2020年09月17日

933 上室期外収縮

◆2020年9月7日(月) 雨

 職場の定期健康診断の心電図検査で「上室期外収縮」という結果が出され、精密検査を受診するよう指示がありました。
 人間の心臓は一日10万回くらい一定のリズムで脈を打っていますが、このうち何回かはズレて脈を打つことがあります。このズレた脈のことを期外収縮と言い、ズレた脈の起源が心臓の中の上室という場所の場合、上室期外収縮と呼ぶそうです。いわゆる不整脈の一つです。
 私は昔から不整脈がありました。しかし、上室期外収縮として心電図異常を指摘されたのは初めてです。

 行きつけのクリニックに相談したところ、近くの循環器科を紹介していただき、本日その医院に行きました。

 尿、血液、レントゲン、心電図(安静時と踏み台昇降運動後)と検査を受け、先生の診察です。
 「ストレスのある仕事をしていませんか?」
 老先生から質問されました。
 私は再雇用で短時間の勤務ですし、現役のときのような重圧がかかる仕事はありません。ストレスチェックでも特段の指摘はありませんでした。
 期外収縮は、自律神経である交感神経の緊張によっておこることもあります。例えば、アルコール・カフェインの過剰摂取、睡眠不足、過労、疲労、ストレス、喫煙、です。加齢によっても起りやすくなるとのことです。
 1週間、薬を飲んで、また来てくださいと言われました。

 今のところ、血圧も低いですし、特に基礎心疾患もないので、たぶん加齢によるものだと勝手に自己判断しています。

 50代半ばを過ぎてから、緑内障になり、膵臓に腫瘍(今のところ悪性ではありません。)が発見され、定期的に検査を受けなければならない状態になっています。緑内障に関しては進行を抑えるため、毎日点眼をしなければなりません。歯も悪くなって2~3か月ごとに定期検診に通っています。
 そして今回は上室期外収縮。
 かなりポンコツな身体になってしまいました。自然の摂理とは言え、気持ちは落ち込みます。いつまで生きられるのだろうか? 不安も増幅します。

 しかし、あれこれ良くないことを考え、気力やこころが萎えても仕方がありません。
 とりあえず、体が動くうちは趣味に勤しみ、行動したいと思います。そうすると気持ちも晴れてくると思うからです。
  

Posted by まつぼっくり at 21:52Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2020年09月15日

932 ウォーターサンダルを買いに

◆2020年9月6日(日) 晴一時雨

 8月30日に初めて水上自転車とカヌーを体験したとき、アクアシューズ、ウォーターシューズ、マリンシューズとか呼ばれる水中用シューズ(サンダル)があればいいな、と実感しました。
 一応、今あるサンダルを持参したのですが、これだと露出が多くてソールも柔らかく、ペダルを踏むのに適していません。
 つま先が保護され、ソールもある程度堅さがあるものが理想です。

 昨日、MTBでららぽーと名古屋みなとアクルスに行き、スポーツ用品店などで探してみました。KEENのウォーターサンダルがありましたが、合うサイズがありませんでした。

 本日、ポタリングがてらイオンモール熱田にあるムラサキスポーツに行ってみると、KEENのバーゲン品でちょうどよい26cmがありました。これなら、水上自転車のペダルを踏むのにもカヌーに乗るときにも適していると思い、ちょっと高かったですが思い切って購入しました。履いていて楽しくなるようなマルチカラーも気に入りました。

 台風10号が九州地方に接近しています。東海地方は距離的には離れていますが、激しい雨と風邪に襲われることが予想されています。早々に帰宅して、台風対策をしようと思います。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:13.4km(累積13307km)
走行時間:1時間01分
所要時間:3時間(9:00~12:00)  

Posted by まつぼっくり at 22:23Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月14日

931 J1リーグ第14節(vs鹿島アントラーズ)

◆2020年9月5日(土) 晴一時雨

 前半、暴雨と雷で1時間中断するアクシデントが発生した試合でした。

 相手は通算成績で大きく負け越している苦手の鹿島アントラーズです。
 試合巧者に勝つのは難しいかな、という予感がありました。

 案の定、前半の早い段階で元グランパスの和泉選手にゴールを決められました。攻撃ハーフライン付近まで上がったところで、裏にボールが転がり速攻で見事に攻められたのです。

 そのあと、激しい雨と雷で約1時間中断。台風10号の接近で大気が非常に不安定になっている影響でしょう。
 午後7時20分から試合再開となりました。

 この日は、今までの堅守がどうかしちゃったの、と思うくらい守備が不安定で、不用意さが目立ちました。前半、さらに1失点し、0対2。
 この時点で逆転は無理だな、と思いました。

 後半、1点返したものの、すぐに追加点を許しました。今のグランパスには3点以上取る攻撃力はありません。
 しかも、セカンドボールはことごとく鹿島の選手に渡り、パスカットされる場面も多かったように感じました。

 それにしても、グランパスは素早い攻撃がなぜできないのでしょうか。
 パス回して相手陣形を崩してシュートを打つのも魅力ですが、ボールを奪って相手の陣形が整わないうちに攻めあげれば、チャンスが作れる場面が何度かあったように思います。せっかく足の速い選手が何人かいる訳ですから、相手ゴールへの怒濤のような速攻があってもいいと思うのです。

 いずれにしても、出だしが良くて失速した昨シーズンの二の舞になっていけません。このままズルズル後退しないよう、立て直しに期待したいです。

<試合結果>
豊田スタジアム
1対3(前半0-2、後半1-1)
得点:【名古屋】①稲垣(後4)、【鹿島】①和泉(前16)、②荒木(前37)、③土居(後18)
観衆:4,951人、開始:午後6時
主審:福島孝
<成績>
7勝3分け3敗、勝点:24、得点:20、失点:11、得失点差:9、順位:4位  

Posted by まつぼっくり at 21:41Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2020年09月12日

930 庄内川リバーサイドポタリング

◆2020年9月5日(土) 晴一時雨

 午後から豊田スタジアムに行くので、時間は限られています。しかも台風10号が九州地方に近づきつつあるため、今晴れている天候もどうなるかわかりません。そこで、近場の庄内川河川敷を走ってみることにしました。

 国道1号を西進して、一色大橋で河川敷に降ります。ここには樹齢百年を超える立派な松があります。そのため、松陰(まつかげ)という地名で、公園、住宅、病院などもその名が付いています。昭和の初期には川の水もきれいで水泳場があった場所です。

 ここから北の上流に向かって、舗装された緊急河川敷道路があり、普段、車は入って来られませんが、自転車なら走ることができます。ジョギングや散歩をしている人もいます。

 前日に降った激しい雨でところどころ水溜まりがあります。
 大当郎橋、新前田橋、近鉄名古屋線、JR関西線をくぐって、横井大橋に来たときでした。
 柵が張り巡らされ、通行止めの看板がありました。まだ3kmも走っていないのに、この先に進めなくなってしまったのです。
 土砂撤去、掘削工事のため、令和2年8月17日から令和3年3月31日まで通行止めとのことです。
 ここで折返し。
 まだ時間がったので、ららぽーと名古屋みなとアクルスに立ち寄って帰ることにしました。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:32.4km(累積13294km)
走行時間:1時間58分
所要時間:4時間(8:00~12:00)
  

Posted by まつぼっくり at 21:39Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月11日

929 水上自転車&カヌーに初乗り

◆2020年8月30日(日) 晴

 人生で初めて水上自転車とカヌーを体験しました。

 愛知県サイクリング協会の有志で結成したACA水上自転車友の会があります。そのメンバーのKuraさんに誘われて乗船会の参加しました。

 会では碧南市油ヶ淵近くの『葦舟倉庫』に水上自転車とカヌーを所有しています。いずれも使わなくなって無償で譲り受けたもので、古いです。
 水上自転車は瀬戸市のしなのサイクルが持っていたもので、木製のかなり長い舟です。油ヶ淵までは約1kmの距離を台車に乗せて引っ張って運ぶそうです。

 この日の参加者は、70代のaQsimさん、60代の石川さん、Uchiさん、Kuraさん、私、50代の岩田さん、そして岩田さんの後輩の若者2人(20代)の8人です。

 午前9時に葦舟倉庫に集合し、車でカヌー2艇を運びます。水上自転車は会所有のものではなく、Kuraさんが退職金で買ったというイタリア製の『Shuttle Bike Kit』に乗せてもらいます。

 乗船場所は半田市亀崎海岸。
 海岸の芝生の上にテントとタープを張り、『シャトルバイクキット』を組み立てます。
 その名のとおり、この水上自転車組み立て式です。巨大なソーセージのような形をした2つのフロート(浮き)部分に空気を入れて膨らまし、軽量のパイプを組み合わせてフレームを作り、2つのフロートの間にフレームを合体させます。ここに自転車をセットし、完成となります。自転車はハンドルネーム「ジェームス・ディーン」さんから無償でもらったというキャノンデールのマウンテンバイク。1990年代製造の年代物です。

 自転車のペダルを漕ぐと、後輪に接触するローラーが回転し、前輪の下方に取り付けられた水中フィンにケーブルによって動力が伝えられます。フィンの回転が推進力となり水上を移動できる仕組みです。しかもこの推進部分は、前から押されると折れ曲がるので、壊れる心配がとても少ないのです。
 そして自転車のハンドルを切ると水中フィンの方向も変わるため、移動する方向がコントロールできるのです。
 まさに道路を走っているかのごとく、川や湖、海でも移動することができます。

 さらに、後輪に接触するローラー内にはエアポンプが内蔵されており、ケーブルをフロートの吸入口に接続すると、自転車を漕ぐだけでどんどん空気を充填することができます。
 またフロートの空気を抜いて折りたたみ、フレームをバラバラに分解すれば付属のバックパックに入るほど小さくなります。
 非常に優れものです。Kuraさんに値段を聞いたら、だいたい15万円ぐらいだそうです。

 一人ずつ順番に乗ります。
 海岸から見ているとアメンボがすいすい動くような感じです。
 海水浴できていた人達も珍しそうに眺めています。
 そして、自分の番。
 最初、海の上を走るのは少し不安でしたが、すぐに慣れました。歩くぐらいのゆっくりしたスピードです。波がなければ、ジョギングぐらいの時速になるでしょう。
 街中を走行しているのと違い、信号待ちもありませんし、自動車や歩行者との事故に巻き込まれないよう、常に神経を張り巡らせておく必要もありません。ストレスから解放され非常に気持ちのいい乗り物です。

 水上自転車のあとはカヌーです。
 パドルの使い方も何もわからず、我流で漕いでみました。転覆が心配でしたが、想像していたより安定していました。水面に近い乗車位置なので、水上自転車よりスピード感がありますし、その爽快感は格別でした。

 正午過ぎ、乗船会終了。
 『シャトルバイクキット』を解体し、持ち主のKuraさんのSUVへ。カヌーはaQsimさんのワゴン車へ積み込み、碧南の葦舟倉庫に戻ります。
 葦舟倉庫には、その名のとおり、油ヶ淵で採れた葦を組んで作った葦舟が格納されています。会の水上自転車とカヌーはここに間借りさせてもらっている訳です。

 片付けが終わって、活け魚料理「つりぼり」にて昼食を取ったあと、午後2時解散となりました。

 次回は11月に碧南の油ヶ淵で乗船会を行う予定ですので、またぜひ参加したいと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 20:16Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月10日

928 J1リーグ第13節(vsコンサドーレ札幌)-テレビ観戦

◆2020年8月29日(土) 晴

 先週に引き続き、NHK・BSでグランパスの試合が中継されました。NHKさん、ありがとうございます。

 コロナ過でなければ、北海道旅行を兼ねて札幌ドームに行ってみたいと思っていました。

 開始早々、グランパスの主導で試合は進みます。コーナーキックが続き、得点チャンスの連続です。
 しかし、金崎夢生選手のシュートがクロスバーを直撃して跳ね返ったときはため息が出ました。これがもう数センチ下の行っていればゴールに入っていたはずです。
 以降、もどかしい展開が続きます。札幌が押し込む時間帯もありました。

 そして最後の最後、アディショナルタイムにペナルティエリア内で相馬がハンドの判定。PKを与えてしまいました。
 これで敗戦か、と覚悟しました。
 しかし、守護神ランゲラックは、これを見事に阻止したのです。キッカーのルーカスフェルナンデスはゴール中央付近に低い弾道のボールを蹴りました。ランゲラックは右に飛んだものの両足を残してはじき返しました。もしボールがもう少し上に蹴られていたら、決まっていたでしょう。
 前半の金崎選手のシュートと反対の現象だな、と思いました。
 ともあれ、窮地を救い、勝ち点1をもたらしたビッグセーブです。

 中2日で試合に臨んだ札幌に対し、グランパスは中5日と体力面で有利であったにもかかわらず、それを活かせずモヤモヤした試合でしたが、負けなかったことをヨシとしましょう。

<試合結果>
札幌ドーム
0対0(前半0-0、後半0-0)
得点【札幌】なし、【名古屋】なし
主審:西村雄一
観衆:3,479人、開始:午後7時
<成績>
8勝3分け2敗、勝点:24、得点:19、失点:8、得失点差:11、順位:4位
  

Posted by まつぼっくり at 20:15Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2020年09月08日

927 めんたいパークとこなめ-来場者プレゼントをもらいに

◆2020年8月29日(土) 晴

 めんたいパークとこなめの来場者プレゼントがもらえる新聞折込チラシがありました。期限が今月末までです。明日は予定があるので、今日が来場できる最後の日になります。

 開店から20分後ぐらいに到着。まだ、お客さんはまばらでした。
 景品だけもらうのも気が引けますから、何か買おうと思います。しかし、ほとんどの商品は冷凍か冷蔵品。この猛暑の中、Dバッグに入れて自宅まで1時間半近く走ったら溶けてしまいます。
 そこで、店内を巡って常温で大丈夫な「かねふく 明太からし高菜」を見つけました。レジで購入すると、「明太子味ポテトチップ」をプレゼントされました。

 次に大蔵餅です。喫茶室に入るお客さんが並んでいました。
 定番の大蔵餅と羽二重餅を2個ずつ買いました。

 行きも帰りも暑いです。ボトルの水はぬるま湯のようになっています。
 脱水症、熱中症を避けるため水分の補給は欠かせません。
 運動不足になると、水分を蓄える筋肉量が減って脱水になりやすいだけでなく、足の血流も悪くなっている可能性があるといいます。
 1日に体から輩出される水分は、激しい運動をしなくても汗や尿、便など合わせて2.5リットルにもなるそうです。屋外で自転車をこげば、それ以上の水分が失われます。

 私は通常、2つのボトルに1リットルぐらいの飲料水を持って行きます。一つは水で、もう一つはスポーツドリンクです。
 暑い中ですと、たくさん水分が欲しくなるものですが、一度に大量の水を摂取しても全ては吸収されないとのこと。私は口や喉の渇きを感じる前に少量をこまめに補給するようにしています。

 家に帰ってバックパックを開けてみたら、背後からまともに直射日光を受けていたため、表面はもちろん、中まで熱くなっていました。

使用自転車:Panasonic POS クロモリロード
走行距離:66.8km(累積210km)
走行時間:3時間07分
所要時間:4時間23分(7:38~11:40)
  

Posted by まつぼっくり at 19:38Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年09月07日

926 J1リーグ第12節(vs川崎フロンターレ)

◆2020年8月23日(日) 晴一時雨

 まさか勝てるとは思いませんでした。
 相手は無敗で10連勝中の川崎フロンターレです。
 引き分けで御の字。もし勝てるとしたら、1対0か、2対1とかの接戦でしょう。

 予想どおり、川崎がボールを支配して試合は進みます。
 攻め込まれて、あわや、失点かとヒヤリとした場面がありましたが、ディフェンス陣やゴールキーパーがギリギリのところで防ぎました。

 前半44分、マテウスが左サイドからゴール前に蹴ったクロスボールを、金崎夢生がヘディングでゴールを決めました。欲しかった先制点が取れました。

 後半は、川崎に攻めに攻められました。早いパス回しや変化のあるドリブルを仕掛けられ、いつ決められてしまうかと、ハラハラの試合展開です。しかし、今日のグランパスは集中していました。ミスもほとんどありません。

 アディショナルタイムの5分はスタンドの誰もが、早く時間が過ぎて欲しい、と願っていたと思います。
 倍のシュートを打たれながらも、体を張った守備でゴールを割らせず、クリーンシートでタイムアップ。

 この勝利は勝ち点6に相当する価値があるでしょう。
 川崎に勝てるチームが他にも出てくれば、10年ぶりのグランパスの優勝も、現実味を帯びてきそうです。

<試合結果>
豊田スタジアム
1対0(前半1-0、後半0-0)
得点:【名古屋】①金崎(前44)、【川崎】なし
観衆:4,968人、開始:午後6時
主審:佐藤隆
<成績>
7勝2分2敗、勝点:23、得点:19、失点:8、得失点差:11、順位:3位
  

Posted by まつぼっくり at 21:04Comments(0)TrackBack(0)サッカー