2015年12月31日

250 2015・ラストラン

◆2015年12月31日(木) 晴

 大晦日。
 今年最後の走りは、瑞穂区、昭和区、天白区をスロージョギングです。

 八勝通(山手グリーンロード)から雲雀ヶ丘を通り、隼人池公園を一周。八事山を突き抜けて八事霊園北から時計回りで進むと、左手に中部日本自動車学校、右手に芝の綺麗な名城大学のグランドがあります。天白渓下地公園の中を通って道に出てみると、八事病院に突き当たりました。そこから名城大学脇を道なりに進むと、飯田街道の塩釜口でした。
 初めて走った道です。
 あとは八事交差点から八勝通へ。勝って知った道を戻りました。

 歩くのに毛が生えたような遅いペースでしたが、勝手に脚が動く感じで気持ちよく走れました。

 女子サッカーの澤穂希選手が引退記者会見で「心と体が一致してトップレベルで戦うことが難しくなってきた」と述べていました。
 アマチュアの貧脚アスリートであっても、心の動きどおりに体が動くことがスポーツを続けていけるかどうかの境界線ではないかと思います。調子がいいと、心よりも先に体が自然に動くものです。

 人間、いつかは走れなくなる、歩けなくなる。でも、それまでは走り続けていきたい。それが私の願いです。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:13.3km
所要時間:2時間05分
  

Posted by まつぼっくり at 23:45Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年12月31日

249 犬の散歩

◆2015年12月30日(水) 晴

 我が家は犬を一匹飼っています。2006年4月8日生まれの雄のチワワで、来年で10歳になります。
4月8日はお釈迦様の誕生日。御利益のある犬だといいのですが、特別何もありません。

 年末の掃除で時間を取られ、昨日のリカバリーだと言い訳をしながら犬の散歩をしました。

 犬を連れていると人間のペースで歩くことはできません。電柱があるたびに臭いをかいだりおしっこをしたりと、立ち止まります。気晴らしにはなるけれど、健康のためのウォーキングにはなりません。

 以前フルマラソンに出たとき、犬を連れて走っている人がいました。犬が持続的に42.195kmも走っていいのでしょうか。犬の健康に悪いのではないかと心配になりました。

 犬を連れての散歩は犬のためであって、人間の健康増進にはほとんど寄与しないと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 22:13Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2015年12月31日

248 人道の丘・杉原千畝記念館へ

 以前から訪ねてみたいと思っていた岐阜県八百津町の『人道の丘・杉原千畝記念館』に自転車で行ってきました。もちろん、映画『杉原千畝 スギハラチウネ』に触発されたこともあります。

 名鉄神宮前7時45分発の特急に輪行袋を担いで乗車。
 名古屋駅までは立っていましたが、そこからは余裕で座れました。
 8時24分新鵜沼駅着。
 東口か西口か、どちらが中山道に近いのか迷ったあげく、JR鵜沼駅側の東口に出ました。
駅前の観光案内図を見て判明したのは、結局どちらに出ても同じだと言うことです。

 自転車をセットし、9時頃出発。
 最初から坂道です。
 うとう峠は鵜沼の森の中にあります。石畳と自然道で自転車を押して歩かねばなりません。もちろんMTBなら走行OKでしょう。
 国道21号に出る前には丸太橋を渡ったり、自転車を担いで階段を上ったりしなければなりません。

 日本ラインロマンチック街道は木曽川右岸に設けられた自転車と歩行者の専用道で、とても快適に走行できます。自転車はもちろん、ジョギングする人散歩する人、大勢いました。
 街道沿いに漫画家の岡本一平終焉の地の碑がありました。あの岡本太郎の父親です。

 ロマンチック街道は太田橋まで。太田橋を渡ると、渡し場公園が橋のたもとにあります。
太田の渡しは「木曽のかけはし、太田で渡し、碓井峠がなくばよい」と言われた中山道の難所の一つでした。

 道路案内標識に従い、県道381号線、350号線、国道418号線を通って八百津を目指します。
 八百津中心街には国道沿いにスーパー西友やサークルKがありました。
 ここから4kmほど東進すると、トンネルが見えてきます。その手前を右折します。ここに大きな横断幕と杉原千畝の写真が。
 「めざせ世界記憶遺産『命のビザ』で! 八百津町」
 杉原千畝が避難民救済のために人道主義・博愛精神に基づき大量発給した日本通過ビザ発給の記録をユネスコに登録申請するそうです。

 人道の丘はその名のとおり丘の上にあります。そこに至る道は12%の激坂です。フロンをインナーギアにして一番軽いスプロケットでようやく登れました。

 命のビザモニュメントは音色の異なる三つの鐘からできています。そこからは八百津の町が一望できます。
 人道の丘には、ナイチンゲールやシュバイツァー博士の胸像もあります。

 杉原千畝記念館は年末年始の休館日でした。なので、オートバイライダーのおじさんと私の2人がいるだけでした。

 丘を下り、旧八百津発電所資料館に立ち寄りました。ここも休館でした。

 らーめん空海にてランチ。小さな町で飲食店は多くないためか満席でした。
 注文した日替わりランチは、醤油ラーメンとチキン味噌カツ、ご飯、バナナ一切れで750円とお値打ちなメニューです。

 帰り道、やおつ町の駅で地元日の出製菓の煎餅を購入。1袋320円ですが4袋一度に買うと1080円です。もっと大きなDバッグなら4袋買えたのですが。

 時折、行く手を阻むような西風が吹きます。西日が正面から差したりもします。

 初めての道は土地勘もないため、この道でいいのか不安が付きものです。ただ、折り返しコースの場合は、往路で看板や交差点名などの目印を覚えておくと、復路での不安は軽減されます。また、太陽の位置と方角を把握しておくと進むべき方向の間違いは少なくなります。

 ロマンチック街道から離れ、太田宿に入ります。枡形が残り、うねりのある街道筋が往時の面影を残しています。

 交通量が多い国道21号線をひたすら走って各務原市へ。
 ついでなので、鵜沼宿通りを往復しました。綺麗に整備された通りで、登録有形文化財の建物が目を引きました。

 午後2時44分、新鵜沼駅前に到着です。
 新鵜沼駅から八百津往復で、およそ61.5km、走行時間は3時間50分ぐらいでした。

 15時02分発の特急で名古屋への帰路に着きました。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:66.0km
走行時間:4時間10分
  

Posted by まつぼっくり at 20:26Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年12月30日

247 知多半島の背骨道を走る

◆2015年12月27日(日) 晴ときどき曇

 本日の探訪あいち「走り収め 知多半島背骨道縦走」への参加はやめました。
 あいち健康の森を午前9時にスタートして109kmを走り、それから自宅に帰るとなると、日の暮れないうちに走りきるのは難しい。
 でも、背骨道を走ったことがないので走りたい気持ちはあります。
 そこで、個人的に行ける所まで行ってくることにしました。

 日の出後の7時4分自宅発。鼻と口の防寒対策でマスクをしました。ヘルメットとサングラスもしているので、ちょっと怪しい人物に見られる気もします。

 背骨道は基本的に知多広域農道を走ります。
 農道とは、文字どおり農業用道路のことですが、実際のところ一般道と区別はつきません。ただ、農道は「道路法」に基づく道路の区分ではないため、国土交通省ではなく農林水産省の管轄となります。

 農道北部は別名「味覚の道」となっています。ぶどう畑を始め果物畑が多いからでしょうか。
 車はあまり通らないので安心感がありますが、起伏に富んだ道が続きます。

 今年最後の日曜日とあって、サイクリストだらけでした。海岸線だけでなく、背骨道を走る人も多いことがわかりました。

 道なりに進んでいったら国道247号線にぶつかりました。どうやら途中で左折しなければならなかったようです。
 このあとも曲がる方向を間違えて、河和方面に行きそうになりました。
 結局、この先のルートがよくわからなかったのと、師崎まで行くのは時間的に無理だと思い、南知多インターで折り返すことにしました。
 曲がるべき交差点をよく調べて、再チャレンジしたいと思います。

 野間の辺りで自転車集団とすれ違いました。
 FOUCSの山田さんや見覚えのある人たちが何人もいました。探訪あいちの参加者です。
 帰りの向かい風を考慮し、当初の予定を変更して背骨縦走を復路にしたのでしょう。
 ただ、この日は確かに向かい風ではあったものの、先日12月19日のような強風ではありませんでした。

 お昼は、またしても灯台ラーメンにしました。
 今度は中華飯セット(850円)です。中華飯も醤油ラーメンも美味しかった。スタッフの人たちも元気で気持ちがいいです。すっかり灯台ラーメンのファンになりました。
 昭和47年創業で、今日まで続いて来たことが頷けます。
 正午前に店を出ましたが、席待ちの人たちが大勢いました。早めに入って正解でした。

 さて、冬場のサイクリングは体が芯から冷えます。
   ローソン東海名和店
   セブンイレブン知多岡田店
   ファミリーマート常滑小鈴谷店
   南知多 いちごの里
   灯台ラーメン
   サークルK常滑保示店
   めんたいパークとこなめ
   東海市 元浜公園
   南区 ドラッグスギヤマ豊店
 以上の9個所でトイレへ。1時間ごとに用を足しました。1回の量もかなり多いです。どうしてこんなに出るんでしょう。

 午後3時33分自宅着。
 日没まではまだ1時間以上ありますが、既に日が陰っています。暗くならないうちに帰宅できて安堵しました。

使用自転車:Bianchi シクロクロス
走行距離:111.6km
所要時間:8時間29分
  

Posted by まつぼっくり at 21:40Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年12月29日

246 山崎川Walk その3

◆2015年12月23日(水・天皇誕生日) 曇のち雨

 日曜日のサイクリングの疲れが脚に残っているので、ウォーキングにしました。

 寒くなって川の水も澄んでいるように見えます。カルガモやコサギがいます。
 桜の木の葉はすっかり落ち、焼け焦げたような枯れ葉がぽつんぽつんと残っているだけです。

 瑞陵高校陸上部の生徒達が練習をしていました。ふとジャージの袖をみると「カルシウム不足」と刺繍してあります。真剣な練習の中にもユーモアがあって、頬が緩んでしまいました。

使用シューズ:adidas アルーガ
走行距離:6.9km
所要時間:1時間16分
  

Posted by まつぼっくり at 22:49Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2015年12月27日

245 愛知県サイクリング協会2015打上パーティー

◆2015年12月20日(日) 晴のち曇

 今年の愛知県サイクリング協会(ACA)の打上パーティーは『KABTO名駅』で催されました。店の造りからすると宴会やパーティー専門の店のようです。

 会長、副会長、理事長以外は自由席ですので、どこに席を確保しようか、毎年迷います。なるべくいろいろな人と話をしたいものです。今年は、トッシーさん、熱田のワカさん、白のトレックさんが近くの席でした。皆さん私より年上の60代半ばの人たちです。

 白のトレックさんは今年の4月に下り坂で転倒し背骨を骨折して、しばらく自転車に乗れませんでした。通常、そんな大ケガをすれば、自転車に乗ることを止めてしまうところですが、白のトレックさんは11月に私が企画した探訪あいちに参加してくださいました。それどころか新しいロードバイクを注文したというのです。しかも、フランス製のTIMEのカーボンバイクで、フレームだけで45万円もするというのです。それに37万円のDura-AceのDi2を付けるというのですから、他のパーツも含めれば軽く100万円を超えてしまいます。普通の人からすればクレイジーですね。

 ツール・ド・あいちの総合、ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドの各部と、探訪あいちは3位まで表彰されます。
 私は、ロングライドの部で皆勤賞と探訪あいちの企画賞を頂きました。

 お楽しみの抽選会は、くじ運が悪いのか、今年も残念賞でした。一番の狙い目はツール・ド・あいちか探訪あいちの招待券です。これが当たれば1年間無料で大会に参加できるのですから。

 パーティーの最後に決意発表です。GOさんはブルベ1300kmをマウンテンバイクで完走すると表明。一般人からしてみたら、気が狂っているとしか思えないでしょう。私からみても尋常ではありません。

 今年のACA行事も12月27日の探訪あいち・走り納め知多一周のみとなりました。今回は往路は“背骨”を走ります。昨年は参加したが、今年はどうしようかなと思います。何しろ寒い中を130kmぐらい走るのですから、躊躇してしまいます。トッシーさんと白のトレックさんは参加するようです。熱田のワカさんは「鼻水出しながら走るのはなぁ~」と考えていました。
 天気や体調をみて決めましょう。
  

Posted by まつぼっくり at 21:00Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年12月24日

244 探訪あいち 浅野祥雲の作品を訪ねて 南知多編

◆2015年12月19日(土) 晴ときどき曇

 浅野祥雲(あさの しょううん)の名前を知っている人はほとんどいないと思います。私自身も今年の4月まで知りませんでした。その名前を知ったのは、マツコ・デラックスと有吉弘行のレギュラー番組『マツコ&有吉の怒り新党』でした。その中に「新3大○○調査会」というコーナーがあります。今年4月8日の放送で「新・3大 浅野祥雲作・コンクリート像の忘れられない表情」として紹介されたのでした。

 浅野祥雲(1891年生~1978年没)は、現在の岐阜県恵那郡坂本村(現中津川市)に生まれ、33歳のとき名古屋に移住しました。コンクリートで人物像や仏像を作るという、一風変わった芸術家・造形家です。彼の作品は中部地方を中心に800体近くが現存しています。
 『マツコ&有吉の怒り新党』でも紹介された軍人像を見に行く探訪あいちを企画しました。

 朝6時半、自宅発。日の出前でしたので、前照灯と後尾灯を点灯しての走行です。天気は晴ですが寒いです。
 7時半に東海市の元浜公園に到着。ここで私のリサーチ不足がありました。8時集合としていたのに、駐車場の開門が8時30分だったのです。自転車でしか来たことがなかったので、利用時間まで確認しなかったのです。幸いすぐ隣の体育館の駐車場を利用することができました。ご迷惑をおかけしました。

 8時半スタート。
 北からの追い風で非常にスムーズに走れます。しかし、これが知多半島の風です。帰りは向かい風になることは間違いありません。

 盛田味の館、サークルK南知多山海店で休憩し、目的の中之院に到着です。
 ここは別名たぬき寺とも呼ばれ、入口に狸の置物が沢山あります。そして、その奥に、浅野祥雲作品のコンクリート石像・軍人象があります。

 軍人像は何十もあり、その表情はとてもリアルで、1体ごとに顔が異なります。
 私は、下見のとき初めてこの軍人像を見て、とても生々しくて、戦慄が走ったような感じを受けました。犬山の桃太郎神社にある浅野祥雲の作品はユーモラスな雰囲気がありますが、ここの石像はそれとは一線を画し、あまりにも凛々しく、悲しい表情です。
 なぜなら、この軍人像は、昭和12年上海上陸作戦で戦死された名古屋第3師団歩兵第6連隊の兵士達の石像で、生前の一人一人の兵士の写真を基に、浅野祥雲が6年もの歳月を費やして完成させたものだからです。
 「どうやって作ったんでしょう」
 型に流し込んだのか、削ったのか、わかりません。
 ただ、あくまで像であって、お墓ではありません。でも、花が添えられたりしています。
 「夜、ここに来たら怖いですよね」

 軍人像と一緒に写真を撮りましたが、ミシガンさんが「やばいかも」と言いました。
 もしかしたら、ここにいない人が写っていたりするかもしれません。でも、心霊写真が撮れれば、それはそれで貴重なものだと思います。

 受ける印象は人によって様々でしょうが、深く心に刻まれる作品に違いありません。
 今年は戦後70年の節目の年です。軍人像から、石像に込められた思い、戦争の悲惨さや生命の尊さ感じ取って頂ければ幸いです。
 合掌。

 さて、本日最高齢の豆絞りさんがタコの干物を買いたいということで、美浜の『食と健康の館』に立ち寄ったあと、野間灯台に行きました。ちょうどサイクリストが2人いてシャッターを押してもらいました。
 「チタイチですか」
 「いえ、内海まで行って、これから戻るところです。一周ですか」
 「僕は半田まで戻るところです」

 復路は、案の定、ものすごい強風です。なかなか前に進みません。ペダルがとても重いです。

 昼食場所の『灯台ラーメン』には正午前に着けました。混み合う前で安心しました。
 7人全員が看板メニューの「灯台ラーメン」を注文。味噌味で、野菜たっぷり、具だくさん、ボリュームがあります。これで800円ならお得です。ラーメン大好き人間の私にとっては満足の一杯です。

 常滑に向かって北上中、ぶるほんアンカーさんと行き違いました。どこへ行くのでしょう。
 あとでブログを見たら、野間灯台まで行って、灯台らーめんを食べたそうです。

 今月4日にオープンしたばかりのイオンモール常滑に着きました。
 ショッピングセンターの建物は2階建てですが、ものすごく広い敷地です。カートサーキットやスケートリンク、フィールドアスレチック、バーベキューガーデン、温浴施設まであります。一日中遊べそうです。ただ、お金は掛かりますが。
 ここには、サイクルコミュニティスペース『ペダルハウス』が併設されています。自転車だからできる観光コースの案内や、ロードバイクやファットバイクなど他では乗れない種類のレンタサイクルが揃っています。
 何も買っていないのに、サービスでどて煮を頂きました。冷えた体に温かいおもてなし、感謝します。

 さあ、ゴールに向かってもう一踏ん張り。
 北風はますます強くなっているようでした。
 新舞子ではビーチの砂が舞って顔に当たります。頬が痛いです。砂嵐の中を走っているようでした。行きは天国、帰りは地獄とはこのことでしょうか。

 午後2時半過ぎ、元浜公園に到着。
 「皆さん速いですね。普段一人で走っているので、付いていくのが大変でした」と豆絞りさん。
 「幹事さんも引っ張るのは大変だったでしょう」
 実は私も足が痙りそうでした。先頭を走るのは疲れます。後ろに付いて走る方がずっと楽ですよね。
 参加者の皆さんも、寒い中、強風の中お疲れ様でした。おかげさまで予定より早く終了できて、明るいうちに帰宅することができました。

PS:「浅野祥雲の作品を訪ねて」は、第2弾として日進市編、第3弾として関ヶ原編を企画しています。

サイクリングコース
元浜公園(午前8時30分)→ 大田新橋 → 名鉄朝倉駅 → 新舞子マリンパーク → 県道252号線 → 小鈴谷 → 国道247号線 → 野間灯台 → 食と健康の館 → 内海 → 南知多・中之院 → <折り返し> →〔昼食:灯台ラーメン〕→ イオンモール常滑・ペダルハウス → 元浜公園・解散(午後2時35分)
距離:89km
高低差:108m
所要時間:6時間05分
走行時間:4時間06分

参加者
カムヒアさん、豆絞りさん、菰野のカンさん、安城のSさん、ミシガンさん、くらぽんさん、
幹事  計7人

参加者の声
<ミシガンさん>
軍人像:mmmm。
灯台ラーメン:ごちそうさまでした。
古場ですれ違ったブルホンさん:youはあれからチタイチ?
イオンモール:でかい
北風:超タフ
脇道:さすがマツボックリさん

走行89km、忘年会での過剰カロリー摂取が少し消化できました。
お疲れ様でした。

<カムヒアさん>
幹事のまつぼックリさん、本日参加された皆さん。
楽しいサイクリングありがとうございます。
軍人像は帰ってこれなかった人達を思って作られたのかな?
灯台らーめんも初めて食しました。
美味しかった。
次の企画も宜しくお願いします。

<ぶるほんアンカーさん>
幹事のまつぼっくりさん、参加者の皆さんお疲れさま。
私、絶対にすれ違うと思いながら走っていました・・・
楽しそうでしたね。ウラヤマシイ・・・!
明日は「打ち上げパーティー」で走れない~
今日は「マンションの配管清掃の立ち合い」で走れない~
でも走ったら追い付けるかも、灯台ラーメンで会うかも・・・?
10時過ぎ自宅スタートではやはり無理でした。
野間灯台の後、灯台ラーメン食べて帰って来ました。
往きは追い風でスイスイ、帰りは地獄のような向い風。
往復108km、チョット疲れました。

<ペダルハウスさんのfacebook>
やっと冬らしい寒さになりましたね、今日のペダルハウス付近は強風です!
でも、サイクリストさんは皆さん元気!!
愛知県サイクリング協会の皆さんもお越し下さいましたよ。
明日も元気に営業します、皆さん遊びに来てくださいね(*^^)v

ACA事務局長さん:今日の探訪あいちで、帰りに寄るとコースに書いてあったので、やはり寄ったんですね。ここが知多半島の拠点になっていくと思います。

使用自転車:Panasonic POSロード
走行距離:123.6km
走行時間:5時間58分
  

Posted by まつぼっくり at 00:05Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年12月22日

243 山崎川JOG その23

◆2015年12月13日(日)  曇のち晴

 朝方まで雨が残っていましたが、天気は急速に回復しました。
 午前中、南区に新しくできたビバホームで自転車カバーを、カトーサイクルでSPDシューズを購入しました。

 午後、山崎川へJOG。
 いつもは7分台か8分台のゆっくりペースですが、この日は寒さも感じず、自然に足がよく動きました。

 鼎小橋が3月中旬までの予定で補修工事中でした。木製の橋でしたので、どこか腐ってしまった個所でもあったのでしょうか。

 工事と言えば、つい先日、パロマ瑞穂スタジアム(瑞穂陸上競技場)の大規模改築が報道されていました。
 1941年(昭和16年)に開設され、1982年(昭和57年)に建て替えられました。しかし、33年経ち、施設は老朽化しています。それにJリーグの基準も満たしていません。
 4万人規模のスタジアムに拡大し、国際的な競技会も開催できるようになるそうです。
 そうなると、瑞穂公園や山崎川周辺を走るのがもっと楽しくなりそうです。

使用シューズ:asics T3
走行距離:10.2km
所要時間:1時間11分
  

Posted by まつぼっくり at 23:56Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2015年12月19日

242 映画「杉原千畝 スギハラチウネ」鑑賞

◆2015年12月12日(土)夜 曇のち雨

 妻と娘がイオンシネマ名古屋茶屋に「オレンジ」を観に行くというので、アッシー君となりました。若者向けの上映場所に行くのもはばかれるので、私だけ「杉原千畝 スギハラチウネ」を観ました。

 杉原千畝(1900年~1986年)は第二次世界大戦中、赴任地のリトアニア・カウナスにおいて、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ難民に日本の通過ビザを発給し、6000人もの命を救った外交官です。
 映画では、戦後70年の時を経て、杉原千畝の信念と覚悟と勇気、そして彼を支えた家族や友情が描かれています。

 映画の冒頭シーン。
 センポ(外国人が「チウネ(千畝)」と発音するのは難しいので、彼は自分の名前をこう呼んでいました)が発給したビザのおかげで生き延びた一人のユダヤ人男性が、センポを探して会うために、日本の外務省を訪れるところから、映画は始まります。
 「そのような外交官はいない」
 男性は必ずセンポに会うと心に決め、外務省をあとにします。

 千畝は、日本政府からの許可なくビザを発給し続けたことを咎められ、1947年に帰国後に外務省から退職勧告を受け、辞職していたのでした。

 映画は、その男性がソ連(ロシア)の地でセンポに再開するシーンで終わります。

 杉原千畝は、1985年にイスラエル政府から「ヤド・バシェム(諸国民の中の正義の人)賞」を受賞し、生誕100年の2000年に外務省が正式に謝罪したことで名誉が回復されました。

 彼は岐阜県八百津町で生まれ、父の転勤で名古屋市中区の古渡尋常小学校(現、平和小学校)に転校し、名古屋の第五中学校(現、瑞陵高等学校)を卒業するまでの約10年間、名古屋で生活しました。
 平和小学校には生誕百周年に「ちうねチャイム」が設置され、瑞陵高校には平和の象徴のオリーブが植樹されています。名古屋市は来年の没後30年に合わせ、彼が学校に通った道を「人道の道」として、功績や名古屋での足跡を紹介する銘板の設置などを計画しています。

 東海地方を代表する偉人のひとりですが、全国的にはあまり知られていません。この映画をきっかけに「杉原千畝」の名前が日本中に流布してもらいたいと思います。
 そうなることで、戦争とか平和への関心が高まって欲しいものです。
  

Posted by まつぼっくり at 23:19Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2015年12月16日

241 知立までサイクリング

◆2015年12月12日(土)昼  曇

 来年2月7日に知立市マラソンに出ることにしました。その申込に知立市福祉体育館までサイクリングです。

 どんよりとした雲が漂う、夕暮れ時のように薄暗い天気です。ただ、寒さはそんなに厳しくないので助かります。

 旧東海道を走り、1時間ほどで着きました。

 窓口で参加料千円を支払い、領収書をもらいました。最近はほとんどの大会がネット申込の中、窓口受け付けというのも珍しいです。

 知立市歴史民俗資料館に立ち寄りました。
 知立と言えば、地鯉鮒宿です。
 街道のジオラマ、再現された旅籠屋、実際に使われていた旅の道具や宿帳など、宿場にまつわる展示が充実していました。
 江戸時代は旅をする者のために『道中用心集』というものがありました。土地が変わって水あたりしたり、食あたりしないための心がけや疲れのとり方、悪者に出会ってひどい目に遭わない用心など、安全で障りのない旅にするための実際的な注意がいろいろと書かれています。
 安全で快適な旅が保証されている現代から見ればいじましいような内容ですが、ちょっとした旅であっても、水盃をして出て行くような当時の情況の下では、おろそかにできることではなかったのでしょう。
 今の時代、移動手段が多様になり、移動距離も大きくなり、昔とは比べものにならないくらい気軽に旅ができるとはいえ、見知らぬ土地に行くときは、旅行ガイドブックやインターネットのお世話になっています。『道中用心集』が形を変えて生きているのです。

 来年、東海道スタンプラリーを実施するとしたら、ぜひこの資料館をコースに組み込んでみようと思います。

 昼食は、国道155号線沿いにあった、「久留米ラーメン 大幸」にて、豚骨ラーメンを食べました。
 店頭に掛かっていた大きな垂れ幕
 「愛知よ これがとんこつだ」
に心が動かされたのです。
 一杯550円、チャーシュー2枚、海苔1枚、細ネギのシンプルなトッピング。私の好きな細麺で、替え玉を100円で追加。スープはあっさりした味わいながら豚の旨味と甘みが感じられ、前部飲み干してしまいました。

 帰路は、国道366号線経由で有松インターを通過し、県道東海綠線を走りました。

使用自転車:Bianchi シクロクロス
走行距離:46.3km
所要時間:5時間2分
  

Posted by まつぼっくり at 22:29Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年12月13日

240 東三河(新城)FUN!FUN!サイクリング

◆2015年12月6日(日) 晴ときどき曇

 高速道を駆け抜ける! なんと爽快なことでしょう。
 真新しいアスファルトの上を、ホイールが滑らかに回転していきます。このまま名古屋まで行ってしまいたい。そう思ったのは、私だけではないでしょう。

 来年2月、新東名高速道路、浜松いなさJCT~豊田東JCT間が開通します。そのプレイベントとして、東三河(新城)FUN!FUN!サイクリングが開催されました。
 ロードバイクコースは新城IC~臼山トンネル手前までの、下り線・上り線を使用した1周約18.5kmのコースを4時間以内で好きなだけ周回できます。

 新城IC料金所ゲート前で中年夫婦が写真を撮ろうとしていました。
 「お撮りしましょうか?」
 「ええ、お願いします」
 電光掲示板に「東三河(新城)FUN!FUN!サイクリング」と表示されています。それを背景にして、スマホでツーショットを撮ってあげました。
 「私も撮ってもらえますか?」
同じ場所で記念写真を撮ってもらいました。
 「ありがとうございます。どちらから見えたんですか?」
 「地元です。豊川です。自走でも来られたんですけど、車で来ました」
 「私は名古屋からです」

 インターのアプローチから本線に入ります。名古屋方面に向かう下り線は、少し上り基調になっているようです。
 2km程走ると、スタート&フィニッシュ地点となっている長篠設楽原パーキングエリアに到着。
 パーキングエリアの施設は外観は完成していましたが、内装などは作業中のようです。施設のお手洗いはまだ使えないので、仮設の簡易トイレでした。
 おもてなし会場と銘打っているだけあって、駐輪スペースにバイクスタンドが設置されているのは、嬉しい配慮です。
 スコットやフォーカス、ケルビムなどの自転車出店ブース、豊橋カレーうどんや豊川いなり寿司などの飲食ブースもあります。
 FOCUSのCAYO DISCに試乗させてもらいました。さすがにカーボンフレームは軽いですね。それにディスクブレーキはよく効きます。

 午前9時、Redbullのバルーンアーチをくぐり抜け、スタート。誰もが高速道路のアスファルトの感触を確かめるかのように、ゆっくりと走り始めます。レースではないので、計測はありません。でも、快適すぎで自然とペダルを早く回してしまいます。

 1周目は路面状況や標識などをチェックしながら走ります。下り線は最終舗装が完了していました。所々に路面保護のためか、鉄板やシートが敷いてあります。
 3箇所のトンネルをくぐり、臼山トンネルの手前でUターン。静岡方面に向かう上り線を走行します。下り線と同じようにトンネルが3つあります。最終舗装がされていない区間もあり、工事車両も沢山おいてありました。

 しかし、上り線は下り基調。軽いペダリングでぐんぐんスピードが出ます。
 PAから6.5km地点にエイドステーションがあり、バナナやお菓子を補給できます。
 ここから新城ICまでの約4kmは、今回のコースで最も気持ちよく走行できる区間です。最終舗装が完了しているうえに、下り坂ですから。

 新城IC料金所を出て折り返し、再び本線に戻り、長篠設楽原PAまで走ると、コース1周となります。

 2周目は写真を撮りながら走りました。
 多くの参加者も道路脇に自転車を停め、写真を撮っていました。
 こういうときは、カメラやスマホを手にしている人に声をかけてシャッターを押してもらうことです。
 「どちらから来られたんですか」
 「刈谷からです。お宅は?」
 「名古屋からです」
 「遠いですね」
 「そんなに変わらないと思いますけど」
 「参加料、高いですね。女房に、9千円も出してよく参加するわね、と言われましてね」
 「でも、今日限りですから。二度と走れないんですから、いいんじゃないですか」

 反対に話しかけられる場面もあります。
 「もっと工事が進んでいると思ったんですけど、段差があってイヤですね」
 「ほんとそうですね、それに上り線の方は、舗装がされてないところもありますよね」
 開通までには2か月ぐらいありますから、もう少し工事が進んでからこの大会を開いてもいいんじゃないかと思いました。しかし、よくよく考えてみると、寒さが厳しくなると雪が降るかもしれません。サイクリング大会には適さない気候になってしまいます。今日ぐらいが大会開催のリミットだったのかもしれません。実際のところ、朝方は6℃ぐらいで寒かったですし、周回ごとに用を足したくらいですから。

 3周目で、制限速度標識板が「50」と表示されていることに気づきました。
 本来なら、「80」とか「100」だと思いますが、本日走るのは自転車なので、最高速度は50km/hとしたのでしょうか。
 あとでサイクルコンピュータをチェックしたら、Max48kmでした。スピード違反にはならなかったようです。

 4周目。
 1周の距離と4時間という時間制限から、4周しようと決めていました。
 2周目に景色を眺め、写真を撮りながらゆっくり走った時間を取り返そうと、スピードアップしました。

 午後1時少し前、まるで図ったかのような時間でゴールしました。
 入れ替わり、ママチャリコースのスタートです。もっと走りたい衝動に駆られました。でも、楽しいときは終わりです。

 フィニッシュエイドで渥美のあさり味噌汁を頂きました。
 参加記念品はネックウォーマーと「新東名をケッターで走った!」とプリントされたミニエコバッグです。Tシャツとかタオルかと思いきや、とても気の利いた品物で嬉しくなりました。

 車を停めてある「ふれあいパークほうらい」で約5km、名残を惜しみながら自走で向かいました。

種目:ロードバイクコース
   (9:00~13:00)
   ママチャリコース
   (13:00~15:30)
記録:4周 約74km
   実走時間3時間31分

使用自転車:Panasonic POSロード
走行距離:92.6km
走行時間:4時間08分
  

Posted by まつぼっくり at 22:56Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年12月12日

239 りんくう常滑へサイクリング

◆2015年12月5日(土) 晴ときどき曇

 イオンモール常滑が昨日オープンしました。
 東海地区最大の敷地面積(約20万平方メートル)だそうです。店舗だけでなく、ゴーカート場やアスレチック施設、温泉まであります。

 その一角に「ペダルハウス」が設置されていました。レンタサイクル事業、駐車場やサイクリングコースの案内などのインフォメーション事業などを実施する自転車のためのピットインハウスです。

 運営主体である株式会社知多半島ナビは、自転車を通じて知多半島の活性化に取り組んでいる会社です。知多半島にロードバイクスタンドを設置したり、サイクルイベントの運営をしたりしています。ACA副理事長のaQsimさんは、ここの社員となって働いています。

 自転車を引きながらレンタサイクルを見ていました。ママチャリではなく、ロードレーサー、クロスバイク、そしてファットバイクまであり、1時間600円から利用できます。

 「どうぞ、バイクスタンドに掛けて、見ていってください」
 店番をしていた知多半島ナビのS社長が話しかけてきました。S社長は、今年9月に開催された「おいなぁ サイクリングin知多半島」の運営責任者でしたので、私の方は面識があります。
 「どちらから来られたんですか」
 「名古屋からです」
 「車はどこに止めたんですか」
 「いえ、家から走ってきました」
 「えっ! すごいですね」
 家から35kmぐらいですから、サイクリストにとってはごく普通の距離ですけど。

 「中も見ていってください。愛三レーシングチームが使っている自転車を置いてます。」
 チームの青いサイクルジャージとスコットのロードレーサーが展示されていました。

 会員登録も勧められましたが、とりあえずチラシだけ受け取りました。

 明太子を買って帰ろうと、めんたいパーク常滑に寄りました。ここにもバイクスタンドが設置されています。
 イオンの開店に合わせたのでしょうか、大感謝祭セールで全品10%引きです。辛子明太子とイカ明太子を購入し、帰路に着きました。

使用自転車:COLNAGO C59
走行距離:70.7km
走行時間:3時間40分

  

Posted by まつぼっくり at 00:11Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年12月09日

238 探訪あいち なごや自転車散歩(東海合戦ワールド)

◆2015年11月29日(日) 晴のち曇

 金曜日の時点で参加表明はミシガンさん一人だけでした。今回は少人数かなと思っていたら、前日の夜に一気に増えて、11名となりました。

 白のトレックさんはケガから復帰され、久しぶりにお目にかかりました。
 BikeFridayのちゃりんこ日和さんは、初参加で30代の若さ。平均年齢をぐっと押し下げてくれました。

 愛知県は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など、多くの戦国武将を輩出した「武将のふるさと」です。
 「東海合戦ワールド」は、昨年、「あいち合戦ワールド」として開催されたイベントがスケールアップしたものです。愛知県は工業製品出荷額が37年日本一を誇る産業県ですが、観光の分野では劣っていました。今年は「観光元年」と銘打ち、観光振興に力を入れています。
 その一翼を担おうと、急遽、探訪あいちを企画しました。
ただ、これだけでは、サイクリングの距離が足りません。そこで、名古屋の遺産巡りを加えたのが、今回の企画です。

 まず最初の訪問先は、南区の笠寺小学校です。かつて、この場所には星崎城がありました。校庭の隅に「星崎城址」の石柱が立っています。
 説明板には「城主は、初代岡田直教、その子直孝、その弟善同とつづいた。天正12年(1584)より山口重勝、ついで重政が城主になったが、天正16年、重政が伊勢の国茂福に移り、廃城となった。」とあります。

 次は、笠寺公園です。
 太平洋戦争当時、この付近には、笠寺陣地という日本軍の施設があり、空襲を行うアメリカ軍機を打ち落とすため、高射砲とよばれる大砲が6門設けられていました。その高射砲をすえた台座と、その脇に設置された砲側弾薬庫が残っています。
 想像してみると、地上からの大砲で、果たして飛行機を打ち落とすことができたのか、疑問に思います。

 そして、高射砲台座跡の近くに、有名な双子の姉妹、きんさんとぎんさんの桜の木があります。
 きんさん桜・ぎんさん桜は、平成12年に南区役所新庁舎の完成を記念し、岐阜県根尾村(現本巣市)から植樹された、樹齢1500年といわれる淡墨桜です。「健康と長寿」の象徴として多く人に親しんでもらえるよう、平成25年に見晴らしの良い笠寺公園へ移植されました。
 HFさんは、「きんさんざくら ぎんさんざくら」と刻まれた石碑に手を合わせていました。長生きできる御利益があるといいですね。

 見晴台考古資料館を見学後、桜台高校の向かいにある、桜田の八幡社へ移動します。
 ここには、あゆち潟の碑があります。「万葉集」で高市黒人(たけちのくろひと)は「櫻田へ 鶴(たづ)鳴きわたる 年魚市潟(あゆちがた) 潮干にけらし 鶴(たづ)鳴き渡る」と詠みました。「愛知(あいち)」の地名は、この「年魚市潟(あゆちがた)」の「あゆち」が「あいち」に転じたと言われています。

 このあと、鉄のGIOSさんの案内で、村上社のクスノキに立ち寄りました。私はその存在を知らなかったのですが、幹回りが約10.8メートル、樹高が約20メートルにおよぶ名古屋市内でも最大級のクスノキの巨木です。樹齢は千年といわれ、1987年(昭和62年)に名古屋市の天然記念物に指定されました。名古屋にこんな大楠があるのかと、その見事な姿に感動しました。ちなみにここの町名は南区楠町となっています。

 ここから、天白川の堤防上を走り、天白区の相生山に向かいます。
 相生山は名古屋市内に残る貴重な自然の宝庫です。えっ! 名古屋にこんな田舎道みたいなところがあるの? と思わず口にしてしまう人もいます。
 オフロードあり、坂道ありで、ロードバイクの方には少々難儀する道を走ります。
 葉書塔は、そんな相生山の林の中にひっそりと建っています。この塔は、1927年(昭和2年)に新愛知新聞社(のちに、名古屋新聞と合併して中日新聞となる)が愛知県の新十名所を募集したときに集まった850万余枚の当初葉書を収めるために、徳林寺が建設したものです。
 投函口を覗いてみると、年賀状の束が収められているのが見えました。私が子供の頃、「不幸の手紙」がありましたが、それをこの葉書塔に収めた人もいたそうです。

 相生山オアシスの森入口でトイレ休憩後、鳴海球場跡に向かいます。
 ルー・ゲーリッグやベーブ・ル-スを交えた日米野球などが繰り広げられた伝説の球場。現在は名鉄自動車学校になっていますが、一塁側と三塁側のスタンドが残っています。1936年(昭和11年)2月9日に日本の職業野球(プロ野球)としての初めての試合が、この野球場で行われました。対戦カードは名古屋金鯱軍対東京巨人軍。この試合で名古屋金鯱軍は、沢村栄治を打ち込んで勝利を収めたのでした。

 11時半、昼食場所の「TONMARU(トンマル)」へ。旧東海道沿い、平部交差点近くの豚カツの店です。11人いますので、席だけ予約しておきました。皆さん、かつ丼やカツカレーを注文していましたが、私は豚味噌丼にしました。味噌汁、小鉢、食後の珈琲が付いて、700円ですから結構お得です。

 最後の目的地、大高緑地公園へは、走行距離を稼ぐために、園内道路を一周しました。アップダウンのあるワインディングロードで、走りごたえがあります。ただ、車止めがなければもっと快適なのですが。

 1時45分、大高緑地公園に到着。「東海合戦ワールド」の会場の若草山には、全国からやって来たご当地武将隊の演武ステージやグルメブースがあり、大勢の人で賑わっていました。

 1時間のフリータイムとして、各々、過ごしてもらいました。
 私は、ミシガンさんと一緒に、ちょうど1時から始まった「放鷹術(鷹狩り)」を見学しました。日本放鷹協会の方々が、大鷹や隼を空に飛ばし、獲物に見立てたルアーを捕まえさせたり、人の腕に留まった状態から空を舞わせて、再び元の腕に帰らせるなど、見事な実演を披露してくれました。空に放つと、そのまま逃げて行ってしまうのではないかと思うのですが、ちゃんと元に戻ってきます。よくコントロールできるものです。鷹も頭がいいし、それを操る鷹匠(たかじょう)の“術”も素晴らしい。
 江戸時代からのことわざ「一富士 二鷹 三茄子」は、家康の好物を並べたという説で、景色は富士山、趣味は鷹狩り、食べ物はナスに由来するそうです。また、鷹は、「高、貴」と通じるので出世を意味するともいわれます。
 織田信長や徳川家康の時代、鷹狩りは権力者にしかできなかった楽しみでした。鷹狩りは権力の象徴でもあったわけです。

 大高緑地公園でミシガンさんや理事長さんら4人の方が解散。日本ガイシスポーツプラザへは7人が戻りました。
 短い距離でしたが、参加者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

サイクリングコース
日本ガイシスポーツプラザ(午前9時)→ 笠寺小学校・星崎城址 → 笠寺公園(見晴台考古資料館、高射砲陣地、きんさん桜・ぎんさん桜)→ 高市黒人の歌碑(南区楠町・八幡神社内) → 相生山(葉書塔)→ 鳴海球場跡(名鉄自動車学校) → 〔昼食〕→ 大高緑地公園〔東海合戦ワールド見学〕→ <折り返し> → 日本ガイシスポーツプラザ(午後2時10分)
距離:30km
高低差:64m
所要時間:5時間10分

参加者
ミシガンさん、白のトレックさん、ちゃりんこ日和さん、熱田のワカさん、安城のSさん、茄子紺Trekさん、鉄のGIOSさん、YAさん、MBさん、HFさん、幹事  計11人

参加者の声
<ちゃりんこ日和さん>
 幹事様、参加された皆様お疲れ様でした。
 自宅が近くなのに初めて通る道や場所がたくさんあって勉強になりました。特に葉書供養塔は面白かったです。私も喪中葉書など納めてみようかな(笑)ありがとうございました。

<ミシガンさん>
 参加表明の立ち上がりがスローでやきもきしましたが、集合場所に着いて見れば見慣れたメンバー、初参加のバイクフライデーさんなど 11人。賑やかなサイクリングになりました。マツボックリさんらしい隠れた史跡を丁寧に巡り、適度な登り下りに迷子になったら帰れなくなる?複雑なルート、これが名古屋市内?という三河顔負けの田舎道と、これぞThe 探訪と言うイベントで大満足!
 自走入れて60km。距離も快適。
 ありがとうございました。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:39.6km
走行時間:2時間27分
  

Posted by まつぼっくり at 00:34Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年12月05日

237 探訪あいち 名古屋の遺産巡り下見 その2

◆2015年11月28日(土) 晴

 明日の探訪あいちに備え、最後の下見です。
 天気も良く、寒さを感じることもなく、ペダルを回すことができました。

 天白川のサイクリングコースでは、菊住学区駅伝大会が行われていました。自転車を押して歩かざるを得ません。
 「すいません」
 「申し訳ありません」
走路員の方に頭を下げられました。
 私は全く気にしません。むしろ子供達が懸命に走っている姿に、元気をもらったくらいです。

 相生山の葉書塔前では、相生山の自然を守る会の人たちが「秋をパウチ」のイベントを催していました。赤や黄色の葉をラミネート加工して「したじき」を作るそうです。

 大高緑地公園では、東海合戦ワールドの設営準備が進められていました。忍者の衣装に身を包んだ何人かが、アトラクションの練習もしていました。明日が楽しみです。

 さて、今日は私の結婚記念日です。
 毎年この日は、家族でちょっと贅沢な食事をするようにしています。
 「ラ・スースIZUMI」
昭和区前山町の閑静な住宅街にあるレストランです。ウエディングも行うとあって、エントランスは綺麗な芝生の庭になっています。
 幻想的に緑が浮かぶガーデンを眺めながらのフレンチディナーは、格別です。
 前菜、魚料理、スープ、メインの肉料理、デザート、いずれも美味しく頂きました。
 ウエイターの方も適度に話しかけてくださったり、記念写真を撮影してプリントアウトしてくださったりと、楽しい雰囲気を作り出してくれました。
 来店者は私達だけでしたので、貸切状態です。気兼ねなく食事を楽しめました。
 妻も娘も「また来たい」と大満足の食事会となりました。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:40.1km
走行時間:2時間55分
  

Posted by まつぼっくり at 21:53Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2015年12月04日

236 天白川JOG その3

◆2015年11月23日(月・勤労感謝の日) 曇

 昨年の6月以来、久しぶりに天白川河川敷を走りました。
 今年度中は河川工事が続いて、部分部分しか走ることができません。それでも川沿いを走るのは、何となくゆったりした気持ちになるものです。

 スポーツは、プロ選手にとっては職業であり仕事です。でも、アマチュアにとってスポーツは、気晴らし、癒やしですから、やっていて楽しいことが一番です。

 今日、11月23日は、私にとってランニング原点の日です。
 昭和57年11月23日、第2回名古屋市民ジョギング大会10kmの部に参加したことが、私のマラソン人生の始まりでした。
 33年の歳月が流れました。よく続けてきたものです。

 今日の日を記念して、と言っては大げさですが、新しいランニングシューズを下ろしました。

使用シューズ:asics GEL-1110
走行距離:11.7km
所要時間:1時間46分
  

Posted by まつぼっくり at 23:53Comments(0)TrackBack(0)ランニング