2020年12月11日

963 再び四季桜を観に

◆2020年11月23日(月・勤労感謝の日) 晴

 前回11月8日に豊田市小原地区(旧小原村)へ行ったときは、四季桜も紅葉も、まだでした。
 おそらく今日が見頃の最終日ではないかと思い、再びチャリンコで出かけました。

 朝7時半にスタート。ルートは前回経験済み。一人なので、ゆっくり、焦らず、特に下り坂には気をつけて進みます。
 気温は前回より低く感じます。でも、抜けるような青空の中に綿菓子のような雲が浮かんでいて、絶好のサイクリング日和です。
 アップダウンが多いので、上り坂では汗をかき、下り坂では汗が引いて冷えます。途中3回トイレに行きました。

 10時50分、所要時間3時間20分、自宅から46kmで小原ふれあい公園に到着。
 「自転車は上の方に停めてください」
 公園の広場に入ろうとしたら、係の人に小原支所の駐車場を案内されました。
 「ATMの横に駐輪場があるので停めてください」

 自転車にワイヤー錠をかけようとしていたら家族連れの30代ぐらいの男性が近づいてきました。
 「ワァ~、カッコいいですね。カーボンフォーク‥‥‥、これ、クロモリですか?」
 「いえ、チタンです」
 「いつ買ったんですか?」
 「2年前です。オーダーなんです。あなたも自転車やってるんですか?」
 「ええ、クロモリなんですけど‥‥‥。でも、すっごい、カッコいいですね」
 何度もカッコいいと言われると、こちらも嬉しくなります。

 さて、肝心の四季桜と紅葉はどうでしょうか。
 今度は、紅葉は色が褪せていました。四季桜はまだつぼみがありました。
 どうも紅葉は先週が見頃だったようですが、四季桜の満開はこれからのようです。双方がマッチするのはなかなか難しいものです。
 それでも、ピンクと赤と黄色と緑のコントラストは綺麗でした。
 香嵐渓には及ばないものの、観光客も大勢来ていました。滋賀ナンバーの観光バスもありましたし、駐車場もほぼ埋まっていました。

 四季桜公園の方はその名のとおり桜の方が中心です。前回に比べるとかなり咲いていて綺麗でした。

 周りにいた人たちの会話によると、川見(せんみ)四季桜の里の方が見応えがあるようです。
 小原ふれあい公園から無料シャトルバスが運行されていますし、自走で行くことも可能ですが、時間的に遅くなりそうなので今回は諦めました。来年、もう少し早く家を出て、川見四季桜の里まで行ってみたいと思います。

 11時50分頃、帰路につきました。
 上り坂もありますが、山間部から平地に降りる下り基調なので、快調に走れます。

 12時40分、伊保橋近くの「かど家らーめん」に到着。
 前回はすごい行列があって入店を諦めましたが、今日は外に列はなく、駐車場も空いていました。
 注文した「鯛らーめん」は絶品でした。鯛出汁のスープに細めの麺、豚しゃぶとネギがマッチして秀逸の一品です。
 また来てみたいラーメン屋です。

 西風が強くなりました。完全に向かい風です。
 この季節、午後3時を過ぎると、まだ陽はあるものの、寒くなってきます。

 午後3時半過ぎ、自宅到着。川見四季桜の里まで行っていたら、日が暮れていたでしょう。

使用自転車:Panasonic POS チタンエンデュランスロード
走行距離:96.9km(累積2172km)
走行時間:5時間45分
所要時間:8時間01分(7:30~15:31)
  

Posted by まつぼっくり at 22:21Comments(0)TrackBack(0)サイクリング