2017年09月27日

519 J2リーグ第34節(vs東京ヴェルディ)

▲2017年9月24日(日) 晴時々曇

 久しぶりに安定した試合を見ることができました。全員が攻守にハードワークして4対1と大量得点しての快勝です。
 やっぱり勝つと嬉しいし、心も軽くなり、仕事や生活が楽しくなります。

 No Grampus,No Life.
 グランパスが生活の一部になっています。

 前半17分にシャビエルのコーナーキックから、ワシントンがヘディングシュートを決めてで先制。先制点を取ったのは久しぶり。さらに前半23分に再びシャビエルのコーナーキックを田口泰士がヘディングシュートで追加点。
 シャビエルは正確な素晴らしいキックの持ち主です。8月度のJ2月間MVP(最優秀選手)に選ばれたのも当然と言えましょう。
 後半にも小林裕紀と和泉竜司の今季初ゴールで2点追加。今季初先発のGK武田洋平も1失点したものの好セーブで相手に流れを渡しませんでした。

 首位湘南の勝ち点は71で、その差15。優勝は難しいですが、自動昇格県内の2位には入って欲しい。2位長崎との差は6です。次節、FC岐阜との名岐ダービーに勝利して連勝としたいものです。

<成績>
17勝5分け12敗、勝点:56、得点:65、失点:54、得失点差:11、順位:5位、
パロマ瑞穂スタジアム、観衆:12,111人、開始:午後5時
  

Posted by まつぼっくり at 22:13Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2017年09月25日

518 熱田区・瑞穂区JOG

▲2017年9月24日(日) 晴時々曇

 神宮東公園、イオンモール熱田、モリタ運動具店、石川橋、山崎川と熱田区・瑞穂区内をジョギングでゆっくり、2時間以上走りました。
 日差しは強いものの、クラクラするような暑さはもうありません。秋分の日が過ぎ、赤い彼岸花も所々に姿を現して、秋になってきたようです。

 今日は午後5時からパロマ瑞穂スタジアムでグランパス対東京ヴェルディの試合があります。試合がある日は瑞穂橋の南に喫煙所が設けられます。私にとっては迷惑極まりない場所です。
 喫煙所はやめて欲しい、廃止して欲しい。

 厚生労働省が9月21日に公表した「2016年国民健康・栄養調査」によると、習慣的に喫煙している人の割合は男性30.2%、女性8.2%となっています。
 喫煙を巡っては、他人のタバコの煙を吸い込む「受動喫煙」の問題があります。
 受動喫煙は命に関わる問題です。
 国立がん研究センターの推計では、少なくとも国内で年間1万5000人が受動喫煙を受けなければ、がん等で死亡せずにすんだとしています。これは交通事故死者数の約4倍です。
 受動喫煙対策については、日本は世界の中で大変遅れています。世界保健機関(WHO)は、「医療施設、大学以外の学校、大学、行政機関、事業所、飲食店、バー、公共交通機関」の8種類の公共の場所について、屋内全面禁煙を法律で義務付けた数により国別にランキングを発表しています。イギリスやカナダなど8種類全て屋内全面禁煙を法律で義務付けた国がある一方、日本は「0」なのです。世界でも0は異例で、WHOから、世界最低レベルと批判されています。まさに「時代遅れ」の日本。

 法制化なかなか進まないのは、自民党たばこ議員連盟などが「たばこを吸う人の権利を認めないのか」「飲食店の客が減り、経営危機になったらどうする」と言って、自分が喫煙者なので国会が禁煙化されると困るから、たばこ産業から政治献金を受けているからに他なりません。そんな理由で国民の健康をないがしろにしている議員は即刻辞職していただきたい。

 世界ではオーストラリアやニュージーランドなど、「スモークフリー(煙のない社会)」から「タバコフリー(たばこのない社会)」を目指す国もあるそうです。また、ブータンはタバコの販売も所有も使用も禁止している世界唯一の国とのこと。麻薬並みの扱いです。

 2020年、東京オリンピックに向け、日本も禁煙化への舵を大きく切ってもらいたいものです。
 そして身近なところで言えば、スタジアムの中だけでなく、スタジアム周辺も全面禁煙としてください。

 タバコは人殺し。
 さらば分煙、こんにちは全面禁煙化。

使用シューズ:asics GEL-1110
走行距離:17.1km
所要時間:2時間17分
  

Posted by まつぼっくり at 22:25Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年09月24日

517 第97回天皇杯4回戦(vsセレッソ大阪)

▲2017年9月20日(水) 曇一時雨

 天皇杯4回戦、ラウンド16がパロマ瑞穂スタジアムで行われました。
 リーグ戦に比べれば安いチケットでしたのでSA席(メインスタンドソーン指定)2,600円を購入し、屋根のある中央やや北側、S席の後ろの席に座りました。おかげで前半降り出した雨に濡れることもなく、両方のゴールがよく見えて快適に試合観戦することができました。

 セレッソは控え主体の先発メンバー、いわば二軍です。一方、グランパスは夏以降移籍してきたシャビエルなど登録されていない選手は出場ができず、ベストメンバーとは言えません。
 しかし、力の差はありました。パス回しでボール保持率は高いものの、なかなかシュートが打てません。ペナルティエリアまでボールを運んでも、しっかりガードされてゴールが遠い状態です。
 前半6分にカウンターで失点し、そのまま逃げ切られてしまいました。後半終了間際に日本代表の山口蛍や清武弘嗣を投入したのは、余裕なのか観客へのお披露目サービスだったのでしょうか。
 J1上位のチーム相手にある程度の攻撃の形ができていたこともあって、敗戦でもサポーターからブーイングはなく、拍手が送られました。今日のような戦いができればリーグ戦では勝てるはずです。

 ベスト8に勝ち残ったのは、いずれもJ1のチームとなり、旋風を巻き起こした筑波大学やJ2、J3のチームは姿を消しました。やはりJ1の壁は高かったようです。
  

Posted by まつぼっくり at 22:42Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2017年09月23日

516 山崎川JOG その58

▲2017年9月18日(月・敬老の日) 晴

 台風一過の晴天。
 山崎川散策路には枝葉が散乱しています。昨日の台風の猛威でした。
 山崎川四季の道には、雨で失われた連休のうっぷんを晴らすかのように、40人近いランナーがいました。高校の陸上部や競歩の練習も行われていました。

 今日は時間走をテーマに走ります。10月8日のうるぎトライアルランに向け、長い時間走れるようにしたいからです。いつもは2周で終わるところ、ちょうど2時間で3周プラスアルファ走りました。

 日本経済新聞を読み返していたら、アシックスが、陸上競技短距離100メートルで日本人初の9秒台を出した桐生祥秀選手着用モデルのスパイクシューズを9足限定で発売するという記事がありました。価格は9秒98のタイムにちなんで税別9万9800円だそうです。こんな高額なのに既に予約で完売とのこと。桐生選手のサインも入るとは言え、買う人は買うものです。9980円でも高いな、と思う私には縁のない話です。

使用シューズ:asics GONA
走行距離:15.0km
走行時間:2時間  

Posted by まつぼっくり at 21:42Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年09月22日

515 山崎川JOG その57

▲2017年9月17日(日) 曇時々雨

 大型で強い勢力を保った台風18号がやって来ました。
 日中は曇で時折雨がぱらつく程度でした。しかし、午後8時過ぎあたりから、暴風になりました。不気味な音を立て、家が揺れるような強風が吹きます。

 今日は、金沢までグランパスのアウェイゲームを観戦に行く予定でした。朝、インターネットや朝刊のニュースを見ると、夕方から豪雨になる予想です。試合は午後5時からですのでおそらく台風の影響は少ないと思います。しかし、帰りが心配です。高速道路や国道8号線など幹線道路が通行止めになったりして、帰れなくなったら悲惨です。JRは名古屋金沢間の特急しらさぎの運休を決定しています。せっかく買ったチケット代がもったいないですが、安全第一、身を守ることが大事だと判断し、金沢行きを諦めました。

 午前中、曇りの間に山崎川へJOG。雨の心配があったので、いつもより速いペースで走りました。20人ほど見かけたランナーもどこかせわしなく走っているように感じました。

 ネットで確認したら、金沢対名古屋は3対1で金沢の勝利。負け試合を見に行かなくてもよかった結果でした。

使用シューズ:MIZUNO GX
走行距離:10.1km
所要時間:1時間10分
  

Posted by まつぼっくり at 22:07Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年09月21日

514 自転車で高校訪問 その2

▲2017年9月14日(木) 晴

 6月16日に引き続き、2回目の高校訪問です。
 今回は農業大学校のオープンキャンパスに生徒が参加してくれた高校を回ります。
 まずは、ママチャリで名古屋市瑞穂区内の4校、享栄高校、名古屋経済大学高蔵高校、名古屋大谷高校、瑞陵高校定時制です。
 私立の3校は昨年も回りましたので、勝手がわかります。ただ、進路指導の先生はいずれも昨年とは違う先生でした。
 瑞陵高校定時制からは2名の生徒がオープンキャンパスに来てくれました。農業大学校としても始めて訪問する高校です。定時制ですから昼間は生徒も担任の先生もいません。受付の学校事務の方に、資料を生徒に渡してもらうよう依頼しました。

 いったん自宅に帰り、マウンテンバイクに乗り換え、東海市まで行きます。

 東海商業高校では、進路指導室に案内され、お茶を出してくれました。オープンキャンパス参加の生徒は東海商業高校の理科の先生が、かつて農業大学校に勤務していたことがあるとのこと。少々ご縁を感じました。

 最後に豊明市にある星城高校です。移動距離約10km。せっかくやって来たのに進路指導の先生は授業中で対応できないとのこと。仕方なく受付の職員に学校案内や受験要項などの資料を渡しました。

使用自転車:ブリヂストン アルベルト
走行距離:8.1km
走行時間:45分

使用自転車:cannondale F700
走行距離:38.9km
走行時間:2時間25分
  

Posted by まつぼっくり at 22:16Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年09月20日

513 第13回岡崎市サイクリング大会(鳥川サイクリング)

▲2017年9月10日(日) 晴時々曇

 昨年に引き続き5回目の参加。
 今年はスポーツ45kmとビギナー・ファミリー30kmの2コースに別れました。
 30kmは昨年と同じで、おかざき世界子ども美術博物館から岡崎市ホタル学校までを往復するコース。45kmは男川をさらに上流に向かい、二瀬橋を渡って千万町豊川線を南下し、萩坂峠の手前で右折してホタル学校に向かいます。ホタル学校からは30kmコースと同じ道です。

 今年は愛知県サイクリング協会前理事長のIさんの姿はありませんでした。80歳になって体力的に無理になったのか、何か用事があったのか、ちょっと残念でした。
 会場で、私が企画する探訪あいちによく参加していただくcelicaさんに会いました。奥さんも一緒でビギナーコースに参加されるようです。
 「ツール・ド・あいちの方に出るんじゃないですか」とcelicaさん。
 「去年から岡崎市在勤枠でこの大会に出てるんです」

 午前7時半から十数人の小グループで2分間隔で順次スタート。私はスポーツコースの最終グループでした。
 各集団ごとに岡崎市サイクリング協会のメンバーが先導してくれます。時速28km/hぐらいの速いペースです。最終グループの最後尾をMTBで走る私は付いて行くのが大変でした。
 「前には子ども達もいますから、自分のペース走ってもらえばいいですよ」
 最後尾担当のスタッフの方が声をかけてくれました。

 最初の休憩所である天恩寺には、先に到着した親子連れが何組かいました。45kmを走る小学生もいる訳です。

 男川せせらぎ街道を東進。
 「橋を渡ると坂です」
 再びスタッフの方が声をかけてくれました。

二瀬橋を右折して、道は徐々に勾配を増していきます。この道は、昨年企画した探訪あいちで何度か経験済みです。
 前方に小学校低学年らしき男の子とお父さんとの親子連れ。男の子は体を左右に振りながら一生懸命ペダルを回しています。将来、世界で注目されるような自転車乗りになるといいですね。

 「この先勾配きついです」
 立哨スタッフの一声。
 県道332号線から377号線の間の峠は、確かにしんどいです。

 ホタル学校、旧鳥川小学校の校舎に、9時20分到着。ちょうど30km。
 エイドステーションで菓子パン、飲み物、バナナをいただき、お腹を補給。

 ホタル学校については、ブログNo.346、No.365に記載しましたので省略します。
 校舎2階の鳥川小学校の記録展示物を見ていたら、明治時代の鳥川学校卒業生の名前が記されていました。それを見てびっくり。
 私と同じ名字の方が何人もいる!

 明治23年(1890) 常太郎
 明治28年(1895) 国太郎
 明治29年(1896) 千代松、銀次郎
 明治30年(1897) 留作
 明治33年(1900) 孫三郎
 明治34年(1901) 房蔵、才次郎、うた
 明治36年(1903) 浅治
 明治37年(1904) 光蔵
 明治38年(1905) 定治
 明治39年(1906) ると、三郎左右エ門
 明治42年(1909) 兼吉
 明治43年(1910) フサ、まつ
 明治45年(1912) いし、梅吉、イソ

 この額田地域には同性の人が多かったようです。

 大きい用を足したくなってトイレに入りました。小学生用の便器です。すごく小さい。自分のそれが便器の外にはみ出さないよう、縮こまって慎重に落としました。

 9時55分過ぎ、復路に走り出しました。
 鳥川沿いは下り坂ですから、ほとんどペダルを漕ぐ必要がありません。
 JAあいち三河の河合支店で「岡崎茶」をもらい、子ども美術博物館に10時40分過ぎゴールしました。
 完走証とドリンク、アイスクリームをいただき、くじ引きでスペシャライズドのサコッシュが当たりました。欲を言えばボトルが当たるとよかったのですが。
 来年も岡崎に勤務しているかどうかわかりませんが、また参加したいものです。

サイクリングコース
おかざき世界子ども美術博物館(7時45分) → 県道35号 → 県道37号 → 額田支所 → 天恩寺 → 県道334号 → 旧大雨河小学校 → 県道332号 → 県道377号 → 岡崎市ホタル学校(9時20分着)<休憩、見学>(9時55分発)→ 県道377号 → 県道37号 → 県道35号 → JAあいち三河・河合支店 → おかざき世界子ども美術博物館(10時42分)

参加料:2,000円
使用自転車:cannondale F700
走行距離:46.5km
走行時間:1時間43分
  

Posted by まつぼっくり at 22:29Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年09月19日

512 J2リーグ第32節(vs大分トリニータ)

▲2017年9月9日(土) 晴時々曇

 結果は、0対1で敗戦です。
 ボールを支配し続け、敵陣でのプレーは長いものの、ただそれだけ。
 大分は徹底的にゴール前を固め、カウンター狙いの戦術です。それを打ち破るスピードや工夫がありません。観戦していてイライラしてきました。
 大分は名古屋のディフェンス裏を効果的に狙い、少ないチャンスを活かしてシュートを放ちます。後半終了間際に失点するまで、ゴールを割られなかったのが不思議なくらいです。
 ドリブルで突破力のある杉本竜士や永井龍をもっと早く投入して、相手ディフェンス陣を攪乱する工夫も必要だったのではないかと思います。

 これで首位湘南との勝ち点差が14に広がり優勝は難しくなりました。順位も長崎に抜かれ4位となりました。2位福岡との差は4。福岡がもたついている間になんとしても勝ち点差を縮めて欲しいものです。

<成績>
16勝5分け11敗、勝点:53、得点:60、失点:50、得失点差:10、順位:4位、
パロマ瑞穂スタジアム、観衆:9,858人、開始:午後6時
  

Posted by まつぼっくり at 21:42Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2017年09月17日

511 山崎川JOG その56

▲2017年9月9日(土) 晴時々曇

 朝から体がだるいなぁ~、と感じていました。
 しかし、意を決して走り出してみると、思いのほか体が軽く、速いピッチで走れました。
 疲れていても、体を動かすことで楽になることもあるものです。

 今日、陸上界でビッグニュースがありました。
 男子100mで東洋大学の桐生祥秀選手が9秒98の日本新記録を樹立し、日本人で始めて10秒の壁を破ったのです。
 桐生選手は高校3年生のとき、10秒01をマークしました。わずか100分の3秒、距離にして30センチメートルを縮めるために4年の歳月がかかりました。
 100mなど短距離走に関しては、欧米やアフリカ人に比べて、日本人は体格的・体型的に不利だと言われていましたが、それを克服して成し遂げた快挙です。
 今後、桐生選手に続いて9秒台で走る選手が次々と出てくることを期待します。

使用シューズ:MIZUNO GX
走行距離:10.4km
所要時間:1時間19分
  

Posted by まつぼっくり at 22:34Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年09月16日

510 農業大学校周辺JOG その2

▲2017年9月5日(火) 曇のち小雨

 2学期が始まり最初の練習日。2か月ぶりです。しかし、集合時間になっても誰も姿を見せません。
 今日は一人かな。
 後から来るかもしれない。少し期待して走り出しました。

 緑丘の交差点を左折した辺りから、ポツリポツリと空から落ちてきました。残り1.5kmぐらいですから大丈夫でしょう。
 正門に入ると、掲示板の前に陸上部顧問のH先生の姿がありました。
 部員から、おかざきマラソンの申込書を受け取るつもりだったようです。
 「今日は誰もいませんよ。後から誰か来るかと思っていたけど、結局誰にも追い抜かれなかったですから」
 残念そうなH先生、また来週にしてください。

 カラダにいい情報を一つ。
 加齢とともに衰えやすいのが下半身の筋肉です。
 日常生活の中では階段が最も身近で、最高のトレーニングの場だそうです。
 上るときにかかとから着地すれば、お尻回りが鍛えられる。逆につま先着地ならば、ふくらはぎと太ももが鍛えられる。かかと着地で一段飛ばしをすれば、ヒップアップ効果がさらに高まる。下りも着地の衝撃が筋肉細胞を取り囲んでつなぎとめている組織自体を強く、太くする作用があるといわれているそうです。
 階段を上手く利用して、筋肉の発達や筋肉量の維持に心がけたいものです。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.3km
走行時間:40分
  

Posted by まつぼっくり at 21:44Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年09月15日

509 ツール・ド・あいち 第3回ロングライド渥美半島自主走行

▲2017年9月3日(日) 晴時々曇

 6月25日(日)に雨で中止となったロングライド渥美半島を走ってきました。

 ノーマルコースは77.3km。この距離をクリアすれば指定コースに縛られることはないと考え、ロングコースの一部、走ったことのない道を体験してみることにしました。
 それは、二川宿から新居宿までの旧東海道です。

 通勤定期券を使い、美合駅からスタート。
 走り慣れた旧東海道を通り、二川宿まで行きます。

 赤坂宿の『大橋屋』にブルーシートがかけられていました。古くなったので、取り壊されるのか。窓越しに中を覗いてみると、どうも改装されるようです。
 正直、一安心。

 吉田宿に入ると、車道の左端に青いラインでペイントされた自転車専用レーンが目に入りました。いつできたのかわかりませんが、最近のことだと思います。
 豊橋市もなかなかやるじゃないか。
 まだ道幅に余裕のある一部の道路だけですが、これからどんどん増やしていって欲しいと思います。

 二川宿の東端にある川口屋を通り過ぎるとすぐに東海道線の踏切を渡り、大きく右折すると新幹線のガードを潜ります。
 すると、正面にシンフォニアテクノロジーの工場が現れ、左折します。
 国道1号線をしばらく走ります。日曜日とあって交通量は少なく大型トラックもいません。
 やがて一里山交差点に至ります。このまま真っ直ぐ行くと自動車専用の浜名バイパスへ入りますが、ここは左折。
 静岡県湖西市の標識。県境には境川が流れています。
 道は緩やかに右にカーブし二股に分かれますが、白須賀宿へ導く案内板がありますから迷いません。

 昔のままの道幅で、曲尺手もそのまま残っています。連子窓を備えた古い家もあり、宿場だったような雰囲気があります。人通りは少なく、静かな町です。
 町並みを抜けるとまた二股に道が分かれます。どちらに行けばよいか迷っていたら、道路標識の支柱に旧東海道は左側を示す矢印がありました。
 白須賀中学校・小学校が左手にあります。右を見ると、遠州灘が眼下に見下ろせるビューポイントで、遠江八景の一つであることを示す説明板が設置されていました。愛車を収めた写真を一枚。

 「おんやど白須賀」を過ぎると急な下り坂。
 これが潮見坂か。
 またしても道は二方向に。
 今度はどっち?
 案内板を探してみましたが何もありません。
 仕方がないので、車が降りていった右側の道を選択しました。転がりそうな坂を下った先は、旧国道1号線。新居の方角に向かってペダルを回しました。
 この道は以前は国道1号線でしたが、現在は県道になっています。
 何人ものサイクリストと行き違いました。
 左側を見ると、遠くに松並木が見えました。どうやら本来の旧道はあちらのようです。

 目的地、新居関跡に到着。
 ここで折り返し、浜名旧街道を走ります。
 新居宿と白須賀宿までの距離表示があり、やはり、この道が旧東海道でした。
 風情を感じながら、松並木が続くロケーションにペダルも軽くなります。

 右折を示す案内標識がありました。
 なんだ、この坂は!
 ギア比を最大にして上りましたが、心臓がバクバクで途中で断念。15%以上あるんじゃないでしょうか。
 自転車を押して上がってもきつい坂です。江戸時代の旅人も、そして白須賀宿に住む住民もこの坂を上るのは大変だったに違いありません。
 往きに間違えた三叉路に出ました。
 そうか、さっきは右じゃなくて、左に曲がればよかったのか。
 ここからは、迷うことなく帰れます。

 昼食は豊橋カレーうどんと決めていました。
 二川宿の西の端にある勢川大岩店。いくつかの店で豊橋カレーうどんを食べてみましたが、この店のそれが一番です。
 カレールーがしょっぱい店が多い中、ここはカレー本来の辛さと旨味、十分なとろみがあり、純粋なカレーライスとしても美味しい。千円以上するカツカレーうどんや海老カレーうどんもありますが、840円のノーマル版で十分です。

 旧東海道を西進。
 8月の強烈な日差しではないものの、暑いことに変わりはありません。
 規定の距離を超えた国府駅で終着としました。

使用自転車:Bianchi AXIS シクロクロス
走行距離:85.6km
所要時間:9時間30分
往路:堀田駅6時48分乗車、美合駅7時26分下車
復路;国府駅14時42分乗車、堀田駅15時29分下車
  

Posted by まつぼっくり at 22:38Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年09月13日

508 探訪あいち・矢作川リバーサイドサイクリング(右岸編)

▲2017年9月2日(土) 晴

 2日前は台風の影響なのか朝方まで雨の予報でした。開始時間を遅らせようかとも考えていました。しかし、昨日の予報では一転、朝から晴マークです。予定どおり実施できそうで、一安心。

 東岡崎駅の改札を出たところで、携帯電話が鳴りました。Kさんです。駐車場の場所がわからないとのこと。
 矢作橋右岸の河川敷広場なのですが、確かに車だと見つけにくい場所です。

 集合場所には参加の皆さんが全員揃っていました。幹事の私がラストとなってしまいました。申し訳ありません。
 矢作川は愛知県の中央部を南流して三河湾に注ぐ一級河川です。今日の探訪あいちでは、右岸沿いに岡崎市、安城市、西尾市、碧南市を通過します。
 予定より早く8時15分にスタート。
 河川敷の約3km続くサイクリングロードを南下します。この道がもっと続いていると快適なのですが。
 河川敷広場では高齢者がゲートボールに興じていました。私達サイクリング集団と同年代が少し上の方達でしょう。
 サイクリングロードから堤防道路に上がって、さらに南西に進みます。
 「河口まで20km」の表示。
 200mごとに標識があるのでサイクルメーターがなくても距離がわかります。

 村高の大クスは、安城市指定天然記念物で、教育委員会の説明板も設置されています。
 矢作川右岸堤防近くのこんもりした土盛りの上にあって、遠くから見ると一本の木のように見えますが、実は2本の木です。樹齢300年と推定されています。
 地元安城のS山さんもcelica♪さんもこの木の存在を知らなかったそうです。

 小川橋の近くに安城市で最古のコンクリートの橋があることをcslica♪さんに教えてもらいました。昭和16年(1941年)に造られた鹿乗川に架かる居林橋です。車1台分の幅しかない、昭和風情漂う近代土木遺産といえましょう。

 へきなんたんトピアは碧南火力発電所の南側に立地し、電力館、ヒーリングガーデン、エコパークで構成される12ヘクタールの広大な施設です。
 電力館は、石炭を燃やしてどのように発電しているのかを学べる展示施設です。
ヒーリングガーデンは、綠の芝生が広がり、花壇や庭園のある癒やしの広場です。ミシガンさんは「奥にこんな場所があるとは知らなかった」と言っていましたが、私も今回の探訪を企画するまでは、へきなんたんトピアがどんな施設なのか知りませんでした。
 さらにこの奥にはエコパークがあります。野鳥池や自然観察施設があり、先端まで往復すると徒歩30分ぐらいかかります。暑い夏ですから野鳥はいません。池にはメダカらしき魚が泳いでいました。

 これだけの施設を維持管理するのは相当な手間と経費がかかるでしょう。中部電力が社会貢献のつもりでやっているのかもしれません。

 およそ1時間の散策の後、たんトピアを出発。
 大きく右にカーブする所でした。
 後から「止まって!」の声。
 celica♪さんが転倒です。
 右折の際にシューズとタイヤが接触したのか、ハンドル操作を誤ったのか、原因はよくわかりませんが、幸いケガはなかったようです。
 しかし、ヘルメットの後部が割れていました。

 続いて、堤防道路の車止めの所でKさんが転倒。車の往来を確認しながら、段差に気づかず、倒れてしまったようです。脚や腕に擦り傷があり、ヘルメットにも傷がありました。
 二人続けて転倒事故があるとは、心が痛みます。
 ただ、大ケガでなくてよかったです。
 こういう事故が起きることもあるので、ヘルメットは大事です。2件ともヘルメットのおかげで頭は守られました。

 私の場合、ヘルメットは当然ですが、いつも長袖長ズボンか、アームカバーやロングタイツを着用して、肌を露出しないようにしています。一つは日焼け防止のため。もう一つは衣類があることで、擦り傷などケガの軽減に役立つからです。

 11時50分、『らーめん一刻魁堂 米津橋店』に到着。正午前でしたので並ばなくても入店できました。
 チェーン店は余り好きではないのですが、今回のコースでは沿道に飲食店がないため、やむなくこの店にせざるを得ませんでした。

 ちょうど7人が座れる椅子席がなく、座敷に案内されました。
 私は、一刻みそラーメン(720円)を注文。
 「この暑いときによく熱いラーメンを食べられるね」と言う方も見えますが、私は暑いときの熱い食べ物も好きです。

 12時30分、店を出発。残り10km程です。
 堤防道路は遮る物が何もなく、背中に太陽の光を、前からは風を、まともに受けながらの走行です。
 小川橋にて、自走組のcelica♪さん、安城のS山さん、ミシガンさん、鉄のGIOSさんと別れ、ゴールまでは3人だけの走行となりました。少し寂しい集団となりましたが、これも探訪あいちの自由でよいところです。

サイクリングコース
矢作橋(午前8時15分) → 右岸サイクリングロード → 渡橋 → 美矢井橋 → 村高の大楠 → 小川橋 → 志貴野橋 → 米津橋 → 上塚橋 → 中畑橋 → 棚尾橋 → 矢作川大橋 → へきなんたんトピア → <折り返し・往路と同じ> → 〔昼食〕→ 矢作橋(午後1時25分)・解散
距離:59km
所要時間:5時間10分

参加者
celica♪さん、熱田のワカさん、安城のS山さん、ミシガンさん、鉄のGIOSさん、カワハラさん、幹事 計7人

参加者の声
<celica♪さん>
 幹事様、参加された皆さま 本日はお疲れ様でした。風が少しありましたが、冷んやりして気持ち良かったです。地元の大クスの木の存在や碧南たんトピアの奥にあんな自然があるとは知りませんでした。人生初の落車も体験しましたが、お陰様で身体もバイクも無事でした。ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。また、よろしくお願い致します。ありがとうございました!

<ミシガンさん>
 幹事さん、参加された皆さんお疲れ様でした。9月になって湿度が下がったため気温の割にさっぱりした気候で走りやすかったです。たんとぴあをおとずれたのは20数年振りですが、その奥にあんな立派な施設があるとは知りませんでした。さすが中電、インフラ事業に強いですね。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:64.1km
走行時間:3時間16分
  

Posted by まつぼっくり at 21:48Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年09月12日

507 歌川国芳・水滸伝の世界

▲2017年8月31日(木) 晴

 岡崎市美術博物館で開催中の「歌川国芳 水滸伝の世界」を観に行きました。
 歌川国芳(1797~1861)は江戸時代に活躍した浮世絵師です。

 水滸伝は12世紀の中国北宋を舞台に108人の豪傑達が集い、腐敗した国を替えるために戦う物語です。これを題材に豪傑の一人ひとりを武者絵として描いたのが「通俗水滸伝豪傑百八人之一個」です。
 また、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」にまつわる浮世絵も展示されています。
 ただ、どの絵も同じサイズで、図柄も同じように見えてしまいます。非常に精緻に描かれていますが、歌舞伎役者を描いたようにも見え、いまいち迫力に欠けます。
 少し期待はずれの展覧会でした。
  

Posted by まつぼっくり at 21:55Comments(0)TrackBack(0)美術

2017年09月11日

506 矢作川リバーサイドサイクリング その5

▲2017年8月27日(日) 晴

 探訪あいちコースチェックのため、往路は右岸、帰路は左岸を走りました。
 矢作橋駅をスタート。
 河川敷ではテントを張ってのんびりしていたり、暑い中でも野球やソフトボール、サッカーをしていたり、リモコン飛行機を飛ばしていたり、河口付近では水上スキーをしていたり、それぞれにレジャーを楽しんでいます。
 もちろん自転車族も沢山いました。エアロバイクで疾走する集団や、おそろいのユニフォームのマウンテンバイクの集団もいました。ロードバイク全盛の中、珍しいです。

 お昼は喫茶店の『KARIN』という店に入ってみました。先回入ったラーメン屋の向かい、パチンコ店の隣にある店です。「満足満腹ランチ」の幟がなびいていました。
 確かに700円(税込み)で十分なボリュームがあり、味もそこそこですが、チキントマト煮込みと鶏肉入りの卵とじでは、ダブルチキンでメニューの組み合わせがよくありません。
 年配の女性が厨房に立ち、若い女性がホールに立って、2人だけで切り盛りしているようです。
 日曜日の11時半頃でしたがお客は私一人。その後男性客が一人入店したものの、正午過ぎに店を出たときも他に来店者はいません。
 これでやっていけるのかな?

 岡崎市体育館に寄り、11月26日開催のおかざきマラソンの参加申込をしました。事務局で直接手続きすれば手数料がかかりませんから。

 東岡崎駅14時01分発の急行に乗車。
 暑さと疲れが重なったのと、チキンがお腹の中でだぶついているようで、少々気分が悪くなりました。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:64.5km
走行時間:3時間20分
  

Posted by まつぼっくり at 22:23Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年09月08日

505 J2リーグ第30節(vs横浜FC)

▲2017年8月26日(土) 晴

 6連勝して上位に肉薄することはできませんでした。
 先制され、一度は逆転したものの、同点弾、逆転弾を許して、2対3で敗戦です。
 やはり、田口泰士の退場が大きかった。
 前半に主審に不服を申し立ててイエローカード。その後も主審に詰め寄る場面が何度かありました。
 そのうち2枚目のイエローをもらうのではないか、心配していたら、案の定、後半分に相手選手を倒してレッドカードでした。
 熱くなるのはわかりますが、試合の状況を考え、審判の癖を観察する冷静さを持って欲しかったと思います。

 サッカーの競技規則では、「プレーに関する事実についての主審の決定は、得点となったかどうか、また試合結果を含め最終である」と明記されています。
 反則かどうか、得点を認めるかどうか、主審(レフェリー)には揺るがぬ最終決定権が委ねられている訳です。
 主審も人間ですから、誤審があることは否めません。しかし、それも含めて選手は主審に従わなければならないのです。本来は「委ねられた者」という意味の「レフェリー」がサッカーの主審を意味するようになった所以です。

<成績>
16勝4分け10敗、勝点:52、得点:57、失点:45、得失点差:12、順位:3位、
豊田スタジアム、観衆:21,985人、開始:午後6時
  

Posted by まつぼっくり at 22:45Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2017年09月06日

504 金城埠頭へポタリング その2

▲2017年8月25日(金) 晴

 最後の夏季休暇を取得しました。
 非常に暑い日です。
 どこに行こうか迷いましたが、近場の金城埠頭にしました。
 メイカーズピアの売り上げが当初の見込みを大きく下回って、撤退する店舗が出ているという記事を思い出したからです。

 メイカーズピアの中を歩いていても、レゴランドジャパンに足を運ぶ家族連れはいるものの、確かに賑わいはないようです。リニア鉄道館や大型家具店も近くにあるというのに‥‥‥
 新聞記事によるとレゴランドが再入場を認めていないことに原因の一つがあって、メイカーズピアの飲食店は、レゴランド来場者がランチに来ることをアテにしていたようです。
 しかし、最初から集客施設を頼りにして商売を始めるのはいかがなものかと思います。
 本来、商売というのは自力で客を呼び寄せる魅力がなければ、長続きしないものでしょう。

 稲永公園や名古屋港ガーデン埠頭にも寄って帰りました。

使用自転車:cannondale Jekyll
走行距離:34.4km
所要時間:2時間06分
  

Posted by まつぼっくり at 22:30Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2017年09月05日

503 J2リーグ第29節(vsアビスパ福岡)

▲2017年8月20日(日) 晴

 2位福岡との直接対決。勝てば勝ち点差は3に縮まり、負ければ9に開いてJ1自動昇格の2位以内が絶望的になるという重要な一戦です。

 現役時代に「アジアの壁」と言われた井原正巳監督の下、福岡は堅守のチームです。ここまで39失点もしているグランパスに対し、21失点しかしていません。ゴールの壁は厚いと思われました。

 試合開始早々、前半11分に失点。
 今までですと、諦めムードが漂っていましたが、今日は違います。必ず勝てる雰囲気があります。前半19分にコーナーキックからシモビッチのゴールで追いつきました。さらに後半16分に、シャビエルのヒールキックを秋山陽介が低いクロスを送り、これを青木亮太が鮮やかにゴール左隅に打ち抜きました。33分にも新加入の林承謙(イム・スンギョム)が1点を追加。
3対1の快勝です。
 見事な攻撃で2位福岡を撃破し、今季初の5連勝。首位湘南との勝点差も8となり、J1昇格への希望の灯火が見えてきました。
 まだまだ厳しい状況に変わりはありませんが、ゴールにつながるパスワークを進化させ、、見ていて楽しいサッカーを具現化させ、J1で戦えるチームの基盤を作って欲しいと思います。

<成績>
16勝4分け9敗、勝点:52、得点:57、失点:45、得失点差:12、順位:3位、
パロマ瑞穂スタジアム、観衆13,914人、開始:午後6時
  

Posted by まつぼっくり at 23:27Comments(0)TrackBack(0)サッカー