2020年05月29日

886 サイクリングの日、自転車の日

◆2020年5月22日(金) 晴

 本日、5月22日はサイクリングの日です。
 1964年(昭和39年)のこの日、日本サイクリング協会(Japan Cycling Association:JCA)が文部大臣から公益事業を行う財団法人として認可され設立されたことを記念して、2009年(平成21年)4月に制定されました。

 5月は「自転車月間」でもあり、さらに5月5日は「自転車の日」でもあります。
 これは、1981年(昭和56年)5月に、「自転車の安全利用の促進及び自転車駐車場の整備に関する法律」(旧自転車法)が施行されたことを記念して定められたものです。この法律は1994年(平成6年)に「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」(改正自転車法)に改正されました。

 さらに、2017年5月に施行された「自転車活用推進法」において、自転車の日及び自転車月間が明文化されました。
「第14条 国民の間に広く自転車の活用の推進についての関心と理解を深めるため、自転車の日及び自転車月間を設ける。
2 自転車の日は5月5日とし、自転車月間は同月1日から同月31日までとする。」

 また、6月3日は世界自転車デー(英語表記は「World Bicycle Day」)です。
 この記念日は2018年(平成30年)4月の国連総会で制定されました。

 自転車は単純で、環境に優しい交通手段であります。また、自転車は健康・スポーツにも役立つ道具でもあります。自転車は地域環境への意識を促します。地球の気候にも良い影響を与えます。自転車は人間に創造性と社会性を促進するという前向きなメッセージを伝えます。

 さて、コロナ過により、自転車に脚光が当たっています。人との接触を避けることができ、体を動かして自然が感じられて気持ちがいいことから、通勤や生活の移動に利用する人が増えています。

 心身のバランスを保つ健康増進の道具として、温暖化ガスが発生しない環境に優しい交通手段として、自転車がますます活用されることを期待します。
  

Posted by まつぼっくり at 20:45Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年05月25日

885 木曽岬町と鍋田川へ その2-コロナ終息に向けて

◆2020年5月17日(日) 晴

 5月14日(木)、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が39県で解除されました。
 特定警戒都道府県だった愛知県も含まれています。

 解除されたからと言って、元通りの生活ができるわけではありません。赤信号が青信号になったのではなく、黄信号だと思います。
 引き続き注意は必要で、油断すれば再び感染が拡大してしまう恐れがあります。

 解除されたのは、感染拡大を制御しながら、経済活動を再開させるためでしょう。
 リーマンショック以上の経済的打撃を受けていますから、経済を再生させる取り組みが必要です。経済活動と感染予防とのバランスを慎重に取りながら、社会生活を進めていかなくてはなりません。

 一人のサイクリスト&ランナーとしては、自分が感染しない、他の人に感染させないことが大切です。
 今まで実践してきた3蜜を避ける行動、身体的距離(フィジカルディスタンス)の確保、マスクの着用、手洗いの励行など基本的な感染防止対策を、コロナが完全に終息するまで続けていくことです。

 さて、本日は5月3日に行った木曽岬町へ再び。

 港区の南西地域は名古屋市内では少なくなった水田地帯が広がります。蛙の鳴き声が聞こえ、のどかで気持ちよく走れます。

 木曽岬町を今回は右回りで走りました。
 桜並木はすっかり綠になっていました。緑のトンネルの中を走っているようです。新緑の桜並木も素敵です。

 南下しているときは追い風で快調、北上するときは向かい風でスピードダウン。
 木曽川沿いの堤防道路は避け、法面下の生活道路を走ります。農作業の軽トラックが時折走るだけで、行き来する車も人もほとんどありません。
 この辺りは瓦葺きの立派な屋敷が多いです。

 木曽岬町を1周プラス4分の1周ほど走って、三ツ又池公園へ。先回きれいに咲いていた芝桜はすっかり花がなくなり、残念な風景に変わっていました。
 季節は移り変わります。

 マスク着用が息苦しくなってきました。保温効果があるため、蒸れてきて口の周りに汗が出てきます。
 本格的な夏の到来前には、マスクをしなくてもいいようになって欲しいものです。

使用自転車:Panasonic POSチタンエンデュランスロード
走行距離:67.5km(累計1,551km)
走行時間:3時間39分
所要時間:4時間57分(7時50分~12時43分)
  

Posted by まつぼっくり at 20:58Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年05月20日

884 熱田区・瑞穂区ポタリング

◆2020年5月9日(土) 曇のち雨

 午後から雨の予報のため、近場のポタリングとします。

 新聞報道によると、熱田区の名古屋国際会議場西側の並木道でヒトツバタゴが満開となっているそうです。ヒトツバタゴって、どんな花だろうと興味をそそられ、観に行くことにしました。

 白鳥庭園前の道に着くと、確かに雪をかぶったような木が並んでいました。緑の葉の上に綿菓子がかぶっているようにも見えます。今まで何度か来ている場所なのに、こんな樹木があるとは全く知りませんでした。

 白鳥庭園から国際会議場北までの車道約500メートルの両側に、街路樹として200本余が植えられていて、毎年ゴールデンウィーク頃に満開になるとのこと。
 既に満開の時期は過ぎていて、白い花は少なくなっていましたが、それでも並木道を彩ってとても綺麗です。散歩の途中に写真を撮る人の姿もちらほら。
 自転車で二往復し、写真も撮って楽しみました。

 ヒトツバタゴ(一つ葉タゴ)は、「ナンジャモンジャ」の別称があります。中国、台湾、朝鮮半島で自生し、日本では限られた地域、愛知県、岐阜県東濃地方の木曽川周辺、長崎県の対馬など一部地域にしか自生しません。そのため、自生地以外に植えられた木をみても誰も名前がわからず、「なんじゃ?もんじゃ?」と呼ばれているのだとの説があります。
 名古屋市内では東区の桜通や守山区大森の瀬戸街道などで街路樹などとして植栽されているそうです。

 その後、熱田区の高蔵公園の墳丘を見学し、イオンバイク熱田サイクルテラスで買い物をしました。
 杉原千畝人道の道を経由して、「菓匠・花桔梗」へ。明日は母の日なので和菓子を買いました。
 人気の和菓子店で、お客さんの長い行列ができています。上品な甘さで、美味しさ抜群、お薦めのお店です。

使用自転車:BRUNO B-ant
走行距離:23.0km(累計86km)
走行時間:1時間44分
所要時間:3時間25分(8時25分~11時50分)

【PS】
① 3月20日(金・春分の日)から6月14日(日)に延期されていた第3回各務原アルプスパノラマトレイルランは中止となりました。既に支払い済みの参加料は2021年3月20日(土)に開催予定の第3回大会へ振り替えされます。
② 愛知県サイクリング協会主催のツール・ド・あいちは6月開催分までが中止になりました。
  

Posted by まつぼっくり at 19:40Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年05月17日

883 山崎川JOG その99

◆2020年5月6日(水・振替休日) 曇のち雨

 朝、雨がぱらついていたので外出はできないかな、と思っていましたが、いったん上がりました。
 山崎川四季の道は人が多いと思います。ですから、落合橋より南の下流をジョグすることにします。

 自宅から一番近い師長橋まで走ります。
 この橋の名は、平安時代末期の公卿で当地に縁のある「藤原師長(ふじわら の もろなが)」から付けられました。
 ここから上流に向かい、新瑞橋、新瑞小橋(人道橋)、落合橋で折り返し。
 師長橋に戻って、師長小橋(人道橋)、名鉄の踏切を渡ると山崎橋。旧東海道のルートに当たります。さらに進むと呼続橋。この先は護岸工事中で通行止めとなっているため、ここで折り返します。

 ジョギングをしているのは自分だけ、散歩している人も僅か、密集も密接もありません。

 落合橋から呼続橋の間を繰り返し往復して距離稼ぐジョギングとなりました。

使用シューズ:asics NOVA
走行距離:11.0km
所要時間:1時間44分
  

Posted by まつぼっくり at 21:56Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2020年05月14日

882 多屋海岸-こころ旅ロケ地へ

◆2020年5月5日(火・子供の日) 晴

 昨日(5月4日)、5月6日までだった緊急事態宣言が5月31日まで25日間延長されました。対象は全都道府県のままです。
 ただし、段階的に自粛解除への動きもあります。
 滋賀県では、「ステイホーム」から「ステイホームタウン」へ、すなわち「家から外出しない」から「県をまたぐ移動の自粛」へと自粛要請のあり方を変更するとしました。

 さて、今春のNHK・BSプレミアム「こころ旅」は愛知県から始まりました。
 そのうちの一つが、知多市の佐布里池から常滑市の多屋海岸に行くルートでした。
 今日はその多屋海岸を目指します。

 名和北交差点、東海市役所西、佐布里パークロード、といつもの慣れた道を行きます。
 水の館でトイレ拝借。
 深堀交差点から知多広域農道へ。
 常滑市に入って2つめの交差点を右折。この道路脇には桜並木が続いています。
 地図を見る限りでは、道なりに進めば多屋に行き着くことになっています。
 路面状況も良好で、交通量もさほど多くありません。
 ただし、アップダウンが続きます。

 「おはようございます」
 上り坂で声をかけられ、ローディーが追い抜いていきました。その後すぐに2人が通過していきました。どうも3人グループのようです。

 さすがにサイクリングメッカの知多半島です。その後も次から次へと自転車族と出会います。

 快晴で爽やか。
 汗をかくことは気持ちいいし、一定のリズムでペダルを回すことは「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌を促します。走るだけで心身ともにスッキリできます。

 先日立ち寄った前山ダムへ。今回は南側の公園に行ってみました。
 タモを持った親子が虫か何かを捕っていました。
 ジョギングをしている男性がいました。ダムの周りを走るのはちょうどいいコースです。

 ダム湖を一周して元の道に戻り、南下します。
 道は徐々に右にカーブし、国道、常滑街道を横断すると、名鉄常滑線の高架に出会います。 左に曲がるとすぐに多屋駅。住宅街のくねくねした道を進むと海岸に出ました。
 そこが多屋海岸です。
 セントレアが臨めますが、特段何の変哲もない静かな海岸です。火野正平さんがお手紙を読んだ場所もわかりました。

 ここまで来たので、大蔵餅で和菓子を買って帰ることにします。
 子供の日とあって、たくさんのお客さんが列を成していました。ちまきは既に売り切れ。柏餅を買って帰りました。

使用自転車:COLNAGO C59
走行距離:70.6km(累計404km)
走行時間:3時間45分
所要時間:5時間08分(7時48分~12時56分)
  

Posted by まつぼっくり at 22:11Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年05月13日

881 木曽岬町と鍋田川へ

◆2020年5月3日(日) 曇ときどき晴

 人が少なく、近場で行きやすい場所は?

 大勢の人が集まりやすいコースや空間を避けるため、木曽岬町に行ってみることにしました。
 木曽岬町は三重県なのですが、隣の桑名市とは木曽川を挟んで離れていて地理的には愛知県のような感じです。実際、郵便配達は隣の愛知県弥富市にある弥富郵便局が行い、また、NTT市外局番も弥富市と同じ0567を使用しています。

 昨日と同じルートで木曽川の尾張大橋東詰まで行き、左折しました。
 水郷公園でトイレに入り一服。
 堤防沿いの道を南下します。
 曇り空で風もアゲンスト。少し肌寒いです。
 車はほとんど通りません。ただ、川の反対側は急な法面になっていて、もし強い風などでふらついて倒れたら、斜面を転がり落ちてケガをしてしまいます。ここは慎重に走行しましょう。

 南端まで来ると、ナガシマスパーランドのジェットコースターがよく見えます。
 新緑風橋は通行止めになっていて、その先の鍋田干拓へは行くことができません。
 鍋田川河口を眺めていたら、モーターボートが海に向かって走り抜けていきました。潮風を浴びて気持ちよさそうです。左手にマリーナがあり、たくさんのボートが停泊しています。
 優雅なレジャーだなぁ~

 今度は堤防沿いを北上し、夢岬橋を渡って国道23号線を横断します。
 しばらく進むと、道路の両脇に並木が現れました。路面にピンクの花びらが落ちていて、これは桜並木だとわかりました。
 並木道は延々と続いています。かなりの距離があります。

 道路の左手に「鍋田川堤桜並木」の説明版を見つけました。それによると、愛知県との県境沿いに流れる一級河川鍋田川沿線に約4kmにわたり、ソメイヨシノを中心に約1,500本の桜が植えられているとのことです。
 淡い桃色の花をつける季節に訪れたら、道の両サイドの桜が重なって、見応えがある素晴らしい景色になると想像できます。
 調べてみると、三重県では伊勢神宮・内宮の桜に次いで第2位のお花見人気スポットだそうです。

 鍋田川いこいパークに数台の駐車場はありますが、近くには他に駐車場がほとんどないので、車で、バイクで、自転車で、ランニングで、徒歩で、動いて通りぬけながら観る桜スポットです。
 こんなに長い距離で桜のトンネルがあるところは少ないと思います。次の桜の季節にはぜひサイクリングで訪れてみたいものです。
 ただ、かなり交通量の多い道路沿いなので車には十分注意する必要があるでしょう。
 また、今日は左回りで木曽岬町を一周しましたが、堤防道路の状況や交通量を考えると、右回り(時計回り)で走った方が良さそうです。

 間崎橋を渡って愛知県に戻り、道なりに北上すると、三ツ又公園に辿り着きます。
 ここは芝桜がきれいに咲いていました。
 芝桜と言えば、愛知県では茶臼山が有名ですが、三ツ又公園は穴場スポットだといえるでしょう。

 帰り道、熱田高校近くを走行中、日蓮宗のお寺の掲示板に「四表の静謐を祈らん者か」という言葉が掲げられているのを見ました。
 これは、日蓮聖人が立正安国論において「汝 須らく一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を禱らん者か」と仰せの一節です。
 「一身の安堵」とは個人の幸福のこと、「四表」とは東西南北、つまり社会全体のこと、「静謐」とは静かで穏やかなこと。「四表の静謐」とは安穏な国土、簡単に言えば、「周囲の平穏」「社会全体の平和」のことです。つまり、自分の幸福を願うのであれば、社会全体の平和も願う必要がある、ということです。

 「自分は若いし、基礎疾患もないし、関係ない。大丈夫」と新型コロナウィルスを簡単に考える人もいるかもしれませんが、それは間違いです。
 もし、自覚してない自分が誰かに感染させて、その人が重症化や死に至ったらどうでしょうか?
 また、自分自身が感染して体が蝕まれたらどうでしょうか?
 国も地方自治体も感染拡大を防ぐのに懸命の政策を行っています。企業や事業者は生き残るために必死の経営自助努力をしています。
 他人事ではなく自分のこととして、自身の幸福と平穏な世の中、当たり前の社会復元のため、一日も早い終息に向け、感染防止に協力すべきだと思います。

使用自転車:Panasonic POSチタンエンデュランスロード
走行距離:65.0km(累計距離1,483km)
走行時間:3時間30分
所要時間:4時間37分(7時53分~12時30分)
  

Posted by まつぼっくり at 21:27Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年05月11日

880 東海通経由で弥富市・前ヶ須へ

◆2020年5月2日(土) 晴

 目的地は同じでも、そこに至るルートはいく通りかあります。

 東海通をそのまま道なりに走ってみました。
 そうしたらどこに行き着くのでしょうか。

 東海通というのは通称で、名古屋市内は「名古屋市道東海橋線」という市道で、名古屋市緑区の徳重交差点からほぼ真西へ向かい港区の河合小橋交差点までを結んでいます。道路名になっている東海橋は、中川運河に架かるこの道路の橋の名前です。
 愛西市と弥富市内は「愛知県道70号名古屋十四山線」となり、名古屋市中川区から弥富市に至ります。路線名の「十四山」は、終点がかつて海部郡十四山村だったことに由来します。

 名古屋市道東海橋線のうち、堀川をまたぐ紀左ヱ門橋の西、千年東交差点から新川をまたぐ日の出橋の西、日の出橋西交差点までの間は、明治5年から国道・東海道として使用されていたルートです。市道ながら交通量が多いため、ほぼ全線が4車線化されています。

 東海通は、名古屋市内は沿道に多くの店が並んでいて、建物も密集していますが、名古屋市を出るあたりから2車線になります。愛西市に入ると、ところどころ狭い道となって、田畑の中に民家が点在するような風景となります。

 弥富市に入り、トイレに行きたいと思ったとき、タイミングよく「ひので公園」の標識が目に入りました。
 市のキャラクター「きんちゃん」が施された柵が印象的な新しい公園です。

 弥富市街地に入ると民家やお店が多くなり、やがて弥富市役所の前に出ました。そして、国道1号線に合流し、前ヶ須にたどり着きました。

 大型トラックも通りますが、交通量も少なく、国道1号線を走るより快適です。次回から、国道1号線の尾張大橋付近に行くときは、こちらのルートを走ろうと思います。

 前ヶ須交差点からは旧東海道(前ヶ須街道)で帰りました。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:47.6km(累計距離13,157km)
走行時間:2時間38分
所要時間:3時間09分(7時53分~11時02分)
  

Posted by まつぼっくり at 21:30Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年05月09日

879 前山ダムまでサイクリング

◆2020年4月30日(木) 晴

 知多半島にダムがあるの?

 高い山がない知多半島ですが、“ダム”と名の付くのが常滑市にある「前山ダム」です。
 一度見てみようと、ロードバイクで出発しました。

 知多広域農道を走り、常滑市に入ってしばらく行くと右手に少し高い丘が見えます。スマホのマップで確認すると、そこが前山ダムのようです。
 道なりに坂を上がり、「前山ダム公園」に到着しました。周りは畑です。

 2台車が止まっていましたが、公園内に人はいません。
 きれいな藤棚がありました。
 南側にダム湖が見下ろせます。
 鳥の鳴き声が聞こえるだけで、静かで落ち着ける場所です。
 一応“ダム”となっていますが、実際は大きい池だと思います。
 実際、それは愛知用水の調整池の一つで、知多半島で最も大きい灌漑用溜池といわれています。
 公園の案内板を見ると、ここは北側の公園で、南側にも公園があるようです。

 公園から西に向かって進むと川沿いに出ました。前山川です。
 国道を横断し、行き着いたところは名鉄大野駅でした。
 ここからは勝手知った道です。

 新舞子海岸は閑散としていました。いつもなら潮干狩りやウインドサーフィンで賑わっているのに、駐車場には車が1台もありません。
 駐車場の出入口にはバリケードが設置されて、閉鎖されていたのです。もちろん感染予防のため。
 地元の人達と思われる数人の姿が見えるだけです。

 大手の製造業は今日も明日も休日なのでしょうが、暦どおり休みの私は年休を取って走っています。でも、私以外に自転車族の姿は見えませんでした。

使用自転車:COLNAGO C59
走行距離:66.4km(累計333km)
走行時間:3時間33分
所要時間:5時間05分(7:40~12:45)
  

Posted by まつぼっくり at 22:39Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年05月06日

878 戸越峠を越えて

◆2020年4月29日(水・昭和の日) 晴

 ドイツでは国の保健省が自転車に有用性について認めており、「『社会的距離』をとるという意味で、誰もが公共交通機関を使用する代わりに、ウォーキングか自転車に乗ることができるかどうか検討すべきです。そうすれば感染のリスクを減らせます」と大臣がコメントを出しています。さらに、サイクリングによるエクササイズによって、高血圧や糖尿病を予防する効果についても期待できるとしています。
 ただし、ドイツではクラブやチーム単位はもちろん、誘い合ってのライドも基本禁止されており、警察から解散するように注意を受けるそうです。

 サイクリングにおいて注意すべきことは、一応、次のように言われています。
① ソロライドで必要な「ソーシャルディスタンス(「約20m」とされています)」を必ず確保しましょう。
② 「適度な負荷」で1回のライドは50km以下を目安とし、追い込み過ぎて免疫力が下がった「オープンウインドウ状態(激しい運動をした直後に免疫機能が低下すること)」にならないように注意しましょう。
③ 自動車、歩行者への注意はもちろん、落車によるケガを防ぐため「ヘルメット」は必ず被り、ケガのリスクが高い走行方法は避けて「ケガのない安全な走行」を心掛けましょう。
④ お店・コンビニ等での飲食は避け、補給食を持参しましょう。
⑤ ライド時は「マスク」を着用しましょう。

 さて、ゴールデンウイークが始まりました。
 報道によれば、外出自粛で鉄道も高速道路もガラガラ、観光地も繁華街も人出なし、のようです。

 私はサイクリング三昧にしようと思います。もちろん、RideSoloで、極力人のいない場所へ行きます。

 本日の行き先は、以前から気になっていた戸越峠です。

 4月19日と同様、天白川、岩崎川沿いを走って、芸大通から猿投グリーンロードに入ります。
 八草インターの電光掲示板に八草ICと加納IC間で火災発生の知らせがありました。山火事があったのかと思っていたら車の火災でした。9.7kmポストから9.8kmポストの間で、丸焦げになった乗用車-小型のハッチバック-がトラックに乗っていたのです。
 車が焼けるとこうなるんだ!
 塗装は完全に落ちて灰色、元の色は全くわかりません。ガラスもなくなっています。熱で溶けてしまったのでしょうか。

 加納インターで降ります。
 猿投神社を左手に見て道なりに進むと、国道419号線に合流。やたらダンプカーと大型トラックが多くて怖いです。田舎道なのに物流が盛んなのは、大手企業の工場があったり、豊田と多治見を行き来するからなのでしょう。

 藤岡飯野交差点角にあるファミリーマートでトイレ休憩。
 ここから戸越峠への坂道が始まります。
 一人ですし、時間も余裕があるので、マイペースでゆっくりペダルを回します。

 ハイペースで追い抜いていくローディー、瀬戸市側から猛スピードで降りてくるローディー、若い人たちだと思います。すれ違いに手を軽く上げて挨拶してくれるローディーもいます。
 当方はオーバーグラスをかけマスクもしていますから、還暦過ぎの年配者だとはわからないでしょう。

 「よみがえれ 戸越峠」と書かれた看板と東屋がありました。ここが峠かと思いましたが、坂はまだ続いています。
 豊田市と瀬戸市の市境が戸越峠の頂点のようです。が、それを示す標識などはありません。
 コンビニから峠まで約5km。思ったより勾配はきつくなくて、スムーズに登れました。

 雲興寺まで約3kmのダウンヒル。瀬戸市側の坂の方が勾配が急ではないかと感じます。

 東海環状自動車道のガードをくぐって、最初の信号交差点を左折。せと赤津インターの案内標識があります。
 国道248号線は、まだ新しい道です。交通量が少ないうえ、下り坂なので快適に走れます。

 愛知環状鉄道の高架下を通り、国道155号を南下します。
 八草インター交差点へ。初めて走る道が続きましたが、ここからは経験済みの道です。

 正午過ぎ、モリコロパークでトイレ。各種施設は休業中ですが、公園自体は利用できます。
 飲食店の前で若い女性店員さんが呼び込みをしていました。お客さんが少ないので大変だと思います。
 ベンチに座ってパンと栄養補助食品でエネルギーを補給します。温かい日差しで気持ちいいです。
 近くのベンチでは、自分のミニベロ(たぶんダホンかターンだと思います)を見つめたり触ったりしながら、悦に入っているおじさんがいました。その気持ちわかりますよ。

 天白川沿いにあるマリノ島田店でテイクアウトの店頭販売をやっていたので、ピッツァを買って帰りました。

 今度は、かなりハードになるでしょうが雨沢峠とセットで走りたいですね。

使用自転車:Panasonic POSチタンエンデュランスロード
走行距離:75.3km(累計距離1,418km)
走行時間:4時間31分
所要時間:6時間02分(7時52分~13時54分)
  

Posted by まつぼっくり at 22:14Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年05月05日

877 岩崎川と岩藤川、そして岩藤新池へ

◆2020年4月26日(日) 晴

 マイクロソフトの共同創業者であるビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)は「わたしたちが一生のうちに経験するであろう最大の出来事」であり、こうした感染症の流行は今後「約20年ごとに」起こり得ると警鐘を鳴らしています。
 今回の感染症を克服しても、今後もまた新たな感染症が発生するでしょう。さらに厳しい試練がないとも言えません。

 新型コロナウイルス対策が様々言われていますが、一番大切なのは、自身の免疫力を高めることだと思います。
 賢明な食生活で、心身のバランスを整えることです。食事、運動、睡眠など生活の基本を大切にすることです。

 さて、人混みを避け、なるべく人がいないところへ行くべく、本日は日進市の岩崎川、岩藤川そして岩藤新池を目指しました。

 天白川沿いを走り、白山交差点を過ぎると岩崎川沿いに出ます。しばらく川沿いを進むと、左は北新田川に、右は岩藤川に別れます。
 岩藤交差点より先は一部オフロード。マウンテンバイクでよかったです。

 日進市総合運動公園の北側から川に降りてみると、桜並木がありました。もちろん、花は散った後でほとんど残っていません。ですが、川沿いの並木の状況から想像すると、さぞかし綺麗だろうと思います。それに、道路から離れた人目に付かないところですので、文字どおり隠れた桜スポットです。

 この日は、男女2人が川で楽しんでいました。おそらく道路脇に停めてあった車の人たちでしょう。

 さらに岩藤新池に向かって未舗装の農道を進んでいくと、オオシマザクラもあります。
 来年、桜の咲いている時期に訪れてみようと思います。

使用自転車:cannondale Jekyll
走行距離:41.0km(累計距離375km)
走行時間:2時間41分
所要時間:3時間35分(8時10分~11時45分)
  

Posted by まつぼっくり at 21:56Comments(1)TrackBack(0)サイクリング

2020年05月04日

876 山田敬蔵さん死去

◆2020年4月24日(金) 晴

 本日付朝刊のスポーツ欄に「山田敬蔵さんが4月2日、老衰のため川崎市で死去、92歳。」の記事が目に入りました。
 私よりも年上のランナーの方なら、ご存じだと思います。
 山田敬蔵さんは、日本が戦後初参加した1952年のヘルシンキオリンピック男子マラソンに出場し、1953年のボストンマラソンで優勝した往年の名ランナーです。
 157センチと小柄ながら、力強い走りで「小型機関車」と評されました。
 一線を退いた後も市民ランナーとして国内外でレースへの出場を続け、ボストンマラソンには81歳だった2009年まで出場されていました。生涯で約340回のフルマラソンを走られ、生涯の走行距離は地球9周分の約36万キロになったそうです。
 エリートランナーだったにもかかわらず、生涯走り続けられたことは、ランナーの鏡、手本となる方です。
 ごく平凡な市民ランナーの私ですが、山田敬蔵さんのように、生涯走り続け、老衰で人生を終える‥‥‥理想の人生です。
  

Posted by まつぼっくり at 21:55Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2020年05月03日

875 平針運転免許試験場へ

◆2020年4月20日(月) 雨

 今の時代、予想外、想定外の事態の発生が常態化しているように思います。環境変化が激しい時代でもあります。

 また、インターネット交流サイト(SNS)によってデマがまかり通る時代となりました。不確実な情報に翻弄されるようになりました。何でもかんでもSNSに投稿すればいいというのは違います。

 SNS上に無責任な批判やデマ、心ない差別があふれています。無責任で誤った情報が飛び交えば、社会を分断させ、人間を破壊する因となりかねません。良識を持ってもらいたいと願いますが、いつの時代も心ない輩は必ずいるものです。
 自ら不確かな情報や無責任な批判を発信しないこと、受け手としては正しく価値的な情報に基づきながら、行動することを心がけたいものです。

 さて、本日は年休を取って、平針の運転免許試験場に行ってきました。
 更新手続きのはずが、有効期間の延長手続きとなりました。というのも、新型コロナウイルス感染防止対策のため、4月19日から更新手続き等が休止なったからです。

 年休取得申請した後に休止の情報を知ったのですが、有効期間を延長するにも申請手続きが必要なのです。

 午前中は雨の予報となっていましたが、家を出るときは雨は上がっていたので、カッパをデイパックに入れて、ママチャリで出発。ところが、島田橋辺りから雨が落ちてきました。
 期待はずれです。結局、降りしきる雨の中、カッパを着て平針まで行くことなってしまいました。バスで行くべきだった、と後悔です。

 試験場には休止を知らずに来た人もいました。私ももう少し早く手続きに来ておけばよかったと残念に思いました。
 3か月延長で、有効期間は8月20日までとなりました。それまでに業務が再開されれば良いのですが‥‥‥。

使用自転車:ブリヂストン アルベルト
走行距離:19.7km(累計距離1165km)
走行時間:1時間30分
  

Posted by まつぼっくり at 22:18Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年05月02日

874 愛知県緑化センターへ

◆2020年4月19日(日) 晴

 新型コロナウイルスの感染リスクを減らすには、「3つの密」が重なる場面を避けるだけでなく、できる限り「ゼロ密」を目指すことが大切です。
 「密接」ではない屋外であっても、「密集」「密接」には要注意。人混みは避け、至近距離で大きな声での会話はやめましょう。

 サイクリングでもランニングでも、ソロライドやソロランで、なるべく人のいない道を走るようにします。

 1992年の「てんぱくサイクル・アルペンロードレース大会」以来、28年ぶりに猿投グリーンロードの有料部分(自転車と歩行者は無料)を走りました。

 八草料金所から先はほとんど平坦な個所はなく、6%や7%勾配の長い坂が続くハードな道です。自転車と歩行者が通れる道(歩道)は車線の北側に設けられているだけで、南側にはありません。路面状況も良好とは言いがたいです。

 数人のサイクリストに出会いました。皆さん一人で走っています。
 一人、車道を走る命知らずがいました。危険なので止めた方がいいと思います。
 ランナーもいました。グリーンロードは全線でも13kmですから、往復すれば長距離ランニングに適当なのかもしれません。

 途中、加納、猿投、中山ICなどがありますが、歩道はランプウエイに沿って外に出てしまうところもあるので、案内標識を注意深く確認する必要があります。それに階段もありますから、いったん降りて押していかなくてはなりません。やっぱり自転車のことは考えて建設されていないですね。

 午前11時、愛知県緑化センター到着。
 駐車場に車は少なく、散策している人もまばらでした。
 時間がなかったので、トイレに入っただけですぐに折り返します。

 帰りは迷うことなくインターチェンジも通過し、しんどいのは行きと変わりませんが、坂の状況もわかっていたので、スムーズに走行できました。

使用自転車:Panasonic POSチタンエンデュランスロード
走行距離:63.7km(累計距離1,342km)
走行時間:3時間48分
所要時間:4時間40分(7時55分~12時35分)
  

Posted by まつぼっくり at 21:22Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年05月01日

873 山崎川JOG その98-コロナに負けるな

◆2020年4月18日(土) 雨のち曇

 午後3時頃、雨が上がり山崎川にジョグに行きました。

 桜の花はほとんど散っています。路面には花びらが積もっています。代わりにツツジ咲き始めました。

 外出自粛要請がある中でも、マスク姿の大勢の人たちが散歩やジョギングを楽しんでいます。
 私も最初はマスクをしていましたが、どうも息苦しくて途中で外してしまいました。実際、ランナー・ジョガーでマスクをしている人は少数です。
 でも、やはり危険かも。
 ゴールデンウイーク期間中はもっと人出があるでしょうから、山崎川に走りに来るのは控えた方がよさそうです。

 さて、春は自然界の生きとし生けるものが冬の眠りから覚め、芽生える季節です。
 動植物は躍動していますが、今年の春、人間だけは新型コロナウイルスの恐怖で萎縮しています。
 イベントなどは相次いで中止や延期、縮小となり、経済活動は停滞、景気は後退し、重苦しい空気が漂っています。

 私が毎年参加している「第18回市民サイクルパラダイスin日間賀島(5月16日(土)開催予定)」も、「第33回やぶはら高原はくさいマラソン大会(7月5日(日)開催予定)」も中止となりました。

 マラソン大会にも、サイクリング大会にも出場できず、辛いときですが、「夜明けの来ない夜はない」「やまない雨はない」「トンネルには出口がある」「災い転じて福となす」「明日がある」と念じて、忍耐強く生きましょう。

使用シューズ:asics ターサーNOVA
走行距離:10.5km
所要時間:1時間35分
  

Posted by まつぼっくり at 19:52Comments(0)TrackBack(0)ランニング