2014年03月31日

31 逆流性食道炎で探訪あいち中止

■2014年3月29日(土) 晴時々曇

朝、目覚めると、やはり胸がつかえるような痛みが……

昨日の朝、胸が苦しく、貧血のように頭から血の気が引くような状態になり、立っていられなくなりました。何とか仕事はこなしたものの、胸が苦しく、頭が重い状態でした。
1日休めば快復すると思ったのですが、ダメです。
脳梗塞か、脳溢血の予兆か? それとも心筋梗塞か?
このまま、逝ってしまうのではないか?

ともかく、本日の探訪あいちは中止せざるを得ません。サイクリング協会のホームページに告知するとともに、可能な限りメールや電話で中止の連絡をしました。

かかりつけのSクリニックで、紹介状を書いてもらい、名古屋記念病院に行きました。
血圧を測り、心電図をとりました。
診断の結果は、逆流性食道炎。

通常、胃と食道の間は、胃から胃酸や食べ物が食道内へ流入(逆流)しないように、一定の圧力がかかり、閉まっています。しかし、何らかの原因で胃酸が食道へ逆流し、その酸が原因で食道粘膜に炎症(びらん)を生じた状態を「逆流性食道炎」というそうです。
胸が痛むことから心臓の病気と間違えることがあるとのこと。
体のどこかに過大なストレスがかかると、貧血のような症状が出ることはよくあると言われました。
原因がはっきりしている場合を除いては、ストレスによって発症する例が大部分を占めるようです。
人事異動での事務引継や残業で疲れが蓄積していたのかもしれません。

ともかく、脳や心肺系の病気ではないことが判明したので、ひとまずは安心です。
しかし、胸(食道)の痛みは治まっていません。胃酸を抑える薬と胃の働きを整える漢方薬で、はやく正常な状態に戻りたいものです。

  

Posted by まつぼっくり at 22:54Comments(0)TrackBack(0)健康

2014年03月30日

30 Jリーグ第4節(vsヴィッセル神戸)

■2014年3月23日(日)午後  晴

春の日差しが暖かい瑞穂陸上競技場のスタンド。
いつものとおり、サポーターズシートのメインスタンドよりの中段に、妻とともに座りました。

私たちのすぐ後ろの席に座った女性二人。絶え間ないおしゃべりが続きました。
「なんでボールとられるんねん」
「はよ、走らんかいな」
「なにやっとんねん」
「も~、ほんまに」
グランパスのサポーターズシートに、なぜか関西弁。
「選挙行った?」
「行ったことない」
今日は大阪市長選の投票日ですから、大阪のおばちゃんのようです。
グランパスを応援する関西人もいるのですね。
しかし、2人で騒いで、やまかしいやら、うるさいやら、も~ほんまに堪忍してや!

試合は、新人の松田力が終了間際に逆転ゴールを決め、グランパスの勝利。3連勝で4位。
パスミスで先制点を献上したり、PKを失敗したりと、いい内容ではないものの、勝ち点はしっかり取ってくれました。

ところで、この日、埼玉スタジアムでは無観客試合が行われました。
3月8日に同スタジアムで行われた浦和対鳥栖戦の試合中、「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕が掲げられ、この表現が「日本人以外お断り」と解釈できるとしての処分でした。
Jリーグ規約第1章第3条には「人種、性、言語、宗教、政治またはその他の事由を理由とする国家、個人または集団に対する差別を行ってはならない」の規定があります。

差別はあってはなりません。

さらに言えば、試合というのは、対戦チームがあって成り立つものです。そして、相手チームのサポーターがあってこそ、盛り上がるものです。
両チームのファン・サポーターの声援、歌、応援旗などが、スタジアムを熱気や興奮で包み、非日常的で特別な体験の場とするといえます。
試合相手チームに敬意を表し、遠方から足を運んでくれたサポーターを歓迎し、おもてなすことが大切でしょう。大勢のサポーターが来場してくれれば、入場料収入も増えます。
スタジアムDJのYo Yo Yosukeさんが「△◇▽のサポーターの皆さん、ようこそ名古屋へ。素晴らしい試合にしていきましょう!」とアナウンスされているのは、とても素敵なことです。
  

Posted by まつぼっくり at 00:14Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2014年03月21日

29 ヤマザキナビスコカップ第1節(vsヴァンフォーレ甲府)

■2014年3月19日(水) 曇

先発メンバーを見て驚きました。
楢崎、牟田、大武、田口、永井、矢野、松田以外の、佐藤、矢田、森、望月の4人は公式戦初先発。ターンオーバーか、若手に成長の場を与えたのか、西野監督は思い切った布陣を敷いたものです。
ストイコビッチ監督の時には考えられなかったことです。
果たして勝てるのか、うまく戦えるのか。

最初はテンポ良くボールを回し、攻めているように見えましたが、次第に押し込まれる時間帯が増え、前半分に自陣のゴールエリアでボールを奪われて得点を許していました。

危惧したどおり、0対1で負けてしまいました。
ボールは支配するものの、横パス、バックパスを繰り返すばかりで、前線にほとんどボールを運べません。パスミス、競り負け、シュートらしいシュートも見られず、「入場料返せ!」と言いたくなるような内容でした。

しかし、厳しい実践の場で戦わなければ、若手は成長しません。
今日の敗戦を糧に、さらに鍛錬を積み重ねてもらいたいものです。
次戦に期待しましょう。
  

Posted by まつぼっくり at 23:30Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2014年03月19日

28 第30回日本大正村クロスカントリー

■2014年3月16日(日) 晴

1986年(昭和61年)4月27日の第2回大会以来、実に28年ぶりの参加です。
区切りの第30回大会と言うことでエントリーしました。

金山駅7時17分発の快速中津川行きで瑞浪駅まで行き、8時45分発の無料シャトルバスに乗車し、約30分で会場に到着しました。

10時45分、恵那南高校グランドをスタート。
大正村のメインストリート南北街道、そして中馬街道を駆け抜けると、平坦な道は終わりです。
アップダウンのワインディングロードが待ち構えていました。歩き出す人もちらほら。
県道33号を進み、「法明」から林間コースに入ります。
4km地点を過ぎたあたりから右足ふくらはぎが痛み出しました。先週の名古屋シティマラソンでは全く足の痛みはなかったのに、今日は違いました。息づかいも激しく呼吸が苦しい状況です。

上りも辛いですが、下り坂では足に衝撃が来ます。
6マイル足が持つだろうか? 不安になります。
ストライドを狭くし、ピッチ走法を心がけることにしました。

「落合口」から再び県道33号に戻ります。何人かの人に追い抜かれました。
明智川の手前で右折し、校庭を取り巻くように走ると、明智小学校にゴール。

プログラムに「大正ロマン街と過酷な里山林間コースを走破しよう!」と謳われているとおりのコースでした。すべて舗装道路ですが、クロスカントリー大会そのものです。

右足を引きずりながら、12時20分発の帰りのバスに乗り込みました。


第30回日本大正村クロスカントリーの記録
使用シューズ:MIZUNO GX
距離:6マイル(9.6km)
時間:51分44秒
順位:43位/109人申込み(6部(50~64歳男子の部))
参加者:1746人
  

Posted by まつぼっくり at 23:36Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2014年03月10日

27 名古屋シティマラソン2014

■2014年3月9日(日) 晴

朝7時13分新瑞橋発、名城線左回りの地下鉄は、想定外に空いていました。
しかし、本山駅から乗客が増え、ナゴヤドーム前矢田駅は出場者でごった返していました。
大勢の女性に囲まれながら会場へと足を進めます。カラフルなランニングウェアで華やかな雰囲気に溢れています。

ウィメンズマラソンの参加者はスタート地点に三々五々集まっていました。
ゴール地点に向かうトラックに手荷物を預けます。
スタート時間まで、ナゴヤドームの外野席で大型ビジョンを見ながら待機します。着替えを済ませた後なので、寒さをしのげて助かります。

「伯父さ~ん」
姪から声をかけられました。
14,356人の参加者の中からよく出会えたものです。

10時10分スタート。しかし、5分ぐらいはその場に釘付けでした。スタートラインを通過したときは8分が過ぎようとしていました。

快晴、微風、寒さも緩み、コンディション良好です。
今日はストップウォッチは使いません。時間を気にせず、自分の体のリズムのままに走ろうと思ったからです。

環状線に入ると3車線になり、思ったより人がばらけてスムーズに走れました。詰まってなかなか前に進めないのかな、と想像していたからです。足もよく動いてくれました。好調です。
普段は自動車が我が物顔で走っている幹線道路を思う存分走れるなんて、こんな贅沢、こんな幸せなことははありません。
沿道では、チアダンスや和太鼓など楽しい応援が続いて、ランナー一人ひとりが主人公になったようです。
音楽を聴きながら走る人もいますが、沢山の声援をパワーに変えないなんて、もったいないと思います。
鯱男やスーパーマリオ軍団など、仮装ランナーも楽しませてくれます。

内山交差点でウィメンズマラソンの選手達と対面しながら走る格好となりました。

桜山の交差点を過ぎたところで、ハーフのトップランナーがやって来ました。
外国人選手と埼玉県庁の川内優輝選手です。すごい速さです。
3位以下の選手をぶっちぎりで離していました。

瑞穂区役所前。同じ職場のCNさんが春日井から応援に駆けつけてくれていました。ウィメンズマラソン参加のEHさん(4°35′31″で完走)、SAさん(4°52′47″で完走)の応援がメインで、私はオマケですが。

新瑞橋でハーフは右折、クォーターは左折して弥富通へ。
嬉しいことにますます快調です。どんどん抜いて推進力が増します。

瑞穂陸上競技場のマラソンゲートはランナーの凱旋門になったかのようです。
11時13分過ぎ、ゴールラインを越えました。

私がゴールしてからしばらくして、安藤美姫さんが足を引きずりながらゴール。周囲の人に支えられながら控え室に。アスリートだから余裕で走るものだと思っていましかたら、意外でした。スケートとマラソンは違うのですね。


スタート時:晴、気温9度、湿度44%、東の風メートル

本日の使用シューズ:asics T3
本日の走行距離:10.5km
速報タイム:(グロスタイム)1°03′34″  (ネットタイム):55′39″
  

Posted by まつぼっくり at 23:55Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2014年03月10日

26 マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知2014

■2014年3月8日(土) 晴

昨日のうちに東スポーツセンターで受付を済ませ、午前中、自転車でコースの下見をしました。

ナゴヤドームから出来町通に出て、古出来町交差点から環状線を一路南下。新瑞橋交差点までフラットな直線道路です。弥富通を東に向かい、弥富通3丁目を左折、山下通から瑞穂陸上競技場に入ります。

環状線のあちらこちらで、「作業車」のゼッケンが張られたトラックから、係の方々が、ピンクのカラーコーンを道路脇に下ろしています。コース設営の準備作業が進められていました。

出場するランナーは、こうした準備をしてくださる方々、ボランティアでサポートしてくださる方々、陰で運営に携わっている方々に感謝して走らなければなりません。
私も名古屋国際女子マラソンの時は走路員をやらせていただきました。駅伝大会やサイクリング大会の運営に携わった経験もありますが、裏方の苦労は多少なりとも知っているつもりです。

大会に出場して走ることは、決して当たり前のことではありません。
大会が開かれること自体、平和な時代であること、災害がない世の中であることが必要なのではないでしょうか。

夜、ナンバーカードとともに、大会事務局が作成した
「がんばろう 日本! RUN FOR JAPAN」
のシールをウェアに貼りました。


3月7日の使用自転車:KHS Manhattan m451S
3月7日の走行距離:29.8km、走行時間:2時間10分。

3月8日の使用自転車:cannondale Jekyll
3月8日の走行距離:24.7km、走行時間:1時間31分。
  

Posted by まつぼっくり at 00:19Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2014年03月04日

25 山崎川JOG その6

■2014年3月2日(日) 曇のち晴

名古屋ウィメンズマラソン・名古屋シティマラソンまでちょうど1週間となりました。
山崎川やマラソンコースとなる瑞穂通周辺では、多くのランナーが走っていました。

2011年の東日本大震災で名古屋国際女子マラソンが中止となり、翌年から名古屋ウィメンズマラソンとなったのは、マラソン愛好家ならご存じでしょう。また、毎年11月の勤労感謝の日の開催されていた名古屋シティマラソンも同時開催となり、マラソンフェスティバル・ナゴヤ・愛知として盛大な大会となりました。

私も今回、名古屋シティマラソンのクォーターの部にエントリーしています。第1回と第2回は、股関節の状態が10km以上走れるまで回復していなかったので、ようやく参加できるようになり喜びでいっぱいです。
安藤美姫さんも走ると聞き、楽しみです。
出場する皆さん、完走目指してがんばりましょう。

本日の使用シューズ:asics T3
本日の走行距離11km、所要時間:94分。
  

Posted by まつぼっくり at 22:30Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2014年03月03日

24 グランパス開幕戦

■2014年3月1日(土) 曇一時小雨

豊田スタジアム(略称「豊スタ」)には試合開始3時間前の入場に合わせ、大勢のサポーターが列をなしていました。清水エスパルスとの開幕戦。今シーズンへの期待に胸が膨らみます。

ディフェンスの4人中3人が開幕初スタメン。平均年齢も3歳若返り、27歳となりました。新鮮さがある反面経験不足も否めません。その心配が試合開始早々露呈しました。ディフェンスラインが崩壊して1点献上。しかし、ケネディと新キャプテン闘莉王のゴールで逆転して、前半終了。

後半も、積極的に攻め上がり、リズムはよかったのですが、決定機を決められない状況が続きました。こんなことでは、そのうち相手に決められてしまうぞ! と思っていたら、案の定、あれよあれよという間に、同点、勝ち越し弾を清水に決められ、結果、2対3で負けてしまいました。

ただ、昨シーズンとは違って、攻撃の形はできていたので、守備が安定すれば次に繋がる内容だったと思います。次節、大宮戦での初勝利を期待しましょう。

ところで、本日のキックオフは午後2時だったので、サポーターシートの座席を確保してから、フォールディングバイク(折りたたみ自転車)でランチのお店を探しに豊田市内をポタリングしました。豊スタに行くときは、フォールディングバイクを車に積んでいます。

今日は桜町で新しい店を発見しました。『炭尽串(すみづくし)』です。
基本的に夜が主体の店ですが、ランチもやっていました。うどん、そば、そしてカレーがメニューとしてありました。淡路島スクウトポークカレーのレギュラーサイズ(780円)を注文。
トッピングの1枚のポークはとても柔らかく、スプーンですっと切れるほどで、またフライドオニオンはとても甘みがありました。淡路島産のタマネギは甘み成分が通常の2倍以上あるからに他なりません。さらにピクルスがアクセント添えています。肝心のルーは、酸味と甘みがほどよく混ざって、普通のカレーとは少し異なった味でしたが、まいう~です。次回は田舎そばを食べてみたいですね。

本日の使用自転車:トレック F600
本日の走行距離7.6km、走行時間34分。
  

Posted by まつぼっくり at 22:30Comments(0)TrackBack(0)サッカー