2016年04月30日

290 雨で中止 ツール・ド・あいち ロングライド知多半島

●2016年4月17日(日)  雨のち曇

 朝起きると、天気予報どおり窓の外は雨でした。風も音を立てて吹いていました。
 昨日の時点で、サイクリング協会のホームページで「ツール・ド・あいち ロングライド知多半島は中止」の告知がされていました。

 雨はお昼前に上がり、午後は嘘のように晴れ間が広がりました。
 もう半日ずれていれば開催できたのに、残念でなりません。
 今日の大会は、6月30日までに自主走行して、その記録を協会に報告することになります。

 家の用事を済ませ、ミニベロでポタリングに出かけました。
 山手四谷通を本山まで往復。左手には中京大学、南山大学、名古屋大学、右手には八事霊園、八事日赤(名古屋第二赤十字病院)があり、お洒落な店も多くあります。
 BMWの販売店には自動車とともにBMWのマウンテンバイクが飾ってありました。パーツはシマノXTRなので、かなり高価でしょう。
 アップダウンが続く道ですから、短い距離の割には疲れました。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:16.0km
走行時間:1時間17分

  

Posted by まつぼっくり at 14:56Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2016年04月25日

289 農業大学校内JOG

●2016年4月16日(土)  晴

 愛知県立農業大学校は、岡崎市美合町にあり、総面積38.99haの広大な敷地に中に水田、果樹園、普通畑、畜産施設、運転試験コースなどを備え、農業後継者や農業の担い手を養成する2年制の専修学校です。

 校内には、珍しいウコン桜(鬱金桜)が咲いています。
 桜というと薄紅色ですが、ウコン桜は数百品種ある桜のうちで唯一、淡黄緑色の花を咲かせます。
 ウコン桜は、花びらの色が多年草の「ウコン」で染めた色に似ていることが名前の由来。咲き始めは薄い黄緑色ですが、次第に中心部が紅色となり、最後は全体が薄いピンク色に変わります。花期は4月中旬から4月下旬で、ソメイヨシノが終わる頃から咲きます。

 見頃を迎えたウコン桜を見ながら、広大な圃場(ほじょう)の中をジョギングしました。
 土の上を走るのは舗装道路を走るのと違って脚への負担が少なく、ゆったりした気分になれます。
 今は忙しくて余裕がありませんが、仕事が落ち着いてきたら、終業後に農業大学校内をジョギングしたいと思います。

使用シューズ:adidas アルーガ
走行距離:8km
所要時間:1時間8分
  

Posted by まつぼっくり at 22:11Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2016年04月19日

288 Jリーグ第1ステージ第4節(vs大宮アルディージャ)

●2016年4月10日(日)午後  曇

 「グランパスでひとつになる幸せ」

 今季のスターティングイレブン紹介の大型ビジョン画面は、この言葉をテーマに構成されています。
 しかし、本日の大宮戦では、その幸せは味わえませんでした。
 1対2の逆転負けで、グランパスは公式戦5連敗。前半にPKをシモビッチが決めて先制したにもかかわらず、後半は、シュートを打てるときにパスを選択するなど攻撃が消極的になって得点が奪えません。
 こういうときは点を奪われるものです。
 大宮の速攻からピンチを迎える場面が多くなり、案の定、立て続けに失点してしまいました。

 シュートチャンスには積極的にゴールに向かって打って欲しいものです。シュートはそう簡単に決まるものではありません。パスでチャンスを潰すよりも、シュートが決まらなくて攻撃が終わった方がスッキリするからです。

 ところで、新聞に
 「グランパス 白川公園断念」
の報道がありました。
 グランパスは名古屋市内の白川公園にサッカー専用の新スタジアムを建設する構想を持っていました。
 しかし、白川公園の環境を壊すのは良くない、と批判があるとともに、サポーターの気運も一向に高まらないことから、断念したということです。
 確かに名古屋市の中心部にある白川公園はアクセス抜群でしょうが、市の科学館や美術館があり、市民の憩いの広場となっています。私は、そんな場所にスタジアムが建設できるのか、球団幹部は何を考えているのか、最初から疑問に思っていました。

 まずは、パロマ瑞穂スタジアムの改修を第一に考えるべきです。
 名古屋市は瑞穂スタジアムを現在の定員2万7千人から4万人規模に改修する検討を始めています。愛知県もアジア大会の誘致に向け、名古屋市に協力する方向です。
 球団は、陸上のトラックがあっても臨場感を損なわない可動式の観客席導入を市に働きかけるなど、現実的な要望をするべきです。お金が出せるなら、瑞穂スタジアムの改修に使う方が価値的ではないでしょうか。
  

Posted by まつぼっくり at 23:51Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2016年04月18日

287 探訪あいち・浅野祥雲の作品を訪ねて その3 犬山市編

●2016年4月9日(土)  晴

 4月1日の人事異動で、岡崎の美合に職場が変わりました。
 慣れない仕事で残業が続き、さらに通勤時間も長くなって、なかなか報告を書くことができませんでした。

 朝のパロマ瑞穂スタジアムには陸上競技会に参加の高校生達で賑わっていました。そんな中に集まった、サイクルウェアのおじさんとおばさん5人。ちょっと場違いのような気もします。

 山崎川の桜は見どころが過ぎ、新緑の若芽が顔をのぞかせた並木道になっていましたが、薄紅色と緑のコントラストがきれいです。そして路面には落花紛々、桜のじゅうたんを敷き詰めたかのよう。
 山崎川の桜は、昭和初期、地元の土地区画整理組合が事業を終えた記念で植えたのが始まりです。600本のソメイヨシノが両岸から川にせり出すように咲きます。
 財団法人日本さくらの会の「さくらの名所百選」にも認定されており、花見客向けの露店がほとんどないので、静かに桜自体を楽しめます。

 名古屋市内を抜けるのは少し難儀します。信号が多く車も多いですから。
 上飯田を過ぎて庄内川を渡れば、あとは県道を真っ直ぐ北上するだけです。

 一週間前は花見の観光客の車で、大変な渋滞でした。
 自転車は渋滞中でも停止中の車の脇を走ることもできますが、停止車両によって対向右折車が見えません。停止中の車の間から対向車が右折してきて衝突しそうになることがあります。左側に店や駐車場などがあると、そこに入ろうとするからです。車列に少し間隔がある場合はそうした車の存在を予測して徐行することが大切です。
 先週の下見の際、そうした場面に遭遇して、肝を冷やしたからです。渋滞しているときはスピードは出さないようにしましょう。

 さて、桃太郎といえば岡山がすぐに浮かびます。きび団子も岡山の名物として定着しています。「吉備」と言う言葉も岡山地方を表します。
 それなのになぜ、桃太郎神社が犬山市にあるのでしょうか。
 調べてみると、桃太郎神社という神社は全国に4個所はあるとか、「桃太郎伝説の発祥の地」と主張しているところが、日本中に30以上もあるとか、ということがわかりました。主張したもの勝ちというところでしょうか。

 ここ犬山の桃太郎神社には、桃太郎にちなんだ鬼、犬、猿、キジなどのコンクリート像が、敷地内のあちこちに点在しています。これらはすべて、コンクリート像作家の浅野祥雲先生の作です。
 なかでも、鳥居のすぐ前にある、桃から生まれたばかりの桃太郎の立像は、桃太郎神社の象徴ともいえます。
 神社の一番奥にある猿、犬、キジそして鬼を従えたコンクリート象の前で、集合写真を撮りました。

 桃の形をした鳥居には「悪は去る(サル)、病は居ぬ(イヌ)、災いは来じ(キジ)」と書かれていました。上手いこと言ってますね!

 神社には外国人の姿も、ちらほらありました。こんな珍スポットにまで観光に来るのかと驚きです。

 お昼は『豚そば ぎんや』にて。11時過ぎに入店できたので、お客さんは少なく、すぐに座れました。私は『えび味噌ラーメン』を注文。海老がトッピンされているのかと思いきや、海老の姿はなく、どうやらスープに海老のエッセンスが含まれているようです。
 ラーメン好きの私にとっては、自分の好みにピッタリというラーメンに出会ったときは幸福だなあという感じになります。この店は「アタリ」の店でした。ただ、自分の味覚では、先週食べた『つけ麺』の方が美味しかったです。

 帰路、羽黒の五条川沿いも走りました。ここの桜も山崎川と同じ状況でした。

 二子山古墳は、県内では熱田区の段夫山古墳に次ぐ大きな古墳です。沢山の埴輪が発掘されたようで、公園内には「ハニワの館」なる展示施設があります。

 守山区の鉄のGIOSさんは小牧で、北区の白のトレックさんは大曽根で解散し、瑞穂公園に到着したのは3人でした。

サイクリングコース
瑞穂公園(午前8時15分)→〔山崎川沿い〕→ 塩付通 → 飯田街道 → 新栄三丁目 → 東警察署・東区役所 → 徳川町 → 大曽根 → 平安通 → 岩崎 → 上飯田 → 三階橋 → 水分橋 →〔県道102号名古屋犬山線〕→〔県道27号春日井各務原線〕→ 犬山遊園駅西 →〔県道185号線〕→ 桃太郎神社 → <折り返し> →〔昼食:豚そば ぎんや〕→ 二子山古墳・ハニワの館 → 瑞穂公園・解散(午後2時20分)

走行距離:72km
標高差:49m
所要時間:6時間5分
使用自転車:Bianchi シクロクロス

参加者
白のトレックさん、くらぽんさん、鉄のGIOSさん、トミカワさん、幹事  計5人

参加者の声
<くらぼんさん>
幹事のまつぼっくりさん、参加された皆様、ありがとうございました。
祥雲さんの桃太郎、シュールでしたね!
天気も良くて、快適なサイクリングを楽しめました。ラーメンも美味しかったです。

<トミカワさん>
幹事様、参加されました皆様お疲れ様でした。
70kmと平坦な道とはいえ、自走を含めて98kmの距離になり、久々に疲れました。
犬山への道のりは、みんなと行くと意外と近くに感じました。
何年かぶりにあった桃太郎とその仲間たち。
綺麗になっていました。大きな桃を持っているおばあさんも綺麗になって若返っていました。相変わらず、力持ちでしたがp(^_^)q
ラーメンは汁がとても美味しかったです。
次は、何処へ行くのかと楽しみにしています。
  

Posted by まつぼっくり at 22:42Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2016年04月17日

286 探訪あいち・桜道を走る

●2016年4月3日(日)  曇一時小雨

 「世の中に たとへむ物もなかりけり 春のさくらの 花のにほひは(本居宣長)」

 日本の桜の大半を占めるソメイヨシノ。その名が正式に定められたのは1900年でした。江戸時代の交配によって生まれ、接ぎ木によって全国に広がりました。ソメイヨシノが一斉に咲き、一斉に散るのは全て同じ遺伝子を持っているからだそうです。冬の寒さに耐えて、根を張り、つぼみを育て、やがて万朶の花を咲かせます。

 桜に惹かれて、35人もの参加者となりました。初対面の人も大勢います。幹事のブルホンアンカーさんも大変だったと思います。

 タイトルどおり、桜を満喫できるサイクリングでした。期待を裏切らない、いや、期待以上の桜道でした。

 木曽川と長良川の間にある、背割堤。こんな道があること自体、初めて知りました。車止めがあるので、許可された車以外は入ってきません。ですから、安心して快適に走れます。
 何キロも続く薄桃色の桜道。歩く人もまばらですから、これぞサイクリングのためのお花見道路でしょう。

 南濃大橋を渡って、道の駅クレール平田で休憩。
 続いて、大榑川(おおくれかわ)沿いの桜道。ここも見事な桜道です。桜のトンネルの中を走っているようです。サイクリングをしながら、桜を堪能する、という贅沢。この季節にだけ現れる桜の道だからこそ、刹那の価値があると言えるでしょう。

 お昼ご飯は菜めしでんがくの松野屋平田店。専門店ですから、メニューはでんがく定食のみ。全員が大盛りを注文しました。大盛りといっても丼茶碗に軽く盛っているだけなので、あまり量はありません。田楽8本にお吸い物と漬け物、デザートが付いて1,200円。ちょっと高いです。正直お腹は満たされません。
 「唐揚げでも食べたい」と言う声に、頷けます。

 今尾橋を渡っているところで、鉄のGIOSさんのピナレロがパンク。後輪に大きな釘が刺さっていました。
 橋の上にはいろいろごみが溜まっているので要注意です。

 休憩場所のローソンに着いたところで、今度は私のバイクの空気が抜けてしまいました。どうしたことでしょう。新しいコンチネンタルのタイヤに替えてから、これで4回目です。タイヤには何も刺さっていません。タイヤかリムに問題があるに違いありません。チューブを取り換えましたが、また同じことが起きると思いますから、よく点検してみたいと思います。

 中江川、大江川の桜を見て、水車のあるアクアパークで休憩。そのあと、木曽三川公園にタワーを目指して終点です。

 本日は、のんびりと自転車に乗りながら、桜に浸りきるという快楽を味あわせてもらいました。来年もぜひ走りたいと思います。幹事さんありがとうございました。

使用自転車:Panasonic POSクロモリロードバイク
走行距離:59km
所用時間:6時間25分
  

Posted by まつぼっくり at 22:53Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2016年04月16日

285 犬山市桃太郎神社へサイクリング その2

●2016年4月2日(土)  曇ときどき晴

 来週の探訪あいちの下見と桜を見に、ペダルを回しました。

 先回、3月20日の時と違って、風はそんなに強くありません。ただし、曇り空です。

 犬山市内は満開の桜を楽しもうと大勢の観光客でごった返していました。道路は車の乗り入れが規制され、沢山の屋台が軒を連ねていました。渋滞の車の列を通り抜けるのに少々時間がかかりました。
 桜花爛漫の候は、今日と明日でしょう。

 桃太郎神社には、ちょうど11時に到着。
 当地の桜は散りかけです。ちょっとがっかりです。桜の種類が違うのでしょうか。それでもベンチで田楽を食べたり、バーベキューをやっていたりと、春を楽しむ姿が見られました。

 お昼は前回と同じ『豚そば ぎんや』です。混む前に入店できて良かったです。人気店なのか、正午前には行列ができるのですから。
 今日はつけ麺を注文しました。これも美味しかったです。つけ麺というと濃厚すぎてくどいスープが多い中、ここのスープはスッキリして全部飲み干してしまいました。

 帰路、寄り道して五条川沿いを走ってみました。川沿いの桜並木は見応えがあります。ちょうど、羽黒の桜まつりが行われて、琴の演奏中でした。

 県道は、名古屋に向かっていく道の方が路肩が広く、走りやすいと感じました。

 二子山公園も花見を楽しむ家族連れやグループで賑わっていました。先回は静かだったので、別の場所かと思ったくらいです。

 山崎川を通って帰ろうとしたら、繁華街のような人混みでした。静かに花を楽しむという雰囲気ではありません。
 それにしても外国人がとても見だちます。アジア系だと区別がつきにくいですが、一見してわかる西洋系、ラテンアメリカ系の人が増えたようです。そうした人たちも川にかかる鼎小橋の上などで桜とともに笑顔でカメラに納まっていました。

使用自転車:Bianchi シクロクロス
走行距離:73.2km
走行時間:5時間13分
  

Posted by まつぼっくり at 23:37Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2016年04月12日

284 ヤマザキナビスコカップ第2節(vs湘南ベルマーレ)

●2016年3月27日(日)午後  晴

 全く不甲斐ない、情けない試合でした。ホームゲームでこんな戦いしかできないとは。
 湘南もたいした攻撃はしていませんでした。しかし、それ以上にグランパスの攻撃は単調で、シュートも見せ場もほとんどありません。パスはつながらないし、ボールはすぐ取られるし、連動性が全くありません。
 リーグ戦とほぼ同じメンバーなのに、どうしてこんな試合運びしかできないのでしょうか。
 小倉監督の目指すパスをつないで相手を崩すサッカーに取り組んでいるようですが、選手にそれだけの力量がないのが現実です。
 2連敗でA組最下位。
 今年のカップ戦は、予選リーグ突破が難しいでしょう。
  

Posted by まつぼっくり at 00:32Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2016年04月01日

283 山崎川JOG その28

●2016年3月27日(日)午前  晴

 パロマ瑞穂スタジアム周辺は、グランパスと湘南ベルマーレのサポーターで、赤と黄緑色に染まっていました。そこに咲きかけている桜のピンクがさらに彩りを添えていました。

 昨年11月から通行止めになっていた鼎小橋の補修工事が終わり、橋の上で桜をバックに写真を撮っている人も姿もありました。中国語も聞こえます。台湾か中国からの観光客なのでしょう。
 鼎小橋は名古屋市内に2箇所しかない木橋の一つで、山崎川のシンボル的な存在です。長さ22.8m、幅2.34mと、小ぶりですが、この季節、夜のライトアップされたその姿は幻想的で、桜とのマッチングはバツグンです。

 石川橋の南に「cafe de 桜」という小さな店ができていました。お洒落です。

 走りながら、春の息吹、新しい動きを感じました。

使用シューズ:asics GEL-1110
走行距離:8.5km
所要時間:1時間15分
  

Posted by まつぼっくり at 22:29Comments(0)TrackBack(0)ランニング