2021年02月16日

1000 千

■2021年2月1日(月) 晴

 「千」には、「数が多い」という意味があります。

 千歳、千年(ちとせ:長い年月)
 八千草(やちぐさ:多くの草)
 値千金(あたいせんきん:価値が高いこと)
 千客万来(せんきゃくばんらい:たくさんのお客さんが何度もやってくること)
などの言葉があります。

 2006年に秋川雅史さんが歌って一般的に知られることとなった「千の風になって」の「千の風」は、たくさんの種類の風という意味です。

 また、千里眼(せんりがん:目に見えない事柄を知る能力。先を見通す能力、眼力)という言葉もあります。

 英語のThousandもにも、多数、無数、何千という意味があります。
 「千」は広がりや勢いをイメージさせます。

 さて、2014年1月から始めたブログが、今回で千回となりました。7年と1か月で達した数字です。

 人間は誰一人として同じ経験をしていません。その人が体験したことは、その人だけのオリジナルの物語です。

 私自身が得た知識や知恵、経験も、何らかの形で残さなければ、消滅してしまいます。
 ブログという形で経験をつづり残すことで、自分史を作成することができます。それは過去を振り返り、未来につなげる記録になります。そして、世間の人に話題や情報、何らかのヒントや共感を提供することができるかもしれません。

 また、文章を作ること、書くことで、物事を相対的に客観的に見ることができます。様々な視点が生まれます。独りよがりの考えを修正することができます。

 ただ、作文には労力と時間がかかります。仕事や家事、趣味の活動をやっていると、なかなか時間が取れません。文才もないし、語彙も少ないないので、余計に時間がかかります。

 また、インターネットで公開される以上、人格権を侵害する投稿をしないことに気をつけています。
 誹謗中傷、人格を否定する言葉や言い回しをしないこと。家族を含めて他人のプラバシーに配慮することです。本人が触れて欲しくない個人的なことに踏み込まないようにしなければなりません。

 ですから、作文した後、読み返し、寝かせて、推敲して、公開するので、さらに時間がかかってしまいます。

 このブログがいつまで続けられるかわかりませんが、無理せず、牛のようにゆっくりつづっていきたいと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 21:44Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2021年02月05日

995 夜行列車

■2021年1月25日(月) 晴

 1月22日にJR東海道本線の「ムーンライトながら」の運行終了が発表されました。
 東京と大垣間の夜行快速列車でした。JR東日本とJR東海は、乗客の行動様式の変化により列車の使命が薄れてきたこと、及び使用車両の老朽化を理由にしています。

 私は若い頃、夜行列車や寝台列車を使って、鉄道の旅をよくしていました。

 「ムーンライトながら」には、青梅マラソンに出場するときは、行きか帰りのどちらかで度々利用していました。宿泊代と交通費、そして時間を節約するためです。

 大阪と青森を結ぶ寝台特急「日本海」には「デュアスロンinよもぎた」に出場した帰路、青森から敦賀まで乗車しました。
 「庄内デュアスロン大会in酒田」に出場したときの往路で、寝台特急「あけぼの」に上野から酒田まで乗車しました。

 大阪天王寺から和歌山の新宮までの夜行列車を利用して、紀伊半島一周をしました。
 また、京都から山陰線の夜行列車を使って米子まで行き、伯備線で岡山を経由して名古屋まで戻ってきたこともあります。
 夜行列車と青春18切符を組み合わせると、距離が稼げるのでかなり遠いところまで行くことができました。

 新幹線の延伸、高速道路の整備による夜行高速バスの普及、格安航空(LCC)の就航、ビジネスホテルの低価格化などにより、夜行列車の利用者は減少してきたため、当時の夜行列車や「ブルートレイン」は廃止されてしました。JR九州の「ななつ星」などの豪華寝台列車を除くと、定期運行されている寝台列車は「サンライズ出雲・サンライズ瀬戸」だけとなっています。

 かなり古いですが、はしだのりひことクライマックスの『花嫁』に
 「♪花嫁は 夜汽車にのって とついでゆくの♪ (中略)
  ♪何もかも 捨てた花嫁 夜汽車にのって♪」
とあります。
 私と同い年の石川さゆりの『津軽海峡・冬景色』は
 「♪上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中♪」
という歌詞です。

 夜行列車には旅の情緒を増幅する魅力があります。
 『花嫁』や『津軽海峡・冬景色』のような歌詞は、今後生まれることはないでしょう。
 時代の流れとは言え、夜行列車の利用経験者としては、とても寂しく感じます。
  

Posted by まつぼっくり at 21:37Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2021年01月29日

993 eスポーツはスポーツですか?

■2021年1月23日(土) 雨

 朝から雨。外での活動はできません。
 こんな日は、サイクルトレーナーが家にあればな、と思います。
 最近は、ZWIFT(ズイフト)のようにパソコンやタブレット端末、スマートフォンなどと接続し、スポーツバイクと組み合わせて使用するスマートトレーナーがあります。
 仮想世界を走るバーチャルサイクリングや、トレーニング内容を管理することができるので、雨の日には重宝するアイテムです。

 さて、「eスポーツ」なるものがあります。「エレクトロニックスポーツ(electronic sports、電子競技)」の略で、コンピュータゲームを使って、格闘やサッカーなどの腕前を競うものです。
 コンピュータゲームをスポーツ競技として捉えています。

 ディスプレーの中で、指の動きだけで相手と戦う。
 これって、スポーツなのでしょうか。

 スポーツとは、一定のルールに則って勝敗を競ったり、楽しみを求めたりする身体活動などのこととされます。

 国語辞典によれば、スポーツとは「陸上競技、野球、テニス、水泳、ボートレースなどから登山、狩猟にいたるまで、遊戯・競争・肉体的鍛練の要素を含む身体運動の総称」、「余暇活動・競技・体力づくりとして行う身体運動。陸上競技・水泳・各種球技・スキー・スケート・登山などの総称」とあります。

 つまり、スポーツは身体を動かし、汗をかくものです。

 私は、eスポーツは囲碁や将棋と同じ分野に入るものだと思うのです。eスポーツという名称には非常に違和感があります。

 ただ、過去には、狩猟や競馬、ディベート(弁論)、歌劇や合奏の競演、カードゲームや盤ゲームなどもスポーツとされていた時代もあり、現在でも、エンジンのついた乗り物で競技(競走)をすることを「モータースポーツ」と呼んで、運動を伴わない場合もスポーツとして扱われていますから、一概に否定はできないのかもしれません。

 しかし、それでも、サイクリングやランニングを趣味にする私は、「身体を動かすこと」が“スポーツ”の肝だと考えます。
  

Posted by まつぼっくり at 21:42Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2021年01月10日

984 はがきの年賀状

■2021年1月4日(月) 晴ときどき曇

 今年の干支は「丑」。牛は古来、農耕で人の暮らしを手助けしてきました。牛乳と牛肉は身近な存在ですし、栄養豊富な食べ物として欠かせません。そして、牛は粘り強さや誠実さを表すとも言われます。
 この1年、歩みは遅くとも、牛のように粘り強く、着実に進んでいきたいです。

 さて、今日までに、受け取るべき年賀状はほぼ届いたようです。
 還暦を過ぎると、年々年賀状の枚数は減っています。仕事での付き合いが少なくなり、先輩の方々や同年代の知人、友人でも亡くなる方がいらっしゃるからです。

 最近は、メールやLINEなど会員制交流サイト(SNS)が普及して、はがきの年賀状を出す人は減っているようです。
 若者世代では、身近な人は最近の状況もよく知っているので、メールやSNSで気軽に挨拶する方がよい、と考える人が多いようです。
 また、世代を問わず、時間と手間をかけたくない人も多いと思います。

 さらに、近年は高齢などを理由に「年賀じまい」をする人も増えています。
 長年、年賀状をいただいた方から「今年満八十歳を迎えます。年賀状のご挨拶はこれを区切りとし、今後はご無礼させていただきます。長い間のご厚情に感謝いたします。」と添え書きがありました。

 しかし、はがきの年賀状には、差出人の言葉そのものが手に取れる形で届き、何年経っても、容易に見返せる良さがあります。
 年賀状のやりとりは、普段あまりあったり話したりできない人たちや、過去に知り合い、同じ時代を生きている人たちとのつながりを確認する機会になります。
 古い人間の感覚かもしれませんが、はがきの年賀状には温かみがあります。

 年賀状を作成するのは、確かに面倒です。時間も労力もかかります。でも、年賀状のデザインや添える言葉を考えること自体が、頭を使い、手を使い、老化に抗う力になるのではないでしょうか。
 私は字が書け、パソコン操作ができるうちは、はがきの年賀状を出し続けたいと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 21:56Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年12月31日

980 2020年、大晦日に思うこと

◆2020年12月31日(木) 曇ときどき雪

 2020年、令和2年は、新型コロナウイルス(COVID-19)に世界中が牛耳られた1年でした。
 こんな世の中になるとは誰が予想したでしょうか。
 今日は元気でも、明日にはコロナウイルスに罹患してしまうかもしれません。昨年まで順調だった仕事が今年は見通しが立たず、深い苦悩の淵に沈むかもそれません。誰もが将来に対する不安を抱えています。

 歴史上、いくつもの感染症が人類を襲ってきました。しかし、人類はそれらを乗り越えてきました。
 国際保健学などを専門とする長崎大学熱帯医学研究所の山本太郎教授は、次のように語っています。
 「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)は必ず終わるということです。長い時間はかかりますが、必ず終わるという認識を持つことは大切です。」
 「長期化するコロナ禍に対して心が折れないためにも、希望を持てる社会を築くことが必要ではないでしょうか」

 1年が終わっても新型コロナウイルスは去ってくれません。収束はまだ先で、困難がまた待ち受けているでしょう。
 しかし、今の困難は必ず乗り越えることができる、と希望を抱き、マラソンを走る忍耐力で生活していきたいと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 23:45Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年12月16日

967 さよなら、タッチ-いのちへの責任

◆2020年12月4日(金) 晴ときどき曇

 飼い犬の命がもう長くないな、と思ったとき、死骸はどうすればよいのか、人に聞いたり、ネットで調べてみたりしました。
 すると、八事霊園斎場で死亡動物の火葬をしてくれることがわかりました。
 父親や義理の両親、親戚の葬儀などで八事斎場には何度か行っていますが、動物の火葬も行っていることは今まで全く知りませんでした。

 予約は不要で、死亡動物は段ボールなどの紙製の箱に入れます。人間のように木製の箱やプラスチックの容器は使用できません。箱の中には少量の生花や乾いた餌以外は入れないこととされています。火葬料(焼却料)は5kg未満の場合は1,100円です。

 12月4日朝8時45分、八事斎場に到着。
 管理事務所に入ると人間の受付の隣に動物の受付もありました。
 火葬料を支払い領収書を受け取ると、受付の方が「獣し棟」という火葬の場所に移動するように説明してくださいました。

 青いラインに沿って車で移動します。
 その場所は人間の火葬場の裏にありました。
 清潔な工場のような所です。連れてきた亡骸の箱を持って行くと、係の方が「この上に置いてください」と言われました。
 ステンレスの台の上に亡骸を納めた箱を置きました。動物はまとめて火葬するようですが、朝一番でしたので台の上には何もありません。 私は蓋を開け、餌の入った紙の器を亡骸の横に置き、蓋を閉めました。
 妻は「タッチ、ありがとね、それじゃね」と言って箱を撫でました。
 二人で合掌しその場を後にしました。

 動物を飼うことは、命に対する責任を持つと言うことです。
 単にかわいいから、というだけでは済みません。
 ケージを掃除したり、体を洗ったり、トイレシーツを交換したり、散歩に連れて行ったり、また、餌代、シーツ代、病院代など、時間とお金がかかります。
 宿泊の旅行も制限されます。
 その命を終えるまで世話をすることができない人、途中で遺棄してしまう人は、動物を飼ってはいけません。

 我が家で動物を飼うのは、これが最初で最後になります。自分の年齢からして、世話をする体力が衰えますし、動物より人間の方が先に旅立ってしまうかもしれませんから。
  

Posted by まつぼっくり at 22:05Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年12月15日

966 ありがとう、タッチ

◆2020年12月3日(木) 晴ときどき曇

 2020年12月3日、我が家の飼い犬「タッチ」が14年と8か月の生涯を閉じました。

 2006(平成18)年4月8日生まれの雄のチワワです。
 チワワの平均寿命は10歳から15歳程度と考えられています。中型犬は12歳前後、大型犬は9歳前後が平均寿命と言われており、小型犬になるほど比較的平均寿命が長い傾向にあります。
 そうすると、「タッチ」は長生きだったと言えるでしょう。

 私は特別に愛犬家ではありません。進んで犬を飼うつもりはありませんでした。
 子供が小学生の時、「犬が欲しい」と言うので、「死ぬまで面倒を見ること」を条件にペットショップで買ったものです。
 ところは、子供はほとんど世話をすることはなく、ケージを掃除するのも散歩に連れて行くのも私の役割となりました。家族の中で私が一番接する時間が長かったでしょう。

 人間と比べて犬は短命で、人間の年齢に換算すると1年で人間の数年分の歳をとります。7歳になれば(人間でいう40歳半ば)中年期の始まりですし、11歳(人間でいう70~80歳)では本格的にシニア期です。

 タッチは、1年前ぐらいから目が見えなくなり始めました。
 今年になってから歩くのが不自由になりました。徐々に転ぶことが多くなりました。
 8月末の散歩が屋外での最後の散歩になりました。
 9月になり、立ってもふらつくことが多くなりました。
 10月には横になっていることが多くなりました。
 11月になると、立つことができなくなり、ほとんど寝たきりになりました。それでも食欲はあるようで、餌はちゃんと食べます。水も力強く飲みます。
 12月になって、あまり餌を食べなくなり、水を飲む力も衰えてきました。
 「お迎えが近いかな」と妻が言いました。

 12月3日の朝、鳴くので水が欲しいのかなと思い、水の方向に体を動かしましたが、力なく一口なめただけでした。
 そして、その日の午後6時頃、ついに息がなくなり、動かなくなりました。

 年齢からして老衰だったと思います。何か病気があったかもしれませんが、苦しむこともなく逝ってくれたので、安心しました。

 生きていれば、いつかはお別れする時が来ます。今日がその時でした。

 「剥製みたいになっちゃったね」と妻が一言。
 名古屋グランパスのエンブレムの入った白い段ボールの箱の中に白いタオルを敷き、遺体を収めました。体温のなくなった体に触り、死んでしまったんだな、と実感しました。

 涙もろい私です。床に入って目を閉じると、自然と涙が溢れてきました。
 悲しい、辛い、という涙ではなく、今まで一生懸命生きてくれた、健気に頑張ってくれたという、感動、感謝の涙です。
 ありがとう、タッチ。
  

Posted by まつぼっくり at 21:44Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年10月04日

941 人は何歳まで生きられる?

◆2020年9月23日(水) 曇時々晴

 一昨日は敬老の日でした。1966年に国民の祝日となりました。
 世間的には、65歳以上が高齢者となり、敬老の日の対象となるようです。孫ができたら「おじいちゃん」になるというのも一つの目安です。

 私も還暦を過ぎ、老人扱いされてもおかしくない歳となりましたし、あとどれくらい生きることができるのだろうか、とよく考えるようになりました。
 人間の平均寿命は年々延びていますが、一体人間は何歳まで生きられるのでしょうか?

 先週9月18日の報道によると、ギネス世界記録で世界最高齢に認定されている、福岡市の田中カ子(かね)さん(明治36年1月2日生まれ)が同日で117歳260日になり、現在確認できる国内の歴代最高齢で、おととし亡くなった鹿児島県の田島ナビさんの記録に並びました。
 超長寿ですね。

 ギネス認定記録として、世界一長生きした人間は、1997年になくなったフランスの女性、ジャンヌ・ルイーズ・カルマンさんの122歳164日で、120歳を超えた唯一の例です。

 米国の研究によれば、『平均寿命の最大値は115歳』であり、『絶対的な寿命の上限は125年である』ということです。従来の説でも、人間の寿命限界は『120年前後ではないか』とされてきました。

 120歳は、60歳の2倍、ダブル還暦となり、「大還暦」と言うそうです。

 鎌倉時代の日蓮聖人は檀徒に与えられたお手紙の中で、
「人身は受けがたし爪の上の土・人身は持ちがたし草の上の露、百二十まで持ちて名を・くたして死せんよりは生きて一日なりとも名を上げん事こそ大切なれ、(人間として生を受けることはまれであり、爪の上に乗った土のようにごく少ない。人間として命を持ち続けることは難しく、草の上の露のようにはかない。120歳まで生きて名を汚して死ぬよりは、生きて1日でも名を上げることこそ大切である。)」と仰せられています。
 平均寿命が50歳にも満たなかった鎌倉時代に、「120歳」という年齢を記されたことに驚嘆します。仏教はとても科学的な宗教なのですね。

 先の田中カ子(かね)さんは「120歳まで元気に暮らす」が目標だということです。

 120という数字は、還暦の2倍で切りもいい数字ですし、人間の寿命は120歳ということで落ち着きそうです。
  

Posted by まつぼっくり at 21:36Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年09月17日

933 上室期外収縮

◆2020年9月7日(月) 雨

 職場の定期健康診断の心電図検査で「上室期外収縮」という結果が出され、精密検査を受診するよう指示がありました。
 人間の心臓は一日10万回くらい一定のリズムで脈を打っていますが、このうち何回かはズレて脈を打つことがあります。このズレた脈のことを期外収縮と言い、ズレた脈の起源が心臓の中の上室という場所の場合、上室期外収縮と呼ぶそうです。いわゆる不整脈の一つです。
 私は昔から不整脈がありました。しかし、上室期外収縮として心電図異常を指摘されたのは初めてです。

 行きつけのクリニックに相談したところ、近くの循環器科を紹介していただき、本日その医院に行きました。

 尿、血液、レントゲン、心電図(安静時と踏み台昇降運動後)と検査を受け、先生の診察です。
 「ストレスのある仕事をしていませんか?」
 老先生から質問されました。
 私は再雇用で短時間の勤務ですし、現役のときのような重圧がかかる仕事はありません。ストレスチェックでも特段の指摘はありませんでした。
 期外収縮は、自律神経である交感神経の緊張によっておこることもあります。例えば、アルコール・カフェインの過剰摂取、睡眠不足、過労、疲労、ストレス、喫煙、です。加齢によっても起りやすくなるとのことです。
 1週間、薬を飲んで、また来てくださいと言われました。

 今のところ、血圧も低いですし、特に基礎心疾患もないので、たぶん加齢によるものだと勝手に自己判断しています。

 50代半ばを過ぎてから、緑内障になり、膵臓に腫瘍(今のところ悪性ではありません。)が発見され、定期的に検査を受けなければならない状態になっています。緑内障に関しては進行を抑えるため、毎日点眼をしなければなりません。歯も悪くなって2~3か月ごとに定期検診に通っています。
 そして今回は上室期外収縮。
 かなりポンコツな身体になってしまいました。自然の摂理とは言え、気持ちは落ち込みます。いつまで生きられるのだろうか? 不安も増幅します。

 しかし、あれこれ良くないことを考え、気力やこころが萎えても仕方がありません。
 とりあえず、体が動くうちは趣味に勤しみ、行動したいと思います。そうすると気持ちも晴れてくると思うからです。
  

Posted by まつぼっくり at 21:52Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年07月21日

900 ブログ900回

◆2020年7月7日(火) 曇時々晴

 私は自分のブログに写真は載せないことにしています。

 SNSでは、写真や動画は当たり前でしょう。
 画像は物事を端的に表現してくれます。
 しかし、個人情報の取り扱いが問題になる時代です。ネット上に公開することで、物議を醸し出すことは、枚挙にいとまがありません。

 もちろん、文章でも状況は同じです。誹謗・中傷・ウソは論外ですが、批判・非難する内容の文章は、慎重に扱わなければなりません。
 著作権や盗作の問題もあります。
 ただ、上手い言い回しだな、巧みな表現だな、と思うフレーズなどは真似させてもらうことがあります。

 私がその日の出来事をその日のうちに投稿しないのは、文章を作るのに時間がかかることが主たる要因ですが、数日寝かせて考え直したり、表現を直したりすることも、その理由です。
 文章を作るのはとても骨が折れる作業です。
 さっと書いて、すぐにアップできる人が羨ましいです。
 もっと語彙を増やし、豊かな表現力を身に付け、自分の言いたいことを的確に文章にできれば、といつも願っています。

 今日一日、あるいは過去を回想して、文章を書くことは、脳を活性化させるとともに、高齢者にとっては認知機能の低下防止や気分の安定、コミュニケーション力の改善に効果があるそうです。
 また、他人に自分の生き方や考え方を知ってもらうことは、生き甲斐にもつながります。

 脳の働きが悪くなって障害が起こり、生活に支障が出る状態にならない限り、ブログを続けていければ、と思っています。
  

Posted by まつぼっくり at 22:14Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年06月11日

889 雨の一日

◆2020年5月31日(日) 雨

 目覚めたときは曇でしたが、8時半頃から雨となりました。

 近年、天気予報の精度が上がって、10日先の予報までなされるようになりました。
 今度の休みの日は、走れるだろうか?
 雨だったら、情報の整理や片付けをしよう。
と事前にある程度の計画を立てることができます。

 気象予報士・お天気キャスターの森田正光さんは「天気を予報することで、行動を変えられる。明日が雨だと雨だとわかったら、きょう中に選択しようと思う訳です。予測は、行動を変えるためにあるんです。行動を変えようとしない人にとっては意味がないかもしれないが、対応しようとする人は、自分をより幸せな方向に導くことができるのです」
と語っています。

 今日は結局一日雨で、アウトドア活動はできませんでした。
 でも、家の掃除や片付け、たまった新聞や書類に目を通し、整理することができ、時間を有効に使えたと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 20:59Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年05月03日

875 平針運転免許試験場へ

◆2020年4月20日(月) 雨

 今の時代、予想外、想定外の事態の発生が常態化しているように思います。環境変化が激しい時代でもあります。

 また、インターネット交流サイト(SNS)によってデマがまかり通る時代となりました。不確実な情報に翻弄されるようになりました。何でもかんでもSNSに投稿すればいいというのは違います。

 SNS上に無責任な批判やデマ、心ない差別があふれています。無責任で誤った情報が飛び交えば、社会を分断させ、人間を破壊する因となりかねません。良識を持ってもらいたいと願いますが、いつの時代も心ない輩は必ずいるものです。
 自ら不確かな情報や無責任な批判を発信しないこと、受け手としては正しく価値的な情報に基づきながら、行動することを心がけたいものです。

 さて、本日は年休を取って、平針の運転免許試験場に行ってきました。
 更新手続きのはずが、有効期間の延長手続きとなりました。というのも、新型コロナウイルス感染防止対策のため、4月19日から更新手続き等が休止なったからです。

 年休取得申請した後に休止の情報を知ったのですが、有効期間を延長するにも申請手続きが必要なのです。

 午前中は雨の予報となっていましたが、家を出るときは雨は上がっていたので、カッパをデイパックに入れて、ママチャリで出発。ところが、島田橋辺りから雨が落ちてきました。
 期待はずれです。結局、降りしきる雨の中、カッパを着て平針まで行くことなってしまいました。バスで行くべきだった、と後悔です。

 試験場には休止を知らずに来た人もいました。私ももう少し早く手続きに来ておけばよかったと残念に思いました。
 3か月延長で、有効期間は8月20日までとなりました。それまでに業務が再開されれば良いのですが‥‥‥。

使用自転車:ブリヂストン アルベルト
走行距離:19.7km(累計距離1165km)
走行時間:1時間30分
  

Posted by まつぼっくり at 22:18Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年04月28日

872 新型コロナウイルスに打ち勝つ

◆2020年4月16日(木) 晴

 天然痘、ペスト(黒死病)、コレラ、インフルエンザ、結核、エイズ‥‥‥
 これまで様々な感染症が多くの人々の命を奪い、歴史に巨大な影響を及ぼしてきました。しかし、人類はこれらの見えない敵に打ち勝ち、乗り越えてきました。
 世界は今、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の脅威に震え上がっています。戦争に匹敵するほどの恐怖です。先が見えず、閉塞感と絶望感が蔓延しています。
 しかし、過去の歴史に照らし、人間の叡智は必ずや有効なワクチンを開発し、感染症を征圧できると期待しましょう。
 今は忍耐の時です。我慢の時です。

 コロナ終息の鍵は、一人一人の理解と行動変容です。
 とにかく外出を自粛し、約2メートルの社会的な距離を意識し、接触機会の8割減へ“できること”を実践することです。特に濃厚接触を回避しましょう。
 ただし、外での散歩、ジョギングは問題ありません。日に当たり体を動かすことが大切です。密閉、密集、密接を避け、賢く健康維持し、抵抗力を高めましょう。

 「コロナ疎開」なる言葉が出てきました。
 緊急事態宣言の対象となった都会から感染者の少ない地域へ移住するというものです。
 このような「疎開」は、移動先で周囲に感染させるリスクが増え、さらなる感染拡大の恐れがあるだけでなく、結局は、そのような行動を取った本人に感染が及ぶことになるでしょう。身勝手な行動は厳に慎んでもらいたいものです。

 悲愴感と不安感で落ち込んでいても、敵には勝てません。一人一人が高い意識を持ちながらも、笑顔を絶やさず、こまめに手洗いとうがいをしましょう。

 新型コロナウイルスは世界経済にも大打撃を与えています。人種差別や露骨な買い占め行動など人間心理への影響も計り知れません。
 しかし、今回の感染症は経済至上主義の世界を見直す作用もあるのではないでしょうか。世界中で移動制限が実施されたことに伴い、航空便がストップし、船舶や自動車での運行が減少したことで、かえって空気が浄化され、地球温暖化が一時的に歯止めがかかる可能性もあります。その結果、異常気象などが抑制されるかもしれません。
 コロナ過を克服した後、人類が経済最優先の成長主義を見直し、地球環境に配慮して自然と共生した生き方の拡大につながってほしいと思います。

【追記】
 本日、新型コロナウイルスの感染増加に対応する緊急事態宣言の対象地域が全都道府県に拡大されました。
 そして、国内で確認された感染者数が累計で1万人を超えました。
  

Posted by まつぼっくり at 22:26Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年03月16日

858 姪の結婚式

◆2020年3月1日(日) 晴

 私の妹の娘・姪の結婚式が、名古屋市港区の野跡駅前にあるセントグレース大聖堂で執り行われました。

 入館の際に、スタッフの方が一人一人の手に消毒液を掛けます。スタッフは全員マスク姿。さらに、式場から披露宴会場に入る際も、もう一度消毒液を掛けます。
 新型コロナウイルス対策は徹底しています。
 ただ、さすがに牧師さんはマスクはしていませんでしたが。

 式への出席者は、新郎新婦の意向で、双方のごく近しい親族のみとなりましたので、本当にこぢんまりとしています。それがかえって親近感を生み出しました。
 友人の出席もありませんから、余興などはありません。その分、美味しい食事をゆっくり楽しめましたし、写真も自由に撮ることができました。

 残念なことに、孫の結婚式を楽しみにしていた母が出席できませんでした。入居している介護施設が、全面外出禁止、訪問者の面会も禁止となったからです。

 COVID19(コビット19)は結婚式にも多大な影響を及ぼしています。
  

Posted by まつぼっくり at 22:06Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年02月10日

843 人間ドック受診

◆2020年1月29日(水) 晴

 毎年、人間ドックを受診しています。
 前回は膵臓に影が発見され、前々回は緑内障と診断されました。
 年を取るにつれ、不具合が出てきます。
 今回はどうでしょうか。
 何もないことを祈ります。

 『人間ドック』は、1938年(昭和13年)、ある政治家が東京大学付属病院の内科に入院して検査を受けたとき「あたかも船が航海後ドックに入ったようだ」と言ったことから命名されたそうです。

 人間ドックの一番の目的は自覚症状ない病気の早期発見です。
 人間ドックは生活習慣病をはじめとする体の異常を早期発見するのに大きな威力を発揮します。

 私は60代になり、いつまで人間ドックを受診するか、と思い始めました。
 ネット検索していたら、次のようなコメントがありました。

『私どもの健診センターには、90歳や100歳近い方も人間ドックを受診されます。
 それはそれですばらしいことですが、異常が見つかっても大きな手術に耐えられるだろうか、という疑問が出てきます。また、たとえ手術に成功して寿命が延びたとしても、術後に寝たきりになったのでは、本当に幸せな人生とはいえません。QOL(生活の質)は、大きく低下してしまうでしょう。
 平均寿命(男性79.19歳、女性85.99歳:厚生労働省平成19年簡易生命表)まで生きたということは、「今までの生活習慣は間違っていなかったから、このまま続けていいですよ」ということです。ですから、平均寿命を区切りにして、人間ドックを卒業してもよいのではないかと思うのです。
 平均寿命を超えた方には、人間ドックよりもむしろ、かかりつけ医を決め、日ごろの健康管理や体調不良のケアをしてもらいましょう。
 人間ドックの受診よりも、寝たきりにならないように足腰を鍛えたり、転倒を予防するために生活環境を整えたり、認知症を予防するために趣味などを通して社会的な活動を続けたりすることが重要です。
 そして、「どれだけ(長く)生きるか」よりも、「どう(質)生きるか」を大切にしてほしいものです。
 東京慈恵会医科大学附属病院 新橋健診センター所長 和田高士(わだ・たかし)
(保健同人社「暮らしと健康」2009年1月号より加筆修正、2009年6月11日更新』)

 全くそのとおりだと納得しました。
 本日の受診でも、医療機関まで自転車で行きました。運動とバランスの良い食事を心がけ、アクティブに生きることが大切なのですね。
 生活とは、活き活きと生きること、活動的に生きること、なのですから。

使用自転車:ブリヂストン アルベルト
走行距離:21.7km
走行時間:1時間50分
  

Posted by まつぼっくり at 22:20Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年01月22日

835 MRI検査結果

◆2020年1月8日(水) 雨のち晴

 一昨日に引き続き、年休を取って、病院に行きました。MRI検査結果を聞くためです。
 予約時間は11時30分でしたが、待合室で待つこと50分。診察室に入ったのは12時20分でした。
 先生からは「チョヘンなしですね」と言われました。
 ん? チョヘンってなに?
 「チョヘンって、どういうことですか?」
 「前回の検査と変わありませんと言うことですよ」

 「著変なし(ちょへんなし)」は、医師や看護師が患者のカルテや診療記録に記載することがある言葉で、「著明な変化は見られない」という表現を略した表現になります。
 平易な表現でいえば、「これといった変わりはない」、「以前の状態と変わらない」ということです。

 膵臓内の1cmぐらいのでき物は、水ぶくれのようなもので、悪性ではないとのことです。
 しかし、膵臓癌は沈黙の癌といわれ、症状を自覚したときにはもう手遅れの状況になっているそうです。ですから、
 「半年後にまた検査をしましょう」
ということになりました。
 ホッとしたものの、これから定期的に検査を受け続けなければいけないのか、憂鬱になります。検査料も7千円ほどかかります。でも、癌になるよりはマシか、と諦めるしかありません。  

Posted by まつぼっくり at 21:53Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2019年12月31日

828 2019年、大晦日

■2019年12月31日(火) 晴

 今年3月、定年退職しました。
 定年退職は、人生の一つの大きなゴールです。しかし、それ以上に、次のステージが始まる出発点です。
 60回目の誕生日を迎えたのは2018年でしたが、実質的にセカンドステージがスタートしたのは、定年退職した今年の4月からといえましょう。

 4月から再任用職員として勤務しています。週31時間・5日勤務で、月曜日は8時45分から16時45分まで、火曜日から金曜日までは15時45分までの勤務です。
 短時間勤務の分、給料は少額ですが、現役時代に比べ、時間的には少し余裕ができました。

 ところが、歯槽膿漏の治療や緑内障の検査、パソコンの不良や給湯器の故障への対応など、いろいろ時間をとられることがあり、自分のための時間があまりとれませんでした。
 来年は、もう少しやりたいことができるようになりたいと思います。

 還暦は3回目の成人式だと言う人もいます。
 肉体は老いても、心は青春でありたい。

 82歳の生涯を閉じるまで活発に活動した文豪ゲーテは、「年をとるということ自体、新しい仕事を始めることなのである。状況は一新し、行動することをすっかりやめてしまうか、あるいは、新しい役柄を意志と自覚をもって引き受けるか、どちらかである」との言葉を残しています。

 来年も、「今日一日を無事に過ごせてありがとう」と振り返り、瞬間瞬間の小さな幸せを感じて、日常に感謝できる自分でありたいと思います。

 いのち短し 走れよ ジジイ!
  

Posted by まつぼっくり at 23:55Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2019年11月03日

803 パロマ瑞穂トレーニング室 その4

■2019年10月14日(月・体育の日) 曇のち雨

 天気予報では午前中は曇り、午後から雨でしたので、サイクリングに行くつもりでした。
 自転車に空気を充填し、サイクルジャージを着て、8時40分頃、さあ出発しようとしたところ、雨が降ってきました。
 あ~、残念!

 そこで午前中は、瑞穂トレーニング室に行きました。
 9時30分の開室前に、既に大勢の利用者が待ち構えています。年配者が多いです。
 マシンはだいたい埋まり、少し待つ状態です。
 雨の日、考えることは皆同じなのかも。

 11時半過ぎまで2時間、しっかり汗を流すことが出来ました。
 雨の日でも、トレーニングできるのは嬉しいことです。
  

Posted by まつぼっくり at 22:37Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2019年10月28日

800 ブログ800回

■2019年10月12日(土) 晴

 昨年、12月に700回目を投稿後、10か月で800回の節目を迎えることができました。

 定年退職後、短時間勤務の再任用職員となって、もっと時間的余裕ができると思っていましたが、思っていたより忙しく、なかなか文章を書く時間が持てません。必然的に投稿する時期が遅くなってしまいます。

 文章を書いていると、還暦を過ぎたというのに、自分は知らないことばかりだな、学んでいかなければならないことがたくさんあるな、と実感します。
 と同時に、一人の人間が一生のうちで知ることができる世界、体験できる事柄は、微々たるものだな、とも感じます。

 情報が洪水のように流れてくる、情報過多の時代です。どれをキャッチして良いのか混乱してしまう時代です。
 良い書物や良い人からどんどん積極的に学び続けるとともに、情報を取捨選択する力、考える力、世の中の空気に流されない力を養うことが大事だと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 22:17Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2019年10月17日

794 広島・安芸の宮島観光

■2019年9月29日(日) 曇ときどき晴

 広島駅から在来線で宮島口へ。
 そこからフェリーで、厳島(宮島)に渡ります。
 列車内も船内も外国人だらけ。果たしてここは日本なのでしょうか?
 宮島は、世界遺産であり、日本三景の一つである観光地です。日本はもちろん、世界中から観光客が訪れるのは当たり前かもしれませんが、こんなに外国人が多いとは驚きました。

 表参道商店街(清盛通り)は、街中の繁華街を歩いているような混雑ぶりです。
 ほとんど外国人に占拠されているような飲食店もあります。

 今、ラグビーワールドカップ開催中とあって、各国のサポーターが試合の合間に日本観光を楽しんでいるのでしょう。代表のエンブレムのついたポロシャツやバッグを身に付けた外国人も多くいました。

 厳島神社の大鳥居は、修復工事中で見ることはできませんでした。
 私は特段、神社・仏閣には興味はないのですが、五重塔や風光明媚な景色には癒やされるものがあります。宮島には弥山という535mの山があり、自由な時間があれば登ってみたい気持ちにさせられました。

 さて、旅先での最大の楽しみは、花より団子で、グルメです。広島と言えば、広島風お好み焼きと牡蠣でしょう。
 同時に楽しむべく、お好み焼き屋で牡蠣入りを注文。宮島ビールと合わせて最高に美味しかったです。
 『紅葉堂』で揚げもみじ、『だいこん屋』でもみじ饅頭を食べ、カフェでコーヒーを飲み、グルメ三昧。

 宮島口では少し高ですがあなごめし弁当(2160円)を買い、駅の待合室で3人で分け合って食べました。

 広島駅に戻っては、駅ビル『ASSE』2階の飲食店街で再びお好み焼きと焼き牡蠣で夕食。牡蠣は、スタジアムでは2個で600円だったのに、ここでは3個で550円。値段が全然違います。味もこちらの方が上。卑近な言い方ですが、スタジアムの飲食は、ぼったくりに近いですね。
 『ekie』のおみやげ館で、もみじ饅頭や牡蠣煎餅などを購入し、名古屋駅が終点ののぞみ号に乗車しました。

<旅程>
名古屋駅(7:37)⇒広島(10:50)
ひかり495号広島行き
広島(20:37)⇒名古屋駅(22:50)
のぞみ96号名古屋行き

<旅行代金>
近畿日本ツーリスト
32,000円×3人
新幹線往復+宿〔広島ガーデンパレス:1泊朝食付〕
  

Posted by まつぼっくり at 22:15Comments(0)TrackBack(0)日常生活