2015年07月31日

195 半田サイクリング

◆2015年7月24日(金) 晴

 ようやく夏季休暇が取れました。
 込み入った仕事が続いて、休むに休めなかったのです。
 私の職場では、6月15日から9月30日までの間で6日間の夏季休暇が取得できます。その代わり世間で言う盆休みはありません。

 どこに行く当てもなかったのですが、7月18日に半田赤レンガ建物が耐震工事を終えてオープンしたことを思い出し、行ってみることにしました。
 明治31年(1898年)にカブトビールの製造工場として建てられた国登録有形文化財です。
 平日なので、見学者はまばらでした。
 私よりも年配で白髪のサイクリストがいました。きちんとレーサージャージを着て、一眼レフカメラを手に、少し大きめのバッグを背負っていました。走る以外に趣味のある方なのでしょう。

 昼ご飯は住吉町の「麺屋さくら」でカレーつけ麺(850円)を食べました。
 つけ麺というと、濃厚なこってり系が多いのですが、ここのつけ麺はすっきりとして、くどくありません。それに盛りつけが丁寧で、見た目も美しい。私の中では1位、2位を争う美味しさです。

 復路は、午後の直射日光を背にして、暑かったです。

使用自転車:COLNAGO C59
走行距離:74.1km
所要時間:7時間30分
  

Posted by まつぼっくり at 23:49Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年07月29日

194 浅野祥雲の作品を訪ねて 日進市下見

◆2015年7月20日(月・海の日) 晴

 梅雨が明け、強烈な太陽がやって来ました。太陽光線が肌を突き刺すようです。それでも、自転車で走っていると風が体を冷ましてくれるので、じっとしているより多少はよいです。

 9月に「浅野祥雲の作品を訪ねて」と題して探訪あいちを実施することにしました。
 その第一弾は、日進市の岩崎御嶽山と五色園です。そのルートと所要時間を確かめます。

 瑞穂公園から岩崎御嶽社まで約15km、そこから五色園までは約6km。見学時間を含めると3時間ぐらいあった方が良いようです。
 ランチは、五色園の南にある「The Bell Tree」にしようと思います。

 トータル42kmぐらいの距離です。残暑厳しいときになりそうなので、これくらいで良いでしょう。

使用自転車:cannondale Jekyll
走行距離:41.9km
走行時間:2時間40分
  

Posted by まつぼっくり at 23:27Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年07月28日

193 第29回やぶはら高原マラソン(県庁クラブ合宿2日目)

◆2015年7月19日(日) 曇時々晴、のち雨

 朝5時に自然と目が覚めました。
 夜中、3回もトイレに行ったので、ぐっすり寝た感じがしませんが、疲れはありません。

 やぶはら高原スキー場を3km程散歩して、6時から朝食。普段は一膳しか食べない自分ですが、おかわりするほど美味しい食事でした。

 8時15分、宿を出発し、会場に向かいます。天気は曇。気温24.3℃と暑くもなく、コンディションは上々。

 9時、ハーフと10kmがスタート。私以外のメンバーは全員ハーフマラソンに参加です。

 3km地点を過ぎた辺りから、便意をもよおし始めました。
 このところ、便秘がちで、昨日は一度も便が出ませんでした。
 ランニングで腸が刺激されたのか、溜まっていた物が下に押し出されるような感じです。
 坂との戦い、時間との闘いに、大便との戦いが加わりました。
 ダムの管理事務所横にトイレがあります。
 でも、時間が惜しい。
 あと30分少々の辛抱だから、ゴールまで我慢しよう。

 一口に便秘といっても、様々な種類があります。大腸を動かす筋力の低下が主な原因となる「弛緩性便秘」。元々筋力の弱い女性や加齢によって増える便秘の悩みはこのタイプが多いと言われます。
 仕事などで時間に追われる男性に起こりやすいのが「直腸(習慣)性便秘」。便意を我慢することが習慣化すると便意そのものが起こらなくなってしまうもの。ストレスから来る「けいれん性便秘」は、便秘と下痢を繰り返す場合が多い。欧米的な食生活や食品添加物などが招く「食事性便秘」もあります。
 いずれにしても便秘の原因は、主に大腸の排出機能の停滞。大腸の働きが活発でないことです。
 ランニングをすると、大腸に刺激を与えて、排出力を回復させることができます。
 私は、ランニングするとき、必ずティッシュを携帯します。どこにトイレがあるのか、把握しておくことも大事です。

 ともかく、肛門を閉め、一刻も早くゴールへ。脚の回転が速くなります。周りを見る余裕もありません。
 薄氷を踏む思い、暑さによる汗と冷や汗とが混ざり合った状態です。

 フィニッシュラインを越えると、すぐにチップを取ってもらい、記録証を手に、一目散でトイレに駆け込みました。
 トイレが使用中でなかったのも、ラッキーでした。トイレが一つも開いてなかった、というのも悲惨ですから。
 スッキリしました。楽になりました。こんな開放感は他にありません。

 なんとか1時間以内でゴールできたのは、便意のおかげでした。

 ハーフマラソン参加者は全員が完走し、男子30歳代でDIさんが1時間20分52秒で7位入賞、女子でNSさんが1時間38分29秒で4位入賞しました。

種目:10km男子50歳代
記録:59分17秒
(ネットタイム 58分44秒)
申込み:68人
順位:28位
使用シューズ:MIZUNO GX
  

Posted by まつぼっくり at 23:33Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年07月27日

192 第29回やぶはら高原マラソン(県庁クラブ合宿1日目)

◆2015年7月18日(土) 雨時々曇

 今年の合宿参加者は15人。50代4人、40代2人、30代7人(うち女性1人)、20代2人と、若い人が多くなりました。私は上から2番目の年寄りです。
 OBのSHさんは法事が重なって、部長のMTさんは体調不良のため、参加できないとのこと。アルコールに強くて賑やかな2人がいないと、寂しい合宿になってしまいます。

 毎年、昼食場所として利用してきた道の駅「きりら坂下」の蕎麦屋さんが閉店してしまったため、道の駅「賤母」で、大曽根駅発のプリウスと刈谷駅発のノアが落ち合いました。
 9人が揃いました。あとの6人は各自現地に集合します。東京で学会に出席していた医師のDFさんは電車でやって来ます。

 レストランで温かい天ぷらそばを注文。初めて入った店ですが、そば処信州らしいコシのあるそばで美味しかったです。

 午後2時過ぎ、会場の木祖村こだまの森に到着。雨が降ってきました。受付を済ませ、民宿「やぶはら高原山の家」に向かいました。
 雨は一段と強くなりました。例年行っている味噌川ダムまでのランニングは中止です。それでも、元気なメンバー3人が走りに行きました。

 時間がたっぷりあるので、食事前に入浴とします。
 同部屋のTAさんは、私と同い年。31年前のホノルルマラソンで知り合った仲です。

 かつて名古屋の八事に『The Jog コジマ』というランニングショップがありました。年配のランナーならご存じでしょう。
 そのショップが企画したホノルルマラソンツアーに参加し、ホテルで同部屋となったのが彼でした。そのとき初めて同じ県職員であることを知ったのです。
 その後2人とも県庁陸上クラブに入り、ランニングを続けています。

 彼は禿げているわけでもないのに坊主頭です。頭を洗う彼を見て聞いてみました。
 「頭はどれくらいの間隔で刈るの?」
 「ちょうど2週間と決めてるんです」
 「誰かに刈ってもらうんですか?」
 「嫁さんにやってもらうんですよ」
 「節約できて良いですね」
 「今、床屋代はいくらなの?」
 「以前、知り合いの床屋に行っていたときは3,300円だったけど、そこが廃業しちゃったので、今は安い所に行ってるんです」

 民宿の夕食は今回も充実しています。チキンの塩焼き、鮭のホイル焼き、野菜たっぷりのトマトスープなどなど。そして自家製の漬け物。美味しいおかずで、ご飯が進みます。

 食事後、一部屋に集まって、ビールを飲みながらのおしゃべりタイム。記録を狙う若い人たちは練習方法やコンディションを話し合いながら、盛り上がっています。
 私はアルコールで眠くなったので、早々に自分の部屋に戻りました。
 午後9時半、布団に入りました。最年長のHWさんは、既にいびきをかいて寝ていました。
  

Posted by まつぼっくり at 23:37Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年07月22日

191 スポーツの効用

◆2015年7月16日(木) 雨のち曇

 人間は、例外なく、いつか死ぬものです。

 「ピンピンころり」
 病気せずに健康で平均的な寿命まで生き抜いて、この世を終える。
 これが理想の臨終の姿でしょう。

 私は楽しむためにサイクリングやランニングをやっています。健康目的でやっているわけではありませんが、結果として、スポーツは、外部環境の変化に抵抗できる体力を維持向上させ、加齢に伴う能力の低下を防いでくれるものです。

 適切なスポーツをやっていれば、体を構成している器官の機能は正常に保たれます。
 具体的には、
  心肺機能の強化
  肥満防止
  糖尿病の予防
  免疫機能の強化
などの効果が期待できます。

 複雑、多様化し、多忙な現代社会では、ストレスによって心身の異常が多発しています。スポーツがストレス解消の最高の場となることは、私自身実感しているところです。

 私のような50代後半のおじさんには身体機能の発達向上は望めませんが、少なくとも機能の衰えの鈍化には役立っていると思いますし、心身ともにフレッシュになることは間違いありません。

 エドワード・スタンレイ伯爵曰く、
「スポーツや運動をする時間が無いという人は、やがて病気のために貴重な時間を失う」。
  

Posted by まつぼっくり at 22:26Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2015年07月20日

190 Jリーグ第2ステージ第2節(vsガンバ大阪)

◆2015年7月15日(水) 晴

 昨年のJリーグチャンピオン、ガンバ大阪との一戦。強豪相手に勝ち点3は難しいか。
 案の定、前半で2失点。グランパスの動きも悪くはなかったのですが、ガンバ大阪の巧みなパスワークに翻弄されました。
 ああ~、今日も負けかぁ~。

 ところが、今日のグランパスはいつもと違いました。勢いがありました。
 後半、開始早々、ゴール前の混戦の中から永井が1点を返しました。そして、30分に闘莉王がPK決め、同点に追いついたのです。
 負けはなくなりました。
 もしかしたら、勝てるかも。

 そして、後半36分、川又が決勝ゴールを決め、逆転したのです。
 ゴール裏は、大歓声で、異常なほど盛り上がりました。
 このまま逃げ切れ!

 アディショナルタイムをしのぎきり、今季初の逆転勝利。2点差をはね返し、後半だけで3得点。信じられません。
 今日のような攻撃の形を、次も、その次も続けていってもらいたいものです。
  

Posted by まつぼっくり at 22:42Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2015年07月18日

189 なごやリバーサイドサイクリング下見走行

◆2015年7月12日(日) 晴

 8月8日に予定している探訪あいちの下見に行きました。
 荒子川公園から庄内川、新川沿いを走って、キリンビール名古屋工場を訪れる、往復34kmぐらいのコースです。

 キリンビール名古屋工場見学は、3年前にも実施しましたが、暑い夏にピッタリの場所ですし、前回好評だったので、コースを変えて計画することにしました。

 自宅から荒子川公園まで10km、45分。そこから荒子川沿いを北上し、東海通で左折、明徳橋を渡りきった信号を右折し、下之一色に入ります。
 下之一色は庄内川と新川、そして国道1号線に挟まれた細長い三角形の土地です。かつて漁港だった魚市場と商店街があります。

 庄内川河川敷道路を北上し、豊公橋を渡って新川沿いをさらに北上すると、左手にキリンビール名古屋工場を見えてきます。

 「工場見学の予約に来ました」
守衛さんに告げると、
 「自転車は駐輪場に停めて、どうぞお入りください」
と柔和な顔で案内されました。

 受付カウンターで綺麗なお姉さんに説明を受け、手続きを取ります。
 「自転車の方にはビールをご提供できないので、ノンアルコールとなります」
 「承知しています」

 続いて、レストランにも席の予約をしておきました。夏休み中は混雑するので、メニューも決めておいてもらった方が早く食べられるとのこと。参加者の好みもあるので、後日電話で注文することにします。

 「見学の日をお待ちしております」
 帰りも守衛さんがにこやかな笑顔であいさつされました。ビールを飲んだあとのような爽やかな気分になりました。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:46.2km
走行時間:2時間36分
  

Posted by まつぼっくり at 08:43Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年07月16日

188 瑞穂区一万歩コースJOG その3

◆2015年7月11日(土) 晴

 下山町、密柑山町、岳見町などの町名が示すとおり、瑞穂区一万歩コースはアップダウンが多く、平坦な道が少ないのが特徴です。
 坂道の練習にはもってこいのコースと言えましょう。

 一万歩コースを走り終え、山崎川沿いを走っていると、
 「前年度優勝校、東邦高校!」
 瑞穂野球場から、女性のアナウンスが聞こえてきました。
 今日から夏の甲子園の愛知大会が始まり、開会式の入場行進が、ちょうど挙行されていました。球場の回りには、各校の球児達が待機していました。
 昨日までの梅雨空が晴れ、球音とともに、暑い夏が始まったのです。

使用シューズ:asics T3
走行距離:11.8km
所要時間:1時間27分
  

Posted by まつぼっくり at 22:54Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年07月12日

187 ツール・ド・あいち 第17回ヒルクライム神坂峠

◆2015年7月5日(日) 雨のち曇

 朝5時、自宅発。
 国道19号をひたすら走り、7時5分に集合場所のクアリゾート湯船沢の駐車場に到着。スピード違反に注意しなければならないほど、とてもスムーズに来られました。
 名古屋で降っていた雨も、中津川では上がっています。

 さあ、朝食を取ろう、とバッグを開けたら、
 パンがない!
 飲み物とバナナは冷蔵庫から取り出してバッグに入れたのに、テーブルの上に用意していたパンを入れ忘れたのです。
 仕方なく、落合交差点のコンビニまで戻っておにぎりを買ってきました。

 本日は、天候の所為か、45人と寂しい参加者です。申込締め切りの水曜日まで、雨の予報だったので、敬遠した人が多かったのでしょう。

 「今日は絶好の天気です。暑さでバテないですから」
 事務局長のあいさつのとおり、かなり涼しい。
 国道沿いの温度計は「17℃」を表示していました。

 午前9時、最後尾からスタート。後に誰もいなければ、抜かれることはないですから。
 ただし、スタッフの事務局長さんやFOCUSの山田さんたちは、全員が出発してから走り出すので、途中で追い抜かれてしまいます。

 2kmも走らないうちに、前方にはGIANTのMTBの方一人になってしまいました。参加者が少ないと言うことは、実力のある人ばかりが揃っていると言うことに他なりません。

 標高1569mの神坂峠まで、標高差1132m、平均勾配8%の坂道をひたすら上っていくコース。距離は14.5kmと、平地ならたいしたことはないですが、ヒルクライムだとそうはいきません。
 私のビアンキは48-36-26Tのトリプルギアです。5kmも行かないうちにインナーギアにシフトしてしまいました。
 普通の人ならコンパクトドライブの34Tでも十分に登れるのでしょうが、脚力のない私では足がつってしまいます。
 最近のロードコンポーネントは、11速になって、トリプルクランクがなくなりました。シマノでもTiagra以下のグレードのみになっています。次にシクロクロスを買い替えるとしたら、対応できるデュアルコントロールレバーが限られてしまうことになるでしょう。

 一人旅が続きます。でも、他の人のペースに影響されることなく、自分のペースでペダリングできるし、コースを貸し切っているかのようで、これはこれで気分が良いものです。

 下山の人が一人二人と下りてきました。
 「お疲れ様でした」
 速い人は私の半分以下のタイムで上りきます。

 見慣れたコンクリートの壁面が見えてきました。峠の頂上です。
 41番目のゴール。なんとか2時間は切れました。ゴールしていないのは、あと4人のみ。

 山小屋でカップ麺をいただきました。
 「まつぼっくりさん、息が上がってないですね」とIさん。
 「そりゃそうですよ、ゆっくりですから」
 天候にも恵まれ、ハァーハァー、ゼェーゼェーすることはありませんでした。ただ、腰は痛いですね。

 下山は、FOCUSの山田さん、トッシーさん、kuwanaさん、Hさんたちと5人の集団となりました。下りは事故やパンクのおそれがありますので、慎重に行かなければなりませんが、ちょっとゆっくり過ぎてブレーキレバーを握る手がしびれてきました。手の感覚がなくなって、かえって制動が効かなくなります。
 これは危ない。
 4人には先に行ってもらい、しばらく休んで、再び自転車に跨がりました。それでもすぐに4人に追いついてしまいます。3、4回これを繰り返しました。
 結果、クアリゾートには5人揃って到着しました。

 クアリゾート湯船沢の玄関には
 「愛知県サイクリング協会御一行様」の白字に黒い看板が。
 通常800円のところ、500円で温泉に入れるのです。
 汗と疲れを洗い落として、帰宅の途に就きました。

使用自転車:Bianchi シクロクロス
走行距離:14.6km
走行時間:1時間46分
(9時スタート、10時46分ゴール)
トータル走行距離:30.6km
トータル走行時間:2時間51分
  

Posted by まつぼっくり at 22:19Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年07月10日

186 瑞穂区一万歩コースJOG その2

◆2015年7月4日(土) 曇のち雨

 予報では一日曇でしたが、空には黒い雲が多かったので、ランニングにしました。
 昨年の8月以来、久しぶりに瑞穂区一万歩コースを走りました。坂道が多いので、やぶはら高原マラソンの予行演習になります。

 コース1周後、山崎川沿いを走っていたら、雨がポツポツ。予報を信じて自転車で出かけていたらビショビショになるところでした。

 今の季節、日中の暑いときは避け、午前中の速い時間帯か、夕方に走ります。
 私は、早朝や夜には走りません。

 寝起きに走るのは控えた方が賢明です。早朝は、まだ体温が上がっておらず、脳も完全には目覚めていないため、筋肉や神経に指令が伝わりにくく、体がスムーズに動かない状態だからです。加えて、血圧も不安定で、脳卒中や狭心症などを起こしやすいとも言われます。

 また、夜走るのは、激しい運動で体温が上昇し、体の内部(深部)の体温が下がらなくなって、寝付きにくく、熟睡できなくなります。眠りの質が悪くなると、体調を崩す原因になりかねません。それに暗い中で走るのは、何かに躓いたりして、ケガや捻挫などの故障を誘因するおそれがあります。

 若いときはいつ運動しても影響は少ないでしょうが、中高年になったら、運動する時間帯にも配慮したいものです。

使用シューズ:MIZUNO GX
走行距離:11.8km
所要時間:1時間33分
  

Posted by まつぼっくり at 22:49Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年07月08日

185 県庁陸上クラブ総会

◆2015年7月1日(水) 曇のち雨

 OB4人、現役27人が出席しての総会がアイリス愛知にて盛大に開催されました。

 今年はビッグニュースがありました。
 去る5月23日の企業対抗駅伝2015大阪大会、そして、6月7日の豊川リレーマラソン2015で県庁クラブが優勝したのです。
 総会冒頭、優勝メンバーが紹介され、優勝トロフィーが披露されました。
 今まで、個人で優勝した部員はいましたが、駅伝で優勝したのは長いクラブの歴史の中で初の快挙です。

 最近、学生時代に陸上を経験した若い人が入部するようになり、競技レベルがぐっと上がりました。頼もしい限りです。
 OBのMKさん曰く、「もし、名岐駅伝が今もあったら、良い成績を収められたのになあ」
 若い部員には、西濃駅伝や中山道・東濃駅伝などで上位に食い込めるよう、さらにレベルアップしてもらいたいものです。
  

Posted by まつぼっくり at 23:33Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年07月06日

184 ツール・ド・あいち 第1回ロングライド渥美半島

◆2015年6月28日(日) 晴

 ツール・ド・あいちリニューアル第2弾。師崎・伊良湖間のフェリーが廃止されたため、伊勢・三河湾一周ができなくなったことによるものです。

 豊橋の万場調整池を発着点として、渥美半島を反時計回りに一周するのがノーマルコース。さらにそこから浜名湖一周をプラスするのがロングコースです。

 梅雨の季節にもかかわらず、しっかりと晴れました。しかし、しかし、草木がなぎ倒されるような強風です。
 西か、南西からの風でしょうか。ペダルを回しても押し返されるような感じでなかなか前に進みません。ときに横風になると、倒れそうになります。ここまで強い風は初めてです。

 速い人の姿は既になく、三河港大橋を渡り終えると、どんどんちぎれていきました。
 気づくと、男性一人と女性二人のグループの後に付いていました。振り向いてみると、後方には誰もいません。
 男性のバイクはわかりませんでしたが、女性はビアンキとスペシャライズドでした。嵐のような凄まじい風の中、3人に引いてもらうような形です。

 江比間を過ぎた辺りで、3人はコンビニに入りました。私はそのまま通過。単独走行になりました。
 しばらく進むと、前方に1台。がっしりた体に、逞しい足。誰かと思ったら、介護士のお冨さんでした。
 「すごい風ですね」
 「なかなか進みませんね」
 骨川筋右衛門の私は風に飛ばされるでしょうが、彼女ならびくともしないかも。

 萌えキャラの泥よけを付けたMTBの男性を追い抜き、風と格闘しながらペダルを回します。エネルギーの消耗がいつも以上に激しい。

 10時8分、伊良湖クリスタルポルト到着。
 用を足し、スポーツゼリーでエネルギーを補給。ストレッチでこわばった筋肉をほぐし、後半に備えます。
 少し遅れて到着したフェルトの方が、「風に負けました。ロングに行くつもりだったけど、やめます」と、疲れた一言。

 ここからは、東進。伊良湖ビューホテルや恋路ヶ浜を眺めながら、3つ、4つアップダウンを乗り越えると、道は平坦に。
 伊良湖まではアゲンストだったのが、一転、斜め後方からの追い風に変わりました。
 何ともスムーズで快適なペダリング。背中を押されるような感じで気持ちよく走れます。時速35km前後のスピードがキープできるのですから、風の影響がいかに大きいことか。

 赤羽根の辺りで、前方に見慣れた後ろ姿が目に入りました。インターマックスのオカポンさんです。
 徐々に近づいて、そのまま付かせてもらいました。
 しばらくは気づかれませんでしたが、信号待ちで振り向いて「あっ、まつぼっクリさん」

 豊橋市城下交差点を左折。
 オカポンさん「この信号でよかったっけ」
 「ここでいいはずですよ」
 そのまま北上するのですが、またしても向かい風。あと少しなのに、最後の試練なのでしょうか。ハンドルが揺れてふらつかないよう、がっちり握ります。
 「万場緑地」の標識を右折し、調整池の南側道路を進むと、サイクリング協会のオレンジの幟が見えてきました。
 ゴールです。
 なんとかお昼前に到着できました。
 伊良湖までが2時間8分、伊良湖からが1時間17分。50分も短縮できました。

 せっかく豊橋に来たのだから、豊橋カレーうどんを食べて帰ろう。
 万場調整池に一番近い「砂場 大清水店」に行ってみました。
 駐車場はほぼ満車。店の中にも順番を待つ行列がありました。
 これでは帰りが遅くなってしまう。

 次に向かったのは「そば源」。今度は店に入れました。混雑していましたが、それでもすぐに席に案内されました。

 通常のカレーうどんは、カレーのルーが残るものです。残ったルーも食べてもらえるように工夫されたのが豊橋カレーうどんです。
 豊橋カレーうどんは、
①自家製麺を使用する
②器の底からごはん、とろろ、カレーうどんの順に入れる
③豊橋産ウズラの卵を使用する
④福神漬又は壷漬・紅しょうがを添える
⑤愛情を持って作る
の5箇条を守らなければなりません。

 豊橋カレーうどんの最上級を目指したという「そば源」のそれは、ご飯の部分がチャーハンで、海老フライとウズラの卵のフライがトッピングされた逸品です。値段も972円(税込み)と他の店に比べて少し高めですが、それだけの価値はあると思います。
 ただ、店員さんが私の注文を忘れて、20分以上待たされたのには、閉口しましたが、200円引きにしてくれたので、チャラとしましょう。

使用自転車:Panasonic POSロード
走行距離:74.6km
走行時間:3時間27分
所要時間:3時間52分
(8時スタート、11時52分ゴール)
  

Posted by まつぼっくり at 22:11Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年07月04日

183 山崎川JOG その19

◆2015年6月27日(土) 曇

 夜明け前まで降っていた雨も上がり、アウトドアでの活動ができそうです。
 路面が濡れているので、自転車はやめてジョギングにします。

 ランニングのときはサイクリングのときよりも呼吸を意識します。
 私の場合、息を吐く方に力点をおいて、ハッハー、スッスーと二呼吸ずつで繰り返します。そうすると、自然に酸素を取り入れることができるからです。「呼吸」という漢字を見ても、息を吐く意味の「呼」が最初にきて、「吸う」が後にあるのも、自然の道理を表しているからでしょう。

 人が「生きる」ということは、「息をする」ということです。「死ぬ」ことを「息絶える」とか、「息を引き取る」とも言います。人は起きているときはもちろん、眠っているときも呼吸をしています。息が止まったときが死の時なのです。
 人間は1週間ぐらい飲食物を取らなくても死にません。しかし、10分でも息を止めていれば、人間は死んでしまうでしょう。人間にとって呼吸は最も重要な生命活動なのです。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:10.8km
所要時間:1時間37分
  

Posted by まつぼっくり at 20:47Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年07月03日

182 山崎川JOG その18

◆2015年6月21日(日) 曇

 午前中は激しい雨でした。
 夕方、山崎川へ。

 走り始めると、ハムストリングス(太ももの裏側にある大きな筋肉)が痛くなってきました。続いて、大腿直筋も痛くなってきました。
 昨日、久しぶりに走ったのがいけなかったのでしょうか。
 ジョグ&ウォーキングに切り替えました。
 無理せず、楽しく、息長く、がモットーですから。

使用シューズ:adidas サヴィーノライト
走行距離:6.1km
所要時間:56分
  

Posted by まつぼっくり at 23:29Comments(0)TrackBack(0)ランニング