後の最後、アディショナルタイムにペナルティエリア内で相馬がハンドの判定。PKを与えてしまいました。
 これで敗戦か、と覚悟しました。
 しかし、守護神ランゲラックは、これを見事に阻止したのです。キッカーのルーカスフェルナンデスはゴール中央付近に低い弾道のボールを蹴りました。ランゲラックは右に飛んだものの両足を残してはじき返しました。もしボールがもう少し上に蹴られていたら、決まっていたでしょう。
 前半の金崎選手のシュートと反対の現象だな、と思いました。
 ともあれ、窮地を救い、勝ち点1をもたらしたビッグセーブです。

 中2日で試合に臨んだ札幌に対し、グランパスは中5日と体力面で有利であったにもかかわらず、それを活かせずモヤモヤした試合でしたが、負けなかったことをヨシとしましょう。

<試合結果>
札幌ドーム
0対0(前半0-0、後半0-0)
得点【札幌】なし、【名古屋】なし
主審:西村雄一
観衆:3,479人、開始:午後7時
<成績>
8勝3分け2敗、勝点:24、得点:19、失点:8、得失点差:11、順位:4位
  

Posted by まつぼっくり at 20:15Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2020年09月08日

927 めんたいパークとこなめ-来場者プレゼントをもらいに

◆2020年8月29日(土) 晴

 めんたいパークとこなめの来場者プレゼントがもらえる新聞折込チラシがありました。期限が今月末までです。明日は予定があるので、今日が来場できる最後の日になります。

 開店から20分後ぐらいに到着。まだ、お客さんはまばらでした。
 景品だけもらうのも気が引けますから、何か買おうと思います。しかし、ほとんどの商品は冷凍か冷蔵品。この猛暑の中、Dバッグに入れて自宅まで1時間半近く走ったら溶けてしまいます。
 そこで、店内を巡って常温で大丈夫な「かねふく 明太からし高菜」を見つけました。レジで購入すると、「明太子味ポテトチップ」をプレゼントされました。

 次に大蔵餅です。喫茶室に入るお客さんが並んでいました。
 定番の大蔵餅と羽二重餅を2個ずつ買いました。

 行きも帰りも暑いです。ボトルの水はぬるま湯のようになっています。
 脱水症、熱中症を避けるため水分の補給は欠かせません。
 運動不足になると、水分を蓄える筋肉量が減って脱水になりやすいだけでなく、足の血流も悪くなっている可能性があるといいます。
 1日に体から輩出される水分は、激しい運動をしなくても汗や尿、便など合わせて2.5リットルにもなるそうです。屋外で自転車をこげば、それ以上の水分が失われます。

 私は通常、2つのボトルに1リットルぐらいの飲料水を持って行きます。一つは水で、もう一つはスポーツドリンクです。
 暑い中ですと、たくさん水分が欲しくなるものですが、一度に大量の水を摂取しても全ては吸収されないとのこと。私は口や喉の渇きを感じる前に少量をこまめに補給するようにしています。

 家に帰ってバックパックを開けてみたら、背後からまともに直射日光を受けていたため、表面はもちろん、中まで熱くなっていました。

使用自転車:Panasonic POS クロモリロード
走行距離:66.8km(累積210km)
走行時間:3時間07分
所要時間:4時間23分(7:38~11:40)
  

Posted by まつぼっくり at 19:38Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月07日

926 J1リーグ第12節(vs川崎フロンターレ)

◆2020年8月23日(日) 晴一時雨

 まさか勝てるとは思いませんでした。
 相手は無敗で10連勝中の川崎フロンターレです。
 引き分けで御の字。もし勝てるとしたら、1対0か、2対1とかの接戦でしょう。

 予想どおり、川崎がボールを支配して試合は進みます。
 攻め込まれて、あわや、失点かとヒヤリとした場面がありましたが、ディフェンス陣やゴールキーパーがギリギリのところで防ぎました。

 前半44分、マテウスが左サイドからゴール前に蹴ったクロスボールを、金崎夢生がヘディングでゴールを決めました。欲しかった先制点が取れました。

 後半は、川崎に攻めに攻められました。早いパス回しや変化のあるドリブルを仕掛けられ、いつ決められてしまうかと、ハラハラの試合展開です。しかし、今日のグランパスは集中していました。ミスもほとんどありません。

 アディショナルタイムの5分はスタンドの誰もが、早く時間が過ぎて欲しい、と願っていたと思います。
 倍のシュートを打たれながらも、体を張った守備でゴールを割らせず、クリーンシートでタイムアップ。

 この勝利は勝ち点6に相当する価値があるでしょう。
 川崎に勝てるチームが他にも出てくれば、10年ぶりのグランパスの優勝も、現実味を帯びてきそうです。

<試合結果>
豊田スタジアム
1対0(前半1-0、後半0-0)
得点:【名古屋】①金崎(前44)、【川崎】なし
観衆:4,968人、開始:午後6時
主審:佐藤隆
<成績>
7勝2分2敗、勝点:23、得点:19、失点:8、得失点差:11、順位:3位
  

Posted by まつぼっくり at 21:04Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2020年08月31日

925 勅使池と若王子池、そしてソフトクリーム

◆2020年8月23日(日) 晴ときどき曇

 先週16日に訪れた豊明市沓掛町に再び自転車で行きました。

 県道220号阿野名古屋線を走ります。
 この道は丘陵地を通るので、ほとんど平坦なところがなくアップダウンばかりで、変速機が活躍します。
 沿線には、新海池公園、滝の水公園、税務大学校、鳴海カントリークラブ、そして藤田医科大学病院(学校法人藤田学園)などがあります。

 地図を見ると勅使池(ちょくしいけ)の近くに若王子池があります。若王子池は「わかおうじいけ」ではなく、「にやくおうじいけ」と読みます。どちらも、少し変わった名称です。
 「勅使」とは、天皇、皇族、皇帝などの使いの者という意味です。名前の由来ともなっているように天皇の勅使によって改修工事が行われた池だとのこと。
 若王子池は、江戸時代初期の明歴元年(1655年)に造成された農業ため池です。

 若王子池の中にはソーラーパネルがありました。池の水面にソーラーパネルが設置してあるのは初めて見ました。なぜわざわざ池の中にあるのか不思議ですが、「土地の賃料が安い」「造成工事をしなくて良い」「周囲に日陰が少ない」「太陽光モジュールの温度が低く発電効率が下がりにくい」といったメリットがあるようです。
 勅使池に比べると若王子池の水はとても汚いですし、勅使池のように遊歩道は整備されていません。
 池の一角ではリモコンヨットを操縦しているおじさんが数人いました。リモコン飛行機は河川敷などで飛ばしているのをよく見ますが、船は初めて見ました。

 帰路、鳴海のアピタにあるスガキヤでソフトクリームを食べました。暑いときにはかき氷やアイスクリームが人気ですが、私はソフトクリームが好きです。スガキヤのそれは少し甘すぎるものの、160円と低価格なので気軽に買えます。

 先週16日のサイクリングの帰りに、瑞穂公園近くの「ウィークエンドスイーツ」という屋台のような店でソフトクリームを食べたのですが、台座となるコーンに対してソフトクリームの載せ方のバランスが悪く、店の前で食べようとしたらソフトクリームが倒れて地面に落ちてしまいました。
 こんなことは初めてです。
 お店の人に言ったら新しいのを作ってくれました。しかし、これも口を付けたところで崩れそうになり、手で支える羽目に。手がベトベトになりながらもなんとか食べ終えましたが、コーンの中にはクリームがほとんど詰まっていないことがわかりました。コーンの直径が細いうえ、乗っているクリームが重たすぎるのです。頭でっかちのなで、これでは倒れるのも当たり前です。
 300円で値段も味も普通ですが、また食べたいとは思いませんでした。

使用自転車:Panasonic POSチタンエンデュランスロード
走行距離:37.0km(累積1866km)
走行時間:2時間16分
所要時間:3時間30分(8:00~11:30)
  

Posted by まつぼっくり at 22:27Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年08月28日

924 kiticaのガレット

◆2020年8月22日(土) 晴

 新聞記事に寄れば、昨年までの5年間で、愛知県内では人身交通事故全体の件数が3割減少する一方、自転車と歩行者、自転車同士の人身事故は2割増加しています。
 また、過去5年間に交通事故で亡くなった自転車利用者の97.7%がヘルメットを着用していなかったとのこと。これはある意味、当然といえる数字です。自転車利用者のほとんどはママチャリです。スポーツ自転車利用者のほとんどはヘルメットをかぶっていますが、ママチャリでヘルメットをかぶっているのは通学の中学生ぐらいではないでしょうか。
 かく言う私もスポーツ自転車のときは必ずヘルメットを着用しますが、ママチャリのときは年に1回か2回だけです。
 ママチャリにヘルメットはかっこ悪い、ゆっくり走るママチャリには必要ない、と思う人が圧倒的に多いと思います。
 まずは、ヘルメットをかぶる文化とか、雰囲気が醸成されないことには、着用率も上がらないでしょう。

 さて、今日のランチは東海テレビのぐっさん家で紹介されていた、熱田区白鳥の「kitica」のガレットにしようと思います。
 ガレット(galette)は、フランス料理の名称で「円く焼いた料理」を意味します。そば粉生地を薄く焼き、コテで薄い円形に伸ばして正方形に折りたたみます。中には、生ハムなどの肉類、魚介類、チーズ、鶏卵などが入っていて、洋風お好み焼きのような感じです。

 そこで、行き先は東海通を西に進み、木曽岬町としました。
 外周を回るのではなく、役場のある中心部を走ります。中心部と言っても人通りはほとんどなく、とても快適に走れます。木曽岬町はサイクリングに最適の町だと実感しました。
 ただし、調子に乗って走っていると、一旦停止を忘れて軽トラックにぶつかりそうになりました。ヒヤリとしました。注意しないといけません。

 11時40分頃、kiticaに着きました。
 既に半分くらいの席が埋まっています。若い人が多く、人気のお店のようです。
 お店の人に聞くと、今から注文すると出来上がりは12時半ぐらいになるとのこと。
 基本となる、チーズ、卵、ベーコンが入ったガレット(700円)を2枚注文し、いったん店をあとにしました。

 近くのコンビニでアイスクリームを買い、白鳥公園の木陰のベンチに座ってのんびりしました。
 直射日光を避けると、ずいぶんと暑さから解放されるものです。

 指定時間に店に行くと、ほぼ満席状態です。
 サイクルジャージ姿のおじさんに、何人かの目が集まりました。

 帰宅して食べてみると、見た目よりボリュームがありましたが、胡椒が強すぎて味はいまいちでした。

使用自転車:Panasonic POS クロモリロード
走行距離:61.6km(累積143km)
走行時間:3時間11分
所要時間:4時間23分(8:27~12:50)
  

Posted by まつぼっくり at 20:31Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年08月27日

923 J1リーグ第11節(vs湘南ベルマーレ)-テレビ観戦

◆2020年8月19日(水) 晴

 NHK・BSでもグランパスの試合はなかなかテレビ中継してもらえませんが、今日は珍しく中継がありました。
 それもアウェイのゲームです。現在、新型コロナウイルス感染予防対策のため入場制限があり、アウェイのスタジアムには行けない状況ですから、嬉しい限りです。

 最下位で4連敗中の湘南ですが、全員がハードワークし、粘り強く戦うチームです。
 テレビで見ていても、サイド攻撃からチャンスはつくるものの、全員守備の湘南を攻めあぐねる状況が続きます。我慢比べのような試合展開です。
 後半になっても状況は変わらず、このままスコアレスドローかな、と思いました。
 しかし、アディショナルタイムでのコーナーキック。マテウスがニアサイドに蹴った早いボールが、湘南の選手の頭に当たってゴールに吸い込まれたのです。
 思わず手をたたいてしまいました。

 最後まで0点に抑えたことが幸運を呼び、勝ち点3に結びついたのだと思います。
 点を取られなければ、少なくとも負けはありません。また、1点でも取れば勝ちか引き分けになることもあります。
 今季の2敗はいずれも0対1でした。1点でも取れば引き分けに持ち込めた試合でした。

 今日の結果で、失点8はリーグ最小です。堅守が光るグランパス。次節、首位川崎とのホームゲームでも、なんとか引き分け、あわよくば川崎の11連勝を阻止する戦いをしてもらいたいものです。

<試合結果>
Shonan BMWスタジアム平塚
0対1(前半0-0、後半0-1)
得点【湘南】なし、【名古屋】①オウンゴール(後47)、
主審:村上伸
観衆:2,976人、開始:午後7時
<成績>
6勝2分け2敗、勝点:20、得点:18、失点:8、得失点差:10、順位:3位
  

Posted by まつぼっくり at 20:40Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2020年08月26日

922 ナガバノイシモチソウ

◆2020年8月16日(日) 晴

 今日の名古屋の最高気温は38.7℃。体温より暑いです。これは名古屋気象台のある千種区での観測温度ですから、実際はさらに気温は高いでしょう。

 そんな中でも自転車です。
 新聞で読んだナガバノイチモチソウ自生地のある豊明市沓掛町に行きました。

 緑区の滝の水を通って、藤田医科大学への道を進みます。
 勅使池の東、勅使グランド近くの田んぼの一角にありました。
 想像していたよりずっと狭いところでした。
 小さな一軒家ぐらいの面積です。
 格子状のフェンスに囲まれて敷地内へは入れませんが、外からでも十分に見ることができます。
 5mmか1cmぐらいの小さなピンクの花が咲いていました。

 ナガバノイシモチソウ(長葉石持草)は、食虫植物の一種で、葉の腺毛から粘液を分泌し捕虫します。桃色の花弁をつけるアカバナナガバノイシモチソウは、日本ではここ、愛知県豊明市沓掛町にしか自生していないという、非常に珍しい品種です。
 9月12日(土)と13日(日)に一般公開されるとのことですので、行ってみたいと思います。

使用自転車:BRUNO B-ant
走行距離:34.1km(累積193km)
走行時間:2時間16分
所要時間:3時間13分(8:20~11:33)
  

Posted by まつぼっくり at 21:34Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年08月22日

921 港区築地口「ぜんめいや」

◆2020年8月15日(土) 晴

 朝から強烈な暑さです。
 連日の猛暑日。名古屋で37.5℃です。

 母が入居する介護老人施設にポリグリップなどを届け、そのまま港区までペダルをこいでいきました。
 ガーデンふ頭や築地口商店街をポタリングしていたら、とある店の前に人だかりができていました。
 『ぜんめいや』です。
 何度もテレビで紹介されたフルーツサンドの八百屋さんです。隣にはフルーツカフェもあります。

 10時開店ですが、15分前には20人近くの人がいました。
 私も試しに買ってみようと思い、店の前の並木に自転車を立てかけ、待機しました。
 開店が近づくと自然に列ができ、私も並びました。待っている人は皆、フルーツサンドがお目当てのようです。わたしは16、7番目ぐらいでしょうか。

 フルーツサンドは店の一番奥の冷蔵ケースに並べられています。狭いコーナーですので、一度に2組しか商品選びができません。
 お一人様4個まで。
 いちごやみかん、パイン、マンゴー、キウイ、マスカットなどなどいろいろな種類がありますが、初めてですので各種フルーツがサンドされたミックスフルーツサンドを買いました。

 レジにも行列ができ、私の前に並んでいた夫婦は8個買って、4千円以上支払っていました。私は2個で1,036円です。
 チャック着きの専用ポリ袋に保冷剤と一緒に入れてくれました。
 保冷剤が溶けてしまわないうちに早く帰ろうと思います。

 それにしても暑いです。
 フェイスカバーの中は蒸れ蒸れ。もっと走りたいところですが、早々に切り上げた方が体のためにはよさそうです。

使用自転車:cannondale Jekyll
走行距離:21.2km(累積445km)
走行時間:1時間23分
所要時間:2時間02分(8:45~10:47)
  

Posted by まつぼっくり at 19:56Comments(0)TrackBack(0)サイクリング