2015年08月31日

208 山崎川JOG その21

◆2015年8月28日(金)  雨時々曇

 夏季休暇を取って、今度の中部日本サイクリング大会(愛称「おいなぁ、サイクリングin知多半島」)のコース下見に出発しました。
 ところが、家を出て2kmも行かないところで、雨が降り出してきました。天気予報では曇だったのに‥‥‥ 仕方なく、家に引き返しました。雨はその後、強くなりました。
 せっかく休みを取ったのに残念です。

 夕方になって雨は上がったので、山崎川にジョギングに行きました。
 自分の他に走っている人は2人だけでした。

 ところで、体を動かし、汗をかくことは、夏バテ解消に効果的です。
 汗をかかずに毎日を過ごすと、発汗機能がどんどん衰えてしまいます。発汗機能が衰えると、体温調節が難しく、体の中に熱がこもってしまい、熱中症の初期症状が現れたりすることもあるそうです。発汗機能低下を防ぐため、運動で汗をかくことはとても重要なことです。

 そして、夏バテ解消には、快眠が欠かせません。冷房をかけて寝る人も多いようですが、私の場合、冷房をかけると体が冷えて、かえって体調がおかしくなります。私は氷枕やアイスノンで後頭部を冷やして寝ています。体はいくら熱くても、頭に溜まった熱を取ることで快適な睡眠がとれるのです。

 暗くなってきたので短い距離しか走れませんでしたが、心地よい汗が流せました。

使用シューズ:adidas サヴィーノライト
走行距離:7.1km
所要時間:53分
  

Posted by まつぼっくり at 22:21Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年08月30日

207 浅野祥雲の作品を訪ねて 日進市下見 その2

◆2015年8月23日(日) 晴

 9月6日実施予定の探訪あいちに備え、下見走行に出かけました。
 今回のコースに、今年6月1日に開館した「旧市川家住宅」を加えようと、現地を訪れてみました。
場所は、日進市役所の西で、県道58号線沿いにあるので、すぐにわかります。

 市川家は、江戸時代後期、約250年前に建てられた農家で、最近まで子孫が生活していたそうです。
 ご主人が亡くなって、未亡人となった奥さんが日進市に寄付したとのこと。
 日進市は、木の板張りなど当時の建材を活かしながら、改修・耐震工事を施しました。

 木曽馬を飼っていた馬屋や、かまど、はたおり機などが残されていて、江戸時代の昔に思いをはせることができます。
 平成25年12月に文化庁の登録有形文化財(建造物)になっており、一見の価値はあると思います。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:41.5km
走行時間:2時間13分
  

Posted by まつぼっくり at 23:34Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年08月29日

206 Jリーグ第2ステージ第8節(vsFC東京)

◆2015年8月22日(土)午後 晴時々曇

 今日のFC東京は、日本代表のDF森重真人や太田宏介を出場停止やケガで欠いています。ベストの布陣ではありません。
 戦力的には優位なはずなのに、結果は0対0のスコアレスドロー。情けないです。

 特に気になるのが、ボールを奪われた選手が相手を追いかけないこと。カウンターを受けた際、誰も素早く自陣に戻らないこと。相手のシュートやパスを防ごうと、体を寄せないこと。
 攻撃の場面でボールを保持した選手のサポートに誰も行かないこと。こぼれ球を狙って走り込む選手がいないこと。動きながらパスを受けることが少なく、立ち止まって受けるので、相手にカットされやすいこと。
 パスの出し手と受け手の呼吸が合わず、連携もとれていません。
これでは厚みのある攻めができないし、相手にボールを回されてしまいます。

 夏場で疲れもあると思いますが、観客が興奮するような試合展開を望みます。
  

Posted by まつぼっくり at 21:34Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2015年08月28日

205 山崎川JOG その20

◆2015年8月22日(土)午前  曇

 50歳代後半になり、加齢による身体機能の衰えを実感するようになりました。
 腰や膝の痛み、足のしびれ、目のかすみ、肌のかさかさ・乾燥、などなど。
 自然の摂理で仕方のないこと。受け入れざるを得ません。

 ある学者が、”貯筋”を勧める記事を読んだことがあります。貯金は使えば無くなるが、筋肉・筋力は使わないと衰えて、なくなってしまう、ということだそうです。

 そんな訳で、短い時間でしたが、”貯筋のすすめ”を実践しました。

使用シューズ:adidas サヴィーノライト
走行距離:6.1km
所要時間:47分
  

Posted by まつぼっくり at 20:31Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年08月27日

204 Jリーグ第2ステージ第7節(vs松本山雅FC)

◆2015年8月16日(日) 晴時々曇のち雨

 昨年11月以来、久しぶりのアウェイゲームの観戦です。
 せっかく松本まで行くのだから、観光もしようと、途中の中山道・奈良井宿に寄りました。

 奈良井宿は約1kmにわたって町並みを形成する日本一長い宿場町です。天保年間(1830~1843年)に建てられた漆櫛問屋の屋敷、昭和初期まで旅籠として使われていた建物など江戸時代の風情がそのまま残っています。昭和53年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

 私は古い町並みや建造物が好きです。心が落ち着いて、ゆったりした気分になれます。長い年月をかけて熟成された独特の風合いに魅了されるのです。
 新しい物は、お金を出せばすぐに買えます。でも、古い物は簡単には買えません。

 日曜日とあって、観光客もたくさんいました。
 私たち家族は、『駒屋』で団子を食べました。

 朝6時20分に家を出て、ちょうど6時間で松本平広域公園の駐車場に到着しました。すぐ横は信州まつもと空港です。
 夜6時のキックオフだというのに、たくさんの松本山雅サポーターがやって来ています。
 少し年配のサポーターの方に、スタジアムまでどれくらいかかるのか聞きました。
 「10分ぐらいです。私の息子は名古屋にいるんですよ」

 入場待機列にシートをおいて場所を確保し、近くにあった『味処 芭瑠酣(バルカン)』で、日替わり定食を食べました。刺身、ホタテのフライ、小鉢二品、ご飯、漬け物、味噌汁で1,080円。お値打ちで美味しかったです。
 店主が「松本の水は旨いですよ」と水差しをカウンターに置いてくれました。
 確かに美味しいです。何杯も飲んでしまいました。

 山雅サポーター御用達の店のようで、店内は緑のユニフォームを着た人たちでいっぱいです。店の人によると、ここで食事をすると、試合終了まで店の駐車場に車を停めておくことができるそうです。

 フォールディングバイクを組み立て、松本観光に出発しました。行く当てはありません。スタジアムのスタッフに尋ねたら、松本駅までは8kmぐらいとのこと。

 中心街に向かって走っていると、「松本城」の案内標識が目に入りました。
「よし、行ってみよう。」

 案内矢印を頼りに、そして復路のことも考えて、イトーヨーカドーやコンビニなど目印をチェックしながら、ペダルを回します。こんな時、サイクルナビゲーションがあれば便利なんでしょうね。
 松本城に誘う最後の道には、自転車専用帯がペイントされていました。とてもわかり易いです。

 松本城の前に観光情報センターがありました。地図をもらおうと訪ねたら、ボランティアのおじさんが、「中町通りにも行ってみてください。蔵のある街で、見所が多いですよ」と、地図と観光リーフレットをくれました。
 「ありがとうございます」
 地図をバッグにしまい、一服しようとペットボトルを取り出し、飲んでいると、先ほどのおじさんが、
 「目の前に『大名小路井戸』があるので、飲んでみて。冷たくで美味しいですよ」
 滾々と湧き出る水を飲んでみました。
 本当に冷たくて旨い!
 松本の水は最高です。

 松本城は、文禄(1593~1594)年間に建てられ、戦国時代そのままの天守が保存されています。五重六階の天守としては日本最古のものだそうです。
 昭和11年、国宝に指定され、姫路城、彦根城、犬山城とともに四つの国宝城郭のひとつです。

 それから、松本城の北にある旧開智学校へ行きました。1873年(明治6年)、文明開化時代に建設された洋風の小学校校舎です。1961年(昭和36年)に重要文化財に指定されました。

 時間があれば、観光情報センターで紹介していただいた中町通りにも行ってみたかったのですが、今回は断念しました。

 スタジアムに戻る途中、緑色の派手なバスに追い抜かれました。松本山雅の選手達を乗せたチームバスです。

 松本平広域公園総合球技場「アルウィン」は新しい球技場ですが、少し配慮が足りません。
 一つはトイレの数が少ないこと。アウェイ側スタンドには1箇所だけで、小便器が6器か7器しか無かったと思います。ハーフタイムには長い行列ができました。人が集まる場所で一番重要なのは十分な数のトイレがあることです。人間の生理現象を素早く、快適に処理できることが、良い施設の条件と言えるでしょう。
 二つ目は雨や直射日光をしのぐ場所がないこと。スタンドはともかく、通路に屋根はありません。雨の日は待避場所がない状態です。これは辛いです。

 Jリーグクラブライセンス制度における施設基準では、
① スタジアムの入場可能人員がリーグの規定 (J1は15,000人、J2は10,000人)を上回っていること
② スタジアムの観客数1,000名あたり、洋式トイレ5台以上、男性用小便器8台以上を備えていること
③ スタジアムに観客席の3分の1以上または観客席すべてを覆う屋根を備えること
となっています。

 スタジアムの周辺に飲食店やコンビニが少ないため、屋台の出店が多いのは助かります。ただ、こういう所の食べ物は内容や量の割に値段が高いです。夕食におでんと豚まんを買いましたが、500円と350円でした。

 さて、山雅サポーターの大声援の中、試合が始まりました。
 人口24万人の松本市で17,442人もの入場者数ですから、人口の7%以上の人たちがスタジアムに集結することになります。名古屋では1%も集まらない訳ですから、その熱心さがわかります。

 グランパスは何度かゴール前まで攻め込むものの、シュートまで持ち込めず、攻めあぐねる展開です。松本はロングボールを放り込んでシュートを打ち込んできます。危ない場面が何度もありました。
 サポーターから「なにやってんだ!」「しっかりしろ!」の声。
 しかし、松本のシュートは枠の外ばかり。精度の無さに救われました。

 矢田旭のゴールを守りきって、1対0。名古屋の辛勝でした。

 戦いが終わって、名古屋サポーターから
 「ハユマ! はゆま!」
のコールが起きました。元名古屋の田中隼磨へのコールです。自らチームを去った訳ではないので、今でも名古屋サポーターから愛され続けています。チーム事情があったにせよ、放出して欲しくなかった選手です。

 アウェイゲームでの勝利が気持ちが良いのは、圧倒的なホームサポーターの前で勝利のパフォーマンスができることです。
 「名古屋は良いお土産になったなあ」
 「J1残留は厳しいなあ」
 「これから上位陣と当たる。奇跡が起きないと‥‥」
 山雅サポーターの会話が聞こえてきました。

 山雅の選手の皆さん、山雅サポーターの皆さん、来年も松本に来られるよう、残留に向けてがんばってください。

使用自転車:TREK F600
走行距離:27.5km
走行時間:1時間46分
  

Posted by まつぼっくり at 23:12Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2015年08月23日

203 Jリーグ第2ステージ第6節(vs横浜F・マリノス)

◆2015年8月12日(水) 晴

 今日は、朝型勤務で、7時45分出勤、午後4時30分終業のはずでした。ところが、6時30分まで残業する羽目になり、キックオフに間に合わず、パロマ瑞穂スタジアムに着いたのは7時20分を回っていました。

 人気チームとの対戦とあって、スタジアムはほぼ満席。ハーフタイムに空席を一つ見つけ、後半から座ることができました。

 仕事でモヤモヤしている気分をスッキリさせてくれる試合を期待したのですが、全く精彩を欠いた内容で、気分がいっそう沈んでしまいました。

 スピードに乗ったマリノスの攻撃に対応できず、3失点の完敗。東アジアカップの日本代表だった川又堅碁と永井謙佑が、疲労を考慮されて先発を外れていた影響が大きかったのです。
 前半で2点失い、今日はだめだな、と思いました。
 後半、その2人を投入しましたが、結局1点も奪えませんでした。
 2週間の中断前は4戦負けなしだったので、残念な結果です。
  

Posted by まつぼっくり at 23:17Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2015年08月19日

202 探訪あいち・なごやリバーサイドサイクリング

◆2015年8月8日(土) 晴

 猛暑が続いています。
 見た目だけでも涼を感じてもらおうと、川沿いを走るサイクリングを企画しました。
 
 朝7時半過ぎ、キャノンデールF700に跨がり自宅を出発。
 あおなみ線・荒子川公園駅前に到着すると、集合時間まで30分以上あるというのに、JD翁K原さんが待っていました。私と同じ瑞穂区の人で自走で来たとのこと。久しぶりの参加です。70歳で柔道連盟の役員をしながら、常勤で働いていらっしゃる。羨望と尊敬の念に駆られます。

 鉄のGIOSさんは守山区から自走で出発したところ、高校生の自転車とぶつかって前のホイールが変形し、再度自宅に戻って交換したとのこと。大きなケガもなく、間に合って到着して良かったです。
 荒子川公園駅から現れたくらぽんさんは、輪行袋からDOPPELGANGERのフォールディングバイクを取り出していました。

 6人揃ったところで、参加者紹介、コース説明をして、9時過ぎに出発しました。

 最初に荒子川沿いを北上し、東海通で左折、明徳橋を渡りきった信号を右折し、下之一色に入ります。
 下之一色は庄内川と新川、そして国道1号線に挟まれた細長い三角形の土地です。
 最初の探訪先は「下之一色魚市場」です。昔、ここは漁港でした。江戸時代には魚行商の起点として「名古屋の台所」と位置づけられ、そして、魚師の町として栄えたそうです。ところが、伊勢湾台風をきっかけに防潮堤が整備され、漁業は廃れていったのでした。

 続いて、下之一色商店街。その中心部に銭湯があります。大正ロマン漂う立派な建物で、
 『湯スビヱ』
と右から始まる横書きの文字が時代を物語っています。

 かつて、魚市場には、伊勢湾で捕れた魚が並び、活気に満ちあふれていたに違いありません。ヱビス湯では、仕事を終えた魚師達が汗を流し、商店街には、物を求めて魚師やその家族が集まって来たのでしょう。
 商店街に、今はその面影はありません。漁業の衰退とともに、商店街もその役割を終えたのです。
 魚市場は、現在も他所で採れた魚をトラックで運んで来て、細々と市を営んでいるようです。

 一色大橋を渡って、庄内川河川敷道路に下ります。ちょうど、名古屋市消防局の消防車が停まっていて、なにやら訓練を行っていました。ここの土手には現在も松林がありますが、かつてこの一帯は水泳場でした。
 JD翁K原さんは、現役の警察官だった頃、庄内川で許可なく訓練を行って、国の管理事務所にお叱りを受けた思い出を語ってくれました。

 河川工事で通行止めになっている柵を乗り越え、北上します。
 新前田橋で、Kuwanaさんが合流しました。これで予定の7人となりました。

 万場大橋から新大正橋にかけては、野球場やサッカー場、ゴルフの練習場があります。同朋高校の野球グランドでは、山梨県の市川高校との練習試合が行われていました。夏の甲子園真っ直中のこのとき、地区大会で敗れた球児達は次を目指して汗を流していました。

 グランドの付近は舗装されていません。その所為でしょうか、鉄のGIOSさんの後輪がパンクしました。アクシデントが重なり、災難でしたね。

 豊公橋を渡って新川沿いをさらに北上し、新川大橋を左折すると、目的地のキリンビール名古屋工場です。
 キリンビール名古屋工場見学は、2012前の夏にも探訪あいちで実施しましたが、ビールや清涼飲料水が無料で飲めるので、暑い夏にピッタリの場所です。
 工場では、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べや、麦芽の試食、キリン一番搾りの製造工程の見学ができます。
 名古屋工場には106本の醸造タンクがあるそうです。1本のタンクは高さが23mあって、一人の人が350ミリリットル缶を毎日1缶飲むとすると、4千年かかるという容量があります。
 それでも多い日には1日で3本の貯蔵タンクが空になるというのですから、いかにビールが消費されているかがわかります。
 見学ツアーガイドのお姉さんの「貯蔵タンクのビールの消費にご協力ください」の一言に、見学者から笑いがこぼれました。

 工場見学のあとは、お楽しみの試飲タイムです。もちろん、自転車でアルコールは御法度。私たちは、ノンアルコールビールで我慢しなければなりません。車両(自転車)を運転しなければ、一番搾りか一番搾りプレミアムが3杯まで飲めるのですが……
 それでも、「キリンパーフェクトフリー」や「小岩井純粋リンゴ」「キリンレモン」などが無料で飲めたのですから満足です。
 おつまみにいただいた工場限定のビール酵母入り「柿の種」が美味しくて、お土産に購入しました。

 工場内にある『BREWER'S HOUSE(ブルワーズハウス)』にて昼食。
 満席でしたが、あらかじめ席と本日のランチ(ハンバーグランチか海老フライと串カツのランチ)を予約しておいたので、スムーズに美味しく食べることができました。

 冷房の効いたレストランから出ると、サウナに入ったかのような暑さです。
 復路は向かい風でしたが、これが冷却作用となって幸いでした。

 皆さん、暑い中お疲れ様でした。家に帰ったら、アルコールの入った美味しいビールで喉を潤し、火照った身体を冷やしてください。

サイクリングコース 
荒子川公園(午前9時)→〔荒子川沿い〕→ 明徳橋 → 下之一色魚市場・商店街 → 一色大橋 →〔庄内川緊急河川敷道路〕→ 豊公橋 →〔新川沿い〕→ 名鉄新川橋駅 → 新川大橋 → キリンビール名古屋工場〔見学11:10~12:20、昼食12:30~〕→〔往路と同じ〕→ 荒子川公園・解散(午後2時5分)
距離:約38km
高低差:7m
所要時間:5時間5分

使用自転車:cannondale F700
走行距離:59.6km
走行時間:3時間15分

参加者
JD翁K原さん、鉄のGIOSさん、
くらぽんさん、Kuwanaさん、
ミシガンさん、HNさん、幹事  計7人

参加者の声
<kuwanaさん>
本日は途中参加、途中離脱で失礼しました。
距離は短かったですが、工場見学を充分に楽しめました。
次回もよろしくお願いいたします。

<ミシガンさん>
いまも開いている魚市場とその廃墟、昭和初期?の銭湯跡といった廃墟ツアーで昭和の名残を懐かしみ、ビール工場では超高速の充填装置に感心し、缶ビール三段つぎの立体泡に拍手。猛暑の中、参加する価値充分の探訪でした。
次の企画も楽しみにしています。まつぼっくりさん。
  

Posted by まつぼっくり at 00:32Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年08月17日

201 なごやリバーサイドサイクリング下見走行 その2

◆2015年8月2日(日) 晴

 殺人的な暑さです。実際、熱中症で亡くなる人もいるくらいだから、「殺人的」と言っても、あながち誇張表現でもないでしょう。

 暑いことを言い訳に家でゴロゴロしていてもよいのですが、やはり体を動かしたいと思いました。

 来週の探訪あいちに備え、コースの確認に出かけました。

 新前田橋の手前で河川工事が行われて、立入禁止の看板が立っていました。柵も設置されています。当日は自転車を担いで柵を乗り越えなければなりません。土日は休工しているので、注意されることはないでしょう。

 汗だくになりましたが、、心地よい疲れで、気分は良くなります。走りに行って正解でした。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:51.6km
走行時間:2時間48分
  

Posted by まつぼっくり at 21:36Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年08月15日

200 姪の結婚式

◆2015年8月1日(土) 晴

 義理の兄の娘、MEGUMIちゃんの結婚式に出席しました。
 29歳ですから、時流から言えば平均的な結婚年齢でしょう。子供は2人欲しいと言っています。少子化が云々されているご時世です。2人以上子供を産んでください。

 私が結婚したのは35歳の時でしたので晩婚です。本当はもっと早くしたかったのですが、生来の口下手と引っ込み思案の性格のため、なかなか結婚できなかったのです。行きつけの理髪店のマスターの紹介がきっかけでした。
 子供が生まれたのはその翌年、36歳の時でした。干支が同じで、ちょうど3周り違います。結果、子供は娘一人となりました。

 式場は名古屋市の高級住宅街、主税町にある「百花籠」です。「Neo Japanesque Wedding」とあるように、近代日本風の建物の中にチャペルがあるという変わった式場です。

 館内は涼しかったのですが、外は38.4℃と強烈な暑さです。教会の階段から下りてくる2人を待ち受ける間、参列者は皆、汗だくです。夏の挙式は大変ですね。

 披露宴の料理は、少し期待はずれでした。ごく平均的なレベルの内容と味です。特にデザートのケーキは甘すぎて口に合いませんでした。

 熊本出身の義姉は4人兄姉で、三重に住んでいる兄以外は、九州からの参列です。
 お兄さんは高校を卒業し、集団就職でデンソー(当時は日本電装)に入社。初めは安城の工場で、今は三重の員弁工場に勤め、来年退職とのこと。42年間の会社人生はあっという間に過ぎ、学校を卒業するまでの18年間の方が長く感じると語っていたのが印象的でした。
 娘さんと孫さんと来ていたお姉さんからは、「明日、飛行機で九州に帰るんですけど、名古屋で観光するところはないですか」と訊ねられました。
 水族館とか動物園はどこの都市にもあります。名古屋らしい所で、産業技術記念館を紹介しました。
 「行ってみようかしら」と興味を持たれたようです。

 披露宴会場から新郎新婦が退場すると、今日の式を撮影した映像がスクリーンに映し出されました。映画のエンディングと同じように、参列者一人一人の名前も流れていきました。感動的な映像を素早く編集できるものだと感心した次第です。
 小さなMEGUMIちゃんを抱く若い義兄と義姉の写真、そして、ウェディングロードをエスコートする義兄の映像に自然と涙がこぼれました。

 「明日」という字は明るい日と書きます。
 「明後日(あさって)」も「明明後日(しあさって)」も明るい日です。
 だから、未来はすごく明るい。

 二人の前途が明るい未来でありますように!
  

Posted by まつぼっくり at 21:33Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2015年08月14日

199 パブリックビューイング(vsモンテディオ山形)

◆2015年7月29日(水) 晴

 久屋大通公園もちの木広場で「スカパー!Presents 名古屋グランパスvsモンテディオ山形戦パブリックビューイング」が無料で催されました。

 会場には大画面の液晶テレビが設置され、試合会場と同じようにレプリカユニフォームを着たサポーターが集まっていました。
 妻がテーブル席を確保してくれていたので、座って観戦できます。弁当とサンドイッチを買ってきて、ちょっとビールを飲みながら、中継を待ちます。

 午後6時40分、MCの名古屋グランパススタジアムDJ YO!YO!YOSUKEさん、コメンテーターの株式会社名古屋グランパスエイトホームタウン営業部 中村直志さん、マスコットのグランパスくんが会場を盛り上げてくれ、まるでスタジアムにいるかのような雰囲気です。

 前半終了間際に磯村亮太が、鮮やかなミドルシュートをゴールネットに突き刺し、グランパスが先制。いつも黒子的な存在なのに、一躍主役に躍り出た感じです。

 後半もグランパス優勢で、川又堅碁が絶妙のトラップでゴールキーパーをかわして追加点を挙げ、そしてなんと磯村が試合を決定づける3点目のゴールを決めたのです。
 「どうしたんでしょう!? 磯村さん!」
 YO!YO!YOSUKEさんも意外な選手の活躍にそう叫んでいました。

 3対0で勝利すると、名古屋からアウェイ山形の地へ届かんばかりの声援が上がりました。グランパスコールが起こり、拍手が続いて、会場が一体となりました。
 スポーツバーに行ったことはないですが、こんな雰囲気なのでしょうか。
 ぜひ、またの開催をお願いします。
  

Posted by まつぼっくり at 23:08Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2015年08月09日

198 瑞穂公園JOG その4

◆2015年7月26日(日) 晴

 猛烈な暑さです。部屋の温度計は36℃を表示しています。外は40℃以上あるかもしれません。
 こんな日は、瑞穂公園の木陰の中を走るに限ります。まともに太陽の日差しを浴びては、皮膚が焼けて、体力を消耗してしまいます。
 帽子をかぶり、長袖のシャツを着るかアームカバーをして対策を施します。

 暑い最中を走っていると、
 「元気ですね」
と、時に言われることもあります。でも、全然元気ではありません。50歳を過ぎた体は耐用年数がとっくの昔に過ぎています。ただ、あれこれ工夫してメンテナンスしつつ何とか走っているだけなのです。

 口には出さないけれども、
 「こんな暑い中走って、バカじゃないの」
と思っている人も多いでしょう。でも、走ることが好きな人には、暑さ寒さは関係ないのです。
 今日もクレージーな走り人は、10人以上いました。

使用シューズ:asics T3
走行距離:10.3km
所要時間:86分
  

Posted by まつぼっくり at 23:32Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年08月05日

197 Jリーグ第2ステージ第4節(vs浦和レッズ)

◆2015年7月25日(土)夜 晴

 第1ステージの覇者、浦和レッズを迎えての一戦。強豪相手、じっとしていても汗ばむ暑さの中で、勝利することができるのでしょうか。

 ボール支配率は、どう見ても浦和にありました。前半19分にオウンゴールで先制され、運もないか、厳しいな、と思っていたら、すぐに永井のクロスを川又がヘディングで決めて、同点としました。
 その直後、浦和の森脇がドリブル突破を図った永井を倒して一発退場。
 「森脇、ありがとう!」
横からそんな声が聞こえました。
 ところが、相手が1人少ないアドバンテージがあるのに、相変わらず、浦和の攻撃が優っています。
 「浦和は上手いなぁ」

 後半も主導権は浦和にありました。
 しかし、18分、小屋松のロングパスを受けた矢野が、ミドルシュート。ゴールポストに当たってネットの内側に入ったのです。
 前々節のガンバ大阪に続いての逆転です。
 その後はアディショナルタイムを含めて31分間、10人の浦和に攻め続けられ、ヒヤヒヤものでした。
 後の席のおばさんが、「心臓がいくつあっても足らないわ」
 しのぎきっての逆転勝ち。
 パロマ瑞穂スタジアムは、試合終了後も、応援歌が鳴り響き、盛り上がりました。
  

Posted by まつぼっくり at 23:19Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2015年08月01日

196 仲田商店街夏まつり

◆2015年7月25日(土) 晴

 カンカン照りで、肌を突き刺すような日差しの中、ペダルを踏みながら、千種区の仲田商店街夏まつりの様子を見に行きました。

 広小路通に沿って東西に延びる仲田銀座商店街と南北に通る仲田本通商店街が、同時に行う夏まつりです。
 午後3時前でしたので、広小路通の歩道沿い並んだ出店は、まだ準備中のところが多くありました。少し気になったのは、主催者が商店街であることが、はっきりしないことです。「仲田銀座商店街」の幟が一つ目に入っただけで、PRが足りません。
 「この夏まつりは商店街がやっているんだ」
と、前面に押し出す意気込みがあって良いと思うのです。
 
 商店街は大型店の進出や後継者不足で空き店舗が増加し、かつての賑わいは失われています。少しでも活気を取り戻そうと、がんばる商店街は夏まつりなどに取り組んでいます。
 これから、各地の商店街で七夕まつりや夏まつりが開催されます。円頓寺では7月29日から8月2日まで、大須では8月1、2日の2日間。少しでも商店街の振興に結び付いてくれればと、願っています。

 この日の名古屋は35.4℃と、今年初の猛暑日となりました。アスファルト道路では40℃を超えていたかもしれません。風もなく、暑すぎてフラフラしてしまい、長い距離はとても走れませんでした。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:14.7km
走行時間:1時間11分
  

Posted by まつぼっくり at 22:28Comments(0)TrackBack(0)サイクリング