2018年11月05日

681 秋の瑞穂区一万歩コースを歩く会

★2018年10月21日(日) 晴

 区内の情報紙「瑞穂フォーラム」を見て、「なごやかウォークイベント“瑞穂区一万歩コース”を歩く会」に参加しました。
 2015年に参加して以来、通算4回目の参加です。

 瑞穂公園南児童園を出発して、山崎川沿いや岳見町などの丘陵地帯を歩く約6kmのコースです。本来のコースは約6.3kmですが、一部歩道橋箇所などをカットしているので、若干短くなっています。

 開会セレモニーでのあいさつにあったように、秋晴れの素晴らしい天気で、ウォーキング日和です。
 参加者はほとんどが年配者。私もその一人ですが、自分以上に高齢の人が多いです。Dバッグに参加記念バッチを沢山着けたマニアもいます。

 健康寿命を延ばして一生歩ける体をつくりたいものです。自力で歩く力があれば思う存分人生を楽しめるでしょう。

 約4km歩いて弥富公園で抽選会。はずれの完歩賞で、タオルと紙パックのジュースをもらいました。
 そこからは流れ解散。
 私は残り2kmを歩いて、終点まで行きました。

 自転車もマラソンもできなくなったら、このようなウォーキング大会専門に参加しようと思います。

使用シューズ:asics TARTHER NOVA
歩行距離:6.0km
所要時間:1時間10分
  

Posted by まつぼっくり at 22:14Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2018年10月29日

679 瑞穂区Walk-杉原千畝広場へ

★2018年10月14日(日) 曇

 杉原千畝は、第二次世界大戦中、ユダヤ人難民に日本通過ビザを発給し多くの命を救った外交官です。その人道的功績を未来へ伝える顕彰施設として、10月12日に「センポ・スギハラ・メモリアル(杉原千畝広場)」が彼の母校である愛知県立瑞陵高等学校(旧制第五中学校)にオープンしました。

 見学に行こうと、自宅からウォーキングしました。
 瑞穂区内ですから近いです。
 オープン2日目とあって、多くの方が見学に訪れていました。
 顕彰施設は瑞陵高校の正門脇にあり、誰でも自由に見学できるようになっています。
 「決断と希望」
 「運命のビザ」
 「杉原千畝の生涯」
 「歴史と継承」
の4つのゾーンがあり、「決断と希望」ゾーンには、杉原がユダヤ人家族にビザを手渡す等身大のブロンズ像と、ビザを受け取るユダヤ人家族3人のブロンズ像が設置されています。3人は夫婦と子供でしょう。
 像の奥には発給されたビザリストの実物大の陶板が並んでいます。
 また、出入口近くには2015年に公開された映画「杉原千畝」のポスターも掲示されていました。唐沢寿明が杉原を演じ、夫人役は小雪でした。私も映画館で鑑賞しましたので、懐かしく思い出されました。

 校内の『感喜堂』では、パネルで紹介された写真などの資料の実物が特別展示されていました。

 杉原千畝は岐阜県八百津町の生まれですが、幼少期の約10年間を名古屋で生活しました。古渡尋常小学校(現・名古屋市立平和小学校)と愛知県立第五中学校(現・愛知県立瑞陵高等学校)に通っていました。
 このような偉人が瑞穂区に縁があるのは誇りです。
 多くの人に「センポ・スギハラ・メモリアル」を訪れていただき、杉原千畝の功績を学んでもらいたいと思います。そして、平和の大切さ、戦争がいかに非人道的な行為であるか、実感して欲しいと思います。

 なお、「センポ」は、ビザを発給したリトアニアに赴任していた際、名前を音読みで名乗っていたことにちなんでいます。

使用シューズ:アシックス サルティス
走行距離:3.2km
所要時間:53分
  

Posted by まつぼっくり at 22:19Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2018年10月26日

678 鳥川ホタルの里の山歩きイベント

★2018年10月13日(土) 曇

 今週の月曜日に鳥川ホタルの里にサイクリングに行った際、岡崎市ホタル学校で「ホタルの里の山歩きイベント」のチラシを見つけました。
 サイクリングでホタル学校周辺に何度か行くうち、いくつか山歩きコースががあること知り、歩いてみたいと思っていたのですが、一人で登るのは不安でした。
 これならガイド付きで安心だし、しかも参加費無料です。

 5つのコースがあります。
①鳥川自然観察(ホタル学校周辺)コース
  所要時間:約2時間 難度:★
②鳥川アルプス縦走(京ヶ峯)コース
  所要時間:約2時間30分 難度:★★
③ホタルの里展望(水晶山)コース
  所要時間:約3時間 難度:★★★
④巡礼の道(喜桜山)コース
  所要時間:約3時間30分 難度:★★★★
⑤三河湾展望(音羽富士)コース
  所要時間:約3時間30分 難度:★★★★

 所要時間と難度で「③ホタルの里展望(水晶山)コース」を選び10月9日に電話で申し込みました。

 朝4時10分に起床し、6時前に車で出発。途中、コンビニで昼食用のおにぎりを買い、7時半過ぎにホタル学校に到着。

 8時半から開会式。集まって来た人達は、予想どおり、年配者が多数を占めています。そんな中で、私が参加するホタルの里展望コースには若い女性2人組がいました。
 来賓のあいさつに続いて、豊富小学校の先生の指導により、体の体操と頭の体操がありました。体の体操はストレッチ、頭の体操はホタルクイズです。
 蛍は成虫になってから光るものだと思っていましたが、幼虫の時から光を放っているそうです。成虫になってからは何も食べず、寿命は1週間から10日ほど。そして、きれいな水に生息すると言っても、セカンドクラスのきれいさで腐葉土や栄養分が含まれた水であることが必要なのを知りました。

 9時に5コースがそれぞれに出発。
 第3コースは県道を北上し、蛍橋を渡ります。田んぼや畑には電流が流れる電線が張り巡らされています。猪、鹿、猿など獣対策です。鹿は1mぐらいなら軽く飛び越えるそうで、柵はそれ以上の高さがありました。
 やっかいなのは知恵のある猿で、電線を上手くかいくぐって侵入するとのこと。

 登山道に入ります。
 小安堂峠を越え、しばらく行くと、「見晴らしヶ丘」に至ります。ここからは南の展望が良好で、ホタル学校や山里の風景がよく見えます。
 第3コースの参加者は12人で、鳥川ホタル保存会の方が3人、総勢15人です。その中に西三河農林水産事務所の課長補佐の方が見えました。
 「私は農業大学校勤務なんですよ」
 「そうですか。運動不足解消と思って初めて参加したんです」
 「私も初めてです」

 登山道は緩やかで急斜面はなく、初心者向きと言えるでしょう。随所にルートを示す標識や「4合目」「5合目」と目印があり、保存会の人達が整備している様子が覗えました。
 ただ、台風の所為なのかどうかよくわかりませんが、倒木が多く、こんなに荒れているものか、と思いました。

 「遊山」では三河湾が一望できます。曇りがちの天気でしたが、十分に見渡すことができました。
 朝方はちょっと寒さを感じましたが、歩いていると汗が出てきて、一枚脱ぎました。

 前を行く若い女性2人組は、山歩きと同時におしゃべりも楽しんでいます。

 10時45分、標高467mの水晶山到着。
 「わぁ! すごくイイ眺め!」
 先に着いた女性の声が聞こえました。
 南側の視界が開けた先を見ると、三河湾、そして渥美半島が一望できます。
 保存会の方の話では、かつてはその名のとおり、水晶が沢山取れたそうです。
 いまはあまり取れなくなってしまいましたが、それでもキラキラ光るものが混じった岩石がいくつかありました。

 「水晶山」と刻まれた石柱の横に立ち、三河湾をバックに写真を撮ってもらいました。

 しばし休憩のあと、下山です。
 4合目の先の分岐点で、神明宮ルートに行きます。往路の小安峠ルートと違い、傾斜が急です。慎重に降りたつもりですが、一回足が滑ってお尻を着いてしまいました。

 2合目あたりで、保存会の方が、「赤い木が見えますか? ヒメシャラです」と紹介してくれました。
 初めて見る赤褐色の樹木です。

 神明宮で小休憩。
 簡易トイレがあったので、用を足しました。
 出発から3時間経過し、膀胱は限界に近かったので助かりました。山歩きで一番の問題が、生理現象をどう処理するかです。一人なら木に隠れて放出してしまいますが、女性もいる集団の中ではそれもはばかれます。

 神明宮から先は舗装道路です。
 道路から見える炭焼き窯や猪除けの石垣を紹介してくれました。都会では見ることができないものです。
 いったん田んぼのあぜ道を通ります。
 この辺りはホタルの観察ポイントで、毎年5月下旬から6月下旬には、千匹を超えるゲンジボタルが乱舞する様子を見ようと、大勢の人がやって来るそうです。

 正午を過ぎて、ホタル学校に到着。
 参加者にシシ汁が振る舞われ、持参してきたおにぎりと一緒に食べました。意外と美味しい肉です。地元野菜もたっぷり入って、お代わりをいただきました。参加費無料でこんなにもらってイイのでしょうか。
 お礼の意味を込めて、会場で販売されていた九条ネギとサツマイモを買って帰りました。

使用シューズ:ソロモンXA PRO 3D GTX
走行距離:約8km
所要時間:3時間20分
  

Posted by まつぼっくり at 22:31Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2018年10月25日

677 大高緑地公園Walk

★2018年10月12日(金) 晴

 秋晴れながら、少し肌寒い日です。

 明後日、日曜日は宿直と舎監事務員の休暇により遅番舎監に就かなければならないため、本日はその代休日です。
 明日の山歩きに備え、午前中、大高緑地公園を歩いてみることにしました。

 左京山駅までは名鉄で。通勤定期券(マナカ)を有効に使います。

 いつも職員駅伝のコースとなっている公園西側や、若草山、竹林散策路、交通公園などはお馴染みですので、公園南側に行ってみました。
 こちらには、テニスコートや桜の園があります。何回も来ている公園なのに、初めての場所です。
 和風庭園も初めてでした。
 新しい場所が色々と発見ができたウォーキングでした。

 大高緑地公園は、1963年(昭和38年)4月に開園していますから、私が名古屋に引っ越して来たときには既にあった都市公園です。
 1989年(平成元年)に日本都市公園百選にも選ばれています。
 愛知県内では5つあります。
  岡崎公園(岡崎市)
  東山公園(名古屋市千種区)
  大高緑地(名古屋市緑区)
  名城公園(名古屋市中区)
  落合公園(春日井市)

 55年経ち、老朽化が著しいところもあります。特に、桜の園がある南西方向は訪れる人が少ないせいか、あまり手入れがなされていないようです。家と同様に使われないと、メンテナンスがおろそかになり、古くなるのが早まるのかもしれません。

使用シューズ:ソロモンXA PRO 3D GTX
走行距離:9.1km
所要時間:2時間07分
  

Posted by まつぼっくり at 22:24Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2017年04月10日

428 なごやかウォーク・山崎川お花見ウォーク

▲2017年3月25日(土) 曇

 山崎川にジョグに行ったら、なごやかウォーク(山崎川お花見ウォーク)が行われていました。当日参加OKだったので、児童公園で受付すると、リフレクターバンドをもらいました。
 鼎橋でUターンして3.1kmのコースを含め、山崎川をウォーク&ジョグしました。

 ウォーカーは年配の方ばかりです。
 年を取っても健康でいられるかどうかのバロメーターとして「歩く速さ」を保つことが大切であると言われています。歩行速度が遅くなると、認知症や介護のリスクが高まるとされています。
 私も普段から大股で、かつ早足で歩くようにしています。

 お花見ウォークと銘打ったイベントですが、桜はつぼみで、花びらは見当たりません。
 名古屋の桜開花予想日は3月26日がとなっています。しかし、明日は雨の予報ですし、気温も低いままですから、予想どおり咲くかどうか、疑問符がつきます。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:7.0km
所要時間:1時間8分
  

Posted by まつぼっくり at 22:44Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2017年02月07日

406 山崎川WALK その5

▲2017年1月28日(土)午前 晴

 少し右膝が痛かったので、無理はせず、ウォーキングにしました。
 山崎川では、なごやカップミニ駅伝大会が開催されていました。昨年は北陸上競技場が会場でしたが、今年はパロマ瑞穂スタジアムがスタート、中継、ゴールとなっていました。
 ゼッケン番号から見ると100チームぐらい参加しているようです。

 「ご迷惑をおかけします」
 スタッフの肩に声をかけられました。
 「ご苦労様です」
 運営の裏方がいるからこそ成り立つのが大会です。参加選手はそのことを頭の隅に置いて走ってもらいたいものです。
 私も走りたくなりました。いつも一人で走っているので、駅伝を走ってくれる仲間が欲しいですね。

使用シューズ:asics SALUTIS
走行距離:5.7km
走行時間:1時間2分
  

Posted by まつぼっくり at 21:56Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2016年08月23日

337 山崎川WALK その4

●2016年8月13日(土)午前  晴時々曇

 新しいシューズを下ろしました。
 プーマのコンプリートホムラです。
 インソールに「焔」と漢字で大きく書かれています。焔とは「ほのお」「炎」のことで、比喩的に心中が燃えることを意味します。

 本日は午後、予定がびっしりあるので、疲れないようウォーキングとしました。
 中高年の男女5人組の集団に追い抜かれました。おじさん2人の頭は禿げていましたが、力強い走りでした。おそらく3時間台前半でフルマラソンを走れる人でしょう。女性も筋肉質の引き締まった体でした。本格的な熟年アスリート集団のようです。
 記録を狙うことはしませんが、走りに対する情熱の炎だけは、かすかであっても燃やし続けたいと思います。

使用シューズ:puma complete HOMURA
歩行距離:7.4km
歩行時間:1時間22分
  

Posted by まつぼっくり at 22:13Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2016年07月19日

319 歩数計壊れる

●2016年6月30日(木)  曇

 オムロンの歩数計が壊れました。
 デジタル文字が一部表示されなくなってきたので、電池がなくなってきたものと思い、新しいものと交換して初期設定しようとしたら、リセットボタンが効かないのです。おそらく、汗や雨でボタンが故障したのでしょう。
 この歩数計は、2013年9月に「健康ウォーキング大作戦」への参加の際、職場から支給された物です。その年の10月から計測を始め、2年9か月使用し続けてきました。
 累計歩数:12,393,968歩
 1月平均:376,806歩
 1日平均:12,373歩
 1日最高歩数:32,910歩
 1日最低歩数:627歩
という記録でした。
 新しい歩数計を買って計測を続けていくこともできますが、いったん打ち切りにしたいと思います。数字を計ることは、数字に縛られ、何か義務として感じるからです。サイクリングやランニングと違って毎日のことですから、記録を取るのも面倒です。だいたい、普通に歩いていれば、1日1万歩以上にはなることもわかりました。
 しばらくは、自由に気軽に歩きたいと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 23:13Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2015年12月29日

246 山崎川Walk その3

◆2015年12月23日(水・天皇誕生日) 曇のち雨

 日曜日のサイクリングの疲れが脚に残っているので、ウォーキングにしました。

 寒くなって川の水も澄んでいるように見えます。カルガモやコサギがいます。
 桜の木の葉はすっかり落ち、焼け焦げたような枯れ葉がぽつんぽつんと残っているだけです。

 瑞陵高校陸上部の生徒達が練習をしていました。ふとジャージの袖をみると「カルシウム不足」と刺繍してあります。真剣な練習の中にもユーモアがあって、頬が緩んでしまいました。

使用シューズ:adidas アルーガ
走行距離:6.9km
所要時間:1時間16分
  

Posted by まつぼっくり at 22:49Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2015年11月03日

228 なごやかウォーク 瑞穂区一万歩コースを歩く会

◆2015年10月25日(日) 晴

 瑞穂区一万歩コースは、1971年(昭和46年)3月20日に設定されました。
 設定コースの出発点は陸上競技場ですが、イベントでは南児童園がスタートとなります。
 全コースで30本の順路標識が設置されています。

 雲一つない晴天ですが、風が強く、少し肌寒く感じました。しかし、歩いている間に体は温まり、適温に感じるようになります。
 参加者は約700人。親子連れもいますが、やはり60代、70代の年配者が中心です。若い人はほとんど見かけません。
 ですから、ゲストのHC名古屋の若い女性達がひときわ目立ちます。HC名古屋は、瑞穂区を拠点にする女子ハンドボールチームです。

 9時35分出発。山崎川を上流に向かい、木製のかなえ小橋を渡って、南下します。
 名古屋市立大学の乗馬練習場では、馬が2頭出ていました。田辺通りを横断し、密柑山町、岳見町など瑞穂区の東部を大きく回ります。途中、弥富公園で完歩賞としてタオルと飲み物が配布されました。

 そのあとは自由です。帰ってもよし、ゴールまで歩いてもよし。弥富小学校、萩山中学校前を通過して、10時45分頃、ラグビー場の前の終点に到着しました。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:6.0km
所要時間:1時間10分
  

Posted by まつぼっくり at 22:14Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2015年09月28日

219 瑞穂区Walk

◆2015年9月23日(水・秋分の日) 曇のち晴

 シルバーウィーク最後の休日。
 お墓参りとサイクリングで疲れたので、ゆっくりしたいと思います。

 午前中、八勝通や岳見町周辺をウォーキング。

 『玉川寿司』のメニューサンプルを覗いてみたら、普通の寿司が千円、上が二千円となっていました。入ったことがないので、今度食べに行ってみようと思います。
 『55カフェ』には、サイクリング協会のメンバーと一度入りました。
 『珈琲倶楽部』の外に置いてあった看板メニューを見ると、日替わりランチが750円など、種類がありました。ここも一度行ってみる価値がありそうです。

 『オオタサイクル』は、娘の自転車を買った店です。今日は定休日でした。
 その一本裏道に『岳見町ギャラリー』なる建物がありました。アートギャラリーとカフェがあるようですが、この日はやっていないようでした。
 岳見町は高級な住宅が多いところです。駐車場の車も外車や高級国産車ばかりです。たまに軽自動車が停めてあると、かえって目立ちます。

 アップダウンが続く道は、負荷がかかってウォーキングにも効果的です。

使用シューズ:asics T3
走行距離:6.7km
所要時間:1時間22分
  

Posted by まつぼっくり at 23:01Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2015年09月24日

216 山崎川Walk その2

◆2015年9月16日(水) 曇のち雨

 この夏最後の夏季休暇を取得しましたが、天気は芳しくありません。
 雨が降り出さないうちに山崎川に出かけました。このところ残業続きで、体調不良でしたので、ウォーキングとしました。

 川沿いの桜の木も黄色く色づき始め、秋になりつつあります。桜の屋根の下を走った季節から、半年が過ぎたことになります。

 自分自身の内面では、さほど歳はとっていないと思っていても、鏡に映る姿を見ると、老いをしみじみと自覚する年代になりました。
 青春は無理にしても、せめて朱夏に留まっていたいと思っているうちに、白秋を迎えもうすぐ玄冬になる年代となってしまいました。
 自身の体力を自覚し、年代に応じて、かつ時代に順応して生きていかなければならないと感じています。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:6.8km
所要時間:1時間5分
  

Posted by まつぼっくり at 23:11Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2015年09月10日

211 山崎川Walk

◆2015年9月6日(日)午前 曇のち雨

 雨が上がった間を狙って山崎川に向かったものの、途中から雨が再び降り始めました。念のためリュックに入れておいた傘を取り出し、ウォーキングに切り替えました。
 雨の中でも、黙々と走っている人たちもいます。タフですね。

 新聞に、高齢社会を生きる上で重要となってくる「3K」が紹介されていました。
 一つ目は「健康」、二つ目が「経済」、そして三つ目が「心」です。「心」は言い換えれば「生き甲斐」を持つことで心の充足感を得ると言うことです。
 生き甲斐は、仕事がなくても、趣味でも何でも、なすべきことがあることが大事です。
 ランニングを趣味とし、それに生きている証や喜びを実感することも大切なことなのでしょう。

使用シューズ:adidas サヴィーノライト
歩行距離:4.2km
所要時間:46分
  

Posted by まつぼっくり at 23:24Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2014年12月06日

112 東京モーニングウォーク

■2014年11月28日(金)朝 晴のち曇

 27日と28日の2日間、東京で研修がありました。

 2日目の朝、朝食がとれる店を探しがてら、ホテルの近くをウォーキングしました。6時台でしたので、通勤ラッシュはまだ始まっていません。都営バスの乗客もまばらです。
 近くに吉野家がありました。でも、少し違った店はないかと、新橋駅まで行ってみました。
 夜はキャバクラの客引きが大勢いるところですが、今は静かです。
 『とんかつ 松乃家』という店が開いていて、朝定食のメニューが目に入りました。豚汁定食390円。リーズナブルな値段に引かれてしまいました。店の作りはチェーン店のそれです。それもそのはず、実は松屋フーズの系列店でした。

 ご飯と豚汁、納豆、玉子をお腹に収め、ウォーキング再開。
 今年オープンしたばかりの虎ノ門ヒルズ、そして東京タワーを目印に芝公園まで足を伸ばしました。
 コンクリートジャングルの中に、意外と緑の公園が存在しています。『江戸見坂』という名称の坂があったりして、坂が多いのも東京の特徴かもしれません。愛宕山トンネルの上にはNHK放送博物館がありました。
 坂を上ったり、階段を下ったり、変化に富んだウォーキングが楽しめました。

歩行距離:4.2km
所要時間:1時間23分(食事時間含む)
  

Posted by まつぼっくり at 22:24Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング