2018年10月16日

674 第3回うるぎトライアルRUN

★2018年10月7日(日) 雨のち晴

 台風25号は温帯低気圧に変わり、晴天での大会となりました。雨の中でずぶ濡れ、足下グチャグチャで走りたくなかったので、嬉しいです。

 開会式で村長さんは、陸上競技トラックを建設中であることを紹介されました。小さな村で予算的には大変な中、「走る村うるぎ」をアピールし、多くの方に合宿に来てもらいたいとの想いからだそうです。ふるさと納税も協力していただきたいとのこと。
 参加者の中にトラック建設のために多額の寄付をされた方がおり、紹介されました。篤志家はいるものです。

 副実行委員長の重見高好さんは、ヨネックスを始め大会スポンサー各社と、村のゆるキャラ「うるのすけ」を紹介したあと、諸注意を話されました。
 台風21号、24号の被害で、倒木や土砂崩れがあり、村民総出で整備されたそうです。それでもフルマラソンのコースでは倒れた木を潜っていくような道もあるとのこと。
 さらに、道路上には枝葉が落ちており、「これも過酷なレースの一つと思って走ってください」と。

 最高齢者賞は男性が84歳、女性が77歳、遠来者は台湾からの参加です。
 参加者の中には裸足や草履のような履き物の人がいました。アスファルトや土の上ならともかく、砂利道や枝葉が落ちている箇所もあるのに、ケガをしないかと他人事ながら心配になります。

 ナンバーカードには、番号と選手名の下に
 「楽しんで走ってください。 売木中学校 清水紫央」
とメッセージが印刷されていました。
 楽しんで走ります!

 午前9時、フルとハーフが売木村文化交流センター前を一斉にスタート。

 走り始めてすぐに、みぞおちが痛くなりました。ズキズキして苦しいです。食道か胃の上部が炎症でも起こしているのでしょうか。消化器が弱い私は、最近、ランニング中にこの症状が出るのです。数キロ走れば、痛みは徐々に治まって来るのが、いつものパターンです。

 村のメインストリートを南下し、右折して階段を上がって、また南に向かって走ります。
 県道沿いの私設エイドステーションでスイカをもらいました。

 県道から右折して、ブナの嶺牧場への3キロ強の上り坂が始まります。
 しばらくして、左折します。
 そこは建設中の陸上競技場でした。山肌を削り、トラックの広さが整地されていました。昨日までの雨でぬかるんだところもあります。1周して先ほどの道に戻ります。

 ブナの嶺牧場までの道は枝葉が散乱し、除けながらの走行となりました。と言うよりハードな坂道にほとんど歩いているようなスピードです。ほとんどのランナーは歩いています。

 ブナの嶺入口の第1エイドステーションに到着。紙パックの豆乳、持参したコップでスポーツドリンクをもらいました。
 一服して、ブナの嶺牧場内のトレイルコースに入ります。
 昨日までの雨でもっとグチャグチャかなと思っていましたが、想像していたほどひどくはありません。
 白い馬が一頭放牧され、のんびり草を食べていました。こちらもゆったりした気持ちになります。
 昨年は3km程トレイルが続いたはずですが、かなり短くなったように感じました。それが先ほどの陸上競技場の周回と、後半に待ち受ける新コースに取って代わっていたとは。

 コース最高地点からは、売木村の中心部や村を囲む山々の稜線をくっきり臨むことができる素晴らしい眺望です。澄んだ青空と綠のコントラストが目に栄養を与えてくれるかのようです。

 牧場出口からは長い長い下り坂が延々と続きます。ふくらばぎ、膝への衝撃が半端ないです。歩幅を短くし、ピッチを速くして、ダメージが軽減できるよう、気をつけながら下ります。上りも辛いですが、下りもきついです。
 後にずっと付いて走る参加者がいたのが気になりましたが、坂が終わるまで追い抜かれませんでした。

 平地になると売木川に沿って未舗装の道を北上します。

 のどかなあぜ道から大きく右に曲がって舗装道路に入ります。何人かの女性ランナーに追い抜かれました。ここも緩やかな上り。堪えます。

 そして、ここからが、「ウソでしょ!」と言いたくなるような、とんでもない上り坂なのででした。
 昨年はなかった「紅葉の楽園 四美売の里」です。まだ整備中で、道は石と土がぼこぼこの不整地です。
 見上げると、遥か頂上にランナーの姿が点々とあります。
 「え! あんな上まで登るの?」
 近くにいたランナーも仰天していました。
 とてもじゃないが走れるような勾配ではありません。ノルディックウォーキングの部の参加者もこのコースを歩いていましたが、手に握っているポールを貸して欲しいと思ったくらいです。
 よろけながら歩いて、てっぺんのエイドステーションに辿り着きました。
 スポーツドリンクを飲みながら眼を下にすると、登ってくるランナーの姿がミニチュアのように見えました。眺望は最高です。こんなに素晴らしい景色はなかなかないでしょう。

 下り坂も急です。転げ落ちそうなくらいで、ブレーキとアクセルを同時に踏んでいる感覚です。当然、脚への衝撃は半端ないです。

 再び売木川沿いの道に戻り、舗装道路を北上します。
 脚の疲労はピークを越え、痙りそうになりました。
 フルマラソンのランナーに抜かれました。こんな厳しいコースでよく走れるな、感心します。

 国道を横切った民家の前で私設エイドがありました。おじさんと小学生の男の子が、リンゴジュースを提供してくれました。
 美味しい!
 べったりした甘さではなく、スッキリして自然に喉を通っていきます。

 河川公園にある第二エイドに到着。およそ17km地点。通過証明として反射材のリストバンドを渡されました。
 スポーツドリンクを飲み、冷えたトマトを食べました。これも美味しい。
 「このトマトは売木産ですか?」
 「そうですよ」

 再び川沿いを走り、コースの最も北になる舗装道路に出ました。
 ここを左折して、ゴールに向かって南下です。道はほぼ平ら。でも、体はヘトヘト。
 女性ランナー3人に追い抜かれました。
 こういう厳しいマラソンでは、女性の方が強いのでしょう。

 考えてみれば、辛さ、苦しさを体感できるのは、裏返せば、それらを受け入れる身体があるということです。過酷さを楽しむことができるのは幸せなことではないでしょうか。

 左折して国道418号に合流。
 「あと300m」の表示が見えました。
 売木交差点ではお巡りさんが交通整理をしています。
 村役場入り口を左折すると、私のナンバーと名前がアナウンスされます。
 少し両手を挙げて、白いテープを切りました。
 21km、累積標高600mの戦いの終了です。

 昨年の2時間46分25秒より15分以上遅いタイムでした。
 前回はお腹の調子が悪く、第1エイドと第2エイドでトイレに駆け込み、2回の用足しでかなりのタイムロスをしましたが、今日はそんな事態はありません。
 前半のみぞおちの痛みで思うように走れなかったこと。昨年より格段にハードになった「四美売の里」の急坂があったこと。そして、体力と走力の衰えがあったことが原因だと思います。

 表彰台の上で一人一人に村長さんから完走証と木製の完走メダルが手渡されました。
 「総合60位です。おめでとうございました」
 なんと、偶然にも順位は昨年と同じでした。

 交流センター前のテントで、豚汁、おにぎり2個、生姜、焼き肉、ハッシュドポテト、魚の塩焼き(おそらく岩魚だと思いますが)、たかきび饅頭を持参したお椀とお皿に盛ってもらいました。量が多すぎて食べきれず、サランラップをもらっておにぎり1個とハッシュドポテトを包み、たかきび饅頭と一緒に持ち帰ることにします。

 過酷だった。苦しかった。でも楽しかった。また走りたい。
 沿道の応援は少なくても、温かい。
 走れる身体である限り、出場したい。
 そう思える「日本一過酷なマラソン大会」です。

<記録>
種目:ハーフマラソンの部
記録:3時間02分05秒
順位:60位
使用シューズ:asics TARTHER NOVA

<交通手段>
自家用車
往路:距離101km、所要時間2時間27分
復路:距離75km、所要時間1時間43分
(復路は豊田市加茂川公園まで)

<往路行程>
午前3時10分、起床
3時55分、自宅発
5時32分、道の駅どんぐりの里いなぶで、持参のパンとヨーグルトの朝食
6時56分、売木小中学校の駐車場に到着
  

Posted by まつぼっくり at 22:46Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年10月13日

673 生き生き長寿フェア2018-マラソン交流大会

★2018年10月6日(土) 雨時々晴

 台風25号か、秋雨前線の影響か、雨が降ったり、晴れたり、めまぐるしく天候は変化する一日でした。
 昨年は雨天中止でしたので、2年ぶりの生き生き長寿フェアです。

 いつものとおり朝5時に起床し、7時に自宅を出て、堀田駅7時19分発の普通電車に乗りました。本笠寺からJR笠寺駅まで歩き、7時42分発の岡崎行き普通電車に乗車。大府駅に7時54分着です。
 参加者が大勢下車しました。

 大府駅西口からあいち健康の森まではシャトルバスが運行されています。でも、私は会場まで歩きます。
 朝から良く晴れていました。本当に雨が降るのかしら、と疑うくらいです。
 ところが、どんどん雲行きが怪しくなり、ポツポツ雨が落ちてきました。
 こんなにも急激に変化するものなのか。
 30分少々であいち健康プラザに到着。

 保田さんと有竹さんが既に受付準備をしていました。
 本日の県庁陸上部のスタッフは10人。プラス、シルバー人材センターからのボランティアの方が7人です。

 東屋の下の受付ですが、雨が強く降ったり止んだりして、受付名簿が完全に濡れてしまいました。風も強く、ゼッケンが飛ばされてしまいます。

 11時30分、いのちの池3周コースがスタート。タイミング良く雨は上がりました。1周約1150mですから、およそ3.5kmとなります。
 12時15分、5周コースがスタート。こちらはおよそ5.8kmとなります。
 両コースとも、シニアの部と一般の部、合わせて60名弱の参加者で、総計115名ぐらいです。

 有竹さんと私は、着順確認係で、ゴールした順番に用紙にゼッケン番号を記載します。走力に差があるので、団子状態になることは少ないですが、争ってゴールすると確認が難しくなります。

 5周シニア男子の部で、3位と4位がデッドヒートを繰り広げてゴールしました。山下さんがスマホでゴールシーンの写真を撮っていましたので、これが拠り所となって着順を決定することができました。

 年齢を考えて、そんなに無理しなくてもいいのでは、と思いますが、3位までは表彰されますし、男女の優勝者は全国ねんりんピックに派遣されるので、拘る人は拘るのでしょう。
 速い人はより速く、そうでない人はそれなりに、走れば良いと思います。

 全員がゴールし、記録集計ができたところで、再び雨が降ってきました。これもタイミングが良かったです。

 来年度から、あいち健康の森から長久手市のモリコロパークに会場が変わると聞きました。コース誘導係の増員が必要になりそうです。
  

Posted by まつぼっくり at 23:46Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年10月03日

671 瑞穂区JOG その6

★2018年9月30日(日) 曇のち雨

 台風24号が接近しています。朝6時台には一時的に晴れ間もありましたが、やがて曇り空に。少しは保つかもしれないと思い、ジョグに出ました。
 いつ降り出してもいいように、近隣を走ります。

 豊岡通、大喜町を通り堀田通まで行き、折り返します。
 市営住宅の隣に、ゴルフ練習場のように緑色のネットが張り巡らされたものが見えたので、近づいてみたらハンドボールかフットサルのコートのようでした。
 瀬木学園の施設でした。隣には体育館もあり、その先には瀬木学園幼稚園がありました。
 今まで愛知みずほ大学や瑞穂高校しか知らなかったので、こんなところに関係の施設があるとは、小さな発見でした。

 ポツポツ雨が降ってきました。これから本降りになるでしょう。
 短い距離でしたが、少しでも走れて良かったです。

使用シューズ:adidas アルーガ
走行距離:4km
所要時間:40分
  

Posted by まつぼっくり at 23:38Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年09月30日

669 瑞穂区JOG その5

★2018年9月24日(月・振替休日) 晴

 酷暑の夏が終わり、ずいぶんと涼しくなりました。朝晩は、半袖では肌寒いです。季節は移り変わります。

 地図を見ていたら、総合リハビリセンター駅北の交差点を左折し、そのまま道なりに行くと、南山高校の前を通り、雲雀ヶ丘の交差点に出て、再び八勝通に戻ってくることがわかりました。
 今日はこの道を走ってみよう。

 このあたりは高級住宅街で、大きく、オシャレで、立派な邸宅ばかりです。
 『la maison HITOTOKI』
 おしゃれな和フレンチの店がありました。
 初めての道を通ってみると、発見があります。

 八勝通から弥富公園を経由して、瑞穂公園に戻りました。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:10.3km
所要時間:1時間28分
  

Posted by まつぼっくり at 22:00Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年09月19日

664 瑞穂公園JOG その7-感動ランニング

★2018年9月15日(土) 雨のち曇

 午前中、雨が上がったので走りに出たら、瑞穂公園に着いたところで、ポツポツ降ってきました。今週は雨ばかりです。
 山崎川沿いを走るのは断念し、いつ本降りになっても帰宅できるように公園周辺をぐるぐる走ることにしました。

 夜はスタジアムで名古屋グランパス対V・ファーレン長崎の試合があるので、気の早いサポーターが何人もいました。
 グランパスは現在7連勝中。今日勝てば連勝は8に。験担ぎに8km以上走ろうと思いました。幸い雨は小雨のままで、予定距離を走ることができました。

 こんな雨の中でもランナーはいました。自分も含めて、物好きですね。
 AI(人工知能)やICT(情報通信技術)がどんなに発達しても、人間が走ることは永遠に続くでしょう。
 ロボットが喜怒哀楽は表現できても、そこに心はありません。機械が感情や情緒、価値観を持つことはないからです。
 人間は走ることで、感動し、何かと誰かと出会うことができます。
 ランニングを通じて、もっと感動してみようと貪欲になりたいと思います。

使用シューズ:asics TARTHER NOVA
走行距離:8.3km
所要時間:1時間09分
  

Posted by まつぼっくり at 22:51Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年09月14日

661 山崎川JOG その77-異常気象

★2018年9月8日(土) 雨のち曇

 豪雨、猛暑、台風、そして地震。
 一体日本列島はどうなっているのでしょうか。
 7月上旬の西日本豪雨。
 7月・8月の熱中症リスクを増大させた猛暑、命にかかわる酷暑と言った方がいいでしょう。
 7月下旬の台風12号は異例の西進コースを取りました。
 9月4日の台風21号では、私も電車が運休するのを見越して、午前中で仕事を切り上げて帰宅しました。昼過ぎまで仕事していたら、名鉄電車が動かなくなって帰れないところでした。
 そして、9月6日未明には北海道で震度7の巨大地震が起きました。

 本日も朝方まで雨。
 午前中、走りに出ました。途中、少し雨に降られましたが、なんとか10キロ走れました。
 土曜日とあって、昨日より多い、19人のランナーに出会いました。男性16人、女性3人です。
 名古屋では甚大な被害がなかったので、こうして走れます。有り難いことです。

使用シューズ:asics TARTHER GONA
走行距離:10.2km
所要時間:1時間22分
  

Posted by まつぼっくり at 22:15Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年09月13日

660 山崎川JOG その76-健康寿命

★2018年9月7日(金) 雨のち曇時々晴

 今年は退職の年ですので、業務に支障のない限り、上司や部下に迷惑のかからない限り、できるだけ年休を取得しようと思っています。
 本日、年休を取りました。
 しかしながら、天気予報どおり雨です。
 家の掃除をしたりして、日中は過ごし、夕方雨が上がってジョグに出ました。

 山崎川では、男性6人、女性2人のランナーがいました。何人走っているか人数を数えるのが私の習慣になっています。今日のように少ないとしっかり把握できますが、周回コースですから、人数が多くなると、「あの人初めて見るかな」「今の人さっき会ったかしら?」と曖昧になります。数えた数字自体を、「あれ、いくつまで数えたっけ?」と忘れてしまうこともあります。走りながら記憶力の訓練をしている状態です。

 厚生労働省の公表によると、2016年の「健康寿命」は男性72.14歳、女性74.79歳だったそうです。
 「健康寿命」とは、介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送れる期間を示します。
 国は社会保障費の抑制のため、平均寿命との差をできるだけ短くすることを目指していますが、私は最期まで走り続けて、ピンピンコロリで死ぬことが理想です。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:6.1km
所要時間:49分
  

Posted by まつぼっくり at 23:24Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年09月04日

656 マラソントレーニングvol.45 in 庄内緑地公園

★2018年8月26日(日) 晴

 ナゴラン(株式会社cokore〈ココレ〉)主催のマラソントレーニングin庄内緑地公園に初めて参加しました。
 ナゴランの庄内緑地公園での大会は、基本的に毎月定期的に開催されているようです。

 私は朝食の際、@FMを聴いています。
 ナゴランの大会開催コマーシャルがよく放送されます。8月26日の大会では参加賞としてオリジナルTシャツが配付されると聞き、一度出てみようと思い、申し込んだ次第です。

 10kmの部は、公園内の1周2.3kmのサイクリングコースを4周プラス800m走ります。
 ナンバーカードは「100」。ジャストの番号です。周回カウント用の輪ゴム4本も同封されていました。1周回ごとに輪ゴム回収箱に入れ、輪ゴムがなくなると、ラスト1周になります。

 朝9時スタートといっても、既に30℃を超えています。周回ごとに給水所で水やスポーツドリンクを飲み、塩分がプラスされたタブレットをなめました。

 木陰の道と直に太陽が照りつける道とでは、体感温度が全く違います。
 庄内緑地公園のサイクリングコースはかなりの部分が木々に覆われているので、直射日光を避けることができ、夏に最適のコースと言えましょう。山崎川のコースより木陰は多いと思います。

 申込の際の申告タイムは1時間15分としました。暑さを考慮し、ゆっくりイーブンペースで走ることを心がけました。
 真夏の大会ですから、しっかりトレーニングしているランナーが多いようです。歩いている人が少なかったのもその証拠でしょう。

種目:10km(男子)
記録:1時間07分47秒
順位:128位/208人中
使用シューズ:asics TARTHER NOVA
  

Posted by まつぼっくり at 22:01Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年08月28日

653 山崎川JOG その75

★2018年8月19日(日) 晴

 瑞穂公園まで自転車で行って、ジョグスタート。自転車のカゴにはペットボトルの水を置いておきます。
 いつもの1周4kmのコースを3周。
 いつもは反時計回り(左回り)に周回するのですが、2周目を時計回りに走ってみました。
 見慣れた景色がちょっと違った感じになり、新鮮な気持ちになりました。

 歳をとると、時間が早く過ぎるように感じます。60歳だったら、1年は60分の1になる感じでしょうか。
 毎日ルーティンワークをしていると、時間が短く感じてしまいます。限られた狭い範囲で生活をしていると、時間があっという間に過ぎてしまいます。もったいないです。
 何か新しいことをやってみたりして、人生を楽しむことで、若い頃のように時間を長く感じるようにしたいものです。

使用シューズ:ターサー・GONA
走行距離:13.5km
所要時間:1時間48分
  

Posted by まつぼっくり at 21:54Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年08月23日

649 山崎川JOG その74

★2018年8月11日(土) 晴

 短い時間でも走りたいと思い、山崎川へ。
 午前中から猛暑ですが、山崎川沿いは、桜の木や住宅が日よけになって、コース全体の3~4割が日陰になります。直接太陽の陽を浴びるのとそれを避けられるのとでは、暑さの感じ方がまるで違います。
 それに、川沿いは水の流れで若干涼風を感じますし、目からも涼しさを感じます。

 北陸上競技場のフィールドでは、シニアのサッカーが行われていました。暑い中、よくプレーできるものです。それにボール競技はテクニックや反射神経がなければ、楽しくプレーできません。
 私は若い頃、テニスやバドミントンを経験したことがありますが、運動神経が鈍くて、パートナーに申し訳ない気持ちで一杯でした。

 マラソンは運動神経が悪くてもできるスポーツです。相手に迷惑をかけずにマイペースで楽しむことができる。魅力の一つだと思います。

使用シューズ:ターサー・NOVA
走行距離:7.1km
所要時間:56分
  

Posted by まつぼっくり at 21:21Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年08月17日

644 山崎川JOG その73

★2018年7月26日(木) 晴時々曇

 3日目の夏季休暇を取得し、家の周りの草取りと木の伐採をしました。
 我が家は30坪ほどの小さな家で、庭はないのですが、北、東、南の三方に幅30センチほどの土の部分があり、雑草が生い茂るのです。特に北側には、植えてもいないのに、なぜか3本ほど木も生えているのです。
 100円ショップで買ってきたのこぎりで、木を切り、除草剤を蒔きました。かなりの重労働でした。

 夕方、ジョグへ。
 曇っていたので、若干走りやすいです。
 女性3人、男性2人が走っていました。
 仕事をしながら、平日でも走っている人は、時間と気力がある人だと思います。私は、朝にしろ夜にしろ、疲れてとてもできません。
 今は休日に走るのみ。
 退職後、再雇用になって時間に余裕ができたら、平日にも走りたいと思っています。

使用シューズ:ターサー・NOVA
走行距離:7.0km
所要時間:55分
  

Posted by まつぼっくり at 22:02Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年08月16日

643 愛知県庁陸上競技部富士見高原合宿の思い出

★2018年7月23日(月) 晴

 昭和の終わりから平成の始めにかけて、県庁クラブでは、長野県富士見町で夏期合宿を行っていました。
 このころは「名岐駅伝」などにも出場し、正式名称どおり「県庁陸上競技部」の体をなしていました。部員のレベルもある程度の水準があったのです。恥ずかしながら私自身も名岐駅伝のメンバーに選ばれたいと、淡い願望を持っていたものです。
 しかし、その後は部員の数もレベルも低迷し、予選会にも出場することができず、「県庁クラブ」となってしまいました。

 さて、富士見高原での練習は、トラックでのスピード練習、高低差の激しい八巻道路での距離走、クロカンコースでのジョギングなどでした。標高が千メートルを超えるため、酸素が薄く、日差しが強い。いわゆる高地練習にはもってこいの場所でありました。
 事実、当時の実業団や大学のトップクラスの選手も、ここで合宿をしていたのです。NECの浅井えり子や佐々木監督に出会ったこともありました。

 宿泊場所は、鹿遊荘というスポーツセンターです。というより、合宿所でした。部屋は二段ベッドで、食事の時間も決まっており、規律ある生活ができるところです。ただ、食事が良くありませんでした。仕出し弁当のようなご飯とおかずで、味気ない内容でした。アルコールをとがめられた記憶はないので、その点は融通が利いたのでしょう。

 当時の練習記録を保田さんに教えてもらいました。私の記録は次のとおり。
   昭和60年7月12日 トラック 5000m  22分47秒
   昭和61年8月30日 トラック10000m 50分45秒
   平成元年9月8日   トラック 5000m  22分53秒
   平成元年9月9日   ロード駅伝 3km 12分55秒
   平成3年8月24日  ロード駅伝 3km 13分20秒
 一生懸命やったつもりでしたが、メンバーの中では最低ランク。名岐駅伝のメンバーどころではありません。苦しみ、もがきながら、付いて行くのが精一杯。自然と合宿から遠のいてしまいました。

 その後、いつの間にか合宿自体が催されなくなってしまいました。

 2000年頃、富士見高原合宿に代わって、「やぶはら高原ハーフマラソン」へのエントリーがクラブ行事として催されるようになったのです。合宿と違い、激しい練習はないので、自分自身も気軽に参加できました。

 当初は高低差の激しいコースと暑さを敬遠して、10kmの部に参加していました。が、クラブ部長の岩田さんにメインのハーフマラソンへの出場を何度も促されるので、一度挑戦して、免罪符にしてもらおうと考えて、2005年に初めてハーフに参加しました。
 結果は2時間11分26秒。暑さと坂道に苦しみを味わいました。

 そして、今年、売木村合宿に参加。還暦の体をいたわりながら、無理せず、マイペースでランニングをエンジョイしました。
  

Posted by まつぼっくり at 22:07Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年08月13日

641 愛知県庁陸上競技部売木村合宿 第2日目

★2018年7月22日(日) 晴

 朝5時に目が覚めました。相部屋の2人はまだ寝ています。
 散歩に出かけました。
 外の気温は21℃。名古屋の朝に比べれば、10℃は違うでしょう。

 売木川まで歩いたら、15、6人の集団がジョギングをしていました。若い女性から年配の男性までバラエティな集団です。おそらく村でもう一つの温泉宿『塩吹館』に宿泊している団体だと思います。
 それにしても暑さを全く感じない、清々しい朝です。

 6時から朝食。お米と味噌汁が美味しくて、お代わりしてしまいました。

 午前中は岩倉コースでのハンデタイムレースです。持ちタイムの遅い順に時間差を設けてスタートします。基本は3周、約18kmですが、私はだいだい1周半、11.5kmを1時間35分かけて走りました。
 昨日試走しましたから、タフなコースであることはわかっていたものの、やはりしんどかったです。

 今朝方、豊橋から日帰りで参加した片岡君は、さすが軽やかな走りでトップのタイムでした。
 今朝、売木川で見た団体や、大学生の集団(どこの大学かはわかりませんでしたが)など、他のグループの人達もこのコースを走っていました。

 走った後は三度温泉です。ランニングの度に温泉に入れるなんて、なんと贅沢でしょう。
 それに冷たい麦茶や水が自由に飲めるのです。合宿パックならではのサービスです。
 宿のスタッフも親切で、気持ちよく過ごせました。

 正午前に宿をあとにし、隣の阿南町にある道の駅『信州新野千石平』にてランチ。ちょうど昼時なので、混雑していました。
 冷やし中華(750円)を注文。これが、野菜たっぷり、ボリュームがあって大満足の一品でした。
 食事は、視覚、嗅覚、味覚、触覚、聴覚の五感で味わうものだと言われます。さらに、テーブルや椅子、部屋の雰囲気など食べる環境も大切ですし、会話が弾む仲間がいることも大事です。これらが揃って楽しい食事が楽しめるものです。

 再び売木村に戻り、ふるさと館でお土産を購入。トウモロコシ(3本600円)とたかきび饅頭(1個100円を9個)にしました。

 売木峠を越えると、あとはずっと下り。標高は下がるが、気温はどんどん上がっていきます。

 豊田市のイオン高橋店の前で降ろしてもらいました。夜6時からサンフレッチェ広島戦を観戦するためです。
 豊田スタジアム前の温度計は39℃の表示。
 売木村がいかに涼しかったか、体感でも数字でも実感しました。

使用シューズ:asics TARTHER ZEAL
走行距離:11.5km
走行時間:1時間35分
  

Posted by まつぼっくり at 21:32Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年08月12日

640 愛知県庁陸上競技部売木村合宿 第1日目

★2018年7月21日(土) 晴

 半端ない暑さが続いています。
 連日、熱中症で何千人もの方が病院に搬送され、亡くなる方もいます。
 つい先日まで豪雨が続いて中国・四国地方、そして岐阜県に甚大な被害があったというのに、今度は灼熱地獄が続いているのです。自然のリズムが狂っているとしか言いようがありません。

 そんな中、県庁クラブの合宿に久しぶりに参加しました。
 一昨年までは毎年この時期にクラブ行事として「やぶはら高原ハーフマラソン」にエントリーしていました。ところが、昨年、台風で土砂崩れが起き、マラソンコースが使用できなくなったことから中止となりました。今年大会は復活したものの、メインであるハーフマラソンが取り止めとなり10キロだけになったことから、クラブとして参加するのは見送られたのです。
 その代わりとして新たに企画されたのが、売木村での合宿です。

 長野県下伊那郡売木村は“走る村”をキャッチフレーズにマラソン合宿に力を入れています。名古屋から距離的に近く、その割に標高も850m以上あって、涼しいのです。
 また、県庁OBの佐野さんと売木村職員でウルトラランナーの重見高好さんとの縁もありました。

 東岡崎駅南口に集合したのは6人。津田さんのワンボックスカーで出発です。
 岡崎インターから豊田勘八インターを経由して、国道153号線を走り、約2時間で、売木村到着。名古屋から出発した日比野さんのプリウスに乗車した3人も直に到着して、宿泊の9名が揃いました。さらに日帰りの2名も合流しました。

 うるぎ自然休養村センター・ささゆり荘が宿です。合宿プランですから、午前中から宿を利用することができます。

 午前10時半から練習開始。気温29℃。『長下コース(4km)』の一部を使って、ジョグとタイムトライアルです。私は4周、約8kmを1時間かけて走りました。若い人達のスピードには付いていけませんから。

 宿の温泉で汗を流した後はランチです。『うるぎふるさと館 つみ草食堂』にて野菜カレー(700円)を食べました。辛さとコクがあり、野菜もたっぷり入ってとても美味しいメニューです。

 宿で休憩後、午後3時半から練習。気温30℃。名古屋に比べたらおそらく7~8℃低いでしょう。
 宿を発着点に『岩倉コース(6.14km)』を1周して7.6kmを64分で走りました。前半は岩倉ダムを目指してひたすら上り、後半は国道418号線を下る非常にハードなコースです。
 走力のあるメンバーは、このコースを2周したり、さらには茶臼山まで往復20km以上走ったりしていました。

 この日は岩倉キャンプ場でうるぎフェスタが開催されていて、賑わっていました。フェスタのスタッフとして道案内をしていた重見さんが、給水にとペットボトルのお茶を提供してくれました。

 宿の温泉で再び汗を流しました。ゆったりと湯船に浸かり、疲れも流れたように思います。

 日帰り参加の福見さんと成久さんは、温泉に入ってから帰りました。福見さんは大きな病院に勤める走るドクター、成久さんは奥三河パワートレイルで上位入賞した女性ランナーです。

 午後6時から1階の食堂で夕食。宿での一番の楽しみは、なんと言っても食事です。食事は、栄養や生体調節という機能だけでなく、食べるときに感じる「美味しい」「嬉しい」「楽しい」という感覚が「幸せ」をもたらしてくれます。
 見た目は地味ですが、岩魚の塩焼きやイノシシと豚肉の陶板焼きなど内容は充実していましたし、地元売木産のご飯や味噌汁も美味しく、味も満足できるものでした。

 夜8時、宿の方がホタル見学に連れて行ってくれました。車で数分の田んぼです。
 暗闇の中にポツポツと光が舞い始めました。ヘイケボタルです。ゲンジボタルより小形で体長8ミリくらい。体は黒色、胸部は赤橙色で黒い縦線があり、尾端に発光器をもっています。
 夜空の星と見間違えるかのように光っています。人間を恐れることなく、髪の毛や手に留まる蛍もいます。
 若い頃の記憶が曖昧ですが、蛍をまともに見たのは、この歳になって初めてではないかと思います。
 ヘイケボタルの幼虫は水田・池などに棲み、巻き貝のカワニナを食べ、6月ごろ成虫になります。成虫になってからの寿命は、1週間から2週間ほどです。今はもう最盛期を過ぎましたが、それでも光の美しさを十分に堪能できました。

 4部屋に9人が分散して泊まります。OBの保田さんと私、1年若い岩田さんのロートル組3人が相部屋です。保田さんは早々に寝てしまいましたが、かつて農業大学校に勤務していた岩田さんとは共通の話題で、眠くなるまで語り合いました。

使用シューズ:asics TARTHER ZEAL
走行距離:8km+7.6km 計15.6km
走行時間:1時間+1時間04分 計2時間04分
  

Posted by まつぼっくり at 22:38Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年08月01日

638 山崎川JOG その72

★2018年7月15日(日) 晴

 昨日は全国で1,530人が病院に搬送され、6人が亡くなったそうです。体調管理に気をつけたいものです。

 山崎川では、うるさいほど蝉が鳴いています。
 朝から30℃を優に超えています。日陰の部分を選びながら走ります。ボトルホルダーを腰に巻いて、水分補給もします。
 夏場のランニングでは給水が欠かせません。適切な給水を行わないと、脱水症状や熱中症を引き起こしていまいます。

 1984年のロサンゼルス五輪で、女子マラソンのガブリエル・アンデルセン選手(スイス)が、今にも倒れそうに上半身を左に傾け、よろめきながらトラックを一周してゴールしたのは衝撃的でした。
 アンデルセン選手は、最後の給水所でボトルを取り逃したそうです。そのミスがなかったら、あんなことには多分ならなかったと語っています。
 給水の重要性を物語るエピソードだと思います。

 2020年の東京オリンピックのマラソンは、高温多湿の中でのレースが確実視されます。
 ゆっくり走ってもフラフラするのに、3分台で走るトップランナーにとっても、過酷な状況になるでしょう。

使用シューズ:ターサー・NOVA
走行距離:7.2km
所要時間:59分
  

Posted by まつぼっくり at 22:21Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年07月29日

636 山崎川JOG その71

★2018年7月12日(木) 曇

 2日目の夏季休暇を取得しました。
 午前中、銀行に用があったので、ミニベロで上前津の支店まで行きました。私がまもなく定年退職であることがわかると、金利が優遇された金融商品を勧められます。退職金をターゲットにしているのでしょうが、どこに預けるかはじっくり考えたいものです。

 日中の暑いときは自宅でゆっくりし、夕方、ジョグに行きました。日が沈みかけても、まだ暑いです。時間的にも気温的にも早々に切り上げました。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:12.4km
走行時間:56分

使用シューズ:ターサー・NOVA
走行距離:7.3km
所要時間:57分
  

Posted by まつぼっくり at 21:12Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年07月19日

634 平成30年度愛知県庁陸上競技部総会

★2018年7月4日(水) 曇時々雨

 今年3月に退職した若林さんへのお祝いの花束を持って、県庁陸上部総会に参加しました。農業大学校で切花専攻の先生にお願いして作ってもらったものです。
 若林さんは、現在、民間のコンクリート会社の理事として勤務しています。フルマラソンを3時間30分で完走したと話していました。

 県立高校事務局勤務の山下さんは松葉杖姿でした。歩道橋の階段から落ちて、足の骨にひびが入ったそうです。アルコールが入ってふらついていたとのこと。気をつけたいものです。

 女性1名、男性1名の新入部員も紹介されました。ここ数年、毎年新入部員がいて、クラブの未来はしばらく安泰です。

 配付された部員名簿を見ると、自分の名前が一番最初に掲載されていました。とうとう最年長になってしまいました。私と同年の部員は他に2人いますが、4月生まれなのでこうなっていまいます。

 還暦を過ぎると、残り時間が少ないことをより強く意識するようになると言われます。ランニングに関しては、あと何年くらい走れるのか、考えてしまいます。
 目標は80歳まで走り続けること。
 もちろん、それまで生きていることが前提ですが。

 現役で出席できる総会は今回が最後で、来年からはOBとして参加することになります。
 今年参加のOBで最年長の方は73歳。若い人たちには迷惑かもしれませんが、私もそれくらいの歳までは参加したいと思っています。
  

Posted by まつぼっくり at 23:29Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年07月18日

633 山崎川JOG その70

★2018年7月1日(日) 晴

 暑い! 本格的な夏になりました。
 宿直明けで余計に体がだるいです。
 どうしてこんなに疲れるのか、わかりません。
 農業大学校の仕事はやり甲斐がありますが、宿直勤務だけは勘弁して欲しい。とは言っても、今年から宿日直勤務のローテーションを組むのが私の仕事になりましたから、皮肉なものです。

 日中ゴロゴロして、陽が傾いた夕方からジョグに出ました。
 体が重い。
 スローペースで走っていると、何人かのジョガーに追い抜かれます。
 ちょうど1時間で上がりとしました。

使用シューズ:MIZUNO GX
走行距離:7.0km
所要時間:1時間
  

Posted by まつぼっくり at 23:07Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年07月06日

629 山崎川JOG その69

★2018年6月23日(土) 曇のち雨のち晴

 午前中、怪しい空模様の間隙を縫って、ジョギングに出ました。
 1周目は石川橋まで、2周目は石川大橋まで、3周目は鼎小橋まで、いつ雨が降り出してもなるべく早く帰宅できるように、徐々に周回距離を短くしていきました。

 東山荘は、4月1日から11月30日まで耐震工事で休館との張り紙。しばらく日本庭園は見られません。

 3周目の北陸上競技場横辺りからポツリポツリと雨粒が‥‥‥
 ちょうど良かった。
 いつもの走行距離を走ることができてラッキーでした。
(夕方には青空になりました。)

使用シューズ:MIZUNO GX
走行距離:11.4km
所要時間:1時間30分
  

Posted by まつぼっくり at 22:25Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2018年06月28日

626 瑞穂区JOG その4

★2018年6月10日(日) 曇ときどき雨

 台風6号が接近してきて、どんよりした曇り空。いつ雨が降り出してもおかしくありません。
 短時間でも近所を走ることにします。
 大喜町、田光八幡社、井戸田町辺りの狭い路地をぐるぐると走り回りました。
 為麿塚(長岡為麿を祀る安楽寺内)や鎌倉街道、源頼朝が産湯に使ったという亀井水など井戸田町の狭隘な道には史跡が多くあります。
 歴史に触れながらゆっくりジョギングするのも趣があります。

使用シューズ:adidas サヴィーノライト
走行距離:5.2km
所要時間:47分
  

Posted by まつぼっくり at 23:48Comments(0)TrackBack(0)ランニング