2015年09月28日

219 瑞穂区Walk

◆2015年9月23日(水・秋分の日) 曇のち晴

 シルバーウィーク最後の休日。
 お墓参りとサイクリングで疲れたので、ゆっくりしたいと思います。

 午前中、八勝通や岳見町周辺をウォーキング。

 『玉川寿司』のメニューサンプルを覗いてみたら、普通の寿司が千円、上が二千円となっていました。入ったことがないので、今度食べに行ってみようと思います。
 『55カフェ』には、サイクリング協会のメンバーと一度入りました。
 『珈琲倶楽部』の外に置いてあった看板メニューを見ると、日替わりランチが750円など、種類がありました。ここも一度行ってみる価値がありそうです。

 『オオタサイクル』は、娘の自転車を買った店です。今日は定休日でした。
 その一本裏道に『岳見町ギャラリー』なる建物がありました。アートギャラリーとカフェがあるようですが、この日はやっていないようでした。
 岳見町は高級な住宅が多いところです。駐車場の車も外車や高級国産車ばかりです。たまに軽自動車が停めてあると、かえって目立ちます。

 アップダウンが続く道は、負荷がかかってウォーキングにも効果的です。

使用シューズ:asics T3
走行距離:6.7km
所要時間:1時間22分
  

Posted by まつぼっくり at 23:01Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2015年09月26日

218 探訪あいち 東海道スタンプラリー下見走行

◆2015年9月21日(月・敬老の日) 晴時々曇

 10月4日に実施の探訪あいちの下見に出かけました。
 昨年は、鳴海宿から藤川宿までを往復しました。今年はどのようなルートにしようか。単純に昨年の続きで、藤川宿から二川宿までを往復することにしました。

 東海道スタンプラリーは、今回で7回目。旧東海道のルートは頭に入っています。地図は必要ありません。

 輪行袋を持って名鉄電車の先頭車両に乗車。名鉄電車で輪行袋を置ける場所は、先頭か最後尾の車椅子スペースしかありません。
 運転席の後ろに立っていたら、すぐ横の2人掛けの席に、男の子と一緒に座っていた、若いお母さんに尋ねられました。
「これ、普通のより小さいタイヤなんですか」
「ええ、20インチなんですよ」
輪行袋のチャックを開けて見せてあげました。
「わっ、競技用のハンドルなんだ。レースに出るんですか」
「いえいえ、サイクリングですよ。岡崎まで行って、そこから走るんです」
「どれくらい走るんですか」
「豊橋まで行くつもりなので、70キロぐらいですかね」
人なつっこい、笑顔の素適なお母さんでした。
美合駅で下りようとすると、男の子から
「行ってらっしゃい」

 普通列車に乗り換え、藤川駅で下車。すぐ目の前が道の駅です。
 ここで、トコトコ東海道のパンフレットを入手し、いざ出発。

 最初に、法蔵寺に立ち寄り、近藤勇の首塚を見学。次に赤坂休憩所でスタンプを押し、御油の松並木を通過します。
 和洋菓子屋『御油おふく』にて、黒ごまプリンを食べてスタンプを押してもらいます。続いて、御油の松並木資料館でスタンプを押してもらいます。

 11時半頃、豊橋の湊神明社で吉田宿のスタンプを押しました。ここまで約24km、走行時間は1時間半ぐらいです。
 二川宿までは、さらに10kmほど。日蓮宗妙泉寺でスタンプを押し、『山崎精肉店』で『本陣コロッケ』を食べてスタンプをを押してもらいます。
 昼食をどこにするか。今日のテーマです。
 街道沿いには、いくつか候補になりそうな店がありました。そんな中、JR二川駅前に『日本料理 富多川』という店を発見。開店一周年と言うことで、いろいろ特別メニューがあるようです。ちょっと値段が張りますが、皆で御膳を愉しめそうなので、第一候補としたいと思います。第二候補は麺類の『勢川』で豊橋カレーうどんを食べてみるのも良いでしょう。

 折り返し、吉田宿まで戻り、『入河屋豊橋湊町店』にて、次郎柿ソフトを注文し、スタンプを押してもらいます。珍しい柿の味で、美味です。

 赤坂宿唯一のおすすめ店『どんぐり茶屋あかり』で郷土食の「雲助飯おにぎりセット」を買おうとしたら、今日はもう売り切れたとのこと。代わりに手作りパンを買ったら、店のおばさんが「せっかく来てくれたんだから」と100円の雲助煎餅をおまけにくれました。120円のパンしか購入していないのに、なんだか申し訳ないです。

 午後3時、道の駅藤川宿に到着。およそ68kmの行程でした。走行時間も4時間くらい。これなら集団で走っても、ちょうど良い探訪あいちになるでしょう。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:72.8km
走行時間:4時間26分
  

Posted by まつぼっくり at 22:53Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年09月25日

217 ツール・ド・あいち グランフォンド 作手フランク

◆2015年9月20日(日) 曇のち晴

 サイクリングに最適の季節となりました。
 今日は気温、風ともに絶好の気象条件です。

 道の駅『つくで手作り村』のフランクフルトを食べよう、との趣旨で「作手フランク」と命名された大会です。
 申込者は75人、ほとんどの方は123kmのロングコースを走るでしょうが、貧脚の私は78kmのノーマルコースです。それでも、累積標高差は1201mですから、平坦な道を走るのとは訳が違います。

 午前8時、足助警察署近くの香嵐渓多目的広場をスタート。
 最初の信号をロングは直進、ノーマルは右折します。私の前の4人が右折しました。その後9人に抜かれ14番目になったことから、たぶん、私より遅い人はいないと思いますので、ノーマルコースはこの人数でしょう。

 巴川沿いの県道362号線を遡上します。車1台がやっと通れるような道幅、小枝や石ころが落ちていて、これが県道か、と疑うような道です。しかも、水溜まりがあって、コース取りが難しい。自転車もウエアも汚れました。

「草刈りしてるから、気をつけて!」
草刈り作業中のおじさんに声をかけられました。
「ありがとうございます。」

 3台ほど車と行き違いましたが、途中発電所があるだけで、ほとんど民家はありません。林道を走っている感覚です。
 私の前に自転車はいない、後ろにも自転車はいない。このあと、最後まで単独走行でした。

 国道301号線に入ると、ツーリングのオートバイやドライブの車に、次々と追い抜かれました。走りを楽しむにはもってこいのワインディングロードです。

 『ミニ美術館ひろ』
手作りの看板が目に入りました。「入場無料」と書いてあります。
 急ぐ必要はない大会ですから、覗いてみましょう。

 自転車を庭先に置こうとしていたら、
「どうぞ、見ていってください」
と、おじさんの声。
 少し怪しい雰囲気も感じましたが、入ってみると、そこはアトリエ兼展示室でした。
 展示されている作品は、絵の具をひっくり返したような、現代アートです。私にはよくわかりません。
 名刺をもらいました。
「KAMIKAZE INOUE」
「フランス・テーラー財団永久会員」
「パリ国際サロン会員」
「日本国際美術家協会会員」などと書かれています。

「どこから来られたんですか」
「名古屋からです」
「えっ、名古屋から自転車で?」
「いえ、香嵐渓に車を停めて、そこから自転車です」
「そうですか。どれくらいかかりました」
「1時間半ぐらいです」
「そうですか。車でも30分ぐらいかかりますからね」

 それから20分ほど、美術のこと、教え子のこと、美大のことなど、自身の経歴を交えながら話されました。
 35歳で絵を始め、44歳で脱サラしてプロの絵描きになったそうです。
 東京芸大は、偏差値は関係ない、絵が上手なだけでは合格しない、磨けば光る原石を発掘したい、天才・奇才を見つけたい、というのがポリシーとのこと。
 愛知県芸大は、今、最も合格することが難しい美大かもしれない。頭が良くて、絵が上手い人を求め、大学の評価を上げようとしている。島田章三を教授に迎え、奈良美智を輩出して天狗になっている。

 話が長くなりそうです。時計を見ると10時になろうとしていました。
「それでは、そろそろ失礼します」

 作手の道の駅に向かって挙母街道を南下していると、事務局長さんやFOCUSの山田さんらの集団とすれ違いました。
 もう、フランクフルトを食べたんですね。
 と言うより、私が道草をして遅かっただけです。

 ちょうど10時半に道の駅に到着、38.5km。
 オートバイや自転車がぎっしりと停まっていました。車はあまり目立ちません。ここはツーリングのメッカなんですね。
 レギュラーサイズのフランクフルト(350円)を注文。肉汁がしたたり落ちるジューシーさで、美味しい逸品です。これだけでも結構お腹が満たされます。ジャンボ(500円)やスーパージャンボ(800円)だと、食べきれないかも。

 さて、折り返して、挙母街道を北上します。
 平坦で風も爽やか。その心地よさにクランクもくるくる回ります。
 緑の中に赤い彼岸花が映えて、そのコントラストが素適です。田んぼでは稲刈りが行われていました。実りの秋、収穫の秋を実感します。

 「三河湖」の標識があったところで、左折。再び上り坂です。森の中の道です。
 道路脇に狸の死骸がありました。車にはねられたのでしょう。犬猫の交通事故は街中でも見ますが、さすがに狸の交通事故死は初めて見ました。

 羽布ダムを過ぎると、下り坂に変わります。
 その先に、『香恋の館』があります。
 なぜか、大滝詠一の『恋するカレン』を口ずさんでしまいました。

 香恋の館には、地元の間伐材で作られたバイクスタンドが設置されています。「しもやま再来る(サイクル)プロジェクト」と命名されていました。自転車乗りに大勢来てもらいたいとの思いから作られたようです。ただ、立てかけられていたバイクは、私のビアンキ1台だけでしたが。

 ソフトクリームを食べようと、香恋の館の売店に行ってみると、バニラ、抹茶、黒ごまなど種類があり、店のおばさんに聞いてみました。
「甘さの違いはありますか」
「一番カロリーの低いのは抹茶かな。でも、お兄さんなら何を食べても良いと思いますけど」
 私の痩せた体型が、そう言わせたのでしょう。
 抹茶ソフトを食べました。

 国道473号は、延々と上りでした。途中、少しは下りがあるのかと思っていたら、結局、国道420号線に行き着くまで上り一辺倒でした。脚が引きつりそうになるところでした。今日のコースの中で最もしんどかった。

 国道420号は最初上りがあったものの、ゴールに向かってダウンヒルです。ペダルを回す必要がありません。苦あれば楽あり。先ほどの坂道を登り切ったご褒美です。

 午後1時11分ゴール。
 グランファンドはきついですが、変化があって面白いです。

使用自転車:Bianchi シクロクロス
走行距離:79.3km
所要時間:5時間11分
  

Posted by まつぼっくり at 22:15Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年09月24日

216 山崎川Walk その2

◆2015年9月16日(水) 曇のち雨

 この夏最後の夏季休暇を取得しましたが、天気は芳しくありません。
 雨が降り出さないうちに山崎川に出かけました。このところ残業続きで、体調不良でしたので、ウォーキングとしました。

 川沿いの桜の木も黄色く色づき始め、秋になりつつあります。桜の屋根の下を走った季節から、半年が過ぎたことになります。

 自分自身の内面では、さほど歳はとっていないと思っていても、鏡に映る姿を見ると、老いをしみじみと自覚する年代になりました。
 青春は無理にしても、せめて朱夏に留まっていたいと思っているうちに、白秋を迎えもうすぐ玄冬になる年代となってしまいました。
 自身の体力を自覚し、年代に応じて、かつ時代に順応して生きていかなければならないと感じています。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:6.8km
所要時間:1時間5分
  

Posted by まつぼっくり at 23:11Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2015年09月22日

215 おいなぁ、サイクリングin知多半島 2日目

◆2015年9月13日(日) 曇、一時小雨のち晴

 心配された天気も、大崩れすることなく、サイクリング向きの天候となってくれました。

 午前8時からの開会式は、大村愛知県知事、大府市長、東浦町長、来賓が多数出席して、盛大に挙行されました。愛知県サイクリング協会(ACA)の鈴木政二会長もサイクルウエア姿で壇上にいました。
 今回のサイクリング大会は903名の参加で規模も大きく、第4回ウェルネスバレーフェスタ、JR東海さわやかウォーキングと同時開催なので、賑やかなイベントになっています。

 午前9時、ロングコースが順番にスタート。
 サイクリング協会スタッフの主たる役割はファミリーコースの引率です。
 ファミリーコースの参加者は約100名、7~9名のグループ単位で走行します。7歳の女の子から87歳の男性まで幅広い参加者です。
 私の担当する第5グループは8名の予定でしたが、1名不参加で7名となりました。
 全員30歳以上の成人でしたので、子供のいるグループに比べるとまとまりやすかったと言えるでしょう。私と同じミニベロの方が2名、ロード2名、クロスバイク1名、MTB1名、ママチャリ1名。30km以上走るのが初めての方が2名いました。

 午前10時、公園西交差点から、信号が青になるたびに1グループずつスタート。
 どれくらいのスピードで走るべきか迷いましたが、バックミラーで後方の様子を伺いながら、17~18km/hをキープすることにしました。

 最初の休憩地点、サークルK東浦緒川植山店で、ママチャリの男性から尋ねられました。
「ここまで何キロですか?」
「4キロぐらいですよ」
「えっ! まだ、4キロ。10キロぐらい走った感じですよ」
だいぶ疲れた様子なので、
「今ぐらいのスピードで良いですか?」
「平坦はいいですけど、坂道は付いていけません」
確かにママチャリだと、坂道はきついでしょうね。そのママチャリは、私が普段街乗り用として愛用しているママチャリと同じブリヂストンのアルベルトでした。

 県道55号名古屋半田線を南下します。ここは交通量が多いので、歩道を走ります。

 阿久比町に入った辺りから、雲行きが怪しくなってきました。
「降ってきましたね」
 私のすぐ後を走っていた男性が声をかけてきました。
「そうですね。これ以上、降らなければいいんですが‥‥」

 高田橋手前のサークルK阿久比植大店で2回目の休憩です。
 ここで、5グループほどが集結しました。私たちは、既に到着していたグループを追い抜いて、先に出発しました。

 矢勝川のサイクリングロードに入ります。彼岸花は申し訳程度にしか咲いていませんでした。もう1週間遅ければ見応えがあったでしょう。
 右手には、童話『ごんぎつね』の“ごん”が住んでいた権現山が見えます。そして、“兵十(ひょうじゅう)”が鰻を捕っていた川が矢勝川です。“ごん”はいたずらをして、その鰻を逃がしてしまうのでした。

 臭いの漂う牛舎の横を通り、最初の見学先、新美南吉記念館に到着。
 芝生広場があって、くつろげる場所です。FOCUSの山田さんに集合写真を撮ってもらいました。

 さて、11時40分を過ぎ、そろそろ空腹を感じてくる時間となりました。
 『黒牛の里』にてランチタイムです。
 あらかじめグループごとに席が決められていますので、待ち時間はありません。
 メニューはカレーライスと焼き肉のバーベキューです。肉と野菜をコンロで焼きます。Dさんご夫妻やクロスバイクの男性がほとんど焼いてくれましたので、私は何もしなくて食べるだけでした。
「柔らかくて美味しい肉ですね」
私もこの店で食べるのは初めてでしたが、本当に美味しかったです。フリードリンクも付いて、これで千円とは安い! 店主が相当サービスしてくれているようです。
「お腹いっぱいです」
「昼から走れるかしら」
皆さん満足された様子です。

 青空が広がり、天気はすっかり回復しました。少し暑いくらいです。

 次は半田赤レンガ建物です。
 建築基準法に適合するよう、耐震工事を終え、半田市の観光の目玉として今年7月にリニューアルオープンしました。以前は年に数回、一般開放されるだけでした。
 赤レンガの建物としては、全国でも有数の規模を誇るそうです。レンガの積み方にはイギリス積みとかフランス積みとかあるそうで、なんだか自転車バルブの形式のような感じです。
 元々は、1898年(明治31年)にカブトビール工場として建造された歴史的な建造物で、国の登録有形文化財・近代化産業遺産に指定されています。建物北壁には第二次世界大戦中に受けた機銃掃射跡、いわゆる弾丸の跡が残り、戦争の記録も伝えています。
「こんな立派な建物が身近にあるとは知らなかった」
そんな声が聞こえてきました。

 ここからは、ゴールに向かって戻ります。前半と違って、単調な道です。100km、60kmのコースと合流します。
 半田大橋の信号で停車していたら、水色と白のデ・ローザに乗った“お富さん”がやって来ました。ロングコースの参加者に次々と追い抜かれていきます。私たちは、ポタリングペースです。
 すぐ前には、Oさん率いる第1グループがいます。JCA(日本サイクリング協会)の専務理事さんもACAの事務局長さんと一緒に走っていました。専務理事さんの自転車は、黄色のキャノンデール。「Handmade in the USA」のデカールが輝く、元祖cannondaleです。

 国道247号線から国道366号線へ。側道幅がほとんどない道なのに、結構交通量が多いので気をつけなければなりません。

 サークルK東浦石浜店で3回目の休憩。
 ママチャリの男性は疲れた様子です。ヘルメットやウエアは急遽そろえたとのこと。自転車も実は弟さんの物だそうです。サドルにはお尻の痛み防止用のクッションが被せてありました。
 KHSのフォールディングバイクの男性に話を聞くと、特別仕様車で購入したとのこと。POWERTOOLSのクランクが目を引いて、カッコイイです。
 グループ内唯一の女性、DさんはTREKのMadone4.7にDHバーを装着していました。想像どおり、トライアスロンもやっているとのこと。先日の常滑のアイアンマンレースにも出場したと話されていました。たぶん、グループ8人の中では、一番走り慣れているでしょう。

 ゴール前最後のコンビニ、ファミリーマート東浦森岡店で4回目の休憩。
 ちょうど、ロングコースの参加者が2名、休憩していました。前半は自転車が詰まって相当渋滞していたとのこと。信号でビンディングペダルへの装着に手間取っていたりする人がいると、スムーズに発車できないでしょう。

 大府高校北交差点を左折し、最後の待ち構える坂に向かいます。
 ロングコースの参加者が次々と通過していきます。私たちは、歩道をゆっくり上っていきます。

 ゴールでは、今回の大会運営者である㈱知多半島ナビの社長さんが、出迎えてくださいました。
 ゴールゲートをバックに記念写真を撮ってもらいました。

 「楽しいサイクリングで良かったです」と言っていただきました。皆さん、お疲れ様でした。無事故でゴールできたことがなによりです。ご協力に感謝します。

サイクリングコース
あいち健康の森公園(午前10時)→ 緒川新田交差点 → 県道55号線 → 矢勝川 → 新美南吉記念館 → 黒牛の里にて昼食 → 半田赤レンガ建物 → 国道247号線・国道366号線 → 大府高校北交差点 → あいち健康の森公園・解散
距離:約35km、所要時間:約4時間30分

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:52.2km
走行時間:3時間40分

2日間の計
走行距離:113.0km
走行時間:7時間40分
  

Posted by まつぼっくり at 23:37Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年09月21日

214 おいなぁ、サイクリングin知多半島 1日目

◆2015年9月12日(土) 晴

 朝7時半、2日分の荷物を詰めた重たいリュックサックを背負い、ミニベロで自宅を出発。良い天気で助かりました。もし、雨だったら、家内に車で送ってもらわねばなりません。

 あいち健康の森公園まで約70分、17kmの道程です。
 愛知県サイクリング協会スタッフ17人が集合し、まずは明日のコースの下見です。
 私は既に車で1回、自転車で1回、コースを走りましたし、馴染みの道なので、頭に入っています。

 ファミリーコース責任者のO矢さんが、先頭でメンバーを引っ張ります。休憩場所となるコンビニ、見学先の新美南吉記念館と半田赤レンガ建物、昼食場所の『黒牛の里』をチェックしながら、ペダルを回しました。

 半田赤レンガ建物を出発しようとしたときです。急に自転車が沈んだようになりました。
 どうしたんだろう?
 下を見たら、後輪のタイヤがペチャンコになっているではありませんか。
 すぐに自転車を降りてタイヤを確認したら、なんと、古い錆びたビスが刺さっていました。
 何でこんな物が落ちていたのか。
 何で運悪く刺さってしまったのか。
 ともかくチューブを交換しなければなりません。幸い5年ぐらい使用しているタイヤなので柔らかくなっていて、すぐに交換できました。
 その間、皆さん待っていてくれました。ご迷惑をかけて申し訳ありません。

 昼食はあいち健康の森に戻ってから取る予定でしたが、既に正午前になろうとしていたので、半田市浜田町の国道247号線沿いにあった『タカチホ』というカフェテラスに入りました。

 午後3時からのスタッフミーティングのあと、大府駅東にあるサイクルショップ『KONSIN』に予備のチューブを買いに行きました。明日、もし再びパンクしたら、替わりのチューブがありませんから。

 午後6時から、あいち健康の森プラザホテルのホールで、中部6県のサイクリング協会や知多半島ナビの方々、約90名が参加して前夜祭が催されました。

 アトラクションとして、「知多娘。」の声優5人による歌と踊りが繰り広げられましたが、ギャラリーはおじさん、おばさんばかり。ちょっと気の毒なステージでした。

 一番の目玉は、愛三工業AISANレーシングチームの中島選手、平塚選手によるパフォーマンスです。
 2人はSCOTTのカーボンバイクで登場。
 上半身が全くぶれず、真っ直ぐに三本ローラーの上を走りる姿に、魅せられました。

 宿泊部屋は、和室にオカポンさん、ミシガンさん、N川さん、私の4人。
「宿泊参加費14,000円で、相部屋、夕食もバイキングじゃ、割に合わないなぁ」
4人の共通の思いです。
 ただ、大会参加費4,000円は安いです。千円の昼食券、500円のクオカード、Tシャツなどが付いているのですから。こうしたイベントを開催する場合、どれだけ多くの協賛企業に付いてもらうかが重要なポイントです。

 明日は、朝6時からスタッフミーティングと準備があります。10時前に布団に入りました。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:60.8km
走行時間:4時間
  

Posted by まつぼっくり at 22:52Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年09月20日

213 9.11

◆2015年9月11日(金) 晴

 東海豪雨が起こったのは、15年前の今日のことでした。
 当時、私は南区の本星崎のマンションに住んでいました。天白川の近くでしたので、道路は膝の辺りまで水につかり、床上浸水した家屋も多かったようです。
 私の部屋は2階でしたので家は大丈夫でしたが、車が座席の下まで浸かってしまい、結局、買い替える羽目になりました。
 1階に住んでいた方の部屋は水浸しになり、フロアを全面張り替えしたそうです。

 愛知県では7人の方が亡くなりました。

 昭和34年9月26日の伊勢湾台風の時は、死者4,697人、行方不明者401人という甚大な被害ありました。

 そして、昨日は関東地方を記録的な豪雨が襲い、茨城県常総市では鬼怒川が決壊して非常に大きな水害に見舞われました。

 9月1日が防災の日となっているように、9月は災害が多い月です。

 災害が起きると、好きなサイクリングもランニングもできなくなります。
 東海豪雨のあと、天白川の堤防道路が改修され、それまであった天白川サイクリングロードが撤去されてしまいました。そこは、私のランニングコースであり、娘が自転車に乗れるようになるまで練習していたところです。残念なことですが、災害防止のためには致し方ないことなのかもしれません。

 天変地異がなるべく起こらないように祈念したいものです。
  

Posted by まつぼっくり at 21:26Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2015年09月11日

212 ヤマザキナビスコカップ準々決勝(vsガンバ大阪)

◆2015年9月6日(日)午後 雨

 キックオフ時は曇でしたが、前半終了間際から雨が降り出しました。雨対策はしてきたものの、やはり雨の中の観戦はイヤなものです。こんな時、スタジアムに屋根があればなぁ、と思います。
 後半は雨が激しく降ったり、止んだりの繰り返しでした。

 試合は1対1のまま、延長戦へ。
 前半にガンバが得点し、後半終了間際にグランパスが闘莉王のヘディングゴールで同点に追い付きました。

 準決勝進出をかけ、PK戦です。
 昨年の天皇杯準々決勝では、PK戦で3対5で負けています。今回も悪い予感がしました。
 両チームとも1人が外し、11人目のゴールキーパー同士の対決となりました。高木義成の強烈なキックはバーをたたき、G大阪の藤ヶ谷がきっちり決めて決着が付きました。
 PK戦9対10で敗退。グランパスは粘り強さを見せてくれましたが、4年ぶりの4強入りはなりませんでした。
  

Posted by まつぼっくり at 23:48Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2015年09月10日

211 山崎川Walk

◆2015年9月6日(日)午前 曇のち雨

 雨が上がった間を狙って山崎川に向かったものの、途中から雨が再び降り始めました。念のためリュックに入れておいた傘を取り出し、ウォーキングに切り替えました。
 雨の中でも、黙々と走っている人たちもいます。タフですね。

 新聞に、高齢社会を生きる上で重要となってくる「3K」が紹介されていました。
 一つ目は「健康」、二つ目が「経済」、そして三つ目が「心」です。「心」は言い換えれば「生き甲斐」を持つことで心の充足感を得ると言うことです。
 生き甲斐は、仕事がなくても、趣味でも何でも、なすべきことがあることが大事です。
 ランニングを趣味とし、それに生きている証や喜びを実感することも大切なことなのでしょう。

使用シューズ:adidas サヴィーノライト
歩行距離:4.2km
所要時間:46分
  

Posted by まつぼっくり at 23:24Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2015年09月09日

210 おいなぁ、サイクリングin知多半島自主走行

◆2015年9月5日(土) 晴

 久しぶりの晴、自転車で出発。
 所要時間と距離を確認しました。
 自宅からあいち健康の森まで70分、16.8km。
 新美南吉記念館までは50分、14.5km。
 県道55号名古屋半田線は、交通量が多いので、状況を見て歩道を走行した方が良いでしょう。
 矢勝川では草刈り作業がされていました。サイクリング大会に備えてなのでしょうか。

 住吉町の麺屋さくらで昼食。今回は和出汁つけ麺を注文。たまり醤油が効いて美味しい。前に3組のカップルがいて少々待たされましたが、待つだけの価値のあるつけ麺です。

 赤レンガ建物まで3.5km。無料の常設展示室を見学しました。
 コースからは外れますが、半田運河と蔵の街にも寄りました。当日、参加者が希望すればここにも行ってみたいと思います。2km弱余分に走るだけですから。

 半田大橋を過ぎると、見るべき物もなく、単調な道になります。国道366号線は道幅が狭いところも多く、その割に車もよく通るので注意しなければなりません。

 ローソン東浦森岡店まで55分、14.3km。そして、ゴールまで20分、4.1km。
トータル2時間30分、36.4kmとなりました。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:69.8km
走行時間:4時間9分
  

Posted by まつぼっくり at 21:08Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年09月05日

209 おいなぁ、サイクリングin知多半島下見 

◆2015年8月30日(日) 雨時々曇

 このところ梅雨のように雨天続き。
 今日も朝から降ったり止んだりで、下見走行ができるどうかわかりません。しかし、とりあえず、車に自転車を積んで、あいち健康の森に向かいました。

 理事長以下9人のメンバーが集まりました。
 aQsimさんから、参加者が950名になったこと、当日のスケジュール、役割などがレクチャーされました。
 私たちの役割は、ファミリーコースのガイドです。現時点で83名の参加となっており、1グループ7人から8人の参加者を案内します。7歳の小学生から87歳の老人まで幅広い参加です。
 8月16日に続いて、2回目の下見走行の実施です。私は1回目のときは松本に行っていたので、今日が初の下見になります。

 雨のため、自転車での下見走行は取りやめ、車でコースを試走することになりました。今回が初めての3人が、aQsimさんのワゴン車に乗り込み、出発。16日に下見を経験した残りのメンバーは健康の森で待機します。

 あいち健康の森をスタートし、県道55号名古屋半田線の緒川新田交差点まで南下、左折し名鉄河和線に沿って阿久比町と半田市の境界にある高田橋まで行きます。彼岸花で有名な矢勝川左岸土手の知多半島サイクリングロードを走って、新美南吉記念館に立ち寄ります。
 そのあと、南吉記念館の南にある『黒牛の里』にて昼食。当日はカレーライスと焼き肉だそうです。
 そこから進路を西に取り、半田赤レンガ建物を見学。以降、亀崎から国道366号線を北上して、大府高校北を左折して、あいち健康の森に至る35km程のコースです。

 大会まであと2週間。当日雨が降らず、無事故で楽しいサイクリングとなりますように!
  

Posted by まつぼっくり at 23:48Comments(0)TrackBack(0)サイクリング