2020年12月05日

960 J1リーグ第27節(vsFC東京)

◆2020年11月15日(日) 晴

 人は誰しも、お金や時間を使うときは、いろいろと考えを巡らせて、それに見合う価値を求めるのが自然です。
 お金を払ってわざわざスタジアムまで足を運んだのに、つまらない試合だったら不機嫌になります。
 今日の試合は観戦価値のある、白熱した、素晴らしい内容でした。それは単にグランパスが勝ったからだけではありません。
 拮抗した展開で、どちらが勝ってもおかしくないせめぎ合いでした。

 FC東京には、2015年以来勝ち星がありません。今シーズンも2回対戦して2回とも敗れ、苦手とするチームです。しかも、センターフォワードの金崎夢生選手と山崎凌吾選手をケガで欠き、戦力ダウンが否めない窮地の状況です。前線には阿部選手、ガブリエル・シャビエル選手、マテウス選手と、小柄な選手ばかりで“空中戦”では全く分がありません。
 しかし、今日は主導権をグランパスの方が握っているように見えました。“地上戦”に持ち込み、決定機をつくらせず、複数の選手が連動してチャンスを量産します。
 FC東京のGK波多野選手が好セーブを連発し、ゴールを許さなかったのは、敵ながらあっぱれです。

 後半もアディショナルタイム(5分の表示)に入り、このまま引き分けかと思いました。難敵のFC東京相手に引き分けなら御の字です。

 しかしながら、ドラマは最後の最後の演出されたのです。
 マテウス選手の放ったシュートがペナルティエリアの相手選手に当たり、ボールがゴールラインを割りました。すると、審判がペナルティマークを指さし、PKの判定をしました。
 倒されたわけでもないのに、何でだろう?
 実は、高萩選手の腕に当たっていたのです。ペナルティエリア内でのハンドで、PKを獲得したのです。
 キッカーはマテウス選手。観衆は息を飲んで、祈るように見守っています。
 強いキックはゴール右へ。キーパーは左に飛んで、ボールはゴールネットを揺らしました。
 ゴ~ル!!!

 緊迫した接戦を制したグランパスが勝利を収め、勝ち点3。3位と4位の直接対決ですから、勝ち点6の価値があります。

 劇的勝利はグランパスファミリーを上機嫌にしたに違いありません。

<試合結果>
豊田スタジアム
1対0(前半0-0、後半1-0)
得点:【名古屋】①マテウス(後50)、【東京】なし
観衆:16,709人、開始:午後7時
主審:松尾一
<成績>
16勝4分け9敗、勝点:52、得点:40、失点:27、得失点差:13、順位:3位
  

Posted by まつぼっくり at 20:10Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2020年12月02日

959 探訪あいち 多屋海岸と前山ダム

◆2020年11月14日(土) 曇時々晴

 NHK・BS『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

 本年4月8日放送(3月17日収録)の愛知県の旅2日目は、常滑市多屋町の海でした。
 お手紙の主は東京都豊島区の52歳女性。
 娘さんが就職した職場が中部国際空港(セントレア)で、娘さんが暮らす寮を訪ねた際に見た穏やかな多屋の海がこころの風景だというお手紙です。

 今回の探訪あいちはこのルートをベースに企画しました。
 ただ、火野正平さんが走ったルート(約16km)ではサイクリング協会メンバーには短すぎるので、東海市しあわせ村を発着地とし、途中に『佐布里緑と花のふれあい公園』と『前山ダム』に寄って、多屋海岸までを往復するコースとしました。

 集合時間よりかなり前に参加者8名が揃いました。
 コースは簡単です。
 東海市しあわせ村から南下し、知多市の佐布里(そうり)パークロードを経て、『佐布里緑と花のふれあい公園』に行きます。

 公園内にある見晴らしの丘は、各県の梅の木が植えられ、その名のとおり眺望のよい丘です。
 たまたま居合わせたご家族に集合写真を撮ってもらいました。
 火野正平さんはここでお手紙を読み、約16km先の多屋海岸を目指してスタートしました。

 公園を出ると下り坂ですが、すぐに上り坂に差し掛かります。正平さんは、チャリオのギアチェンジをしながら「よいしょ。最初の上り坂や。」と言って上り始めました。だんだん息が切れてきて、途中で停まって一休み。「この春。一番の坂です。体が慣れてません!」と辛そうに言ってました。
 しかし、我々は途中休むこともなく、上りきります。

 番組では、木綿の里、蔵のまち、岡田の町並みを走りましたが、今日はここはカットします。

 アップダウンのある知多半島広域農道を南下し右折。さらに、アップダウンを繰り返して、前山ダムに至ります。

名鉄多屋駅に着き、そこから民家の間の道を通り抜け、海へ向かって走ると、目的地の多屋海岸に到着です。

 穏やかで静かな、何の変哲もない海岸ですが、遥か遠くに工業地帯、近くには海苔の養殖場、そしてセントレアの管制塔が見えます。
 ちょうど飛び立つ飛行機も見えました。

 番組では、正平さんがチャリオを降り、歩いて浜へ下りて、離陸する飛行機、着陸する飛行機を飛行機を眺めていました。そして、コンクリートの堤に座ってお手紙を読みました。
 番組は、多屋の海と穏やかな波の音だけを流してエンドでした。

 正平さんは、多屋海岸に“とうちゃこ”する前に『丸八』という日本料理店でランチを食べましたが、私達は多屋の海を見てからこの店に寄りました。
 事前に席と料理を予約しておいたので、入店したときには料理が並べられていました。
お昼のランチはA=日替わり定食、B=刺身定食、C=海老フライ定食、D=とんかつ定食の4種類があります。
 高浜の石川さんは、火野正平さんも食べたイカ天ぷら定食を注文しましたが、他の7人はAランチを注文しました。
 今日のAランチは太刀魚の煮付けです。税込み770円で大変お得な内容です。イカ天ぷら定食は1,100円ですが、ものすごいボリュームがあります。お店の方によると、お店の中で一番ボリュームのあるメニューとのことです。

 お腹を満たした後、再出発。
 常滑街道を北上します。

 高浜の石川さんのリクエストで、新舞子の北、名鉄日長駅近くにある、日長神社の紅葉谷に立ち寄りました。名前のとおりちょっとした紅葉の名所ですが、色づき始めで見頃には早かったようです。一本の四季桜が咲いていましたので、紅葉が進めば美しいコントラストになると思います。

 13時15分、予定よりかなり早く、しあわせ村に“とうちゃこ”です。

 新型コロナウイルスのため、こころ旅は4月中旬から7月中旬まで中断となりました。
 愛知県サイクリング協会の探訪あいちも、3月下旬から10月まで中断し、今月ようやく再開しました。
 中断明けから3回目、私としては最初の探訪あいちでした。
 楽しいサイクリングが無事に終わってホッとしています。
 この先、探訪あいちが継続できるよう、コロナ禍終息を願うばかりです。

サイクリングコース
東海市しあわせ村(午前8時45分)→ 佐布里パークロード →佐布里ふれあい公園・見晴らしの丘 → 知多市岡田 → 味覚の道(知多半島広域農道)→ 前山ダム(交流広場)→ 多屋海岸 →<折り返し>→ 丸八にて昼食 → 県道252号線(常滑街道)→ 新舞子 → 知多運動公園 → 聚楽園 → 東海市しあわせ村・解散(午後1時15分)
距離:48km
所要時間:4時間30分

使用自転車:Panasonic POSクロモリロード
走行距離:75.0km(累計距離517km)
走行時間:3時間59分

経費
昼食代:丸八
Aランチ「太刀魚の煮付け」770円(税込み)

参加者
安城のS山です。さん、くらぽんさん、かむひぁ~さん、hbさん、白のトレックさん、じぇーむすでぃーんさん、高浜の石川です。さん、幹事 計8人

参加者の声
<安城のS山です。さん>
幹事さん、参加の皆さんご苦労様でした。秋晴れの下気持ちいいサイクリングでした。
今日位のコースが私の限界かな😓😓悲しいけれど。
又、ゆるいイベントが有れば参加させて頂きます。

<高浜の石川です。さん>
幹事さん、企画、案内有難うございました。
コロナに気を使いながらも、皆さんと走れて楽しかったです。
紅葉谷はやはりまだ紅葉には早すぎましたね。
また今月下旬にでも行ってみようと思います。  

Posted by まつぼっくり at 19:57Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2020年12月01日

958 四季桜はまだでした

◆2020年11月8日(日) 曇ときどき晴

 四季桜は、小さな花を咲かせるマメザクラと長寿で知られるエドヒガンが掛け合わさったことでできたとされる桜の品種で、花が4月上旬頃と10月末から11月下旬頃の年2回開花する珍しい桜です。
 愛知県の豊田市小原地区(旧小原村)には、約1万本の四季桜が植えられています。秋の開花の時期には、紅葉と同時に観ることができることで有名です。

 私はまだ、四季桜と紅葉の共演を見たことがありません。是非一度見てみたいと思い、天気の良い今日、チャリンコで行くことにしました。
 ただ、四季桜の開花はまだ咲き始めと言うことなので、期待はできない感じもありました。

 天白川沿いを東へ走ります。
 東名高速道路・東郷PAでトイレ。高速道路を利用しなくても一般道からも入れるので、トイレの近い自分には助かります。

 三好ヶ丘駅、豊田浄水場を経て、伊保橋を渡ってから北上です。柿畑の中を走ります。

 後からオートバイのエンジン音が聞こえてきました。かなりの集団だと思ったら、ホンダ・モンキーが12台以上、走り去っていきました。

 猿投神社を過ぎたところにある猿投棒の手広場のトイレを借ります。
 県道から国道419号に入り、あとは国道をひたすら走ります。
 藤岡飯野町交差点より先は初めて走る道です。
 予想に反してアップダウンがあってハードな道です。
 特に大平口バス停までの登坂車線がある坂道は特にしんどいです。

 10時45分、『たまご村』というお店に着きました。テイクアウトで、お好み焼きやたこ焼き、ハンバーガーなどを売っています。公衆トイレがありましたが、閉鎖されていました。これは困りますね。

 『四季桜の里』なる看板が目に入りました。
 ここが四季桜が咲いている場所なんだろうか?
 でも、周辺に桜は見えません。
 立ち寄ってみると、土産物店でした。

 さらに坂道を進むと、集落が見えてきました。
 小原観光協会の案内標識も見えます。
 ここが小原ふれあい公園や四季桜公園がある場所です。
 時計を見ると11時10分過ぎ、自宅から47kmです。

 残念ながらというか、予想どおりというか、四季桜も紅葉もまだでした。
 公園に来ていたお爺さんの声が聞こえました。
 「全然咲いとらん。2週間早かった。」

 観光客もほとんどいなかったことが時期尚早だったことを物語っています。
 20分少々の滞在時間で帰路につきました。

 下り坂を下りたところで信号待ちしていたら、ロードバイクの4人組が後に並びました。
 「遅いので、先に行ってください」
 「僕たちも遅いんですけど‥‥‥」
 そう言いながらも、追い抜いてもらいました。
 「先に何か見えるぞ」
 そうです。その先には上り坂があったのです。
 彼らの後を私もゆっくりペダルを漕ぎ始めました。

 帰路は、標高の高いところから降りていきますから、アップダウンはあっても下り基調なので、行きに比べればかなり楽です。スピードもアップします。

 行きに目星を付けておいた、伊保橋近くのラーメン屋には行列がありました。駐車場もほぼ埋まっています。1時半は過ぎてしまいそうなので、諦めました。

 名鉄豊田線・浄水駅周辺なら飲食店があるだろうと行ってみましたが、何もありません。
 午後1時過ぎ、三好ヶ丘駅近くでうどん屋を見つけました。『かつまる』という讃岐うどんの店です。
 中に入ると名古屋グランパスの選手のサイン色紙がたくさん飾ってありました。名古屋グランパスの練習場であるトヨタスポーツセンターのすぐ近くのお店なので、練習後の選手が時々食べに来るのでしょう。太田宏介選手の色紙には「美味しい!」と書かれていましたので期待できそうです。

 温かいうどんと冷たいうどんがあり、メニューも豊富です。ネーミングに惹かれ、「こんぴらうどん(900円)」を注文しました。焼き餅と海老の天ぷらがのっていて、コシ強めのもちもち手打ちうどん。期待以上に麺も出汁も美味しかったです。また食べてみたいうどんです。

 自宅に着いたら、午後3時前。かなりの時間を要しました。

使用自転車:Panasonic POS チタンエンデュランスロード
走行距離:93.4km(累積2075km)
走行時間:5時間17分
所要時間:7時間03分(7:53~14:56)
  

Posted by まつぼっくり at 22:05Comments(0)TrackBack(0)サイクリング