2014年05月20日

49 休日ポタリング その2

■2014年5月18日(日)  晴

今日もいい天気です。
家の中にいるのがもったいないです。
午後は親の世話があるので、午前中、昨日と同じく、ポタリング。
目的もなく行くのがポタリングでしょうが、そうは言っても、ある程度行く方向を決めておかないと出かけられません。

中川区前並町のフクイサイクルまで行ってみました。
10時半頃、ナゴヤ球場近くにある店舗に着きましたが、11時開店で店に入ることはできませんでした。
またの機会に店をのぞいてみたいと思います。


使用自転車:cannondale F700
走行距離:25.0km
走行時間:1時間26分
  

Posted by まつぼっくり at 21:37Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年05月20日

48 休日ポタリング その1

■2014年5月17日(土)  晴

素適な五月晴れの日、サイクリング協会では5月22日のサイクリングの日を記念してのイベントがありましたが、私は用があって参加できませんでした。
サイクリングの日は、日本サイクリング協会が昭和39年(1964年)5月22日に文部大臣からサイクリングの普及推進を目的とする公益事業を行う財団法人として認可された日を記念して制定されたものです。更なる自転車の積極的活用を推進し、サイクリングに対する関心と理解を深め、サイクリングの健全な発展と普及を図ることを目的としています。

午前中は時間があったので、ワイルドフラワーガーデン、潮見町までポタリングに出かけました。
ポタリング (pottering) は、自転車であちこちを気楽にぶらつくことです。potterは“目的もなくゆっくりうろつく”という意味の英語で、日本語では「散走」ともいいます。
本格的なロードバイクでビンディングペダルを使用してのポタリングは似合わないですが、これもご愛敬です。


使用自転車:COLNAGO C59
走行距離:30.6km
走行時間:1時間46分
  

Posted by まつぼっくり at 21:35Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年05月19日

47 ブリヂストン美術館

■2014年5月16日(金)午後  晴

帰りの新幹線まで時間があったので、東京駅近くの美術館に行くことにしました。
丸の内の三菱一号館美術館に行ったところ、展示入れ替えのため休館中でした。
それではと、八重洲のブリヂストン美術館へ。

テーマ展では「描かれたチャイナドレス展-藤島武二から梅原龍三郎まで」が開催中。
矢田清四郎の「支那服の少女」
に心惹かれました。

収蔵作品では、印象派を中心とするヨーロッパの近代美術と明治時代以降の日本の洋画が展示されていますが、その中では、
カイユボット「ピアノを弾く若い男」
マリー・ローランサン「二人の少女」
ピカソ「生木と枯れ木のある風景」
が印象に残りました。

20世紀美術(抽象絵画)のコーナーは、何を表現したいのか私には理解できません。

  

Posted by まつぼっくり at 23:14Comments(0)TrackBack(0)美術

2014年05月19日

46 東京・モーニング・ラン

■2014年5月16日(金)午前  晴

5月15日、16日と東京出張。
朝、6時50分、新橋愛宕山東急インから走り出しました。
昨日の曇空から一転、キラキラと輝くような晴天です。
通勤通学の時間帯前なので、人通りはまばらです。
東京タワーを見上げながらその周りを一周し、芝公園内をぐるぐる。
「丸山古墳」の案内標識に、「え! こんな都会の真ん中に古墳があるの!」
衝撃的な感動でした。都内で最大級の古墳だそうです。
さらに、伊能忠敬記念碑。測量の起点となったのが芝公園近くの高輪の大木戸であった関係で建てられたそうです。
かつての東京国際マラソンの中継で見ていた増上寺前を通ってホテルに戻りました。
東京都心ですが、歩道もそれなりに幅があり、意外なほどに緑が多くて、走りやすさに感動しました。
多くのランナーを見かけたのも納得です。


使用シューズ:MIZUNO GX
走行距離:5.2km
所要時間:48分
  

Posted by まつぼっくり at 23:07Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2014年05月15日

45 田口線跡をサイクリング

■2014年5月11日(日)  晴

見事な五月晴れの日、かつて本長篠から三河田口までを結んでいた豊橋鉄道田口線の廃線跡をたどるサイクリングに行ってきました。

早朝、5時45分に自宅発。
国道23号、豊明ICから伊勢湾岸・東名高速で豊川IC、そして国道151号と、1時間30分少々で本長篠駅前の公共駐車場に着きました。渋滞もなくスムーズです。
正午までには戻ってきたいと思い、早速出発。

駅から東方向に道なりに進むと、国道151号線を横切り、最初のトンネルに………。
しかし、トンネルは閉鎖されていました。
崩落の危険があるというのです。
昨年来たときは通過できたのですが。
やむなく迂回して、県道32号に出ました。

しばらく走ると、県道をオーバークロスするように一本の高い石積みの橋脚が見えてきます。蔦に覆われ、崩壊するのではないかと思ってしまいます。
ここから「峰」のバス停車場までひたすら上り。かなりしんどいです。
そのバス停「峰」の横にカフェレスト「まつぼっくり」がありました。店は閉まっていて、夜しか営業していない様子。

一気に下り、三叉路を左折。さらに下ると、鳳来寺駅跡です。今は土産物屋や食堂があり、鳳来寺山への入口となっています。駅跡の痕跡は全くなく、ただ、説明板があるだけでした。
きれいな公衆便所で用を済ませました。

すぐ近くに田代隧道がありますが、通れないように柵がしてありました。
さらに下ると鳳来寺小学校があり、ここから路盤跡を利用した自転車歩行者専用道路が始まります。
路面状況はよくありません。玖老勢駅のホームがあったとされますが、その痕跡は見つけられませんでした。

再び鳳来東栄線に合流し、サークルKの角を左折し、海老川を渡って「やまびこの丘」に向かいます。田口線自体は県道に沿ってあったようですが、安全に走れる道を選択しました。

いかにも鉄道の隧道だったことがうかがえるトンネルを2箇所通り抜け、三河海老駅へ。
ところが、昨年5月に訪れたときとすっかり様子が変わっていました。
そのときあった説明板は撤去され、広場の一部が削り取られて真新しい舗装道路に整備されていたのです。古いものは失われ、新しいものに移り変わっていく。すべてのものは変化し続ける。やはり変化は止められないのでしょうか。

1510mの稲目トンネルは、元田口線だったところを拡幅して国道になっています。車が通るたびにゴーッと轟音が迫り、恐怖心で身が縮む思いです。
トンネルを抜けるとすぐに田峰停車場があり、国道は寒狭川(豊川)に沿って延びています。田口線は左岸を走っていましたが、現在は通れません。

ツーリングのモーターバイクが何台も走っていました。新緑の中をオートバイで駆け抜けるのも気持ちいいでしょうね。

清嶺トンネルを避け、そのまま右岸道路を走って清崎へ。
清崎は小学校がある集落で、かつて清崎駅がありました。駅があった当時はいろいろな店があり、賑わったようです。
第三寒狭川橋梁(弁天橋)から約4kmは町道となり、生活道路として使われているようです。しかし、線路跡の道ですから車のすれ違いは難しく、私が走っている間、軽トラック1台となぜか和歌山ナンバーのジムニーに出会っただけでした。舗装道路ではあるものの、特に6箇所あるトンネル内部の路面はかなり荒れていました。

終点三河田口駅跡は全くの更地となり、何も残っていません。
1968年(昭和43年)廃止以来、46年。路盤跡は木々の茂る林に戻ってしまい、その大半は跡形もなくなっています。清崎~三河田口間も設楽ダムの建設に伴い大部分は沈んでしまう運命にあると聞いています。

田口の中心街までは“プチいろは坂”のような上り勾配。当時は駅から町中までバス路線があったようです。
設楽ダム建設事務所前を右折し、さらに急な坂道を登り切ると、ようやく奥三河郷土館に辿り着きます。
9時50分着、27kmの距離でした。
ここには田口鉄道ただ一両の生き証人として「モ14」が保存展示され、車内は資料室になっています。三河田口駅より先は森林鉄道になっていたことがわかりました。

設楽ダム建設事務所近くに「炎天家(えんてんか)」という焼き肉屋がありました。ランチでカレーなども提供しているようです。5月31日の探訪あいちのときは、ここで昼食にしようと思います。
「どこまで行くんですか?」
通りがかりのおじさんに聞かれました。
「ここが目的で、これから帰るところです」

商工会やバス停のあるコミュニティプラザでトイレを済ませ、10時15分、復路出発。
帰りは下り基調です。“プチいろは坂”もジェットコースターの如く降下してチョー気持ちいい。

正午きっかりに本長篠駅に到着。豊橋行き特急「伊那路」がホームを出て行くところでした。

帰路、ケーキを買って、介護施設に入所している母に持っていきました。
今日は母の日です。


使用自転車:cannondale Jekyll
走行距離:55.1km
走行時間:3時間26分
  

Posted by まつぼっくり at 00:17Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年05月15日

44 Jリーグ第13節 (vsガンバ大阪)

■2014年5月10日(土)  晴

前半は双方攻守拮抗していたものの、後半はガンバにいいようにパスを回され、攻撃の場面は少なく、私たちサポーターからは遠い自陣サイドでのプレーばかりでした。
観戦していてもつまらない。
2点目を献上すると、お客さんは帰り始めました。
反撃も前線に上がった闘莉王の1点のみ。
スタンドの怒りの指笛やブーイングも当たり前です。
これで豊田スタジアムでのホームゲーム5連敗。豊スタで試合をしない方がいいんじゃないかとさえ思ってしまいます。
私としては瑞穂での試合が多い方が嬉しいですが。

使用自転車:トレック F600
走行距離:13.9km、走行時間:1時間13分
  

Posted by まつぼっくり at 00:12Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2014年05月06日

43 山崎川JOG その7

■2014年5月5日(月)  曇時々雨

朝5時過ぎ、空は暗い雲に覆われていました。
天気予報をチェックしても日中は傘マーク。
今日の探訪あいちは無理だな、と判断し、中止にしました。
愛知県サイクリング協会HP掲示板に中止の旨書き込み、参加予定者全員の携帯に連絡し、愛西市観光協会にキャンセルの電話を入れました。
Focusの山田さんの話によると、犬山・江南あたりでは既に雨が降っているそうです。
木曽川船巡りと愛西市サイクリングは、再度観光船の予約を取り、後日実施しようと思います。

9時の時点で、まだ雨は降っていません。山崎川にジョギングに出かけました。
陸上競技場では高校生の大会が開かれていました。ラグビー選手らしきガッシリした体格の男子も大勢いました。ランナーも結構いました。
川沿いの木々は、新しい緑の葉を身につけています。
10時頃、とうとう雨が降ってきました。
せっかくの休みの日に、天候に恵まれず、残念です。


使用シューズ:adidas サヴィーノライト
走行距離:朝方8km、夕方6.5km、計14.5km
所要時間:朝方67分、夕方58分、計2時間5分
  

Posted by まつぼっくり at 23:45Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2014年05月05日

42 Jリーグ第11節 (vsセレッソ大阪)

■2014年5月3日(土)  晴

豊田スタジアム過去最高の38,966人の入場者数。
4階席まで人で埋まった豊田スタジアムは初めて見ました。
一番はフォルラン効果です。それに柿谷曜一朗人気、ゴールデンウィークの要素もあったでしょう。
私の隣の席の人もフォルラン目当てでした。

それにしても、ホームで勝てません。
ホームゲーム6試合で1勝しかしていないのです。これではせっかくの観客を定着させることができません。
セレッソから退場者が出て、数的優位に立ち、さんざん決定機をつくりながら、得点できない。お粗末な守備で、フォルランの一撃を浴び、1対2の敗戦。
ため息しか出ない試合でした。
  

Posted by まつぼっくり at 23:43Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2014年05月05日

41 近江八幡・彦根サイクリング

■2014年5月2日(金)  晴

5時50分、自宅発。

6時10分、金山駅着。輪行袋に自転車を詰めている途中、急に、大をもよおして、厠に飛び込んだ。余裕を持って家を出てきて良かった。
近江八幡までの乗車券を切符売り場で購入。1,940円。JR西日本のエリアのため、自動券売機では購入できない。

6時39分発、快速大垣行き乗車。先頭車両の後部に陣取る。ここにはトイレがあって、輪行袋が置きやすい。サイクリストたるもの、他の乗客に極力迷惑をかけないよう配慮すべきであろう。今日は平日だから、通勤通学の人たちの邪魔にならにように、ラッシュ時間の前に家を出た。
幸い、連休の谷間とあって休みを取っている人も多いのか(かく言う自分も年休を取っているが)、車内は空いており、座ることができた。

7時18分、大垣駅着。7時26分発、普通米原行き乗車。4両編成の1両目後部のトイレ付き車両に乗る。今度は高校生や学生が多く、座席は確保できなかった。

8時ちょうど、米原駅着。8時7分発、加古川行き普通列車に乗車。今度も8両編成の先頭車両の後部を選択。時間帯からして、混雑を覚悟していたが、意外にも余裕で座れるほど空いていた。どうも次発の快速列車に乗る人が多いからのようだ。

8時35分、近江八幡着。6月実施の探訪あいちのときは、駅北口観光案内所前付近を集合場所にしようと思う。9時、駅前を出発。

近江商人の町並み、八幡堀、白雲館を観光。メンタームでお馴染みの近江兄弟社もある。時間が早かったので、開いている店は少なかった。
9時45分出発。円山町の交差点を右折し、「きぬがさロード」を走る。水郷巡りの船や西の湖のキラキラした水面を見ながら、気持ちよくペダルを回す。

10時15分、能登川水車に到着。ふるさと創生事業で復元したという巨大な水車が目を引く。
駐輪場に2人の若者がやってきた。
「どこから、どこまで行くんですか?」
尋ねてみると、安土駅から琵琶湖を反時計回りに一周するとのこと。認定書がもらえるらしい。
一人はトレックのクロスバイクでパニアバッグが装備されていた。もう一人の自転車は得体の知れないMTBもどきで「安土観光レンタサイクル」のシールが貼ってあった。しかも荷台にスポーツバッグがくくりつけてあった。
これで琵琶湖一周大丈夫かな、他人事ながら、少し心配になった。
私の自転車を見たレンタサイクルの若者が「一周するのにミニベロだと大変じゃないですか?」
「いえいえ、近江八幡から米原まで観光しながら、ゆっくり走るだけですから」

10時30分、出発。さざなみ街道・湖北サイクルロードを行く。やたら大型トラックが多い。大型トレーラーやタンクローリーがすれすれに横を走り抜けると、ヒヤヒヤする。風圧で倒れないように踏ん張る。
それにしても自転車が多い。ばりばりスピードを出しているローディ、荷物の多い旅系サイクリスト、のんびり走るクロスバイク。それぞれに琵琶湖を楽しんでいる。ほとんどの人が動作や言葉であいさつをしてくれる。

11時35分、彦根城着。平日にもかかわらず、観光客で賑わっていた。修学旅行か遠足か、わからないが、制服姿の高校生がたくさんいた。夢京橋キャッスルロードで昼飯処を探してみるが、混雑しているし、お一人様では入りにくいような店ばかりだったので、米原で食べることにした。
12時10分、出発。

12時45分、米原駅西口近くにある、博多ラーメン「たい風」にて、たい風ラーメン(650円)+ギョーザセット(150円)を注文。消費税増税還元セールで、ギョーザセットは半額になっていた。
さて、ここから電車に乗るか、大垣に向かってさらに自転車で行くか。
中山道を少し走ってみたい気持ちが湧いて、後者を選択。

13時25分、出発。国道21号線はトラックが多く閉口した。しかし、追い風に助けられスピード乗って走ることができた。米原から大垣の間には、醒井宿、柏原宿、今須宿、関ヶ原宿、垂井宿、赤坂宿がある。柏原には宿場の佇まいが残されていて、時間があれば見学していきたいところだった。

午後3時ちょうど、大垣駅に到着。奥の細道結びの地などを訪れてみたい衝動に駆られたが、夕方のラッシュ時間にかち合ってはバツが悪いので、ここは断念した。

15時26分発、快速豊橋行きに乗車。今度は最後尾車両の前部のトイレの前に輪行袋を置く。一応、座れたが、立っている人もちらほらいる。停車のたびに乗客が増える。早めに帰ることにしておいて良かった。

15時58分、名古屋駅着。16時04分発、普通岡崎行きに乗り換える。やっぱり、最後尾車両の前部に乗車。結構座席は埋まっていて、扉の近くに立つ。

16時12分、熱田駅にて下車。
無事帰宅することができた。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:86.8km
走行時間:4時間48分
  

Posted by まつぼっくり at 23:34Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年05月01日

40 Jリーグ第10節 (vsFC東京)

■2014年4月29日(火・昭和の日)  曇

「やっと勝てた!」
「久々に勝った!」
「勝ててよかった!」
試合終了のホイッスルとともに、グランパスサポーターから歓喜と安堵の声が上がりました。
コーナーキックから矢野貴章のヘディングであげた虎の子の1点を守り抜き、1対0。6試合ぶり、1か月ぶりの勝利の瞬間です。

「こくりつ~♪、こくりつ~♪、おれたちの、こくりつ~♪」

さっきまでホームのFC東京のサポーターが歌っていた台詞が、アウェイスタンドから流れ始めました。当てつけです。勝利に酔いしれると言った感じでしょうか。
東京・国立競技場まで来た甲斐がありました。

国立霞ヶ丘競技場。この正式名称を知っている人は意外と少ないかもしれません。
1958(昭和33)年に建設され、東京オリンピック前年の1963(昭和38)年に4階建てから5階建てに増築されました。以来、半世紀。2020年の東京オリンピック開催に向け、改築されます。

国立競技場の最後を飾るイベントの一つが今日の試合です。
来場者には赤い生地の「SAYONARA国立競技場ハンドタオル」がプレゼントされました。
そして、聖火台に聖火も点されました。曇り空に赤い炎がよく生えて見えました。
結果を見れば、グランパスの勝利を讃えていたのかも?

新幹線の車中で、妻とビールを飲みながら、気持ちよく帰路につくことができました。
  

Posted by まつぼっくり at 22:09Comments(0)TrackBack(0)サッカー