2018年04月10日

592 OSJ新城トレイル11K

★2018年3月24日(土) 晴

 快晴、無風、温暖、絶好のトレイルランニング日和です。
 ただ、若干、腹痛があって、走っている最中にトラブルが起きないか、それが心配です。

 午前10時に愛知県民の森・モリトピア愛知前特設会場をスタート。
 最初の約2kmのダートロードを走り、一人ずつしか通れないシングルトラックの前での渋滞が、この日は10分程度で済みました。昨年はここで20分以上待たされましたから。
 昨年の記録は2時間59分17秒。この先昨年並みの走りができれば、余裕で3時間が切れるでしょう。

 私のすぐ後に外国人の参加者がいました。女性ランナーが話しかけているのを聞いていたら、岐阜県在住のカナダ人で、トレイルランやオリエンテーリングが趣味のようです。位山や御嶽山に行ったとか、娘2人や奥さんはぜんぜん走らない、とか聞こえてきました。とても上手な日本語でしたので、かなり長く日本に住んでいるのでしょう。

 急勾配の遊歩道をよじ登るように上っていきます。この時点で太ももがだるくなりました。呼吸も荒くなります。脇によって立ち止まっている参加者もちらほらいます。なかには20代と思われる若者も。
 還暦のおじさんでも休まず上っているんだから、頑張りなさいよ、と思ってしまいます。

 3.4km地点を左折。
 ここからエイドステーションまでは上ったり下ったりの繰り返し。
 岩場もあれば、階段や鎖、手すりが設置されたところもある。変化に富んでいます。
 地形の変化や自然の景色、体の痛み自体も楽しもう!
 せっかく参加料を払って、普段はなかなか訪れる機会がない山岳コースを走る(実際はほとんど歩きですが)訳ですから。
 「ナイスラン!」
 要所要所で立哨をされている大会スタッフの方々が声援を送ってくれます。しかし、この山道で“ラン”をしている人は、トップランナーはともかく、私の周りにはいません。皆“ウォーク”です。

 「もうすぐ エイドステーション」の標識。
 でも、その最高地点の前に壁のような登りが‥‥‥。
 木の幹や岩に手をかけながら、進みます。

 6km地点のエイドステーションで、持参のペットボトルに水を補充してもらいます。
 この時点で1時間33分。去年は40分を過ぎていましたから、若干早く通過しました。
 南の方角に進路を取り、急な階段を下ります。
 「どうぞお先に」
 背後に人の気配を感じたら、私は道を譲ります。シリアスランナーではないので、後から急かされるのが嫌なのです。それに下り坂を急ぐのは怖いし、ケガや事故の危険もありますから。

 西尾根コースはアップダウンの繰り返し、南尾根は岩場が多く、どこを通ったらいいのか迷う箇所もあります。
 前を走っていた女性ランナーが「どっちを下ればいいかしら」とつぶやいていました。
 「右側の方がいいと思いますよ」
 「それじゃ、先に行ってください」

 残り3km地点に
 「ダブル64K 第3関門
  32K 第2関門」
の標識がありました。
 11kmコースでもヘトヘトなのに、32kmや64kmを走る人は超人としか思えません。
 女性スタッフの方が、
 「笑顔で」
 「ナイスランです」
 「アナタならやれます」
 「アナタの決めた道だから」
と張りのある声で励ましてくれます。
 そうです。強制ではなく、自分の意思でこの大会に出ることを決めたのです。諦めず最後まで走り通さねば。

 南尾根展望台は、絶景ビューポイントです。
 眼下に山に囲まれた新城の家並みや道路が臨めます。ここまで走ってきた者だけが見ることができる景色です。
 スポーツゼリーを食べながら、しばし眺望を楽しみました。

 最後の坂を上った地点でスタッフの方が「あとは下りです」
 残り時間を考えると、去年のタイムを上回ることができそうです。
 脚の疲労と痛みに耐えながら、ジグザグ坂を慎重かつスピーディに下ります。
 階段を下ると、スタート直後に走った舗装道路に戻ってきました。
 ゴールゲートのタイマーは2時間48分台。
 昨年より10分以上いい記録です。

 初めての時はアップダウンが延々と果てしなく続く感覚でしたが、今回は経験値があったので意外と短く感じました。とは言っても、脚の疲労が限界に近い状態であることには変わりはありませんが‥‥‥。

 帰りに新城インター近くの道の駅「もっくる新城」に立ち寄りました。去年は「ししラーメン」(780円)を食べましたので、今年は「鶏蕎麦」(680円)を注文。チャーシュー風の鶏肉が3切れ、柔らかくて美味しい。香ばしく素揚げしたにんじんや野菜がベストマッチ。スープも全部飲んでしまいました。
 お土産に地元新城で製造された「桜の散歩道」という饅頭をを買いました。

種目:トレイル11km
記録:2時間48分20秒
順位:総合353位 男女別304位
   50代男子62位
使用シューズ:asics GEL-Fuji
  

Posted by まつぼっくり at 22:31Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年03月31日

589 農業大学校周辺JOG その6

★2018年3月13日(火) 晴

 今週金曜日は終業式。
 来週木曜日に人事異動内示。
 農業大学校に2年勤務しましたので、異動の可能性もあります。もしかしたら、農大周辺を走るのは今日が最後になるかもしれません。
 農大のコースをしっかりと脳裏に刻んでおきたいと思います。
 トヨタと日産のディーラー、しまむら、出雲殿、宇野整形外科、サイクルぴっとINOUE岡崎店、緑丘小学校‥‥‥
 走りながら、いろいろな施設が目に入ってきます。見納めになるかもしれません。
 4個所ある信号機に今日は一度も引っかかりませんでした。スムーズに走れました。
 快晴、無風で気持ち良いラストランでした。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.4km
走行時間:39分
  

Posted by まつぼっくり at 22:05Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年03月28日

588 名古屋シティマラソン2018

★2018年3月11日(日) 晴

 今日は東日本大震災から7年目となります。名古屋シティマラソンも2012年に始まって今年で7回目です。第1回と第2回は股関節の故障で参加できませんでした。第3回大会から今年が5回目の出場です。

 私のスタート前の待機エリアはPブロック。昨年はSブロック、一昨年はWブロックでしたから、ずいぶんと前の方です。午前10時20分のスタート前にナゴヤドームの敷地内の待機場所ではなく、道路上に並ぶことができたのは初めてです。
 号砲が鳴って、スタートラインにたどり着くまでに2分3秒(昨年3分50秒、一昨年12分11秒)。待機位置の差を痛感します。

 マラソンは、スタートラインを越えた瞬間から前に向かって進むしかありません。淡々とゴールを目指すのみです。

 走っている最中は苦しいです。
 でも、自分の足で走れる幸せ、風を感じながら走れる快感、走ることで気持ちが前向きになる。タイムや順位に関係なく、走っているこの瞬間自体を、楽しみたい、大切にしたいです。
 苦しんだ先に喜びがある。人生と同じです。

 環状線を南下。
 今池でウィメンズマラソンのランナーとすれ違います。
 桜山町、5km通過が31分17秒(ネットタイム:29分14秒)。昨年が34分16秒(ネットタイム:30分25秒)でしたから、まあまです。

 8km地点の新瑞の交差点を左折して、弥富通の緩い坂を行きます。
 左折して田辺通、また左折して山下通。
 パロマ瑞穂スタジアムのフィニッシュラインを超えたとき、タイマーは1時間1分台でした。
 ネットタイムは昨年1時間3分20秒でしたか4分以上いい記録でした(グロスタイム1時間7分11秒)。
 待機位置が前の方だったこともありますが、最初から最後までイーブンペースで走れたことが良かったのだと思います。

 荷物を受け取ったあと、県庁クラブOBのTさんと会いました。障害者福祉団体の職員として、ホイールチェアマラソン用の車いすとバスケットボール用の車いすを展示、紹介していました。
 レース用車いすは、カーボン製フレームにロードレーサーよりも細いタイヤです。ホイールはロードレーサーのそれと同じです。
 バスケットボール用車いすは、バンパーガードと後転防止用の車輪が付いていることが特徴です。実際に乗ってみると簡単に方向転換ができます。そして、車いす同士がぶつかるとすごい衝撃があります。倒れることがよくあることが実感できました。

種目:クオータマラソン男子(10.5km)
記録:1時間1分18秒(グロスタイム)
   59分15秒(ネットタイム)
使用シューズ:asics ターサー
  

Posted by まつぼっくり at 22:14Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年03月26日

587 名古屋シティマラソン受付

★2018年3月10日(土) 晴

 午前中、父の命日と春のお彼岸の墓参りで桶狭間の墓地に参拝しました。

 母を介護施設に送ってから、明日の名古屋シティマラソンの受付にミニベロでナゴヤドームに向かいました。

 名古屋市東スポーツセンターでナンバーカードと記念品をもらいました。今年のメインスポンサーは昨年までのナイキからニューバランスに変わり、Tシャツはグレー色の渋いデザインです。
 ナゴヤドーム内の「マラソンEXPO」会場はスポーツ関連グッズや化粧品の販売、飲食店などのブースに、受け付けを済ませたマラソン参加者が列を成していました。朝の通勤列車のような混雑です。それも圧倒的に女性が占めています。その場におじさんがいるのは憚れるような感じでした。

 明日の天気は良好のようです。去年はあまり調子が良くなかったので、明日は快走したいものです。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:18.0km
走行時間:1時間11分
  

Posted by まつぼっくり at 22:23Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年03月21日

585 山崎川JOG その65

★2018年3月4日(日) 晴

 昨日の土曜日は宿直勤務でした。
 午後5時15分から翌朝8時30分まで学生寮に当直します。夜8時30分と10時30分に寮内を巡回する業務の他は特にすることはありません。11時に寮の戸締まりをすれば、あとは舎監室で睡眠を取ることができます。
 翌朝は6時に起床します。睡眠時間は普段より多くとれます。しかし、なぜか疲れるのです。
 布団や枕が合わないのか、舎監室の環境が悪いのか、原因はよくわかりません。
 午前10時前には帰宅できたのですが、体がだるい状況です。お昼まで横になり、昼食をとってから、また休んでもすっきりしません。
 ただ、ゴロゴロしていても回復しませんので、山崎川へ走りに出ました。

 体を動かすことで血液の循環が良くなり、疲労が回復することもあります。
 実際走ってみると、重たい体が徐々に軽くなってきます。春の息吹を五感で感じることで、気持ちもすっきりしてきます。
 ランニングが健康にもたらす効果には、筋持久力のアップと維持、心肺機能の維持・向上、ストレスの解消など心の健康づくり、生活習慣病の改善、そして脳の活性化があると言われますが、そのとおりですね。

使用シューズ:asics GEL-1110
走行距離:10.2km
所要時間:1時間26分
  

Posted by まつぼっくり at 21:49Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年03月05日

580 庄内緑地公園グリーンランニング応援

★2018年2月18日(日) 晴

 農業大学校陸上部のメンバーが第22回庄内緑地公園グリーンランニング大会に出場しました。
 2年生のヨウタくんは20kmの部に、同じく2年生のワッキーくんとリコさん、1年生のショウくんとタイキくんの4人は30kmリレーマラソンの部に参加です。

 応援に行こうとミニベロで出発しました。
 約70分かかって午前10時スタートの15分ぐらい前に到着。5人は走る準備を整えていました。
 1周2.5kmのコースを20kmは8周、30kmは12周します。

 最初にショウくんが1周、次にワッキーくんが1周、3番手にタイキくんが3周しました。
 ヨウタくんはおかざきマラソンで優勝した経験もあるだけあって、スピードがあります。リレーのメンバーを追い抜きます。
 ランナーを見ていると気持ちが盛り上がって自分も走りたくなります。
 1時間ほど見学、応援して、会場を後にしました。

 あとで結果を聞いたところ、リレーの部は34チーム中13位、ヨウタ君は1時間14分で見事優勝(52人中)しました。
 これで2年生の3人は引退し、卒業します。これからは1年生がクラブを引っ張っていって欲しいです。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:32.5km
走行時間:2時間09分
  

Posted by まつぼっくり at 22:47Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年02月19日

577 第45回刈谷市かきつばたマラソン大会

★2018年2月11日(日・建国記念の日) 晴

 昨日の午後から降り出した雨も明け方までに上がり、快晴です。しかし、非常に強い風が吹いていて、体感温度はとても寒いです。

 豊明駅で急行から普通電車の乗り換えたとき、通勤電車でいつも一緒になる男性を見かけました。その方は私と同年代と思われる容姿で、いつもウインドブレーカーを着て、赤いDバックを背負っています。左腕にはエプソンのGPSウォッチをはめているので、たぶんランナーだろうと思っていました。
 富士松駅で降りたので、マラソン参加者に間違いありません。その人のあとを付いて歩きました。ウイングアリーナ刈谷での受付で、その人の名が「シミズ」さんであることがわかりました。

 かきつばたマラソンには2014年から、2016年を除いて4回目の参加。このマラソンは毎回少しずつコースが変わります。今年は公園内から外周道路に出るまでのコースが若干変わりました。

 10時40分、10kmの部が一斉にスタート。
 逢妻川河川敷のコースは、ぬかるんで泥水が跳ね上がります。足が取られて走りにくいです。
 堤防道路に上がると、すごい風です。しかも完全な向かい風。押し戻されそうです。田んぼの中の細道では、道から落とされそうなくらいです。
 寒いし、鼻水は出るし、最悪のコンディション。
 途中1個所ある給水所では、紙コップが飛ばされて散乱していました。
 再び堤防道路に上がり、追い風を期待したのですが、横風になっただけでした。残念!
 冷たい風の壁を切り裂いて走っているようです。
 風はさらに強くなり、帽子が飛ばされないよう手で押さえながら走らないといけない状況です。実際帽子を飛ばされた人もいました。
 堤防道路から落とされる!
 怖いくらいの横殴りの風です。
 ほとんどが逆風で、追い風になったのは1kmもなかったでしょう。

 去年より3分以上遅いタイムでゴール。
 「こんな強い風がなけりゃ、1分は早かったのになぁ~」
 そんな声が聞こえましたが、同感です。

 農業大学校陸上部からは、10km一般男子一部(高校生から29歳)に2年生のヨウタくん(13位)と1年生のタイキくん(33位)、10km一般女子の部(高校生以上)に2年生のリコさん(111位)が参加しました。

 ゴール後、さらに悲惨な目に遭いました。
 着替えを済ませ、抽選会場の陸上競技場に入ろうとしたときです。5、6段の短い下り階段で転げ落ちたのです。
 一瞬、何が起きたのかと思いました。
 「大丈夫ですか?」
 近くの男性の声で、自分が転んだことに気がつきました。
 すぐに起き上がれましたので、大きなケガはないようです。
 「たぶん、大丈夫だと思います」
 気分が悪かったわけでも、階段を踏み外したわけでもありません。
 脚が疲労していて、重たいリュックサックでふらついたのか、よくわかりません。
 ジャージの裾をめくり上げてみると、左膝をかなり擦りむいていました。左頬と左肩も少し打ったようです。
 リュックサックがクッションになって、比較的軽い傷で済んだようです。

 災いは、いつ、どんな状況で、起きるかわかりません。用心していても遭遇することもあります。運命として受け入れるしかないのでしょう。

種目:10km第三部男子50歳以上の部
記録:55分19秒
種目順位:325人完走中213位
使用シューズ:MIZUNO GX
  

Posted by まつぼっくり at 22:40Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年02月14日

576 第16回知立市マラソン大会

★2018年2月4日(日) 晴

 低温の日が続いています。今日もたぶん2℃か3℃しかないでしょう。

 冬になると、いつも手にあかぎれができます。今年は初めて、右足の踵にもあかぎれができてしまいました。乾燥して、刃物で切ったような亀裂ができて、痛みがあります。
 加えて、左肩と首筋にも痛みがあり、思うように全身が動かないのです。

 雨の模様の昨年と違い、快晴で、風もほとんどありません。
 でも寒い。

 更衣室となっている知立中学校の体育館には、大型の電気ストーブが設置されていました。少し暖がとれ、助かります。

 校庭でストレッチをしていたら、私と同年代と思われるおじさんが隣りに来て、準備運動を始めました。
 「いち、に、さん、し、ごう、ろく、ひち、はち」
 結構大きな声で号令をかけながら体を動かしています。運動の様子を見ていたら、アキレス腱を伸ばすにしても、前屈運動にしても、反動を付けて繰り返しています。セオリーから言うと、これではストレッチの効果はありません。
 アシックス「A77」のオシャレなジャージを着ているのに、ストレッチの仕方を知らないのかな、と思ってしまいました。

 9時50分、5kmの部スタート。
 走り出すと冷たい風を受け、鼻水が出てきます。つま先が凍傷になったかのように感覚がほとんどない状態です。意識では懸命に両腕を大きく振り、脚を前に出そうとしているのですが、全身が膠着したように動きません。おまけに着地のたびに踵がチクチクするのです。これでは意図するように走れないのは当たり前でしょう。

 結果は、昨年より3分以上遅いタイムでした。

種目:5km一般3部40歳以上男子の部
記録:28分27秒
種目順位:117人中79位
総合順位:233人中132位
使用シューズ:MIZUNO GX
  

Posted by まつぼっくり at 21:54Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年02月06日

574 農業大学校周辺JOG その5

★2018年1月30日(火) 晴

 非常に寒いです。
 先週雪が降ってから、低温の日々が続いています。今日も最高気温は5℃、最低気温はマイナス1℃。
 農大のコースは風を遮る物がなく、まともに寒風を受けます。
 走り始めは冷たいものの、体は徐々に温かくなり、汗も出てくるのですが、手はかじかんだままです。指先までは血液の循環が鈍いようです。
 足の方はサイクリングと違って地面との摩擦もありますから、熱が出てきて、冷たくはありません。
 もっと厚手の手袋にすればよかった。
 グローブは寒さ対策に重要なアイテムであることを痛感しました。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.4km
走行時間:43分
  

Posted by まつぼっくり at 21:42Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年01月30日

571 第40回阿久比町健康づくりマラソン大会

★2018年1月21日(日) 晴

 昨年の第39回阿久比町健康づくりマラソン大会は、雪のため、中止でした。
 今年は一転、穏やかで暖かい晴天です。

 開会式で竹内町長は、昨年12月開催の愛知県市町村対抗駅伝競走大会・町村の部で、阿久比町が念願の初優勝を成し遂げたことを報告されていました。会場には優勝旗や盾が誇らしげに飾られていました。
 また、第40回の節目の記念大会ということで、予算を付けて参加賞にタオルを作ったとのこと。いまどき珍しく参加料無料の大会ですし、昨年はカロリーメイトだったのでかなりの奮発です。

 続いて、競技の部に参加した男女の最高齢者に記念品が渡されました。
 現代社会は何でも自動化され、非常に便利で楽に生活できるようになりました。しかし、それが生活習慣病や認知症につながっています。IoT(Internet of Things、モノのインターネット)やAI((Artificial Intelligence、人工知能)が発達すれば、ますます便利な社会になるでしょう。今の快適さが皮肉にも不幸な未来につながっているのです。
 若者も高齢者も、意識して体を動かさないと、健康はどんどん遠ざかってしまいます。

 ジョギングの部は9時10分スタート。家族連れや子供達中心です。小さな子供達は元気よく走り出したり、急に止まったり、転んだり。急ぐ必要はないのですが、自分のリズムで走れないのが少しストレスになります。

 5kmの部は10時40分スタートでしたが、体調不良のランナーを救護した救急車の通過を待って、10分遅れの50分スタートとなりました。
 阿久比のコースは平坦なところがほとんどありません。阿久比スポーツ村自体が丘の上にあります。陸上競技場を出ると短い上りがあり、すぐに急な下り坂です。また上って、続いて長い下り。気張らなくても楽に足が動きます。下りが得意なランナーはここで飛ばします。
 今度は延々と続いく上り坂。上りをあまり苦にしない私は何人かのランナーを抜きます。その後少し平坦な道路の歩道を走り、知多半島道路脇のアップダウンを進み、最後は最初に下った坂を呼吸を荒くしながら上ります。楽あれば苦あり、苦あれば楽あり。起伏に富んだコースです。
 苦悩ばかりで安楽がない、災いばかりで幸いがない、失敗ばかりで成功がない、そんな人生はないようなものです。

 ゴール後、商工会婦人部提供の温かい豚汁をいただき、帰路につきました。

種目:ジョギングの部1.5km
記録:10分06秒

種目:5km一般男子50歳以上の部
記録:26分33秒
順位:不明
参加者数:60人
使用シューズ:asics TARTHER ZEAL
  

Posted by まつぼっくり at 22:33Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年01月24日

570 第26回愛知県職員駅伝大会

★2018年1月20日(土) 晴

 晴天で気温が高く、立哨担当には助かります。寒い中じっと立っているのは堪えますから。

 第26回愛知県職員駅伝大会には男子チーム46、男女混合チーム25、女子チーム3の74チームが参加しました。過去最高だった一昨年の79チームには及びませんが、昨年の68チームより多いチーム数でした。
 1チーム4人ですので、300人近くのランナーがいる計算になります。

 最近の参加チームの推移は次のとおりです。
      男子 混合 女子 合計
2018年 46  25   3  74
2017年 38  25   5  68
2016年 42  34   3  79
2015年 34  28   2  64

 1区と4区はコースを2周、5.3km、2区と3区はコースを1周、2.9km、計16.4kmです。ただし、女子チームの4区は1周で、計14kmとなります。

 私の役割は、コース設営とコース審判です。
 コース設営の責任者も任されました。カラーコーンをどのように並べるか、立哨者をどこに配置するかを決めて作業をします。

 カラーコーンを並べていると園内を散歩している人に「何があるんですか」と尋ねられます。
 「職場の駅伝大会です」

 私が所属する農林水産部からも8チームが参加していました。昨年度まで農業大学校にいたUさんが最終4区で走っていたのには少し驚きました。あまり走り慣れていないフォームでかなり苦しそうな様子でしたので、たぶん誘われて参加したのでしょう。

 私は第6駐車場、Cゲート近くで立哨していました。歩道から車道に出る地点です。ほとんどのランナーは前方のランナーの様子を見ているので歩道走行から車道走行に切り替えできるのですが、なかには走りに集中しているのか、そのまま車止めのある歩道にまっすぐ行こうとするランナーもいます。
 「車道に出てください」
 注意を促します。

 午前10時30分にスタートして、正午過ぎにナンバーカード「43」の最終ランナーが私の前を通過しました。およそ1時間半で任務終了です。

 抽選会、表彰式終了後、片付けをして、テントや長机などレンタル品を近藤産興のスタッフに返却。午後1時過ぎ、スタッフ解散となりました。
  

Posted by まつぼっくり at 20:23Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年01月22日

569 農業大学校周辺JOG その4

★2018年1月16日(火) 晴

 2か月半ぶりの農大ジョグです。
 会議があったり、雨が降ったり、体調不良だったり、なかなか走る機会がありませんでした。

 本日は寒くもなく、体も良く動いて気持ちよく走れました。
 ランニングは健康な体の維持だけでなく、脳の健康維持にも大変効果があるといわれています。脳の記憶を司る「海馬」の神経細胞の新たな誕生が、運動によって促されていることが研究でわかっているそうです。

 毎週火曜日は陸上部の練習日ですが、一人も学生は現れず、単独走となりました。
 2年生は今週末からオーストラリアへの海外派遣研修です。1年生は2人しか部員がおらず、ほとんど練習会に出てきません。
 新年度に新入部員が少ないとクラブとして存続が危ぶまれます。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.4km
走行時間:38分
  

Posted by まつぼっくり at 21:53Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年01月15日

566 雨で欠場-第67回新春ぎふシティマラソン

★2018年1月8日(月・成人の日) 雨

 天気予報どおり朝から雨が降り出しました。
 新春ぎふシティマラソンに行くかどうか。迷いましたが、欠場することにしました。

 少し喉に痛みがあります。左足の踵に痛みもあります。岐阜市の予報では明け方みぞれとなって、その後雨です。冷たい雨の中を走って体調を崩しては、自分が苦しむだけです。
 今年の大会は、長良川競技場の改修工事で各部門番号とも距離が短縮され、第3部・50歳以上男子の部は2.5kmで実施されます。
 それにケチ臭い話ですが、岐阜までの交通費(名鉄+岐阜バスの往復1,740円)を考えると、費用対効果も薄いと判断しました。

 若い頃なら、雨が降ろうが体調が悪かろうが、出場していたでしょう。しかし、アラ還の私です。無理は禁物。マラソンは楽しく走ってこそ喜びが湧くものです。不安を抱えながら、苦痛を感じながらのマラソンは長続きしません。楽しさがあってこそ、仕事の充実や生活の質の向上につながると言えましょう。
  

Posted by まつぼっくり at 22:33Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年01月06日

563 山崎川JOG その64

★2018年1月3日(水) 晴

 冷たい!
 寒いと言うより冷たいです。
 寒風と言うより冷風です。
 それもそのはず、明け方みぞれが降りましたから。
 北風も強く、走っても汗があまり出ません。信号待ちで止まると体が冷気で凍えるようです。それでもランナーは20人ほどいました。寒くても走る人は走ります。
 すれ違った男性ランナーに「おはようございます!」と挨拶されました。長年、山崎川を走っていますが、挨拶されたのは初めてだと思います。私も「おはようございます」と応えました。

 無風、微風、軟風、突風、熱風、寒風。
 涼風、秋風、季節風、雨風、大風、台風。
 順風、逆風、向かい風、追い風。
 そよ風、つむじ風、旋風、神風。
 山風、海風、潮風。
 北風、南風、東風(こち)。
 新風、古風。
 風にまつわる言葉はいろいろありますが、風は追い風がいいです。

 明日は仕事始め。順風満帆に業務がはかどって欲しいものです。

使用シューズ:MIZUNO GX
走行距離:10.3km
所要時間:1時間22分
  

Posted by まつぼっくり at 21:36Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年01月01日

561 2018年新春走り初め-パロマ瑞穂スタジアム

★2018年1月1日(月) 晴

 睦月、新しい年が始まりました。

 今年の干支は戌です。通常十二支の中で第11番目に数えられます。私は年男で、6度目の干支を迎えました。

 総務省の人口推計によると戌年生まれは、男性475万人、女性502万人。総人口の7.7%で、十二支の中で最も少ない。出生年別では、1970年生まれ(18年の誕生日で48歳)が最多の189万人で、58年(同60歳)が154万人、82年(同36歳)が150万人で続きます。

 私と同じ年齢の戌年生まれの著名人は、石川さゆり、久本雅美、桜田淳子、玉置浩二、岩崎宏美、宮崎美子、八神純子、chage、秋元康、陣内孝則、石川優子、小室哲哉らがいます。

 さて、パロマ瑞穂スタジアムで開催された「新春走り初め」に参加しました。今年で4回目の開催で、私は3回目の参加です。参加料300円で普段は個人利用できないスタジアムの400mトラックでランニングができます。

 午後1時30分から4時30分まで自由に走っても良いですが、私はランニング教室に参加しました。小学生から年配者まで、40人ぐらいいたでしょうか。成人男性は少なく、多くは中年以上の女性です。

 最初に準備運動の方法を教えてもらいました。
 講師によれば、準備体操と準備運動は違うそうです。どちらもウォーミングアップの役割を果たすものだと思いますが、準備運動にはストレッチを含むのだそうです。
 ストレッチは反動を付けず、ゆっくり行うことが大切。また、無理をして伸ばしすぎないよう注意します。
 体の中心から遠い個所から始めます。

 ランニングには関節の強さと柔軟性、可動域の広さが重要です。
 首、肩、腰、股関節、膝、足首の関節を充分に動かすと良いと言うことです。
 今まで知らなかった足首のストレッチの仕方は、とても参考になりました。

 ランニングの前にスキップとウォーキングなどで体を慣らし、トラックをジョグします。

 講師の方からは腕振りについて注意がありました。肘を鈍角に開いて大きく振るとストライド走行になり、肘を鋭角に抱え込んで小刻みに振るとピッチ走行になります。「ケニアの選手などはストライド走行ですが、日本人にはピッチ走行の方が向いているでしょう」

 「信号待ちで止まっているときもつま先立ちで踵を上下させるといいですよ」「スクワットは脚力を鍛えるのに効果があります」「ちょっときついですが体幹を鍛えるのも走力向上にいいです」などのアドバイスもありました。

 最後にトラック2周半の1000mタイムトライアル。皆さん速いですね。特に女性陣は走り込んでいる方が多いようでした。記録は5分07秒でした。

 ランニング教室終了後、トータル走行距離が10kmになるまでトラックを走りました。快晴でしたが、寒風が強く吹いて、鼻水が出てしまいました。

 今日学んだことを取り入れてランニングライフを向上させ、ワンダフルな1年にしたいです。
  

Posted by まつぼっくり at 21:55Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年12月31日

559 山崎川JOG その64-山崎川の植物-

▲2017年12月31日(日) 雨一時曇

 朝から雨模様でしたが、午後雨が上がり、本年の走り納めをしました。

 今日は山崎川の樹木草花の名称をメモしながら、ゆっくり走りました。
① カンツバキ(ツバキ科)
② ハギ(ハギ科)
③ しだれざくら(バラ科)
④ アベリアエドワードゴーチャ
⑤ タマリュウ(ゆり科)
⑥ そめいよしの(バラ科)
⑦ アベリア(スイカズラ科)
⑧ ムクゲ(あおい科)
⑨ シモクレン(モクレン科)
⑩ ハナズオウ(マメ科)
⑪ ハナカイドウ(バラ科)
⑫ トキワマンサク(マンサク科)
⑬ ウメモドキ(モチノキ科)
⑭ オトメツバキ(ツバキ科)
⑮ ヤマツバキ(ツバキ科)
⑯ サザンカ(ツバキ科)
⑰ ライラック(モクセイ科)
⑱ カシワベアジサイ(アジサイ科)
⑲ クチナシ(アカネ科)
⑳ マンサク(マンサク科)
㉑ サンシュユ(ミズキ科)
㉒ ロウバイ(ロウバイ科)
㉓ カンヒザクラ(バラ科)
㉔ おたふくなんてん(めぎ科)
㉕ サトザクラ(バラ科)
㉖ ふげんぞう(バラ科)
㉗ かわづざくら(バラ科)
㉘ べにしだれ(バラ科)
㉙ ひゅうがみずき(マンサク科)
㉚ アジサイ(アジサイ科)
 いつものコースである可和名橋から石川橋までの左岸と右岸に、これだけの植物がありました。町中にこんなに樹木や草花があるとは驚きで、自然ありがたさを改めて感じた次第です。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:6.3km
所要時間:1時間10分
  

Posted by まつぼっくり at 23:09Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年12月31日

557 山崎川JOG その63

▲2017年12月29日(金) 曇時々晴

 朝5時半に起床し、午前中一杯、年賀状作成に費やしました。

 午後、山崎川にジョギングに出かけました。
 左足ふくらはぎからアキレス腱にかけて少し痛みがあったので、ゆっくりジョグです。
 山崎川と言えば桜ですが、桜以外の樹木や草花もあります。ソメイヨシノは全く裸ですが、走りながら観察してみると、赤茶けた小さな葉っぱの草や、濃いピンク色の花が咲いていたり、冬でもいろいろな植物が目に入ります。私は植物の名前に疎いので、何の草や花かわかりません。詳しい人に教えてもらえると良いのですが。
 ただ、何もわからなくても、走りながら眺めていれば、目の保養、心の癒やしになります。

使用シューズ:asics GEL-1110
走行距離:10.1km
所要時間:1時間33分
  

Posted by まつぼっくり at 21:49Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年12月30日

556 第6回トヨタの森トレイルランレース

▲2017年12月24日(日) 曇時々晴

 今、トレイルランにはまっています。

 新城トレイル、忍者トレイルに続いて今日が3大会目です。
 今日のコースは舗装道路も3割程度あり、過去の2大会に比べれば、獲得標高が200mですから、比較的厳しくないと言えます。フォレスタヒルズ敷地内に設けられた1周5kmのコースを周回します(1周目は芝生広場などを1km走ってから周回に入ります)。

 競技部門は、6kmのショート、11kmのミドル、21kmのロング、リレー(21km)、キッズ部門(3歳~小学生)、とあります。私は体力、走力を考えてミドルに参加しました。

 トレイルランの魅力は何でしょう。
 アスファルトのような固い路面を走るロードと違って、基本的に土の上を走りますから脚に負担が少なく故障しにくいのがよいところです。何より自然の中を走ることで、いろいろな刺激があり、飽きることなく五感を鍛えられる感じがします。脚筋力とバランス力、心肺機能が同時に強化できる効果もあるようです。

 トレイルはロードと違って、様々な地形に対応しなければなりません。平坦なところはほとんどなく、上り下りの連続ですし、階段や岩場もあります。視点を一点に定めず、視野を広く持ち、常に足を置く場所を先手先手で探しながら走らなければ、足をくじいたりケガをしてしまいます。
 特に下りは注意が必要です。トップランナーの下りを走るスピードには目を見張るものがありますが、アラ還の私がそれを真似ようとすれば、たちまち転げ落ちることになるでしょう。安全第一。接地の際の衝撃も大きくなり、恐怖心も出てしまうので、無理せず早歩きにします。

 私は人と争う、競走することはしません。今日も何人の選手に抜かされたかわかりません。ただ、前に歩いている選手やあまりにゆっくり走っている選手がいれば、自分のペース、リズムを保つために抜かすことはあります。

 クリスマスイブとあって、サンタクロースのコスチュームで走るランナーが目立ちました。
 私とほとんど同じペースで走っていた女性ランナーはトナカイ色の衣装で、なんとランニングシューズではなく裸足で草履を履いていました。ロードと違って切り株や岩があり石や小枝も落ちています。ケガをしないだろうか、と人ごとながら心配しました。ですが、彼女は私より先にゴールしました。なんと強く逞しい女性でしょう。

 記録を見ると、ほぼイーブンペースで完走できました。階段部分を除いて、走りきることができたのは良かったと思います。

種目:ミドル11km M50-59の部
記録:1時間28分47秒
総合順位:103位/207人中
男子順位:78位/137人中
M50-59順位:14位/35人中

      ラップ   スプリット ペース
◎1km  6:03    6:03 6:03/km
①5km 41:10   47:13 8:14/km
②5km 41:34 1:28:47 8:19/km
平均ペース:8分5秒/km

使用シューズ:asics GEL-Fuji
  

Posted by まつぼっくり at 22:13Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年12月29日

553 山崎川JOG その62

▲2017年12月16日(土) 曇時々晴

 昨日今日と職場の忘年会が西浦温泉のホテル東海園でありました。
 帰宅後休憩してから、午後4時過ぎ、ジョグに出ました。
 今日の日の入りが4時42分です。暗くなるまで時間が余りありません。
 山崎川を一周したところで切り上げることにしました。足元が暗い中を走るのは危険ですから。

 さて、スポーツと経済には、密接な関係があります。
 まず、スポーツは人間力の向上に役立ちます。
 スポーツを通じて培われた体力、判断力、チームワーク、フェアプレー精神などは、仕事をする上で必要不可欠な要素です。

 次に、スポーツは経済の活力に大きな役割を果たします。野球やサッカーなどは地域に根ざしたチームが多く、リーグ優勝などすると、経済効果が何億円とか試算され、地域経済の活性化に大きな波及効果をもたらします。また、アウェイ・ビジターとして試合観戦に訪れたり、地方のマラソン大会などに参加すれば、交通費、宿泊費、食事代、土産代などでその地域経済の活性化に貢献できます。

 そして、スポーツは性別、年齢、国籍、人種にかかわらず、人間を結びつけます。大きく見れば、民族対立や社会的分断を克服する力があります。身近な例では、世代の違いを超えて人々の交流を促します。企業内でのダイバーシティーの促進に役立ちます。

 スポーツは単なる遊びではない訳です。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:6.4km
所要時間:50分
  

Posted by まつぼっくり at 19:13Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年12月27日

551 第50回安城シティマラソン

▲2017年12月10日(日) 晴

 市制施行65周年及び第50回という佳節の大会なので参加しました。

 安城市総合運動公園までは、新安城駅から歩いて行きました。

 女子マラソン元日本記録保持者で現在はスポーツジャーナリスト等として活躍している増田明美さんがゲストランナー。本日は3kmのジョギングに参加するそうです。

 午前9時30分、陸上競技場をスタート。
 安城シティマラソンのコースは、走りやすいとは言えません。コースの一部が道幅の狭い安城豊田自転車道になっているため、混雑してマイペースで走れません。それに、ゴールの陸上競技場を目の前にしながら、その周りをぐるぐると周回するのです。心理的に圧迫感があって、辛さが増してしまいます。

 完走後、豚汁のサービスがありましたが、器と箸を持参する必要がありました。しかし、送られてきた参加証には、器や箸が必要だとの記載はありませんでした。不親切だと思います。

 市民マラソンは、全国で大会数が増え、成熟期を迎えています。人気のメガ大会は別として、大会が参加者を選ぶ時代から、参加者が大会を選ぶ時代に変わってきました。参加者の満足が得られないと、淘汰されてくるでしょう。
 マラソン大会は継続的に進化しなければ、他のマラソン大会との生存競争に勝ち抜くことはできません。走るコースと大会運営の改善、そして、持続的にサービスの向上に努める必要があります。

種目:10km男子50歳以上の部
記録:55分23秒
種目順位:240位/310人完走
総合順位:816位/1218人完走
使用シューズ:asics TARTHER ZEAL TS2
  

Posted by まつぼっくり at 23:06Comments(0)TrackBack(0)ランニング