2014年09月29日

92 Jリーグ第26節 (vsアルビレックス新潟)

■2014年9月27日(土) 晴

 腰の痛みはあるものの、歩行には支障なくなりました。

 3連勝中のグランパスの勝利を期待して、瑞穂陸上競技場へ出かけましたが、0対1で敗戦。腰の状態のようにスッキリしませんでした。
 得点のチャンスは何度かあったのですが、決めきれません。川又や永井にボールが来ると、新潟のディフェンスは素早く取り囲み、動きを封じ込めます。後半、指宿選手のゴールで先制してからは、より堅い守備になったようです。ゴールが遠い試合でした。

 隣に座っていた体の大きなおじさんが、私や後ろの席の人に話しかけてきました。豊田市から来たその人は、缶バッチのたくさん付いた古いグランパスの帽子をかぶり、いかにも年季の入ったサポーターです。髪の毛に白髪が交じっていたので、40代後半かなと推測しました。観戦中お菓子をよく食べていて、周りの人にロッテのプチブッセを振る舞い、私も一つお裾分けを頂きました。

 試合終了のホイッスルが鳴り響くと、スタンドはため息に包まれました。
 「残念でしたね」と話しかけると、
 「負けるときはこんなもんですよ」
 達観したような、年季の入った言葉が返ってきました。
  

Posted by まつぼっくり at 22:01Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2014年09月26日

91 魔女の一撃でダウン

■2014年9月25日(木)  曇

 9月21日、日曜日の朝のことでした。
 服を着替えようと、前屈みになった瞬間、腰回りがじわじわと凍るように固まったのです。
 急性腰痛症、俗称ギックリ腰です。
 
 日頃から、重いものを持つときは、さあ、これから持つぞ! と意識していました。それに腹筋や背筋の運動やストレッチをして、腰まわりから背中にかけての筋肉全体が弱らないように筋力を鍛えていたつもりなのですが。
 
 でも、魔女の一撃は、何気ない行為の時にやって来たのでした。
 人生、5度目のギックリ腰です。最初になったのか厄年になった時で、以来、持病のように慢性化してしまいました。

 今回は少し重症です。
 激しい痛みで夜も眠れず、病院で痛み止めの注射を打って貰いました。仕事も2日休みました。
 腰に負担のかからない姿勢で安静にして、人体が持つ自然治癒力により快復を待つしかありません。でも、じっと横になっているのも辛いものです。

 10月4日の探訪あいちは中止とします。下見も終え、企画書も作ったところで、残念です。

 『腰』は身体の『要』です。軸です。中心です。自由に動ける身体がどんなに有り難いことか。早く良くなりたい。今はただそれだけです。  

Posted by まつぼっくり at 22:40Comments(0)TrackBack(0)健康

2014年09月26日

90 Jリーグ第24節 (vsヴァンフォーレ甲府)

■2014年9月20日(土)午後  曇

 3月23日第4節神戸戦以来、今季2勝目となるホーム戦での勝利です。実に半年ぶり。
 新人・矢田旭のリーグ戦初ゴールで先制し、後半には永井謙佑のヘディングゴールで追加。堅い守りの甲府から2得点を奪い、完封勝利。久々にグランパス君ジュニアも登場し、スタジアムは歓喜に包まれました。
 勝利の美酒といいますが、美味しいビールが飲めましたね(自宅にて)。

 ヴァンフォーレには、今季、グランパスから移籍した阿部翔平選手がいます。彼の左足のクロスは本当に正確で脅威です。この試合でも何度もチャンスを作られました。グランパスの本多勇喜選手に阿部選手のようなクロスがあればグランパスはもっと強くなると思うのですが。
  

Posted by まつぼっくり at 22:38Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2014年09月26日

89 休日ポタリング その4

■2014年9月20日(土)午前  曇

 なごや商店街プレミアム商品券の受取に、栄の坪井花苑まで自転車で行きました。1万円で千円のおまけがついており、10月1日から11月9日まで名古屋市内の商店街を中心に使用できる商品券です。

 帰りに今池まつりに立ち寄りました。
 今池には今まであまり縁がなく、裏通りを歩いたことがなかったのですが、飲食店や夜の店が意外に多く、栄ぼどではないにしろ、賑やかな街なんだと再認識しました。
 貰ったチラシによると、大正10年くらいまで、現在の今池中学校のあたりに、物資運搬に使われた伝馬に水浴びをさせた池があり、『馬池』と呼ばれていました。それが『今池』という地名の由来といわれているそうです。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:21.8km
走行時間:1時間40分
  

Posted by まつぼっくり at 22:34Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年09月20日

88 知多半島ぐるっとサイクリング下見走行

■2014年9月15日(月・敬老の日)  曇ときどき晴

 自分が大好きなサイクリングを、他の人にも楽しんでもらいたい。そんな気持ちで探訪あいちを企画しています。

 10月4日に実施予定の「探訪あいち・知多半島ぐるっとサイクリング」。昨年は、日本ガイシスポーツプラザを発着点とし、反時計回りで、知多半島をぐるっと一周しました。今年は、東海市の元浜公園を発着点とし、河和までは昨年と同じコースで、そこから半島を斜めに横断するルートで上野間に出て、北上するコースにしようと考えました。

 朝8時前、自宅発。
 元浜公園までは1時間弱、約16kmの距離です。
 新舞子マリンパーク、マリーナりんくう、食と健康の館で休憩を取りながら、SKE48の『羽豆岬』の歌碑に着いたのは11時50分頃、サイクロメーターは70.7kmを表示していました。

 三連休の最終日とあって、コストコやまるは食堂では、駐車場に入る車の長い列ができていました。師崎港でも駐車場は満車で、待機中の車が何台もありました。

 新師崎の『はま美』で昼食を取ろうと思いましたが、店の前には行列が。師崎近辺の店の中では、結構安い値段で海の幸が食べられるからでしょうか。
 断念して、少し先の『ちなみ』に入りました。昨年も利用したのですが、ここのランチは値段の割に品数が多く、お得です。残念ながら日曜と祝日は提供されません。
 仕方なく刺身定食を注文。ランチに1,512円は高いですが、刺身は口の中でとろけるように柔らかく、味噌汁は出汁が効いて、味には満足しました。

 河和駅から美浜町役場を抜け、えびせんべいの里を通過。海老煎餅のイイ香りが道路にまで漂って来ました。道路を挟んで左手には新工場が建設中です。儲かっているのですね。

 美浜町総合運動公園を過ぎると、ジョイフルファーム鵜の池が右手に見えます。その奥に、昭和9年に国の天然記念物に指定された三河湾国定公園「鵜乃山」があります。
 ここにある「鵜の池」は、その名のとおり力ワウの繁殖地で、野生の力ワウが1万羽以上も生息しています。
 トイレの上が展望台になっていたので上がってみました。池全体が見渡せます。自分以外には誰もいません。静けさを求めるには絶好の場所です。

 常滑の『大蔵餅』も入店を待つ人の列ができていました。
 お土産に看板商品の大蔵餅を購入。店員のおばちゃんが私のサイクルジャージ姿を見て「サイクリングの方、お茶を飲んでいってください」。ありがたくお茶のサービスを頂きました。大蔵餅にはロードバイクスタンドも設置され、自転車乗りにやさしい店です。

 元浜公園には、3時20分頃到着。探訪あいちのコースとしては100km少々となるでしょう。

 ところで、9月13日の新聞に「自転車ひき逃げで免停」の記事がありました。
 自転車でひき逃げしたとして、兵庫県警西宮署が西宮市職員の男(54歳)を過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)容疑で書類送検し、180日間の自動車運転免許停止としました。自転車事故での免停処分は異例のことだそうです。
 男は3月12日に歩道端に設けられた自転車道で、歩行中の女性(81歳)と衝突しました。女性は転倒し、痛みを訴えましたが、男は救護措置を取らずに立ち去りました。女性は左手首骨折の重症だったそうです。

 自転車が加害者になる事故が増えています。自転車愛好者が事故を起こしては、当事者が不幸になるだけでなく、自転車の世間評価や存在価値を下げてしまいます。自転車も安全走行に徹しましょう。

使用自転車:パナソニックロード
走行距離:135.4km
走行時間:6時間12分
所要時間:8時間43分
  

Posted by まつぼっくり at 00:09Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年09月16日

87 天皇杯4回戦(vsザスパクサツ群馬)

■2014年9月10日(水)  晴

 ザスパクサツ群馬は3回戦で浦和レッズを破り、勢いに乗っています。今日の試合でも、その勢いは続いていました。うかうかしていると、浦和レッズの二の舞になりかねません。
 とにかく先制して、相手の勢いを止め、意気消沈させることが重要です。
 しかし、引いて守りを固めている相手になかなか得点できず、フラストレーションのたまる試合運びで、前半はスコアレスドロー。
 後半は攻め込む時間帯が多くなるものの、決定機を逸し続けてしまいます。シュートはザスパクサツの3倍ぐらい打っていたでしょう。
 「こんなんじゃ、負けるぞ!」
 「J1の意地を見せろ!」
ヤジが飛び交います。
 75分、闘莉王がボールをキープし、折り返したところをレアンドロ・ドミンゲスがネットに突き刺しました。この1点を守りきり、準々決勝に駒を進めました。
  

Posted by まつぼっくり at 23:39Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2014年09月16日

86 りんくうビーチまでサイクリング

■2014年9月9日(火)  晴

 最後の夏季休暇を取り、りんくうビーチまでロードバイクを走らせました。
 平日なのに10人以上の自転車乗りに出会いました。良い天気に誘われた人もいるのでしょう。

 自転車をやっていると、天気に敏感になります。風にも敏感になります。
 春は、大陸から移動性高気圧がやってきてポカポカ陽気になります。一般には自転車にとってベストシーズンといえるでしょう。しかし、春は花粉症にも悩まされる時期でもあります。私もひどいときはマスクをして自転車に乗るときがあります。
 夏は、太平洋高気圧に覆われ、晴れますが、暑くて、にわか雨のリスクも高まり、コンディションは良くありません。
 秋は、春と同様に晴れやすく、自転車には最適の季節です。が、天候の変化も早いので予測して雨風の対策をとらねばなりません。
 冬は、大陸性高気圧の寒気がやってきて太平洋側は風の強い日が多くなります。
 名古屋では、積雪の日は僅かなので、春夏秋冬、オールシーズン、サイクリングを楽しむことができます。恵まれた地域に感謝!

使用自転車:COLNAGO C59
走行距離:70.8km
走行時間:3時間43分
  

Posted by まつぼっくり at 23:37Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年09月15日

85 幻のウルトラ愛知・宿泊要員

■2014年9月6日(土)  曇時々晴、夜雨

 「土曜日に新城市に宿泊してください。ウルトラ愛知の宿泊に協力してほしい。」
 9月3日午後、サイクリング協会のM事務局長からメールが届きました。
 スタッフが必要なのだろうか? そうではなく、宿泊者が少ないので、穴埋めをしてほしいということだったのです。

 協会のロングライド三河湾一周でお世話になってきた名鉄フェリー・師崎~伊良湖が、今月末で廃航となります。このフェリーを使って愛知県境を一周する、今回限りの企画が「幻のウルトラ愛知」です。
 383kmを1日又は2日で走るなんてことは、私には到底できません。身体が壊れてしまいます。
 土、日は特に用もなく、新城までサイクリングして、宿泊しても良いだろうと思い、了解しました。

 朝8時10分、自宅発。
 旧東海道を巡りながら、ゆっくり進むことにしました。晴れたり曇ったりと、サイクリングには最適の天候です。
 愛知県内には地鯉鮒の松並木、御油の松並木がありますが、安城にも長い松並木が残っています。風雨を和らげ、旅情をアップさせてくれます。笠寺、阿野、来迎寺、大平と4つの一里塚も残っています。
 土曜日とあって、何人もの東海道ウォーカーを目にしました。

 大平一里塚の少し先に西大平藩主大岡家の陣屋跡があります。「大岡裁き」として有名な大岡越前守忠相が1万石の大名になって以来明治まで、陣屋が置かれていました。

 12時10分、藤川宿に到着。
 本陣跡が広場として整備され、高札場が復元されていました。
 ちょうどその真向かいに『紅屋カフェ』という新しいお店ができていました。店頭のメニューを見ると、スパゲティや焼きそばが420円。これは安い! 値段につられて入店。
 4人掛けテーブル2つとカウンター3席、私より少し年上と思われるマスターが一人だけの小さな店です。
 客は私のみ。
 「ウインナー、ピーマン、マッシュルームなどの具材がたっぷり入ったスパゲティ」という謳い文句に惹かれてナポリタンを注文。
 不思議なことにカウンター内の調理設備にはコンロらしきものが見当たりません。どうするのかと見ていたら、何かを電子レンジで温め始めました。そうか、インスタントか、レトルトなんだ。だから安いんだ。
 提供された現物を見て、がっかり。具材たっぷりどころか、細かく刻まれたウインナーとピーマンとタマネギが少々、マッシュルームはその姿がよくわかりません。まさしくインスタントの味でした。

 岡崎の法蔵寺には、是非立ち寄ろうと決めていました。境内の奥まった斜面にそれはありました。少々厳つい顔をした新撰組隊長・近藤勇の首塚です。しかし、なぜ、ここ三河の地にそれがあるのでしょうか。

 近藤勇は東京板橋の刑場で斬首、首は京都三条大橋西に晒されました。それを、同士が三晩目に持出し近藤勇と縁のあった京都誓願寺に持ち込みました。
 その住職が三河国法蔵寺の貫主として転任したため、この寺に埋めたと言われています。
 法蔵寺は山の中にあり、大木が生い茂っていて、ひそかに埋葬するのに好適の地でした。
 首塚は近藤勇の親族関係者の努力で整備され胸像も建てられたのです。

 赤坂宿のよらまい館で休憩。
 「どこから来たんですか」シボレーのミニサイクルのおじさんに声をかけられました。
 「名古屋からです。東海道を走ってるんですか」
 「ええ」
 「京都まで行くんですか」
 「いえ、私も名古屋の方から来まして。東の方へ……、やっと盆休みが2日とれたもんですから」
 Tシャツにハーフパンツ、裸足でクロックス風のサンダル姿。傘をフレームにくくりつけ、前カゴに黒いリュックサックが入っていました。
 どこまで行くのか聞けませんでしたが、どうか気をつけて。

 豊橋の入河屋のミカンソフトクリームは、絶品です。シャーベット状で火照った身体を冷ましてくれます。昨年食べた次郎柿ソフトもグッドです。

 豊橋から90分、4時20分頃、新城市西新町の丸登旅館に到着。しばらくして、豊橋のMTさんが自転車で、そして、豊川のMNさんが車でやって来ました。
 旅館の玄関先でおしゃべりをしていると、ウルトラ愛知の参加者が続々とやって来ました。
 犬山の成田山を早朝5時に出発したのは15人。うち9人は夜を徹して400km近くを走ります。すごいですね。常人とは思えません。私から見れば雄者です。超人です。
 ここから先の別所街道は、上りですし、人家もまばら、コンビニもなくなります。暗い山道には思わぬ危険が潜んでいるものです。車だけでなく動物が飛び出してくるかもしれません。
 どうかゴールまで無事故で。

 宿泊者はちょうど10人。宿泊要員は先ほどの3人の他、豊橋からもう一人と4人。大会参加者は6人。25歳の若者が一人、あとは頭が禿げたり、白髪の混じったおじさんです。でも、ブルベをやったり、普段から超長距離を走っている強者ばかりです。
 参加者の中で一番最後に宿に到着したM事務局長に、素泊まり代3,500円を支払いました。

 夕飯は、10人そろって台湾料理『海香村』へ行きました。宿の近くには飲食店が少なく、15分ほど歩きました。ビールセット980円を注文。おかずは餃子とニラ玉子炒めの2品。値段の割にボリューム満点ですが、塩気が多い感じがしました。塩分が抜けた身体にはちょうど良かったのかもしれませんが。
 店を出ると、雨が降っています。向かいのスーパーで朝食を買い、ポリ袋をかぶって早足で宿に戻りました。
 今、夜通しで走っている9人は、雨に遭遇していることでしょう。気温も下がっているでしょう。雨宿りするところもないかもしれません。無理せず、事故に気をつけて安全に行ってください。

 旅館ではMTさんとMNさんと私の3人部屋。
 MTさん(69歳)。JCAの全国サイクリング大会(全国ラリー)や中部日本サイクリング大会(中部ラリー)には毎年欠かさず参加しているとのこと。自転車で巡った県は43、あと4県で全国制覇だそうです。歴史や地理に詳しく、博学な方です。
 MNさん(57歳)。自動車関連の製造会社に勤務。サイクリングの他、競輪場でのピスト競技、野球、手筒花火、地名研究会で活動するエネルギッシュな方です。今日も『天狗党』の自転車記録会に参加してきたそうです。
 ビールを飲みながら、お二人の深いイイ話が聞けて、楽しく有意義な夜が過ごせました。


■2014年9月7日(日)  曇のち晴

 朝ぼらけの中、外からの話し声で目覚めました。
 玄関先に出ると、追い込み職人さんが出発するところでした。M事務局長は既に出発したようです。
 細かい雨が降っているなか、MNさんと二人で見送り。6時までには全員が出発して行きました。
 「気をつけて!」

 名古屋で野球の試合があるMNさんは、早々に帰っていきました。
 6時40分、MTさんのGIANT・MR4Rと私のManhattanが宿を出発。路面は濡れていましたが、雨は上がっていました。これから天気は回復に向かうようです。
 MTさんとは野田城で別れ、県道21号線経由で姫街道と東海道の追分に行きました。あとは昨日と同じ道を辿ります。

 国府の辺りで少し小雨がありましたが、天気は急速に回復し、岡崎の市街地に入る頃には、夏の太陽を背中に受けるようになりました。
 明け方は少しひんやりしていたのに、身体の熱が上昇し、頻繁に水分補給が必要な状態です。

 旧東海道沿いにあった安城のJAあいち中央グリーンセンター安城北部にて、『しんしろ茶』を購入(他にも農協オリジナルの『豊橋茶』や『岡崎茶』もありました)。スポーツドリンクやジュースもありますが、後味すっきりのお茶が一番です。

 豊明のケンタッキーで、和風チキンカツサンドを購入。家族の分も入った袋をデイパックに収めます。

 正午前、無事に自宅に到着。道中を満喫できたサイクリングでした。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:1日目 91.3km
       2日目 72.8km
        計  164.1km
走行時間:1日目 5時間33分
       2日目 4時間15分
        計   9時間48分
  

Posted by まつぼっくり at 23:33Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年09月10日

84 常滑街道サイクリング下見走行

■2014年9月3日(水)  晴のち曇

 夏季休暇を取得して、常滑街道を走ってきました。
 今月下旬に職場の自転車好きとサイクリングに行く計画を立っていて、その下見が目的です。
 東海市の大池公園、新舞子マリンパーク、マリーナりんくう、に立ち寄り、常滑市の小脇公園に行きました。ここの展望台からはセントレアや伊勢湾、天気が良いと対岸の鈴鹿山系まで眺望できるのです。
 ところが、展望台は閉鎖されていました。
 平成26年4月1日から、閉鎖期間は未定とのこと。おそらく老朽化で構造的に危険なのでしょう。残念。

 そこで、さらに南下し、お昼は『灯台ラーメン』にしようと、ペダルを回しました。
 ところが、店先に、9月2日、3日は休業いたしますとの告知。飲食店は火曜日や水曜日が定休日であることが多いので、「もしかしたら?」と多少の予感はありましたが…… 残念。
 しかたなく、途中にあった『本格中華 美浜』でラーメンの日替わり定食で空腹を満たしました。
 ラーメンは塩分と水分の同時補給ができる優れた食べ物だと思います。それに喉ごしが良く短時間で食べられるのも利点です。
 醤油ラーメンとニラともやしの炒め物、鶏の唐揚げ、大根サラダ、小ライス(おかわり自由)、漬け物、杏仁豆腐が着いて700円。量的には満足です。ただ、ラーメンのスープはコクがなく、ご飯はパサパサでした。

 見学先に決めていた『盛田味の館』にも立ち寄ったところ、水曜日が定休日でした。またしても残念。
 今日は空振り三振でした。

 東海市の元浜公園に着いたところで、なにやら「火災……、なるべく外に出ないで……」と街宣するアナウンスが聞こえてきました。どうやら新日鐵住金名古屋製鉄所で、またしても黒煙噴出か、爆発か、火災が発生した模様です。急いで駆け抜けました。
 今年になって5回目です。新日鐵住金は日本の一流企業だというのに、管理態勢はいったいどうなっているのでしょう。

使用自転車:パナソニックロード
走行距離:106.7km
走行時間:5時間14分
所要時間:7時間12分
  

Posted by まつぼっくり at 23:48Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年09月04日

83 渥美半島ぐる輪サイクリング下見走行

■2014年8月31日(日)  曇のち晴

 朝方は曇だったものの、田原市の白谷海浜公園に着いたときは晴れ間がのぞき、天気予報が良い方に外れて晩夏の太陽に包まれた一日となりました。

 渥美半島ぐる輪サイクリングは今年、第10回の記念大会を迎えます。安田大サーカスの団長が参加の予定です。嬉しいことに出演料なしで来てくださるとのこと。気前が良いですね。
 この大会は愛知県サイクリング協会の主催ですが、実質的には株式会社深谷産業さんによって運営されています。深谷産業は、自転車通にはお馴染みのミノウラやエディメルクスなどを扱う名古屋の自転車卸売会社です。

 サイクリング協会の12名の他、深谷産業の社員、地元のふたば屋輪店精鋭隊のメンバー、約40名が集合しての事前下見走行会です。
 “精鋭隊”というだけあって、私のようなへたれサイクリストとは違い、バリバリのローディー達です。その中に、今年も、いました。自衛隊かぶれの男が。カーキ色のブリヂストンアンカーのバイク、カーキ色のヘルメットにシャツとズボン。いつでも出動OKの出で立ちです。

 サイクリング協会は一番距離の短いCコース、精鋭隊はBコースを試走します。
 立哨場所、その担当者を確認しながら、進みます。午前中はサンテパルク田原、太平洋ロングビーチを経て、赤羽根港まで10kmほどの距離ですが、1時間以上要しました。
 お昼は赤羽根港近くの『鈴木屋』で、うな丼。美味しかったですが、ひつまぶしのように細かく刻んだ鰻が申し訳程度にご飯の上に乗っているだけで、物足りなかった。鰻高騰の折、2,100円でこれなら仕方がないのかもしれませんが……。
 正午、精鋭隊に続いて、私たちも伊良湖に出発。
 電ちゃん、Obaya4さん、FOCUSの山田さんの3人は、『ツール・ド・あいち三河・鳳来寺山』と『幻のウルトラ愛知』の下見のため、ここで解散です。

 太平洋の青い海を左手に見ながらのサイクリングロードは爽快そのものです。大勢のサーファーの姿が、夏の季節をいっそう感じさせてくれます。ただ、落ち葉と砂に覆われた道がしばらく続いたのは閉口してしまいましたが。

 恋路ヶ浜の周辺では、来週開催される伊良湖トライアスロンに向けて、練習中の人が何人もいました。

 ところで、今日乗っている自転車はTREKのF600というフォールディングバイクです。
 理事長さんのRactisにMさんと一緒に乗せてきてもらいました。自転車3台を積載し、人間が3人乗車するため、少しでもコンパクトな方がいい訳です。
 2003年モデルのトレックの折りたたみ自転車は、非常に希少価値があるでしょう。今は廃盤商品となっているからです。今日も、豊川市在住でサイクリング協会のNさんに「トレックの折りたたみって珍しいですね」と言われました。

 伊良湖からは国道259号線、福江を経由して石神交差点を右折、県道398号・高松石神線で八王子の三叉路に行きます。Cコースの分岐点です。ここから、川沿いを走り、江比間で再び国道に合流。後はゴールの白谷海浜公園までオーシャンビューの快適な道が続きます。ただし、馬草口の三叉路に注意。左折を忘れて、真っ直ぐ進んでしまうと、田原市街地に行ってしまいます。でも、大会当日はスタッフが誘導するので、安心です。

 3時過ぎ、私たち9人の協会メンバーは白谷海浜公園に到着。しばらくして、深谷産業のワゴン車や精鋭隊のロードバイクが次々と帰ってきて、本日の下見走行は終了しました。

使用自転車:トレック F600
走行距離:63.7km
走行時間:3時間38分
  

Posted by まつぼっくり at 23:46Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2014年09月04日

82 Jリーグ第22節 (vs川崎フロンターレ)

■2014年8月30日(土)  晴

 今年の夏は、台風や停滞した前線などの影響で大気が不安定となり、雨や曇の日が続きました。特に8月は、ギラギラの太陽を見る日が少なかった。朝方、寒さを感じて布団をかぶったときもあったくらいです。
 7月には長野県南木曽町で、8月には広島市で、土石流が発生し、多くの命が奪われました。こんな異常気象の夏は記憶にありません。

 今年のグランパスは、天候同様、不安定で真夏の太陽のような輝きがありません。
 試合開始1分で川崎に先制され、今日も負けか? 後ろ向きな気持ちになりました。しかし、前半29分に川又堅碁の移籍後初ゴールで同点に追いつき、何とかなりそうだ! と前向きな気持ちに変わりました。
 後半は、川崎の素早いパス回しに翻弄され、防戦一方。ほとんど自陣でのプレーで、私たちサポーターが陣取るホーム側、つまり敵陣にボールが来ることが少ない状況でした。
 それでも楢崎のファインセーブで何とか引き分けに持ち込み、勝ち点1を拾いました。

 グランパスが勝利するとフィールドにグランパスくんジュニアが登場します。今日もその登場は、お預けです。次のホームゲームではすっきり勝って、グランパスくんジュニアの姿を見たいものです。
  

Posted by まつぼっくり at 23:31Comments(0)TrackBack(0)サッカー