2019年03月28日

726 愛知県サイクリング協会2018年度総会&打上パーティー

■2019年2月17日(日) 曇

 従来は、12月に打上パーティー、翌年2月に総会を開催していましたが、今回から総会と打上パーティーを同じ日に開催することになりました。
 会場は名古屋駅前の「アサヒビアレストランスーパードライ名古屋」です。

 参加者32名、委任状提出者119名、計151名、欠席者150名、会員数301名の5分の1以上を満たし、総会成立の資格審査報告がありました。

 鈴木政二会長は、「JCA会長の谷垣さんの自転車事故の影響もあり、良い意味でも悪い意味でもサイクリングが注目されているので、サイクリングで問題の無いように運営いただきたい」と、伊藤忠幸副会長は、「2018年は大きな事故もなく運営された事に感謝します。今年も事故の無いようお願いします」とあいさつ。

 2018年度の活動報告、決算報告、2019年度の活動方針、活動計画、予算を審議しました。
 昨年は天候に恵まれず、ツール・ド・あいちはロングライド知多半島一周、ヒルクライム神坂峠、グランフォンド三重の3大会が雨天中止となり、903名(昨年1052名)の参加。探訪あいちは15名の会員が74回の企画しましたが、18回中止があり、191名、延べ817人の参加でした。

 愛知県サイクリング協会(ACA)会員数はJCA会員が180人(昨年216人)、ACAのみ会員が98人(昨年88名)、賛助会員が23人(昨年18人)で、計301人(322人)。ここ数年300人前後で推移しています。全国の会員数は3,882人と昨年の4,868人から千人近く減少しています。最盛期、2万人近くいた会員数が激減しています。

 総会終了後、同じ会場で打上パーティーが行われました。
 アルコールを飲み、料理を食べながら、サイクリング談義。
 そして表彰式。私は、探訪あいちを6回実施し、企画賞をいただきました。
 お楽しみ抽選会では、カトーサイクルの商品券が当たりました。できれば、ツール・ド・あいちか探訪あいちの招待券が欲しかったのですが‥‥‥。

 今年は、退職後に少しは時間でできるでしょうから、ツール・ド・あいちに積極的に参加し、探訪あいちを多く企画したい思います。
  

Posted by まつぼっくり at 20:21Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2019年03月23日

725 イオンモール熱田までJOG

■2019年2月11日(月・建国記念の日) 曇

 最高気温が7.8℃と寒い日でした。

 昨日のかきつばたマラソンで、大会プログラムと一緒にノルディックウォークのチラシが入っていました。
 一日25分のウォーキングで寿命が7年延びるという研究があるそうです。また、ウォーキングによって、高血圧や糖尿病などの生活習慣病が改善できるほか、うつ病や認知症にも効果をもたらすとされます。
 以前からノルディックウォークに興味があり、WALKING POLEが欲しいなと思っていました。
 そこで、ジョギングで熱田のイオンに行ってみることにしました。

 スポーツオーソリティの店舗には現物は置いてありませんでしたが、ミズノのパンフレットがあり、カーボン製で27,000円、アルミ製で10,000円から12,000円のようです。
 また、「LEKI」というブランドの製品もあり、価格的にはミズノと同じぐらいです。ただ、ミズノは日本製、LEKIは中国製で、やっぱりミズノの方がいいと思います。
 もう少し他のメーカーの製品も調べてみて、吟味し、購入してみようと思います。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:8.6km
所要時間:1時間20分
  

Posted by まつぼっくり at 22:27Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2019年03月21日

724 第46回刈谷市かきつばたマラソン大会

■2019年2月10日(日) 晴

 ゼッケン(ナンバーカード)には不思議な力があります。
 ゼッケンを胸に付けると、気持ちが引き締まり、高揚感が湧いてきます。不安があっても、乗り越える力をサポートしてくれるような気がします。

 今年のかきつばたマラソンのゼッケンについていた記録計測用チップは、今までに見たことがない、薄いスポンジのような形状のものでした。

 計測チップは、(株)ランナーズが1996年(平成8年)に導入したのが最初でした。当初はシューズに装着するものでしたが、その後、ゼッケンに付けるタイプが登場しました。現在では、シューズへの装着の手間を考慮してか、ゼッケン装着タイプが主流になっています。いずれも、チップはゴール後必ず回収されます。
 しかし、本日のチップは回収不要なのです。これなら返却忘れの心配がありません。主催者も手間が省けます。技術はどんどん進化しています。

 本日は快晴。でも、非常に強い風が吹いていて、とても寒いです。

 かきつばたマラソンには5回目の参加ですが、毎回も公園内から外周道路に出るまでのコースが若干変わりました。
 また、陸上競技場のトラックが改修され、この大会で初めて供用されます。真新しい全天候走路は、クッションがある感じで気持ちが良いです。

 10時25分、10kmの部招集時間です。
 「~45分」「45分~60分」「60分~」
 参加者は3つの自己申告ボードの前に並びます。
 私は「60分~」にしました。
 右膝に痛みがあり、胃腸の調子も芳しくないからです。

 10時40分、不安を抱えてスタート。
 膝への衝撃を少しでも緩和できるよう、大股にせず、ゆっくり走ります。当然スピードは出ません。逢妻川河川敷のコースへの下り坂は足への負担が増しました。ここのコースは、石畳や煉瓦造りの路面が数か所あり、余計に足への負担があります。河川敷の土の道はありがたく感じます。
 今までと違いどんどん追い抜かれてしまいます。
 人に負けても、自分に負けるな。

 4km地点を通過したとき、24分30秒以上かかっていました。
 これは、1時間を切るのも難しいな。

 堤防道路に上がると、まともに強い向かい風。行く手を阻むような風。慎重に走っている上に、強風でさらにタイムが落ちました。
 8km地点で49分。
 これで、60分超えは確実となりました。
 61分も危ういかも。

 かつて、石田元犬山市長は、年齢と同じタイムで走ることが目標と語っていました。
 50歳なら50分で、60歳なら60分で。
 私はこれを目標としていますが、今回は達成できませんでした。
 昨年より5分以上遅いタイムでした。
 体調不良だけでなく、走力そのものが衰えたのかもしれません。

 ゴール後、サブアリーナ2階の通路で着替えをしていたら、となりで同じく着替えをしていた年配の男性から話しかけられました。
 「今日は、どうでしたか」
 「あまり良くなかったです。1時間以上かかってしまいました」
 昭和32年生まれ、61歳の男性ですが、54分で走れたそうです。50歳から走り始めてそのタイムは、もともと力があったのでしょう。その方のとなりにいた男性は、68歳で51分だったそうです。若い頃から陸上競技をやっていたとのこと。
 やはり、10代のときに全く運動をしていなかった自分とは、基本的な体力、脚力が違うのですね。

部門:10km一般男子3部(50歳以上の部)
記録:60分49秒
部門順位:407人中286位
男女別総合順位:1151人中859位
使用シューズ:asics TARTHERZEAL TS2
  

Posted by まつぼっくり at 22:18Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2019年03月10日

723 第17回知立市マラソン大会

■2019年2月3日(日) 晴

 昨日も暖かかったですが、今日も冬にしてはそんなに寒くはありません。風もなく、快晴です。
 昨年は、更衣室となっている知立中学校の体育館に大型の電気ストーブが設置されていましたが、今日はありません。

 私は、冬になると、いつも手にあかぎれができるのですが、今年は今のところできていません。昨年は右足の踵にもあかぎれができてしまい、刃物で切ったような亀裂ができて、痛みに悩まされました。
 今冬は例年に比べると、厳しい寒さの日は少ないからでしょう。

 9時からの開会式に、愛知県の大村知事が来賓として参列していました。背中に大きく「愛知」とプリントされた赤いベンチコートを着て、大変目立っていました。
 今日は愛知県知事選挙の投票日です。その当日に本人がマラソン大会の会場にいるとは!
 手話を交えて「皆さん、楽しんで走ってください!」と激励の挨拶をされ、式が終わると何人かの参加者と握手をしていました。投票へのPRなのでしょうか。
 ただ、安城市在住の大村知事にとっては、知立市は準地元なので、毎年のようにマラソン大会の来賓として参列していますから、必ずしも選挙目的だけではないでしょう。

 9時50分、市役所前の公道からスタート。
 公道を走ることを当たり前のように思う人もいるかもしれませんが、関係者の努力と警察の理解があって初めて実現できるものです。
 感謝して走りたいものです。

 私の走りと言えば、相変わらず不調です。
 走り出してすぐに、みぞおちが痛み出しました。苦しいです。
 でも、走っています。
 走らなければならない訳ではないのに、なぜでしょう。

 人間は太古の昔、獲物を手に入れるために走り、肉体を酷使することによって、生き残ってきました。その遺伝子が狩猟時代を終えた現代でも残って、人には根源的に走る欲求があるのかもしれません。
 その欲求が体の奥深いところで眠っている人は目が覚めることはありませんが、浅いところに位置している人はジョガーとなり、さらにランナーとなるのでしょう。

 60歳を過ぎても走っている人は、真に走りを愛する人で、トレーニングもそれなりに積んでいる人だと思います。だから、ある程度のレベルにある人が多いので、私などはどんどん下位の方になってしまうのです。
 でも、制限時間で走れる内は大会で走るつもりです。

種目:5km一般3部40歳以上男子の部
記録:29分00秒
種目順位:119人中93位
総合順位:222人中150位
使用シューズ:asics TARTHERZEAL TS2
  

Posted by まつぼっくり at 21:54Comments(0)TrackBack(0)ランニング