2014年01月30日

13 探訪あいち『平洲と常滑焼の歴史散策サイクリング』下見走行

■2014年1月25日(土) 曇時々晴

2月2日の探訪あいちの下見に行ってきました。
移動にどのくらい時間がかかるか、昼ご飯を何処にするか、最終確認のためです。

8時10分
自宅発。天気予報では晴れて穏やかな日和になる、といっていたのに曇り空です。

8時30分
日本ガイシスポーツプラザ前。当日はここからスタートします。

9時5分
東海市立平洲記念館。9時に開館したところなので、職員の方が清掃に精を出していました。その職員の方に「おはようございます」と声をかけられました。
細井平洲のビデオを鑑賞して、9時30分、館を出発。

10時15分
新舞子マリンパークでトイレ休憩。
常滑街道を南下。
土曜日のため、多くのサイクリストとすれ違い、また追い抜かれました。3、4人の集団、夫婦やカップルで走る人、単独走行の人。信号停止で一緒になった人に声をかけたら、「師崎まで行きます。どちらまで?」「私は常滑までです」
次の信号で一緒になった自分と同世代と思われる人に尋ねたら、東海市に住んでいるのでいつもこの辺りを走っているとのこと。

10時50分
「マリーナりんくう」に立ち寄り、からくり時計へ。当日は12時のからくりの稼働時間に訪れるよう、時間調整しようと思います。

11時10分
とこなめ陶の森への急坂は、ギアをインナーに落とし、リアも27Tまで落とさないと上れません。陶器には特別興味はありませんが、常滑市民俗資料館と陶芸研究所へ入館。見学者は自分以外にいませんでした。

11時55分
やきもの散歩道で食べるところを探しました。名古屋芸大の工房の横にうなぎ屋、その隣にラーメン屋がありましたが、他に店はありません。常滑の一番の観光施設なのだから、もう少し飲食店があってもいいのではないでしょうか。
鰻は時間がかかるし値段も高いので、『うーちゃんラーメン』に入店しました。中華そば(600円)は常滑独特の濃い色の醤油ラーメンです。ブラックラーメンともいわれるそうです。味は合格。当日はここで昼食にしようと思います。
散歩道を歩いていると、香ばしい醤油のニオイが臭覚を刺激してきました。『だんご茶屋』です。一本80円のお団子を注文。甘いみたらしとは違う辛めの味でとても美味しい。他のお客さんも「ムチャ美味しい」と言って食べていました。

12時30分
常滑を発ち、帰路へ。途中、大蔵餅でお土産の餅(『山吹』一個110円)を購入し、ノンストップで、14時20分に日本ガイシスポーツプラザに到着しました。

14時45分
自宅着

使用自転車:パナソニックロード
本日の走行距離79.5km 走行時間4時間6分。
  

Posted by まつぼっくり at 23:30Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年01月24日

12 名古屋グランパス始動

■2014年1月24日(金) 晴

サイクリングを兼ねてトヨタスポーツセンターに行ってきました。
2014年シーズンのチーム始動日ということで、平日にもかかわらず、観覧席には沢山のサポーターが集まっていました。私と同じように年休を取得してやって来ているのでしょうか。

春のように心地よい天気です。
10時半過ぎ、選手が三々五々グランドに姿を現しました。15分ほどのミーティングの後、フィールドプレーヤーとGKに別れ、練習が開始されました。プロだから当たり前ですが、ボールさばき、ボールコントロールは、どの選手も巧みです。
皆、同じ練習着を着用しているので、遠くからでは誰がどの選手がよくわかりません。それでも、ひときわ抜きん出た長身のハーフナー・ニッキ選手(197cm)やケネディ選手(194cm)、独特の髪型の闘莉王選手、肌の黒いダニルソン選手などは良く見分けがつきました。
ボール回し、ミニゲームなどが行われ、12時半過ぎ、練習終了。

帰路、島田橋交差点近くの『麺屋 四十(しん)』で遅めの昼食。大将(店主)はグランパスの赤いタオルを頭に巻いていました。ファンなのかな? 醤油ラーメン(650円)は魚と煮干しのダシが良く利いたスープと長浜ラーメンのような堅い細麺でとても美味しかったです。豊田スタジアムの試合の後で、また寄ってみたいと思います。

使用自転車:MTB・キャノンデールF700
走行距離45.3km、 走行時間2時間33分。  

Posted by まつぼっくり at 23:50Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2014年01月22日

11 名古屋グランパス 2014年新体制発表会

■2014年1月19日(日)午後  晴

伏見駅から伏見ライフプラザに至る、国道19号線の歩道には、グランパスグッズを身に付けたサポーターが大勢いました。私もコートの下にルコックの赤いトレーナーを着て、妻とともに鯱城(こじょう)ホールに歩を進めます。

会場には、2,500人を超える応募者から選ばれた約700人のファン・サポーターが集結しました。クラブ史上初となるメディア、ファン・サポーター合同での新体制発表会です。
私たちの指定席は15列の25、26席。会場の真ん真ん中の列の右端でした。良い席が当たりました。

2014チームスローガンは『 改 ・ Re:Vision』

「改」には、「古いもの、旧来のものを新しいものと入れ替える」「悪い点、不備な点などを良い方へ変える」つまり「新しくなる」ことです。英語なら、「renew」とか「change」となるでしょう。
「Re」は、「再び」。「Vision」は、「姿、予見、先見、洞察力、想像力、理想像」といった意味があります。この2つの単語を合体して「Revision」になると「改訂、「改正」を意味します。
目指すべき姿、あるべき理想像に向け今のチーム状況を“改新”しよう、“改善”しよう。勝負強いグランパス、そして連動性と躍動感のあるサッカーを取り戻すために“改革”し、“改心”しようという強い決意を現していると思います。

ストイコビッチ前監督は2010年の優勝メンバーをリスペクトし過ぎて、若手選手への切り替えが上手くいかなかったと思います。
西野朗新監督には、若手選手をしっかり育ててもらい、どの選手が出ても同じ戦いができるようなチームを作り上げることを強く要望したいと思います。
移籍選手に頼らないで、クラブ生え抜きの選手を育成してもらいたい。個人の能力に頼るだけでなく、連携を重視し、組織として戦ってほしいです。

西野監督は「相手の動きを待って前へと出るリアクションサッカーよりも、自分達でアクションを起こし前へと出る攻撃的サッカーを目指す。」「一晩で本田選手(ACミラン所属)になる方法はない。単調な事ですが毎日の生活、しっかりとしたトレーニング、そうした着実な積み重ねがあって、夢が実現する。」「僕自身も魔法を持ってグランパスへ来たわけではない。一朝一夕に選手をレベルアップする事はできない。」等々と述べられていました。

新加入選手は11選手。新人が6人、4人が他チームからの移籍選手。
なかでも、今年の全国高校選手権でベスト4になった京都橘高校から加入した小屋松選手は、とてもしっかりした発言で、近い将来の活躍が期待できました。
プロの世界は厳しいでしょう。この中から何人選手が生き残れるか。一人でも多く、グランパスの中でレギュラー、世界にチャレンジできる選手、そして日本代表へと、成長してもらいたいと願わずにはおられません。
  

Posted by まつぼっくり at 23:40Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2014年01月22日

10 第36回阿久比町健康づくりマラソン大会

■2014年1月19日(日)午前  晴

昨日の穏やかな天気から打って変わって、冷たい風で身が凍えるような寒い一日です。
阿久比スポーツ村の陸上競技場のトラックは、所々凍結していました。
参加者の安全のため、トラックの一部は使用しないこととなり、各種目とも距離が短縮されました。

会場受付で同僚のSIさんに偶然遭遇。私と同じ「競技の部3km一般男子50歳以上」に出場です。彼はそこで見事優勝! 翌日の中日新聞の「Sports愛知」欄に名前が掲載されました。

私は、9時10分スタートのジョギングの部2km(距離短縮で約1.6km)にも出場。参加者は家族連れが中心です。このコースは、前半下り坂、後半上り坂で平坦なところがありません。前半勢いのあった人でも、後半失速する人が目立ちます。タイムは10分18秒でした。

10時25分、男子3km(距離短縮で約2.5km)の部のスタート。これは中学生、高校生が中心で、一般男子50歳以上は10人もいません。このコースもアップダウンばかり。元気な高校生達に引っ張られるように、14分ちょうどでゴールしました。

走った後は、阿久比町商工会女性部の方々の手作りによる「とん汁」と「阿久比米のおにぎり」のサービスです。とん汁は、地元産の大根や根菜類など具沢山でダシがよく利いて、冷えた体を内側から温めくれました。おにぎりは、海苔も具もない、塩味だけのシンプルなものでしたが、かえってお米の美味しさがダイレクトに味わえました。

今日は午後2時から名古屋で、グランパスの2014新体制発表会があります。
阿久比ICから知多半島自動車道を利用して急いで自宅に向かいました。
  

Posted by まつぼっくり at 23:30Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2014年01月20日

9 第22回職員駅伝大会

■2014年1月18日(土) 晴

穏やかな晴天の下、過去最高の73チームが参加して第22回職員駅伝大会が大高緑地公園にて盛大に開催されました。

昨年は59チーム、2012年は48チーム、2011年は46チーム、2010年は36チーム、それ以前は30チーム前後の参加でしたから、倍増です。
最近のランニングブームの勢いでしょう。
男子チーム39、男女混合チーム30、女子チーム4の内訳でした。

大高緑地公園の西側、大(だい)ちゃんと高(こう)ちゃんの恐竜の滑り台がある児童遊園前をスタート・ゴールとする1周2.5kmの周回コースです。
最初の約1キロはひたすら上りのワインディングロード。プール脇を通り、鋭角に左折。ドッグランの広場があるところまで急な下り坂。竹林の角を左折し、やや登って中継点(ゴール)までは一気の下り。つまり、ほとんど平坦な道がないクロスカントリー的なコースなのです。
これを1区と4区は2周、2区と3区は1周する、計15km。
初心者にはちょっと厳しいかもしれません。

私は第1回大会からスタッフとして運営させてもらっています。
私の役割は、会場設営、そしてコース設営とコース審判です。だから、コースの状況は熟知しているつもりです。
今年は風もなく天候に恵まれたので、立哨にはとても助かりました。雨が降っていたり、寒風が吹きすさぶ中で、コースにじっと立っていると、とても辛いものです。走っている方がずっと楽です。
でも、ランナーの一人一人を観察していると、ランニングフォーム、ランニングスタイル、スピードなど、千差万別で興味深いものです。まるで回転しているかのように足の運びが軽やかな人、着地の音が大きくドタバタ走りの人、かっこよくウェアを着こなしている人、呼吸が荒く喘いでいる人、飽きることがありません。

優勝チームは53分台、ラストの女子チームは1時間40分近くかかったでしょうか。
最終ランナーは私たちスタッフに「ありがとうございました。」と言いながらゴールに向かって行かれました。
着順が何番でも、どんなタイムでも、完走した人は皆、ヒーロー・ヒロインです。  

Posted by まつぼっくり at 22:50Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2014年01月17日

8 山崎川JOG その2

■2014年1月14日(月)

北に向かうと風が冷たいです。
そのせいか、走っている人、散歩している人は少なかったです。ランニングは10人ぐらいでした。

コース途中、唯一の信号機が石川大橋にあります。多くのランナーは、この信号を無視しているようです。交差する道は市バスも通るものの、さほど交通量は多くありません。左右をよく確認すれば、危険は少ないでしょう。ランニングが中断され、リズムが乱れることを嫌う気持ちもわかります。信号を遵守するか否かは、道路交通法上は違反ですが、その人の価値観に任せるしかありません。
私は、赤信号でストップした時間は、ストレッチタイムとしています。女性に追い越されても気にしないほどのスピードで走っているので、途中で止まっても何ら問題はありません。
今日も、2周目で東山荘の回遊式庭園を散策し、厠を使用させてもらいました。

ランニング中、携帯音楽プレーヤーで音楽を聴きながら走っている人がいます。音楽のリズムで走るテンポがよくなったり、走る単調さを紛らわしているのでしょうか。
私はむしろ、走りの単調さ自体を楽しみたい。外界から遮断され、自分だけの世界に浸れます。
突然、仕事上のアイデアが浮かんだりすることもあります。
スロージョグで、四季の景色や風を体感し、人々の様子を観察するのが、私の流儀です。

本日の使用シューズ:MIZUNO-GX
本日の走行距離10.5km、所要時間100分。
  

Posted by まつぼっくり at 22:30Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2014年01月16日

7 探訪あいち 展望台巡り(テキサスバーガーを食らう)

■2014年1月12日(日) 晴

7時45分、ミニベロ、KHS・マンハッタンMC451で自宅出発。

東海市の勤労センター前を通りかかると、晴れ着姿の若い女性が大勢いました。知多市役所の前でも着飾った若者の集団が‥‥成人式が行われていました。そうか、明日は成人の日なんだ。
自分の成人式はいつだったかな、と思い浮かべてみると、、もう35年前のことになるんだと、歳月の長さに我ながら驚きを禁じ得ません。

9時20分、集合場所の新舞子マリンパークに到着。
幹事のaQsim(SM)さんは、オレンジ色の「愛知県サイクリング協会」の幟を立ててくれるので、場所がわかりやすい。
参加者は25人。
①菰野のカン ②豆しぼり ③FOCUSの山田 ④ぶるほんアンカー ⑤KI
⑥とみかわ ⑦トッシィー ⑧まつぼっクリ  ⑨☆うっさ☆  ⑩旧いコルナゴ
⑪ガッキー ⑫S山 ⑬YOSHI ⑭DT ⑮FDJのたな兵衛
⑯hb(takatori) ⑰⑱オレンジ大好きクプ ⑲白のトレック ⑳つく
㉑ビアンキノブコ ㉒白いアンカー あと飛び入りの方2人。 

午前10時スタート。これだけの自転車が一列に走るのを後ろから見ると、壮観です。だけど、車には迷惑だったでしょう。

今日の探訪あいちのテーマは、展望台巡り。
まずは、旭東公園展望台。眺望良好でした。

常滑のセラモールでは、aQsimさんの友人のアルバートさんが陶芸の個展を開いていました。

昼食は、本日のサブテーマである「テキサスバーガー66常滑」に入店。
メニューも英語表記でアメリカンな雰囲気の漂う店の作りでした。「66」はアメリカのルート66をイメージしているのでしょう。
アメリカンビーフバーガー(840円)を注文。どうやって食べようか、と迷うようなビッグなアメリカンサイズです。
ビーフパティやスクランブルエッグは美味しかったのですが、バンズがかなり甘いのが気になりました。こういう味もアメリカンなのでしょうか。
セットメニューのフレンチフライやコーラを一緒に食べると、相当のカロリーになるでしょう。アメリカ人のサイズがビッグになるのも頷けます。

本宮山に立ち寄り、「大蔵餅常滑本店」へ。
店の前は何度も通っていたのに、中に入ったのは初めてでした。
温抹茶と看板商品の「大蔵餅」のセット(510円)を注文。「大蔵餅」は、草餅を甘さ控えめの餡で包んだ和菓子です。美味しかったので、自宅へのお土産に購入しました。

常滑市にある城山公園の大野城址、知多市にある大草公園の大草城址。いずれも高台にあり、伊勢湾が臨めました。ただ、両方とも転宅防止の金網が張り巡らされ、檻の中にいるようでした。

午後2時終了予定でしたが、大幅に遅れ、3時40分頃新舞子に到着。

自宅までさらに自走。名和までは8人の参加者と共に走りました。

本日の走行距離87.7km、実走行時間5時間5分。
  

Posted by まつぼっくり at 23:03Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年01月14日

6 平洲記念館

■2014年1月11日(土) 晴

1月2日に見学できなかった東海市立平洲記念館に行ってきました。
県道55号線を南下し、「平洲橋西」交差点を左折、「平洲橋」を渡った先の小高い丘の上に、その建物はあります。
見学者は私以外にいませんでした。

館内には細井平洲が書かれた掛け軸が展示されていました。私が心を引かれたのは、「学(がく)、思(し)、行(こう)、相須(あいま)つ」という教えです。これは、「学んだことを、よく考え、良いと思ったことを実行する。学んだことを実行して初めて学んだことになる。」という意味だそうです。学問するということは、知識を得るためだけのものではなく、学んだことを生活に生かして、よりよくしていくことが目的なのだ、ということです。

もう一つ、細井平洲を師匠とした米沢藩主・上杉鷹山の「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」も有名です。やればできる、やらなければできない、「できない」のは、やらないだけなのだ、ということです。一生懸命に努力してもできないこともありますが、「為せば成る」の精神でやってみることが大切なのでしょう。

平洲の生まれた東海市には「平洲保育園」「平洲小学校」「平洲中学校」があります。施設や交差点の名称に、郷土の偉人の名が留められていることを知った次第です。

本日の使用自転車:ミニベロ(KHS・マンハッタン)
本日の走行距離29km、実走行時間1時間36分。  

Posted by まつぼっくり at 23:04Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年01月10日

5 歯は命

■2014年1月8日(水)

定期検診では医者に行ってきました。
私は歯並びが悪いので、歯石が付着しやすいのです。定期的に歯石を除去しないと、歯周病になったり歯肉が下がってしまいます。最終的に歯を失ってしまうことになりかねません。

人間の歯は、上下左右のブロックにそれぞれ8本あり、全部で8本×4=32本あります。「親知らず」を抜いたり、顎の骨の中に埋まっている人は、28本となります。
私は親知らずを3本抜いたので、今29本です。
歯は、基本的に人間が死ぬまで持つようにできているらしいのですが、外部からの強い衝撃を受けて割れたりするようなことを除けば、虫歯や歯周病など病気で失われるのです。歯は加齢自体によって失われるものではないので、歯の健康を保つためのマネジメントが大切なのです。
筋肉や骨は、再生することができますが、歯は再生することはありません。風邪を引いて、放置しておいても自然治癒力で治りますが、歯の痛みは自然に治ることはありません。

私は、朝、昼、晩と1日3回歯磨きをします。米大リーグのイチロー選手は1日5回も歯を磨いているそうです。トップアスリートは「身体のケア」はもちろんのこと、「歯のケア」も怠らないのですね。

「齢(よわい)」と言う漢字は「歯」に「令」と書きます。辞書をひもとくと、「歯の数で人の年を知ること」とあります。歯が無くなると上下の顎間(がくかん)距離が短くなり、「老け顔」になります。昔の人は、残った歯の本数で、年齢を知ったそうです。

芸能人は歯が命―――むかし、こんなコマーシャルがありました。
でも、一般人にとっても歯は命と言えましょう。
自分の歯で、自分の口で、美味しいものを食べられるって、幸せなこと。

歯の健康を保つことは、体全体の健康の維持につながります。運動能力も向上し、仕事の能率も良くなります。
虫歯になってから、調子が悪くなってからではなく、定期的に歯をケアしていくことが大事です。そして、できるだけ長く、サイクリングやランニングを続けていける体を維持したいものです。
  

Posted by まつぼっくり at 23:45Comments(0)TrackBack(0)健康

2014年01月06日

4 山崎川JOG

1月5日(日) 晴

朝、子供を塾に送っていく車の中でカーラジオを聴いていたら、馬と人間とどちらが速いかを競うマラソン大会があるそうです。イギリスのウェールズで35年以上続いている大会で、山あり川ありの35kmのコース。当然のことながら馬の方が速い。ところが、2004年に初めて人間が勝ったのです。長距離だと人間が勝つこともあるのですね。

午前中、私のランニングのホームコース、山崎川をジョギングしました。
自宅から瑞穂陸上競技場まで約1km、可和名橋から石川橋までを往復すると約4km。これを2往復して自宅に戻ると10kmのコースとなります。

山崎川は絶好のランニング&ウォーキングコースです。山崎川四季の道と言われるとおり、四季折々に風情があり、飽きが来ません。それに車の通行がほとんどないし、トイレも数か所あるので、安心と安全感があります。この日も30人以上のランナーがいました。金髪の外国人女性も軽やかに走っていました。ゆっくり散歩する人の数はそれ以上でしょう。

今、股関節に痛みがあるので、衝撃をあまり受けないよう、歩くような速さのゆっくりジョグです。何人ものランナーに追い抜かれますが、気にしません。

コース脇には、名古屋市立大学の馬術練習場と厩舎があります。この日は2頭の馬がハードル越えなどの練習をしていました。暫し、馬のしなやかな動きに見とれてしまいました。
また、平成25年に国の登録有形文化財(建造物)に登録された東山荘があります。
東山荘は、綿布問屋であった伊東信一氏の別荘で、伊東家の山荘という意味で「東山荘」と命名されました。今は名古屋市が管理しており、茅葺の門や銅板葺の塀がある落ち着いた景観の庭園として一般公開されています。主屋は茶室、和室などの貸室として利用されています。
ジョギングの途中、東山荘の庭園を散策し、厠で用を足しました。
雑誌の撮影でしょうか、鮮やかな赤の振袖姿の女性と紋付き袴の男性がカメラマンの指示でボーズをとっていました。

本日の走行距離10.5km、所要時間1時間45分。  

Posted by まつぼっくり at 22:00Comments(1)TrackBack(0)ランニング

2014年01月05日

3 東谷山と尾張あすか巡り

1月4日(土) 晴

日本漢字能力検定協会による2013年「今年の漢字」は、「輪(わ)」でした。
私には、自転車の「輪(りん)」であり、二つの輪が円滑に回転していく字です。

朝から穏やかな天気です。
今日の相棒はcannondale・F700、フロントはHEAD SHOKのサスペンション、リアはハードテールのMTBです。

天白川沿いから岩崎名古屋線(県道221号線)、瀬戸大府東海線(県道57号線)を走ります。古戦場公園でトイレに行こうと思ったら休館日。やむなくさらに走り、色金山歴史公園で用を足しました。ここからは、県道75号線を北上します。結構、交通量が多いので気をつけなければなりません。
森林公園のアップダウンの道を突き抜けると東谷山フルーツパークに到着しました。

まずは、公園の駐輪場に自転車を止め、東谷山散策路経由で名古屋の最高峰、標高198.3mの東谷山山頂を目指すことにしました。散策路は全長750mで、気軽にハイキングを楽しむことができるよう、きちんと整備され、案内表示もわかりやすく設置されていました。すれ違う人たちとお互いに「こんにちは」とあいさつ交わします。途中には、南社古墳、中社古墳があり、約20分で山頂に到着しました。
山頂には尾張戸神社古墳があり、その古墳の上に社殿がありました。展望台からは、名古屋駅の高層ビル群など濃尾平野を一望することができます。

ここ守山区の東谷山周辺には、名古屋市内の古墳の約6割があるそうで、志段味古墳群と言われています。
数多くある古墳の中で、この日は白鳥塚古墳と白鳥1号墳を訪れました。
国史跡の白鳥塚古墳は市内最古の古墳で、熱田の断夫山古墳、犬山の青塚古墳に次ぐ県下で3番目の大きさの前方後円墳。後円部の墳頂が白い石英で覆われた古墳が白鳥に似ていたことから「白鳥塚」の名が付いたとの伝承があるそうです。
白鳥1号墳は、開口する横穴式石室のある市指定史跡の円墳。石室は原形をほぼ完全に残す市内唯一のものだそうです。

お昼もだいぶ過ぎてきたので、フルーツパークを散策するのはやめて、帰途につくことにしました。

昼食は往路で目を付けておいた「らあめん花月嵐瀬戸店」で、「嵐げんこつらあめん」を食べました。
スープに細かいツブツブ状の背脂が浮かんでいるので、くどいかなと思いましたが、ワイルドな見た目に反し、まろやかにしてまとまりのある味わいでした。値段も620円とお値打ちでした。

さらに、長久手のGIANT STORE NAGOYAに立ち寄り、2014年モデルを物色。以前のジャイアントの製品に比べると全体的に高くなったような感じがしました。

朝9時20分自宅発、午後3時45分着。
本日の走行距離63km、実走行時間3時間35分。  

Posted by まつぼっくり at 22:14Comments(1)TrackBack(0)サイクリング

2014年01月03日

2 初走り

今年は午年。干支の如く、馬力を得て駆け巡りたいですね。

1月2日(木)
愛知県サイクリング協会の「探訪あいち」の企画・下見のため、常滑までサイクリングに行ってきました。
朝9時過ぎ、パナソニック・ロードバイクで出発。
天気予報では曇り時々晴れだったのに、小雨がぽつりぽつり。でも、時期にあがって一安心。

まずは、県道55号線を南下し、東海市の平洲記念館へ。この日は年末年始の休館日で見学はできませんでした。
細井平洲は、江戸時代の儒学者で、尾張国知多郡平島村(今の東海 市荒尾町)に生まれました。藩政改革で有名な米沢藩主・上杉鷹山の師として活躍し、多くの教えを残しています。「学んだことを生かす」という実学が平洲の信条で、吉田松陰や西郷隆盛にも影響を与えました。
次に訪れた生誕の地では、親子連れが記念写真を撮っていました。平洲先生にあやかって成績が良くなるように願っていたのでしょうか。

西知多産業道路脇の道を進みます。ここには中部電力の知多火力発電所や出光興産の製油所などがあり、休日は車がほとんど通らないため、ローディーやランナーには格好の練習場所になります。この日も何台ものロードバイク、そしてランナーと出会いました。
新舞子マリンパークでトイレ休憩。この寒い中でもウインドサーファーがいました。好きな人には寒さも関係ないのでしょう。そういう自分も鼻水をすすりながらロードバイクに乗る物好きですが‥‥‥

常滑街道を走っているときもロードバイクの人たちとすれ違いました。お互い見ず知らずの者なのに不思議な同胞意識が生まれ、会釈をしたり、手を挙げて合図をしたり。ただ自転車の載っているだけなのに同士になってしまうんですね。

かねふくも、コストコも駐車場はいっぱいで、相変わらず賑わっていいる様子。その先のマリーナりんくうには一組の親子連れがいるだけでした。対岸にはセントレアの管制塔が臨め、眺望は抜群でした。ここでトイレを拝借。年をとるとトイレが近くて困ります。

陶彫のある商店街を通り抜けると、からくり時計がありました。1日4回稼働すると説明にありました。時計を見ると2回目の稼働時間である12時まで、あと3分ほど。グッドタイミングです。正午の時報と共にロクロを回す人形が現れ、楽しませてもらいました。
少し迷いながら、とこなめ陶の森へ。ここへの坂が急勾配なのを知らず、ローギアに落とすのを忘れ、バイクを押して登る羽目に。資料館は当然ながら休館日でした。1月5日からの開館のこと。
急坂を下り、やきもの散歩道の出発点となる陶磁器会館を左折し、とこなめ招き猫通りを眺めながら常滑駅方面へ。

昼ご飯を食べようと、飲食店を探してみたものの、何処も営業していません。コンビニで何かかって食べるしかないかな。でも、寒い中、パンやおにぎりをかじるのもちょっと、と思いながら常滑街道を北上。

新舞子の風力発電機が見えてきた頃、大野海水浴場近くの中華料理店が営業していました。救われた思いです。
ランチメニューの半チャン角蒸しラーメンを注文。醤油味の昔ながらの中華そばにビックサイズのチャーシューがトッピング、チャーハンと麻婆豆腐、フルーツが付いて790円。味もボリュームも満足できる内容です。
「中華園」とありきたりの店名でしたが、暖簾には「昭和の味 昭和29年創業」と書かれていました。

空腹を満たして、一路自宅へ。
南区のカトーサイクルでサイズ限定特売のサイクルショーツ(Made in ItaiyのNalini制)を購入し、午後4時半、無事自宅に到着しました。
本日の走行距離79km、実走行時間4時間15分。  

Posted by まつぼっくり at 23:59Comments(1)TrackBack(0)サイクリング

2014年01月01日

1 あけましておめでとうございます--ブログを始めました

あけましておめでとうございます。

本日、2014年1月1日からブログを始めることとなりました。
ニックネームは、まつぼっくり。
サイクリングとランニングが好きな、花の中三トリオ(山口百恵、桜田淳子、森昌子)世代のおじさんです。

二本の足で走り、二本の足で二輪車をこぐ………なので、二足二輪。

サイクリングとランニングの他、ウォーキングとサッカー観戦や美術鑑賞も好きです。
気取らず、気張らず、自然体で続けることができればいいと思っています。

さて、本年度は曜日に恵まれ、9連休です。
年末28日(土)は職員駅伝直前練習会で大高緑地公園へ、29日(日)は東海市へサイクリング(32km)、30日(月)は常滑までサイクリング(75km)。
昨日は、瑞穂区一万歩コースをウォーキング。勤務先から歩数計を支給され、10月から12月までウォーキング大作戦が行われていた関係で、歩数を稼いだ次第です。結果一日で30,838歩でした。
本日、元旦は、家事や親の世話で何もできなかったので、明日は自転車で走りたいですね。

  

Posted by まつぼっくり at 23:00Comments(1)TrackBack(0)日常生活