2021年01月29日

993 eスポーツはスポーツですか?

■2021年1月23日(土) 雨

 朝から雨。外での活動はできません。
 こんな日は、サイクルトレーナーが家にあればな、と思います。
 最近は、ZWIFT(ズイフト)のようにパソコンやタブレット端末、スマートフォンなどと接続し、スポーツバイクと組み合わせて使用するスマートトレーナーがあります。
 仮想世界を走るバーチャルサイクリングや、トレーニング内容を管理することができるので、雨の日には重宝するアイテムです。

 さて、「eスポーツ」なるものがあります。「エレクトロニックスポーツ(electronic sports、電子競技)」の略で、コンピュータゲームを使って、格闘やサッカーなどの腕前を競うものです。
 コンピュータゲームをスポーツ競技として捉えています。

 ディスプレーの中で、指の動きだけで相手と戦う。
 これって、スポーツなのでしょうか。

 スポーツとは、一定のルールに則って勝敗を競ったり、楽しみを求めたりする身体活動などのこととされます。

 国語辞典によれば、スポーツとは「陸上競技、野球、テニス、水泳、ボートレースなどから登山、狩猟にいたるまで、遊戯・競争・肉体的鍛練の要素を含む身体運動の総称」、「余暇活動・競技・体力づくりとして行う身体運動。陸上競技・水泳・各種球技・スキー・スケート・登山などの総称」とあります。

 つまり、スポーツは身体を動かし、汗をかくものです。

 私は、eスポーツは囲碁や将棋と同じ分野に入るものだと思うのです。eスポーツという名称には非常に違和感があります。

 ただ、過去には、狩猟や競馬、ディベート(弁論)、歌劇や合奏の競演、カードゲームや盤ゲームなどもスポーツとされていた時代もあり、現在でも、エンジンのついた乗り物で競技(競走)をすることを「モータースポーツ」と呼んで、運動を伴わない場合もスポーツとして扱われていますから、一概に否定はできないのかもしれません。

 しかし、それでも、サイクリングやランニングを趣味にする私は、「身体を動かすこと」が“スポーツ”の肝だと考えます。
  

Posted by まつぼっくり at 21:42Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2021年01月27日

992 ノルディックウォーキング その2

■2021年1月18日(月) 晴

 本日は平日ですが、年休を取得しました。

 午前中、山崎川にノルディックウォーキングに出かけました。
 平日でランニングやウォーキングの人は少ないと思っていましたが、意外と多くの人がいました。ランニングの人だけでも20人ぐらいの男女がいたと思います。

 退職した年配者や主婦の方、サービス業など平日が休みの方が走っているのでしょう。
 そうした人たちに交じって、フェイスマスクをして両手にポールを持って歩きました。

 今朝の中日新聞の社会面に『名古屋市職員 土日、深夜も電話対応』『入院先探し 漂う悲壮感』との見出しがありました。新型コロナに感染した患者の入院先を確保するために、任務に当たる市職員の様子を取材した記事です。
 病床が逼迫する中で、入院先がなかなか見つからない現状のようです。

 私も元公務員でしたので、非常事態に対応しながら通常業務も遂行しなければならないことを知っています。今、再任用職員として勤務している職場でも、現役の職員は交代で感染者収容施設の応援や検体の輸送などに当たっています。
 医療従事者の方が筆舌に尽くせぬ苦労をしていること、行政の担当者も大変な状況にあることに思いをはせる。そうした想像力と共感力を持つことが大事です。

 いま一重、感染防止の意識を高め、マスク着用、「3密」の回避など基本を徹底するとともに、サイクリングやウォーキングなどの実践で忍耐力と心身の免疫力を高めて行きたいと思います。

使用シューズ:asics TARTHER NOVA
歩行距離:11.0km
所要時間:2時間06分(9時09分~11時15分)
  

Posted by まつぼっくり at 21:58Comments(0)TrackBack(0)ノルディックウォーク

2021年01月24日

991 名古屋グランパス2021シーズン新体制発表会

■2021年1月17日(日) 曇ときどき晴

 名古屋グランパス2021シーズン新体制発表会が豊田スタジアムで行われました。
 昨年までは名古屋市教育センターのホールなど屋内で行われ、参加者数も限られていましたが、今年はコロナ対策もあって、屋外での開催となりました。参加者数も約1300名と拡大され、夫婦で参加することができました。

 開催時間も午後2時から1時間15分ほどに短縮されました。
 マッシモフィッカデンティ監督は、来日後の隔離期間中のため不参加です。また、参加選手も新加入の6名だけです。
 昨年までは午後3時から開会し、監督以下全選手が登場し、監督の挨拶や選手のコメントがあり、2時間以上かかっていましたから、かなり簡素化されています。
 コロナ対策や寒さを考慮してのことと思います。
 実際、スタジアムには冷たい風が吹いて、換気が良すぎるくらいです。

 会場は全席指定で、私はステージ前『18列150番』とステージがよく見える、ほぼ中央の席です。ベストポジションです。

 小西工己社長の挨拶の中で、2021年のスローガンが発表されました。

 「All for NAGOYA ~超える~」

 昨年のスローガン「All for NAGOYA ~進化~」を踏まえ、すべては"名古屋"のために、現状に満足することなく、これまでの自分たち自身を超える、昨年の3位を超えリーグ制覇する思いが込められています。そして、コロナ禍を超えていこうという願いもあると解釈します。

 大森スポーツダイレクターから新加入選手補強のポイントやチーム編成の話がありました。

 今年の新加入選手が紹介されました。
 新人は東海学園大学からMF児玉駿斗選手。
 移籍加入選手は、浦和レッズからMF長澤和輝選手、川崎フロンターレからMF齋藤学、セレッソ大阪からFW柿谷曜一朗選手とDF木本恭生選手、サガン鳥栖からDF森下龍矢選手の5人です。

 クアイフによる2021シーズンオフィシャルサポートソング『ナンバーワン』も発表・演奏されました。リーグナンバーワン、優勝を後押しする歌であると思います。

 5年前は16位でJ2に降格、2017年はJ2での戦い、2018年と2019年は残留争い。4年間、期待を裏切る、ふがいない成績でしたが、昨年はリーグ3位となり、9年ぶりのACL挑戦権を獲得という、好成績を収めました。

 今回は、リーグ戦とACLを戦う過密日程を踏まえ、元日本代表経験者3人を含む実力者ばかりを補強しています。
 選手層が厚いとは言えませんが、昨年に比べれば、戦力は底上げされていると思います。

 チーム編成は27名と少数精鋭です。
 量より質を重視していると思います。
 私はこれでいいと思います。使える駒がそろっていなければ意味がありません。

 スポーツは、選手が頑張る姿を見て、自分も頑張ろうと思ったり、勇気づけられたり、感動したり、感情を共有したりできるものです。そこにスポーツの価値があると思います。

 今年のシーズン終了後、グランパスファミリーを昨年以上に笑顔に、元気にしてくれる結果を出してくれることを期待します。
  

Posted by まつぼっくり at 22:10Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2021年01月22日

990 OVALEへケーキを買いに その3

■2021年1月16日(土) 曇

 年末、1月3日に続いて、刈谷市の「maman OVALE(ママン・オヴァール)」へ3回目のサイクリング。

 お店のFacebookで「明日(1/16)、明後日(1/17)も10時より数量限定で販売します。」との情報があり、今日なら、お目当ての「ショコラエッグタルト」を購入できるだろうと期待してペダルを回します。

 昨日よりは暖かいですが、曇っているのでやはり寒いです。お店に着くまで1時間40分ほどでしたが、途中2回トイレに寄りました。
 冬の寒い中、あるいは夏の暑い中を走るのは抵抗もありますが、大切なのは「つづける」ことです。つづけることで、得られることは必ずあると思います。

 今のコロナ禍の中で、様々な感染対策を行うことは当然ですが、ウイルス感染を防ぐためには、体の免疫力を上げることが有効です。同時に、心の免疫力を高めることが大切だと思います。サイクリングは、大きな負荷なく、心身の免疫力を高めることができます。

 10時10分、オヴァールに到着。
 レジ前に3人の女性が並んでいました。
 カウンターには、「マツコの知らない世界」で紹介されました、とショコラエッグタルトの写真があり、5個入り1250円(税別)、お一人様2セットまで、と書かれていました。
 1セット買って、持参した保冷袋に詰め、デイバッグに入れて帰路につきます。振動で型崩れするのは致し方ありません。

 冷蔵庫で解凍して、夕食後、いただきました。意外と型崩れはしていませんでした。冷凍されていたのが良かったのかもしれません。丸いタルト生地の中にショコラクリームが入っていて、そのクリームにも卵が入っているので、すごくコクがあります。美味しかったです。また、買いに行きたいと思います。

使用自転車:Panasonic POSチタンエンデュランスロード
走行距離:46.0km(累積2218km)
走行時間:2時間37分
所要時間:3時間53分(8時30分~12時23分)
  

Posted by まつぼっくり at 19:26Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2021年01月20日

989 愛知・名古屋に自転車ブームの波は到来せず

■2021年1月14日(木) 晴

 新型コロナウイルス禍で自転車の売り上げが好調だそうです。
 閉鎖されたスポーツジムの代替えや満員電車を避ける通勤手段のためのようです。
 さらに、自転車というスポーツそのものの人気が高まっているとも言われます。

 しかし、この状況は首都圏や関西圏での現象のようです。
 もともと電車通勤が主体の東京や大阪では、密を避ける目的で自転車を活用しようという機運が醸成されると思います。
 ところが、愛知県は車通勤が主体です。車自体が密を回避できる空間ですから、わざわざ自転車に乗り換える必要はないでしょう。

 また、首都圏の通勤電車は殺人的な混雑で、まさしく「三密」の極みの空間ですが、名古屋の通勤電車はそんなことはありません。私は名鉄で通勤していますが、朝は堀田駅では立っているものの鳴海駅から座れますし、帰りは全区間、確実に座れます。

 南区笠寺のサイクルパークカトウの店主・加藤さんは、「自転車ブームで忙しいでしょ、と言われるけど、それは東京、大阪の話。名古屋は良くも悪くも、トヨタの町。全然変わらんよ」と言っています。

 名古屋商工会議所に自転車で行っても、ビルに駐輪場がない。近くの名古屋市科学館の駐輪場に停めてくれと言われたそうです。自転車がいかに軽視されているかを物語るエピソードです。

 加藤さんは、「瑞穂通なんか、たくさんの高校生が自転車通学してるんだから、朝晩だけでも1車線を自転車レーンにしてやったらいいのに」とも。
 多くの自転車は歩道を走っていますから、歩行者の安全が脅かされているのが現状です。

 名古屋にわざわざ自転車ブームが到来することは望みませんが、行政は自転車や歩行者のための道路整備を推進してほしいものです。
  

Posted by まつぼっくり at 21:29Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2021年01月18日

988 ストーブリーグ

■2021年1月12日(火) 晴

 プロ野球もJリーグもシーズンオフで契約更改や移籍が話題になる時期です。
 いわゆる「ストーブリーグ」です。

 この名称の由来は、プロ野球のオフシーズンである「ストーブの必要な季節に取り交わされるファンの噂話」からきており、英語では「hot stove league」といいます。もともとはプロ野球での用語でしたが、他のスポーツにも波及したものです。

 私の好きな名古屋グランパスでも、移籍が活発に行われています。

 本日、オ・ジェソク(OH Jae Suk)選手が韓国の仁川ユナイテッドへ、9日に秋山陽介選手がベガルタ仙台へ、7日に杉森考起選手が徳島ヴォルティスへ、6日に青木亮太選手がコンサドーレ札幌へ、ジョアン・シミッチ選手が川崎フロンターレへ、昨年12月に深堀隼平選手が水戸ホーリーホックへ、長谷川アーリアジャスール選手がFC町田ゼルビアへ、千葉和彦選手がアルビレックス新潟へ、太田宏介選手がオーストラリアのパースグローリーFCへ、それぞれ完全移籍することが発表されました。
 実に8人もの選手がグランパスを去ります。

 反対に、セレッソ大阪から柿谷曜一朗選手と木本恭生(やすき)選手、浦和レッズから長澤和輝選手、サガン鳥栖から森下龍矢(りょうや)選手、川崎フロンターレから齋藤学選手の5人の移籍加入が発表されました。
 また、東海学園大学の児玉駿斗が新加入します。

 オ・ジェソク選手は昨年7月にガンバ大阪から加入してわずか半年間の在籍でしたが、22試合にサイドバックで出場して、グランパスのJリーグ3位確保に大きな貢献をしました。21年シーズンも活躍を期待していただけに、とても残念です。

 杉森考起選手はグランパスのアカデミー出身で“名古屋の宝”とチャントで歌われた逸材でしたが、目立った活躍を見せることはできませんでした。
 青木亮太選手もグランパスに7季在籍した生え抜きですが、ケガが多くて出場が少なく、これといった成績を残すことはできませんでした。
 本人の力不足か、クラブの育成力が不十分だったのか、原因は様々あると思いますが、厳しいプロの世界では致し方ありません。

 サッカー選手の現役としての平均寿命(在籍年数)は『2年〜3年』と言われるほど短く、平均引退年齢は『25〜26歳』と言われています。選手として活躍できるのは、平均して6年ほどとされています。一度もピッチに立たず、その名を知られることなく、静かに引退していく選手も多いのが現実です。

 例えば、高校を卒業して華々しくデビューを飾り、鳴り物入りでJデビューを果たしても不運な怪我やプロの洗礼を浴びて目がでず3年で引退‥‥、となると引退年齢は21歳。21歳と言えばちょうど同世代は大学4年生を目の前に、就職活動を意識し始める時期です。

 少し古いですが、英紙「デイリー・メール」の調査によると、2014年においてJ1に所属しているサッカー選手の平均年俸は約2,323万円だそうです。
 現役生活の平均6年で単純計算すると、生涯年収は2,323万円×6年で約1億4千万円となります。しかし、ルーキーのころから1千万円以上の年俸をもらえるわけではないので、実際にはこの半分以下になるでしょう。

 日本代表や海外のリーグで活躍したり、30歳を超えても試合に出場し、第一線で活躍し続ける選手であれば、現役時代に稼いだお金だけで一生暮らしていくことも可能です。
 引退後もコーチや監督となったりできるのは、現役時代に実績がある人ですから、ほとんどの選手は、一般の人と同じように企業に就職したり、何か自営をしたりしてお金を稼ぐ必要があるのが現状です。

 こうした現状を鑑みると、53歳の三浦知良選手が横浜FCと新シーズンの契約し、プロ生活36年となり、昨年も実際にピッチに立っているのは、奇跡、驚異としか言い様がありません。120歳まで生きるよりすごいことだと思います。まさに“キングカズ”です。

 いずれにしても、グランパスサポーターとしては、グランパスに在籍した選手の動向は今後も注視していきますし、新規加入選手の活躍を期待します。
  

Posted by まつぼっくり at 22:37Comments(0)TrackBack(0)サッカー

2021年01月16日

987 ノルディックウォーキングデビュー

■2021年1月11日(月・成人の日) 曇ときどき晴

 今日開催予定だった第70回新春ぎふシティマラソン、1月17日開催予定だった第43回阿久比町健康づくりマラソン大会、2月7日開催予定だった第48回刈谷市かきつばたマラソン大会、第19回知立市マラソン大会は、いずれも新型コロナウイルス感染症の終息時期が見えない中で、参加者、ボランティア及び関係者の安全確保の観点から開催中止となりました。
 ここ数年毎年欠かさず参加していた大会です。
 ただ、現在故障でランニングができない私にとっては、不幸中の幸いでした。

 そんな状況下、本日、ノルディックウォーキングを始めました。

 ノルディックウォーキングは、2本のポール(ストック)を使って歩行運動を補助し、運動効果をより増強するフィットネスエクササイズの一種です。もとは、クロスカントリーの選手が、夏の間の体力維持・強化トレーニングとして、ストックと靴で積雪のない山野を歩き回ったのが始まりです。
 ちなみに、Nordic(ノルディック)とは、『北欧の、北欧風の』の意味だそうです。

 動作の基本は通常のウォーキングですが、歩行中の前脚の踵付近か、さらに後ろの地面にポールを突き、そのまま後方に押し出して推進力とします。このため、通常のウォーキングよりも歩幅がやや大きくなり、歩行速度が上昇します。

 ミズノのサイトによると、ノルディックウォーキングには次のような効果があります。
① 高いエクササイズ効果。
 通常のウォーキングに比べ、歩幅が広がり歩数が少なくても速く歩けます。
 同じ時間の歩行、同じスピードでも運動効果が高くなります。
② ウォーキング用ポールを持つことにより、背筋がスーッと伸びる歩行姿勢をつくることができます。
③ 両手・両足を使用することになるので四本足歩行に近い推進力を得ることが可能なため、歩行スピードが上がります。
④ ウォーキング用ポールで体重の一部を支えることになり、足や腰への負担が軽減されます。
⑤ 両手・両足を地面に着いた状態になるためウォーキング時にバランスの保持がしやすく転びにくくなります。

 コースはいつもの山崎川沿い。
 山崎川でノルディックウォーキングをしている人を見かけたことがないので、少々恥ずかしい気持ちがありました。
 ポールの使い方や歩き方はサイトを参考にし、とりあえず我流です。元々早歩きなので、スピードはあまり変わりませんが、前への推進力がぐっと増します。

 ウォーキング以上、ランニング未満のエクササイズだと言われますが、実際そのとおりだと実感しました。
 ランニングが再開できるようになるまで、ノルディックウォーキングを主軸に実践しようと思います。

使用シューズ:asics TARTHER GONA
走行距離:14.3km
所要時間:3時間10分(9時25分~12時35分)
  

Posted by まつぼっくり at 20:00Comments(0)TrackBack(0)ノルディックウォーク

2021年01月14日

986 中川運河をサイクリング

■2021年1月10日(日) 晴

 今朝も寒かったです。
 でも、今年になってまだ1回しか自転車に乗っていなかったので、寒くてもサドルにまたがろうと決意しました。

 身支度する段階から手足が凍えています。
 走り出すと、厚手の手袋の中の手も、厚手の靴下の中の足も、冷たくて感覚がありません。

 自転車での寒さ対策はなかなか難しいです。
 私が特に困っているのが、足先です。
 手の方は防寒用のグローブをはめて、指を動かすことで、ある程度温かくすることが可能です。
 しかし、足のつま先は厚手の靴下を履き、つま先カバーをしても、なかなか温かくはなりません。脚はペダリングで常に動いているのに、つま先だけは冷たいままなのです。

 これは、自転車に乗っているときだけでなく、日常生活でも同じです。
 寝るときは電気あんかや湯たんぽが必需品です。足が暖めれば上半身は多少寒くても大丈夫なのです。
 血流が悪いのでしょうか。
 ともあれ、なるべく経費をかけずに、いろいろなグッズを試してみたいと思います。

 さて、コロナ回避のため、なるべく人通りが少なく、近場で走りやすいコースを選び、中川運河沿いを走りることにします。

 東海橋から北上し、運河橋まで行きます。その先にはキャナルパークささしまがあります。人が多いわけでなく、落ち着ける穴場です。
 クルーズ名古屋の乗船場がありますが、はっきり言って水は汚いです。
 きれいな公衆トイレがあるので、とても助かります。

 南下して、河口の中川橋、稲永まで行き行きます。ブックオフやスポーツデポをブラブラし、何か掘り出し物がないか物色しましたが、これといったものはありません。

 きらく橋から新瑞橋に戻り、イオンモールのサブウエイで昼食買って帰宅しました。

使用自転車:BRUNO B-ant
走行距離:30.8km(累積383km)
走行時間:2時間
所要時間:3時間21分(8時45分~12時06分)
  

Posted by まつぼっくり at 19:56Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2021年01月12日

985 山崎川Walk その15

■2021年1月9日(土) 晴

 朝の室内の気温が、この冬最低の5.6℃でした。外はマイナスでしょう。

 スーパーマーケットの資源回収ボックスに牛乳パックを投入して、山崎川に向かいました。
 寒さにもかかわらず、多くの人がジョギングやウォーキングを楽しんでいます。コロナ禍で旅行や遠出ができない中で、近場で体を動かす人も多いと思います。
 そんな人たちに交じって、私も川沿いを新瑞橋から石川橋まで一周しました。

 股関節痛のためランニング中断中ですが、ウォーキングは続けています。

 高橋尚子さんも現役時代にケガをしたとき、走れないなら倍の時間をかけて歩こうと、1日に6~8時間ほど歩いたそうです。ひたすら歩いたことで精神力と体力、走るだけでは鍛えられない筋力を付けることができた経験から、「立ち止まらずに今できることに挑戦すれば、必ず新しい道につながると思うんです」と語っています。

 どんな運動にしろ、大切なのは継続することです。継続は力なり、です。1週間に1回でも2回でも続ければ、最低限の体のメンテナンスはできると思います。
 年を取れば、定期的に継続する必要性がより高まると思います。

 私は、朝にストレッチ、夕方に自重による筋力トレーニングをしています。日常生活ではなるべく良い姿勢を保つよう気をつけています。椅子に座ったとき極力足を組まない、歩くとき猫背にならない、正座をする、などです。
 姿勢が良いと、肩や腰への負荷が最小限に抑えられます。
 ストレッチで筋肉を動かすと血液やリンパの流れが促され、体の隅々まで栄養が行き届き、老廃物が排出されるという好循環が生まれます。
 筋肉に負荷をかけることで、筋持久力や筋パワーを維持・向上させることができ、高齢者になっても日常生活がより楽に行えるようになります。

 願わくば、人生最後の日まで自分の足で歩ける体を保ちたいです。

使用シューズ:MIZUNO GX
走行距離:11.0km
所要時間:2時間30分(9時45分~12時15分)
  

Posted by まつぼっくり at 21:34Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2021年01月10日

984 はがきの年賀状

■2021年1月4日(月) 晴ときどき曇

 今年の干支は「丑」。牛は古来、農耕で人の暮らしを手助けしてきました。牛乳と牛肉は身近な存在ですし、栄養豊富な食べ物として欠かせません。そして、牛は粘り強さや誠実さを表すとも言われます。
 この1年、歩みは遅くとも、牛のように粘り強く、着実に進んでいきたいです。

 さて、今日までに、受け取るべき年賀状はほぼ届いたようです。
 還暦を過ぎると、年々年賀状の枚数は減っています。仕事での付き合いが少なくなり、先輩の方々や同年代の知人、友人でも亡くなる方がいらっしゃるからです。

 最近は、メールやLINEなど会員制交流サイト(SNS)が普及して、はがきの年賀状を出す人は減っているようです。
 若者世代では、身近な人は最近の状況もよく知っているので、メールやSNSで気軽に挨拶する方がよい、と考える人が多いようです。
 また、世代を問わず、時間と手間をかけたくない人も多いと思います。

 さらに、近年は高齢などを理由に「年賀じまい」をする人も増えています。
 長年、年賀状をいただいた方から「今年満八十歳を迎えます。年賀状のご挨拶はこれを区切りとし、今後はご無礼させていただきます。長い間のご厚情に感謝いたします。」と添え書きがありました。

 しかし、はがきの年賀状には、差出人の言葉そのものが手に取れる形で届き、何年経っても、容易に見返せる良さがあります。
 年賀状のやりとりは、普段あまりあったり話したりできない人たちや、過去に知り合い、同じ時代を生きている人たちとのつながりを確認する機会になります。
 古い人間の感覚かもしれませんが、はがきの年賀状には温かみがあります。

 年賀状を作成するのは、確かに面倒です。時間も労力もかかります。でも、年賀状のデザインや添える言葉を考えること自体が、頭を使い、手を使い、老化に抗う力になるのではないでしょうか。
 私は字が書け、パソコン操作ができるうちは、はがきの年賀状を出し続けたいと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 21:56Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2021年01月08日

983 OVALEへケーキを買いに その2

■2021年1月3日(日) 曇ときどき晴

 年末に続いて、再び刈谷市の「maman OVALE(ママン・オヴァール)」に行きました。
 残念ながら、お目当ての「ショコラエッグタルト」は、本日は販売されていません。でも、焼きチーズケーキが訳あり商品ということでお値打ちに販売されてたので、代わりに購入しました。

 帰路、北風が厳しい中、気温がどんどん下がって冷え込んできました。出発したときよりも寒いです。
 さらに悪いことに、道を間違えてしまいました。境川を逢妻川と勘違いしたのが原因です。
 ともかく国道1号に出て、道がわかりました。

 風は冷たいのに、胴体は汗をかいています。汗の蒸発で体温が奪われ身体が冷えて余計に寒くなります。腕は余り動かさないので、感覚がなくなってきます。
 手がかじかんで、ブレーキを握る握力もなくなってしまいます。

 寒さに耐えてようやく家に着きました。
 手袋を取ったり、バックのバックル外したりしようとしたら、手が麻痺したように冷たくなって思うように動きません。こんな状態になったのは、この冬初めてです。

 家に入って、箱根駅伝のテレビ中継を見ました。
 10区の終盤になっていました。
 1位は創価大学、その後を駒澤大学が猛追していました。
 残り2キロ付近で駒澤大学が逆転。その差はぐんぐんと開きます。足取り、リズムが全然違います。そのままトップでゴールテープを切り、7度目の総合優勝を飾りました。
 総合2位は創価大学。昨年初めてシード権を取り、4度目の出場での快挙に驚きます。
 復路優勝は青山学院大学。往路12位の不振から総合4位になったのですから、さすが昨年の王者です。
 駅伝は何が起きるかわかりません。「タイムが走るのではなく、人が走る」(創価大・榎木監督)のが駅伝です。そこにドラマが生まれ、人を魅了するのでしょう。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:52.6km(累積13553km)
走行時間:2時間56分
所要時間:3時間53分(9時02分~12時55分)
  

Posted by まつぼっくり at 22:17Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2021年01月06日

982 山崎川Walk その14

■2021年1月2日(土) 晴ときどき曇

 箱根駅伝の1区と2区をテレビで見てから、山崎川にウォーキングに行きました。

 瑞穂ラグビー場ではラグビーが行われていました。無観客試合のようで、スタンドには入れませんでした。

 山崎川を1周してから、レクレーション広場に戻ってきたら、枯れた芝生の上ですごく背の高い外国人が小さな子供とボールを蹴って遊んでいました。
 どこかで見たことある人だな?

 ランゲラック選手だ!

 マスクをしていたので顔全体は見えませんでしたが、間違いありません。
 遊び終えると、子供を抱きかかえて駐車場へ向かいました。2人が乗ったトヨタのハリアーは八事方面に向かって走り出しました。

 正月からグランパスの選手に出会うとは幸運です。

 帰宅して再び箱根駅伝を見ました。
 中継は5区になっていて、創価大学がトップを独走していて、史上19校目の往路優勝を果たしました。並み居る伝統校や強豪校に競り勝ったわけですからすごいことです。明日の復路がどうなるか楽しみです。

使用シューズ:asics TARTHER NOVA
走行距離:8.5km
走行時間:1時間52分
  

Posted by まつぼっくり at 22:09Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2021年01月01日

981 2021年新春走り初めは中止です

■2021年1月1日(金) 曇ときどき晴、一時霰

 「本日の新春走り初めは
  新型コロナウイルス感染拡大防止のため
  中止です」

 パロマ瑞穂スタジアムの1階入口の前に掲示されていた告知です。
 広報なごや12月号には新春走り初め開催の案内がありましたが、愛知県でも新型コロナウイルスの感染が拡大していることから中止となったものです。名古屋市教育スポーツ協会のホームページを確認せずに来てしまった私は、現地で中止を知った次第です。

 6回目の参加となるところでしたが、残念です。年頭からコロナの影響を受けました。

 スタジアムのトラックが使用できないとなったので、瑞穂公園周辺をウォーキングすることにします。
 昨日の反省から、寒さ対策に少し着込んできました。歩き始めて30分ぐらい経った午後2時頃、曇り空から霰(あられ)が降ってきました。厚着をしてきてよかったです。

 今年の干支は「丑」です。
 「牛の歩みも千里」という諺にあるとおり、努力を怠らなければ成果があがると思い、平常ならぬ1年を完走できるよう進んでいきたいと思います。

使用シューズ:asics TARTHER ZEAL
走行距離:7.2km
所要時間:1時間21分
  

Posted by まつぼっくり at 21:42Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング