2016年11月27日

378 農業大学校学生会陸上クラブと走る その12

●2016年11月15日(火)  曇

 寒くなりましたが、先週よりは暖かいです。
 持ってきました長そでTシャツも着る必要はありません。ただ、日没が午後4時台となってきましたので、走り終わる頃には暗くなってしまいます。

 本日参加者は、男子4人、女子4人の8人。
 皆若いだけあって、速いです。遅い女子2人に付いて行くのがやっとでした。筋力の差を実感します。

 新聞に掲載された名古屋市南区にある久野接骨院の院長・久野信彦先生の記事を紹介します。(一部省略)
 かつて医療界では、高齢者の筋トレは「弾力性が低下した筋繊維が切れやすいから危険」と言われ、タブー視される傾向にありました。しかし、「方法さえ間違えなければ、高齢者の筋トレは可能であり、むしろ必要」です。
 それを証明したのが、100歳を超える長寿で国民的アイドルとなった「きんさん・ぎんさん」の姉・成田きんさん。きんさんは105歳の頃、歩けなくなった『足の健康』を取り戻そうと、ふくらはぎと太ももの運動から始め、約3か月で立派な筋肉を復活させ、『つえなし』で歩けるまでになりました。
 「自分の足で歩ける」ということは、自立した生活と健康寿命にもつながります。
 高齢者の筋トレは、何歳から始めても遅くありません。
 筋トレを毎日続けるコツは、①楽しくする、②難しいこと・痛いことはしない、③無理をしない、④(旅行や外出などの)目標を持つ、の4点。
 体を動かすのは『心』です。「100歳まで元気に歩く」など、筋トレを続ける目的や動機を自身で決め、自発的に行うことが最も効果的です。

 「最後まで、元気に自分の足で歩きたい」
 できれば、「最後まで、元気に走りたい」
 この願いを胸に、衰えゆく筋肉を少しでも鍛えていきたいと思います。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.3km
走行時間:33分
  

Posted by まつぼっくり at 21:26Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2016年11月23日

377 第19回ジュビロ磐田メモリアルマラソン

●2016年11月13日(日) 晴

 昨日に引き続き、本日も晴天なり。

 磐田までは東名高速を利用して112km、2時間40分の道程です。
 昨年同様、三方原PAにて、持参したパンで朝食。

 7時35分、ヤマハスタジアム到着。
 昨年よりスタジアムに近い駐車場に案内されました。

 エントリーした5kmのスタートは9時45分。ポカポカした陽気で、
 「十分給水を取ってください」
とのアナウンスもあったくらいの暖かさです。
 片側1車線の道路で、2千人以上の参加者が一斉にスタートしますから、とても混雑します。でも、今年は運良く一番前のAブロックに並ぶことができたので、スタートラインを通過するのに12秒しかかかりませんでした。

 最初から自分のペースで走れます。ただ、昨日の勤労者スポーツ大会の時もそうでしたが、胃から上の食道あたりが痛いのです。スピードを上げると痛みが強くなります。元々胃腸が弱く、胃酸過多なので食道に何か炎症があるのでしょうか。この症状がなければ、もう少し速く走れるのですが‥‥‥。

 3.1kmの給水所を過ぎたところで、ジュビロの選手がハイタッチで私たちにエールを送ってくれました。
 黒い肌をしていましたのでアダイウトン選手だと思います。

 後半粘りがきかず、グロスタイムでは昨年より2分以上良かったものの、ネットタイムでは昨年より5秒遅い記録でした。

 昼ご飯は昨年と同じく「レストランくろしえっと」に行きました。
 11時半の開店前にお客さんが数人並んでいる人気の店です。
 ゼッケンに付いている「おもてなしクーポン」300円分を使える店で、ランチ定食(980円)が680円になります。
 本日のメニューは海老芋としらすのクリーミーコロッケと紫芋のスープ。それに、ゼッケンでサービスのシフォンケーキのデザートが付きます。
 どれも美味しかったですが、ライスがねちゃねちゃしていたのが残念です。

 復路は高速代を節約のため、3時間かかって地道で帰りました。

種目:5km(男子50歳~59歳)
記録:27分02秒
   ネットタイム 26分50秒
順位:63位
   申込み 209人
使用シューズ:MIZUNO GX
  

Posted by まつぼっくり at 22:21Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2016年11月19日

376 第29回愛知県勤労者スポーツ大会

●2016年11月12日(土) 晴

 昨年はお湿りの中での大会でしたが、今日は雲一つない快晴です。

 リニモの藤が丘駅改札を見たら、ICカード対応になっていました。進化しています。それに公園西口駅では、増築工事が行われていました。駅北側で大規模な建設工事が行われています。おそらくこれが、イケアの店舗なのでしょう。

 ファミリージョギングの部(3km)が午前10時05分にスタート。10kmマラソンの部は11時20分スタートです。モリコロパーク内の1周約3kmのコースを3周します。アップダウンのあるクロカン的コースで、最初から最後までフラットな道がほとんどありません。

 モリコロパークの木々も、綠から黄色や赤へとお化粧を始めていました。
 ランニングはウォーキングよりも脚への衝撃が大きく、足裏から伝わる路面の感覚も鋭くなります。道路の傾きや路面の凹凸も鋭く伝わります。風の流れ、景色の流れも鋭敏に感じるようになります。走っているといつもより五感がアップするような気になります。走ることの魅力の一つかもしれません。

 2周目の中程だったでしょうか。「アッ、ハッ、アッ、ハッ、アッ、ハッ、」と喘ぎ声を出しながら走る女性が前にいました。やや太め、というよりは女子レスリング選手のようなガッチリした体格です。
 だんだん後ろ姿が大きくなってきて、いっそう荒い呼吸の音が大きくなりました。耳障りでこちらのリズムが壊れます。
 「なんとか引き離せないかなぁ」
かと言って当方もそんなに無理はできません。でも、気になります。若干ペースアップ。

 「早く離れてくれ」
 3周目に入った辺りでようやく雑音から解放されました。
 このがんばりを最後まで継続したことが、幸いしました。
 昨年のゴールタイムを4分ほど上回ることができたのです。

 受け取った完走証を見ると、116位となっていました。
 上位10位までは計測してくれますが、それ以下は自分で完走証にタイムを記載します。

 昼食は、藤が丘商店街で、豚骨ラーメンの『麺来』に入りました。昨年来たときは、焼きそばの『銀河系』という店でした。「安い、旨い」の看板に偽りのない店でしたから、変わってしまったのが残念です。
 カウンターだけの細長い店内の造りは前の店と変わっていません。
 ベーシックメニューの豚骨ラーメン(680円)とランチセット(100円)注文。ラーメンは無料で替え玉付き、ランチセットはライスと餃子4個。これで780円は安いです。しかも、味もグッド。

 自身のラーメンランキングの上位に記しておきましょう。

種目:10kmマラソン(男子40歳以上)
   実距離は約9.5km
記録:51分39秒
順位:116位
使用シューズ:MIZUNO GX
  

Posted by まつぼっくり at 21:20Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2016年11月17日

375 ツール・ド・あいち ゆったり浜名湖一周

●2016年11月6日(日) 晴

 雲一つない、秋晴れです。ツール・ド・あいちの最後を飾るにふさわしい天気です。
 昨年のような冷え込みはありません。太陽を背にするとポカポカ暖かい。でも、日陰に入ると、冷やっとします。

 朝4時に起床し、5時過ぎ自宅出発。
 国道1号線を走り、音羽蒲郡ICから東名高速道路に入りました。
 新城PAで朝食を取っていたら、えきサイクルのTTさんがいました。ここは三ヶ日ICへの最後の休憩地点になるので、毎年誰かと会います。

 7時25分に三ヶ日青年の家駐車場に到着。既に十数台の車が止まっていました。今年から秋葉山までのスーパーロングの部が設けられ、7時にスタートしていたからです。

 本日の参加者は58人。私はいつものとおりノーマルコース(49km)を選択。30名が仲間です。
 今日は実走行時間2時間以内を目指すつもりです。昨年2時間2分でしたので、頑張ればクリアできるはずですが‥‥。

 午前9時、ロングコース(88km)は東へ、ノーマルコースは西へ進路を取ります。
 初参加らしい親子やえきサイクルのメンバーがいて、昨年に比べてノーマルコースの参加者が多いようです。しばらくその人達と10人くらいの集団走行になりました。
 国道301号線の五田橋の三叉路交差点で、私は直進したのに他の参加者は左折しました。どちらに行っても新居の関所に行くことは同じですが、直進した方が信号交差点が少なくて道がわかりやすく、距離もほんの少し短くなります。以前、左折して迷ったことがありましたから。
 ただ、前にも後にも自転車がいなくなり、単独走行になってしまいました。
 新井の関所を過ぎたところで、前に1台発見。 「よし、あの後に付いて行こう」

 渚園キャンプ場では今年も『JAPAN MINI DAY』が開催され、クラシックミニが大集結していました。赤、緑、白、黒、シルバーなど、いろんなミニが一堂に会していると壮観です。毎年、開催日が浜名湖一周と重なっているのは、11月の第1日曜日に決まっているのでしょう。

 浜名湖大橋を渡り、ガーデンパークを過ぎた辺りで、前を走行していた1台に徐々に離されていきました。進路は北へ変わり、向かい風が強くなってきたからです。やはり、風に抗うだけのパワーがないのですね。
 舘山寺に至る下り坂を走るころには、再び単独走行になっていました。

 細江大橋を渡って、本田技研の前を通過する辺りで、TREKの女性ローディに追い抜かれました。軽快で速いです。

 天竜浜名湖鉄道の浜名湖佐久米駅を過ぎたところで背後に自転車が付いているのを感じました。話し声からして、スタート直後に一緒だった母と息子の親子連れのようです。息子はGIOSブルーのPUREに乗っていたのを記憶しています。
 この3人が11時9分に同時ゴール。ノーマルコースでは7番目の到着。実走行時間は2時間4分で、残念ながら2時間以内の目標は果たせませんでした。
 風の抵抗に勝る脚力を身につけるか、向かい風が吹かない気候条件でないと、目標達成は難しいです。

 帰りは姫街道、本坂峠を通りました。比較的交通量が少ないので、国道1号線に合流する国府まではスムーズに行きました。
 昼食は、岡崎在住の茄子紺色TREKさんが美味しいと教えてくれた美合の中華料理『三国志』に寄ります。1時半に店に着いたのですが、駐車場はほぼ一杯で、店内では2組が席が空くのを待っていました。相当人気のある店のようです。期待が持って、サンデーランチ(1,000円)を食べてみました。マーボーチャーハンに、スープ、デザートに杏仁豆腐付きです。自慢のチャーハンと謳っているだけあって、上品でまろやかな味付けでとても美味しかったです。期待を裏切らない内容でとても満足しました。ぜひまた来てみたい店です。

使用自転車:Panasonic POSクロモリロード
走行距離:48.8km
走行時間:2時間04分
所要時間:2時間09分
  

Posted by まつぼっくり at 22:02Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2016年11月15日

374 Jリーグ第2ステージ最終節(vs湘南ベルマーレ)

●2016年11月3日(木・文化の日)  晴時々曇

 「J2降格が決まっている湘南に敗れるようではJ1に残る資格はない」
 小川佳純選手の言葉どおり、グランパスにJ1残留の資格はありませんでした。
 Jリーグ創設時のオリジナル10の誇りもむなしく、あっけなく湘南に3対1と完敗し、残留を争う他会場の試合結果を待つまでもなく、J2降格が決まってしまいました。

最後の試合も今季のグランパスを象徴するような試合でした。前半4分に山田直樹選手にミドルシュートを簡単に決められ、早々と失点。失う物がない湘南がのびのびとプレーしているのに対し、グランパスはプレッシャーのためがぎこちなく、連携もチグハグです。さらに追加点を奪われ、前半だけで2失点。この時点で降格だと諦めました。
 後半、PKで1点を返し、攻撃のリズムは良くなったものの、決定機をものにできず、3点目を決められてしまいました。
 攻めても攻めてもゴールは遠い。守備はもろくも崩れてしまう。何度も何度も見てきたシーンです。
 18,474人のチケット完売御礼のスタンドが、試合終了のホイッスルと同時に、シーンと静まりかえりました。
 あまりにもあっけなく、降格が決まった瞬間でした。

 なぜ、こんなことになってしまったのか。
 外から見て感じることを一言で言えば、「バラバラ」、「一体感がない」と言うことです。
 選手も、監督も、コーチ陣も、フロントも、スタッフも、まとまっていない。
 スローガンは「信頼」だの、「愛されたいクラブ宣言」だの、「Love Grmpus」だの、「グランパスでひとつになる幸せ」だの、綺麗な言葉を並べていても、内実は団結した組織の体を成していない、と言うことです。
 今の状態では、J2でも勝てません。
 親会社であるトヨタ自動車の上層部は何を考えているのでしょうか。ファン・サポーターの声は聞こえないのでしょうか。

 降格してしまったことは。今さらどうにもなりません。
 同じ過ちを二度と繰り返さないように原因を解明し、きちんと公表すべきです。そして、経営陣、フロントは総退陣するとともに、早急に組織の立て直しを図り、来シーズンの備えてもらいたいものです。
  

Posted by まつぼっくり at 22:27Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2016年11月13日

373 農業大学校学生会陸上クラブと走る その11

●2016年11月1日(火)  晴

 寒くなりました。
 風も強く、汗もすぐ引いてしまいます。

 本日参加者は、2年生男子4人、1年生の男子1人と女子3人の8人。1年生の派遣実習が終わって、賑やかになりました。

 走り終わった後、じっとしていると体が冷えてきます。次回からは長そでTシャツにし、羽織るものを持ってこようと思います。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.3km
走行時間:34分
  

Posted by まつぼっくり at 22:10Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2016年11月12日

372 探訪あいち 岡崎観光サイクリング

●2016年10月30日(日) 晴時々曇

 名鉄東岡崎駅バスターミナルから「奥殿陣屋」行きのバスがあります。「奥殿陣屋」とは、どんな所なのでしょうか。
 今回、その奥殿陣屋、最近話題の新東名高速道路・ネオパーサ岡崎、大樹寺を訪ねる探訪あいちを企画しました。

 かつて、大名の居所は城でしたが、元和元年(1615年)の「一国一城令」により江戸幕府が諸大名の軍事力を抑えるため、領内で居城以外の城を破却させたことで、一つの国に城は一つだけ置くこととされました。このため、城を持つことができない大名が建てたのが陣屋です。一般的には3万石以下の城を持たない大名の住まいが陣屋だったわけです。
 城の多くが天守や櫓、石垣、堀を備えていたのに対し、陣屋は屋敷構えを堀で囲むか、まれに櫓を設けた程度の居館でした。

 奥殿陣屋は、徳川秀忠に仕え、大坂の陣の戦功により三千石を与えられた松平真次が、大給(おぎゅう、豊田市)に陣屋を構えたことから始まります。
 その後、現在の地に移築され、岡崎市長の居宅になったこともあるそうです。

 さて、東岡崎駅に集合した参加者は9名。地元岡崎の茄子紺色TREKさんと高浜の巨人(GIANT)さん以外は、尾張・名古屋からでしたので、奥殿陣屋は初めての方が多いようでした。

 8時30分にスタートし、モダン通りを北上。
 曇り空で走っていると少し寒いです。市街地なので信号停止が多く、快適には走れません。

 およそ50分で奥殿陣屋に到着。
 資料展示室を見学し、園内を散策します。
 書院入口でお店の方のお願いし、集合写真を1枚。
 陣屋の敷地内には、歴代藩主の廟所(墓所)、庭園、花火資料室、花ぞの苑などがあり、落ち着いて趣のあるところです。金鳳亭では、江戸初期の風格を活かして復元された建物の中で、季節ごとの旬の味の定食が、お値打ちに味わえるそうです。機会があったらぜひ食事をしてみたいものです。

 ネオパーサ岡崎は丘の上にあります。勾配のきつい坂を上らなければなりません。
ツール・ド・あいちと探訪あいちで年間ポイント1位をうかがうhbさんがグイグイと坂を上ります。68歳でこの脚力はすごいですね。

 今年3月にオープンしたサービスエリアは今日も賑わっていました。食欲ある参加者はパンを食べています。

 12%の坂を下り、大給の里街道を走ります。

 11時15分、『まるぎん商店』到着。
 11時30分の開店前に一番乗りで並ぶことができました。
 私たち9人の後にも5人が列を作りました。
 お店のお姉さんが気を利かして時間前に店内に案内してくれました。
 4人掛けのテーブル席が3つ、カウンター席が7つの小さな店ですから、すぐに席は埋まりました。
 私は、塩セレブラーメン(780円)を注文。
 厚みのある豚バラ肉のチャーシューも好みの味でした。自分の中ではヒットです。

 ちょうど12時にお店を出て、次は大樹寺です。
 ここでの見所は、山門、総門を通して見える3km先の岡崎城です。この一直線上はビスタラインと呼ばれています。
 これをバックに集合写真を撮ります。
 境内にある家康の石像は、余り威厳がなく、ちょっとユーモラスな感じもします。

 帰路は伊賀川に沿って南下し、岡崎城公園を経由して、東岡崎駅にゴール。

 短い距離でしたので、尾張・名古屋まで自走の人も。気をつけて帰ってください。

サイクリングコース
名鉄東岡崎駅(午前8時30分) → 明代橋 → モダン道路 → 県道39号岡崎足助線 → 青木橋 → 足助街道 → 門立交差点右折 → 奥殿陣屋 → 岡崎サービスエリア(ネオパーサ岡崎) → 県道338号線 → 足助街道 → 東名岩津 → 県道39号岡崎足助線 →〔昼食:まるぎん商店〕→ 大樹寺 → 岡崎公園 → 名鉄東岡崎駅(午後1時)[解散]
距離:約33km、最大標高差:135m
所要時間:4時間30分

参加者
kuwanaさん、つくさん、hbさん、白のトレックさん、熱田のワカさん、茄子紺色TREKさん、高浜の巨人さん、きなこさん、幹事 計9人

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:35.0km
走行時間:2時間01分
  

Posted by まつぼっくり at 23:06Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2016年11月11日

371 ツール・ド・あいち グランフォンド東濃中山道

●2016年10月23日(日) 曇時々晴

 かねてから一度走ってみたいと思っていた中山道がコースとあって、参加を楽しみにしていました。

 朝5時、自宅発。途中国道41号線のサークルK犬山善師野店で朝食を取っていたとき、携帯電話を忘れたことに気づきました。電話連絡をしなくてはいけないような緊急事態が起きないことを祈ります。

 7時前に会場のスギ薬局可児御嵩店到着。
 当初は可児市役所が会場の予定でしたが、使用できなくなったところ、スギ薬局の御厚意により無料で駐車場を貸していただけることになりました。少しでもその恩に報いようと、いつもなら参加賞としてパンやお菓子が提供されるのですが、今日は参加者に200円が渡され、それでスギ薬局で買い物をして売り上げに貢献することになりました。

 午前8時、93台の自転車がスタート。
 花フェスタ記念公園西玄関前を通り、南下します。『えきサイクル』のメンバーやブルホンアンカーさんらが追い抜いていきます。
 二野・羽崎交差点で信号待ちをしていたら、後ろにブルーのマングースに乗ったオカポンさんが。今日も輪行できたそうです。
 コースを間違えそうになったところをオカポンさんに助けられ、彼の後ろについていくことにしました。ところが、工場団地を抜けたところでオカポンさんも道を間違え、迷ってしまいました。
 とりあえず来た道を戻ったら、運良くブルホンアンカーさんと出くわし、正しい道を教えてくれました。
 川沿いの細い道を走り、国道21号線に出たところまでは良かったのですが、少し行き過ぎてしまい県道68号線から旧中山道に入りました。序盤のうちに3回も道を誤りました。今日のコースは複雑です。

 前方にObさんと御年77歳のSKさんを発見。協会常任理事のObさんはコースを把握しているので、この2人について行くことにしました。

 中山道の一部は東海自然歩道となっているだけあって、アップダウンが多く曲がりくねっています。
 SKさんは上り坂のたびに「しんどい」「えらい」を連発。しかし、それでも上り切るのはすごいです。

 10時20分、大湫宿、34.3km。
 SKさんが「大湫宿に美味しいだんご屋がある」と言われるので寄ってみました。えきサイクルのメンバーが先に休憩していました。
 土日祝日しか営業していない店です。タレントの照英さんが東海テレビのスタイルプラスで訪れたときの写真が飾ってあります。
 1本70円のみたらし団子は、モチモチとした食感で、醤油ベースの上品な味です。今まで食べたことのあるみたらし団子の中で一番美味しいと思いました。スーパーのスナック売り場のものとは次元が違います。機会があったら、五平餅も食べてみたいです。

 ここからさらに険しい道になります。上りもきついですが、それよりも狭く急な下り坂が怖いです。SKさんも「恐ろしかった」と一言。

 中山道から国道418号線に入る道は、入り組んで非常に複雑で、ナビを持っている人でも間違えていました。Obさんに付いて行って改めて良かったと思います。
 今回、中山道はここで終わりです。いつか時間を作って、大湫宿より先の中山道も走ってみたいものです。

 11時15分、道の駅『そばの里・らっせいみさと』到着。47.7km。
ツーリングのオートバイや自転車がぎっしりと停まっていました。
 名物の蕎麦を食べている参加者もいましたが、混雑して待ち時間が相当あるようなので、私たち3人は持参したおにぎりをほおばって、次の道の駅まで行くことにしました。

 アップダウンは続きます。Obさんから私は遅れ、Skさんはさらに遅れ、信号で3人が揃うのを待つという状態です。

 12時25分、道の駅『土岐美濃焼街道・どんぶり会館』に到着、64.8km。遅れて、FOCUSの山田さんや事務局長さんらもやって来ました。
 この建物は丘の上にあり展望台もあるので、眺望が素晴らしいです。

 ほとんど信号のないワインディングロードを快調に走り、土岐市街地へ。しばらく土岐川とJR中央線の間の細い道を走って、虎渓山町7の交差点から県道381号・多治見八百津線を北西に進みます。
 御嵩まで12kmの標識。終盤です。

 午後になって向かい風が強くなり、疲労した脚に堪えます。

 名鉄広見線の踏切を渡ります。
 「ここまで来たら、終わったも同然だ」とSKさん。
 T字交差点を左折して、西進。御嵩宿に戻ってきました。
 「見えた、見えた」とSKさんが言った先にはスギ薬局の大きな看板が。

 午後2時10分ゴール。
 「Obさん、まつぼっクリさん、ありがとう」
 「いえ、こちらこそ、ありがとうございました」
 おかげで道に迷うことなく、楽しく、無事に完走できました。

PS:完走後、スギ薬局さんで買い物をさせていただきました。感謝いたします。

使用自転車:Bianchi AXIS シクロクロス
走行距離:89.0km
所要時間:6時間10分
  

Posted by まつぼっくり at 22:33Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2016年11月10日

370 Jリーグ第2ステージ第15節(vsジュビロ磐田)

●2016年10月22日(土)午後  曇時々晴

 またも降格圏に陥落したグランパス。
 豊田スタジアムでのホームゲームなのに勝ちきれず、1対1の引き分け。
 前半はテンポが良かったものの、後半失速。守れない、攻めても決められない、悪循環が続いています。

 残留を争う4チームのうち甲府が勝ち、新潟が敗れたため、
 13位 磐 田 勝点33
 14位 甲 府 勝点31
 15位 新 潟 勝点30
 16位 名古屋 勝点30
 17位 湘 南 勝点21
 18位 福 岡 勝点19
となりました。
 勝ち点差3の中に4チーム。この混沌とした状況では、最終節で決着がつくことになるかもしれません。
 そして、湘南の降格が決まりました。
 最後の最後に運命の一戦となれば、負け、即、J2降格となります。今日のような試合をしていて本当に勝てるのか、心配です。
  

Posted by まつぼっくり at 23:11Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2016年11月09日

369 農業大学校学生会陸上クラブと走る その10

●2016年10月18日(火)  晴

 28.8℃と汗ばむ陽気。夏に逆戻りしたかのような天気です。

 本日参加者は、2年生男子4人。来週からは1年生が派遣実習から戻ってくるので、少し賑やかになるでしょう。

 走っている途中、小学生の男の子に「こんにちは!」と元気よく声をかけられ、こちらも「こんにちは!」と返しました。走っている姿を見て挨拶してきたのでしょうか。歩いていれば、こんなことはなかったと思います。余計に元気をもらえますし、ほのぼのした雰囲気にさせられますね。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.3km
走行時間:35分
  

Posted by まつぼっくり at 21:23Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2016年11月07日

368 第12回渥美半島ぐる輪サイクリング

●2016年10月16日(日) 晴

 昨年同様、秋晴れの絶好のサイクリング日和です。ただ、今年は最初から最後まで風が強く、それも向かい風でした。

 午前8時30分から30分ごとに参加番号順にスタート。私は第3グループで9時30分のスタートです。
 1,400人も参加者がいると、カラフルなウェアやいろいろなタイプの自転車に目を奪われます。

 浜田橋西交差点を曲がった緩い上り坂に救急車と消防車そして深谷産業のライトバンが止まっていました。パトカーもやって来ました。事故があったようです。車はなかったので、交通事故ではないようです。転倒事故でしょうか。
 昨年も、コース上で2件の事故を目撃しましたが、千人以上も参加者がいると事故は必然のようです。十分注意して決して無理な走行はしないようにしましょう。

 野田保育園北交差点は青信号の時間が短く、スタート後間もない地点なので、例年団子状態になって渋滞します。今年も15分以上待たされたでしょうか。

 遠州灘の波が押し寄せる太平洋ロングビーチは、サーフィンのメッカ。波乗りに興じるサーファー達の車が海岸線の延々と並んでいます。なかには湘南ナンバーの車も停まっていて、わざわざここまで来るのか、と驚きました。
 この季節でもビキニ姿の女性がいましたが、寒くないのでしょうか。

 10時27分、第1チェックポイントの赤羽根の道の駅ロコステーションに到着。16.5km。アイスパインとバナナを頂きました。

 ここから20km弱は国道42号線とサイクリングロードを走ります。

 渥美半島の先端、伊良湖岬にある恋路ヶ浜は、愛知県で一番の景勝地でしょう。「恋人の聖地」にも認定されており、名前負けしないロマンチックな観光地です。名前の由来として残る伝説では、1591年、この地を訪れた関白豊臣秀次が地元の美しい娘に一目惚れし、浜でむつまじく語り合う二人を見た地元住民が恋路ヶ浜と呼ぶようになったと言います。また、高貴な身分の男女が許されぬ恋がゆえに都を追放されこの地に暮らした事に因むという伝説もあります。
 1898(明治31)年に伊良湖を訪れた民俗学者の柳田国男は、滞在記で「外海の岸は、昔より恋路が海」と記し、文豪島崎藤村も、恋路ヶ浜に漂着した椰子の実の話から「♪名も知らぬ 遠き島より流れよる 椰子の実ひとつ♪」と叙情詩を作りました。
 ほとんどの参加者が自転車を停めて、太平洋の荒波を受けて湾曲した美しい海岸線が広がる恋路ヶ浜を、愛とロマンを感じながら眺めていました。

 第2チェックポイント。34.8km。伊勢湾フェリーが目の前にある伊良湖エイドステーションで、プチトマトと栄養菓子バナナバーを頂きました。

 知多半島が望める伊良湖海水浴場から先は、遮るものが何もない、6kmの平坦な直線道路です。潮風を受けて気持ちよく颯爽とペダルが回ります。
 なぜか、南沙織の『潮風のメロディー』を口ずさんでいました。

  潮風に吹かれると
  想い出すあなたのこと
  口笛を真似しても
  夏の日はかえらないの

  もうひとこと言われたら
  恋人でいたのに
  ひとりで歩く港
  はじめてくちづけした日を
  あなたも忘れずにいるかしら

         作詞:有馬三恵子
         作曲:筒美京平
         (1971年10月)

 45年前の歌謡曲が突然、頭に蘇って、どうしたことでしょう。歌は不思議です。曲を覚えていると歌詞が自然に出てくるのですから。

 中部電力の火力発電所の辺りは砂利道やコンクリート舗装の荒れた道ですが、タイヤを25Cのシュワルベ・マラソンに取り替えたので、パンクを心配せずに安心して走ることができます。以前のコンチネンタルは1年の内に4回もパンクしましたから。

 51.1km。昨年まではなかった福江の給水ポイントでトイレ休憩。公園が整備され、トイレもピカピカです。

 第3チェックポイント。60.8km。昨年は宇津江の海水浴場でしたが、少し手前の江比間に変わっていました。ここではメロンを一切れ頂きました。渥美半島らしいサービスです。

 午後1時40分、ゴール。風の影響で昨年より走行時間が余分にかかってしまいました。
 ガラガラくじで3等賞のワイヤー錠が当たったのはラッキーです。

 ゴール後のサービスで、あさり汁とキッチンカーでクレープを頂きました。ワッフルや鯛焼きなどスナック菓子のようなものばかりで、昨年のようなご飯ものがなかったのは残念です。

 午後2時からはアズマ産業の伊美哲也社長による輪行講座があり、担いで歩く際に邪魔にならないペダルの位置、フレームに傷を付けないタイヤの固定の仕方、壁に立てかけて作業をしたほうが良いなど、とても参考になりました。

使用自転車:Panasonic POSクロモリロード
走行距離:69.1km
走行時間:3時間13分
所要時間:4時間10分
  

Posted by まつぼっくり at 21:53Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2016年11月06日

367 知多市サイクリング

●2016年10月15日(土)  晴

 知多市を巡る探訪あいちを企画しようと、自転車で走ってみました。

知多市は、江戸時代にできた日長村など16の村がその源流となっています。明治時代に合併が進んで町に発展し、昭和30年に八幡町、岡田町、旭町が合併して知多町となり、昭和45年に知多市が誕生しました。
 なかでも、知多木綿の生産地として順調な発展をしてきた岡田村は、明治36年、知多市域ではじめての町制を採用しました。県内最古級の岡田簡易郵便局など、古い町並みが残っています。
 沿岸には、発電所や製油所など臨海工業地帯があり、内陸部ではペコロス・フキなど農業も盛んな市として発展をしてきました。
 また、佐布里池の梅林や海水浴場の新舞子マリンパークなどの観光資産も多く存在するまちです。

 日本ガイシスポーツプラザを発着地として、岡田の町並み、水の生活館、知多広域農道、大草城址、新舞子、歴史民俗博物館などを巡るコースができそうです。もう2、3回走ってルートを決めたいと思います。

使用自転車:COLNAGO C59
走行距離:59.9km
走行時間:3時間7分
  

Posted by まつぼっくり at 21:32Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2016年11月05日

366 農業大学校学生会陸上クラブと走る その9

●2016年10月11日(火)  曇

 本日参加者は、2年生男子、K君とY君の2人のみ。就活で忙しいのか、体調不良なのか、忘れているのか、ちょっと寂しいですね。

 農業大学校の周りを一周する5.3kmのコースを紹介しましょう。
 大学校正門を出て左折、通称、馬頭道(県道328号線)を北へ進み、平地交差線を左折。県立岡崎高等技術専門校前を通り、日清紡岡崎工場の手前で右折し、工場東側の塀に沿った下り道を北に進みます。工場角を左折し、しばらく直進して右折、県道48号線に出て若干の上り坂があります。、県道26号線に交わる交点を左折し、南下です。この通りには自動車ディーラーや葬儀会館、パチンコ屋、飲食店、美容室など様々な店が建ち並んでいて賑わっています。
 緑丘の交差点で左折すると、サイクルピットINOUE岡崎店があります。西三河では有名なサイクルショップです。県道328号線を東進。緑丘小学校を左手に見て、しばらく進み左折すると再び馬頭道に戻ります。両側の木立に覆われた道を北に進むと、出発した正門にゴールです。

 学生2人がいつもよりゆっくりペースで走ってくれたので、大きく離されないでゴールできました。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.3km
走行時間:36分
  

Posted by まつぼっくり at 21:22Comments(0)TrackBack(0)ランニング