2021年02月23日

1002 師長ウォーキング

■2021年2月7日(日) 晴時々曇

 午前中、妻の買い物に付き合い、午後は母が入居している老人介護施設に行きました。
 いつもなら車か自転車で施設に行くところですが、今日は片道約4キロ弱の道のりを歩いて行きました。

 その帰り、藤原師長(もろなが)の謫居(たっきょ)跡を訪れてみました。
 というのも、今日の中日新聞県内版に連載中の「あいちの民話を訪ねて」で「藤原師長の琵琶(名古屋市瑞穂区)」が掲載されていたからです。

 藤原師長は平安時代後期の太政大臣、貴族としての教養を重ねた人で、琵琶の名手でした。1179(治承三)年、後白河法皇と衝突した平清盛による政変で、師長は尾張国井戸田村(現在の名古屋市瑞穂区)に流されました。そのとき居住していた場所が謫居です。今は嶋川稲荷の中に石碑が建っています。

 瑞穂区には藤原師長にまつわる町名や橋があります。

 嶋川稲荷の南には「師長橋」と「師長小橋」があります。
 嶋川稲荷の北にある地下鉄妙音通駅の「妙音」は師長の院号です。琵琶の名手であった師長の奏でる琵琶の音色にちなんでいるともされます。

 パロマ瑞穂スタジアムの東には、師長の名に由来するとされている「師長町」という町名があります。

 新瑞橋バスターミナル東の山崎川に架かる「落合橋」は、師長が村長(むらおさ)の娘と恋に落ち、その娘と会うために落ち合っていた場所とされています。

 また、師長が赦されて都に帰ることになったとき、別れを惜しんだ娘は、土器野(現在の清須市、旧西枇杷島町)まで見送りに来たため、師長は別れ際に、愛用していた「白菊の琵琶」を形見として娘に贈りました。しかし、娘は悲嘆のあまりこの世をはかなみ、帰路で川に身を投げしてしまいました。娘の亡きがらは村人たちが捜しだし、琵琶と一緒に埋めて塚を造ったので、琵琶塚と呼ばれ、のちの「枇杷島」の地名の由来となったといいます。

 今はビル群になっている土地で開発により現存するものはありませんが、このような地名伝説があったことを知ると、ロマンを感じます。

使用シューズ:MIZUNO GX
歩行距離:8.0km
所要時間:1時間31分
  

Posted by まつぼっくり at 22:00Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2021年02月21日

1001 阿久比、知多市岡田を巡るサイクリング

■2021年2月6日(土) 晴

 天気も良く、冬としては暖かくなりました。
 知多半島を半周しようと思います。

 いつものとおり大慶橋から天白川沿いを走り千鳥橋へ。県道55号線を南下します。

 ピアゴ阿久比北店かどを右折し、阿久比インター交差点で信号待ちしていたら、大きなクラクションを鳴らしながら大型トラックがすぐ横を走り抜けました。音と風圧でよろけてしまいました。ドライバーは注意を促そうという意図もあったかもしれませんが、怖かったです。

 県道46号西尾知多線を西進していると、道路上に内臓が飛び出した犬の死骸を見ました。車にはねられたのでしょう。無残で可哀想です。
 事故に遭わないよう、交通安全を改めて意識しました。

 深田脇交差点を右折して岡田の町並みへ向かいます。
 営業中の郵便局舎の中では最古級といわれる岡田郵便局や、なまこ壁の蔵を見学していたら、サイクリストが一人やってきました。私と同じように、古い町並みが好きな方だと思います。

 おかき屋辰心のトイレを拝借しました。何も買わなくて申し訳ありません。

 知多中央図書館、イトーヨーカドー、つつじヶ丘、東海市役所前、しあわせ村を経由して再び千鳥橋に戻り、いつもの天白川堤防道路を走ります。

 名古屋環状線を北上し、「大だか屋桜本町店」に初めて寄ってみました。以前からお客さんが並んでいるのを見ていましたので、どんな弁当屋なのだろうと気になっていたからです。
 注文を受けてから調理するため、15分ほど待って、定番のからあげ弁当を2個受け取りました。

 帰宅後、開けてみると、唐揚げ6個と少々の卵焼きやウインナーなどが入っていてボリュームがあります。からあげグランプリ金賞を受賞したという「かブリチキン」のからあげ弁当よりずっと美味しかったです。これで税込み500円。妻が「家で作るより安いんじゃない」と言うくらい非常にお値打ちです。お客さんが並んでいる理由が分かりました。また、利用したいと思います。

使用自転車:COLNAGO C59
走行距離:52.2km(累積688km)
走行時間:2時間58分
所要時間:4時間05分(8時39分~12時44分)
  

Posted by まつぼっくり at 21:52Comments(0)TrackBack(0)

2021年02月16日

1000 千

■2021年2月1日(月) 晴

 「千」には、「数が多い」という意味があります。

 千歳、千年(ちとせ:長い年月)
 八千草(やちぐさ:多くの草)
 値千金(あたいせんきん:価値が高いこと)
 千客万来(せんきゃくばんらい:たくさんのお客さんが何度もやってくること)
などの言葉があります。

 2006年に秋川雅史さんが歌って一般的に知られることとなった「千の風になって」の「千の風」は、たくさんの種類の風という意味です。

 また、千里眼(せんりがん:目に見えない事柄を知る能力。先を見通す能力、眼力)という言葉もあります。

 英語のThousandもにも、多数、無数、何千という意味があります。
 「千」は広がりや勢いをイメージさせます。

 さて、2014年1月から始めたブログが、今回で千回となりました。7年と1か月で達した数字です。

 人間は誰一人として同じ経験をしていません。その人が体験したことは、その人だけのオリジナルの物語です。

 私自身が得た知識や知恵、経験も、何らかの形で残さなければ、消滅してしまいます。
 ブログという形で経験をつづり残すことで、自分史を作成することができます。それは過去を振り返り、未来につなげる記録になります。そして、世間の人に話題や情報、何らかのヒントや共感を提供することができるかもしれません。

 また、文章を作ること、書くことで、物事を相対的に客観的に見ることができます。様々な視点が生まれます。独りよがりの考えを修正することができます。

 ただ、作文には労力と時間がかかります。仕事や家事、趣味の活動をやっていると、なかなか時間が取れません。文才もないし、語彙も少ないないので、余計に時間がかかります。

 また、インターネットで公開される以上、人格権を侵害する投稿をしないことに気をつけています。
 誹謗中傷、人格を否定する言葉や言い回しをしないこと。家族を含めて他人のプラバシーに配慮することです。本人が触れて欲しくない個人的なことに踏み込まないようにしなければなりません。

 ですから、作文した後、読み返し、寝かせて、推敲して、公開するので、さらに時間がかかってしまいます。

 このブログがいつまで続けられるかわかりませんが、無理せず、牛のようにゆっくりつづっていきたいと思います。
  

Posted by まつぼっくり at 21:44Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2021年02月15日

999 山崎川Walk その18

■2021年1月31日(日) 晴

 昼食後、天気もいいし、もう少し体を動かしたいと思い、ウォーキングに出かけました。
 昨日に続いて、サイクリングとウォーキングのダブルヘッターです。

 昨日見た杖のお爺さんが今日もいました。おぼつかいない足取りです。リハビリのためでしょうか。それとも、歩くことが自体が好きなのでしょうか。でも、不自由な体でも歩き続ける姿に、自分もそこまで歩けたらいいな、と思いを巡らせました。

 以前、ブルベ愛好者の知人から「まつぼっクリさんも、ブルベ始めたら」と熱心に誘われました。ブルベに関心はありましたが、私には夜通し300kmも400kmも走る体力も気力もありません。

 人はそれぞれ、体力も意欲も目的も考え方も違います。年齢による変化もあります。多様な選択肢があって当然です。自分の力量にあったものをすればいいでしょう。
 他人にゴリ押しするのは、やめた方がいいと思います。

 私は自分の体験や心が引かれたることを人に話しますが、無理強いをすることはしません。
 あくまでマイペース、自然体で行きたいと思います。

使用シューズ:asics TARTHER NOVA
走行距離:8.5km
所要時間:1時間15分
  

Posted by まつぼっくり at 21:29Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2021年02月13日

998 あいち朝日遺跡ミュージアムへサイクリング

■2021年1月31日(日) 晴

 えっ!、これだけなの?
 少々期待外れの施設でした。
 2020年11月22日(日)にオープンした「あいち朝日遺跡ミュージアム」のことです。

 資料によると、敷地面積は15,716㎡。ナゴヤドームのグランド面積が13,400㎡ですから、野球場より少し広い程度です。

 ホームページを確認した際、日本最大級とされる佐賀県の吉野ヶ里遺跡に匹敵する弥生時代の環濠集落(かんごうしゅうらく)跡を整備したとありました。ですから広大な施設をイメージして行ったため、それが崩れてしまった感じです。
 なお、環濠集落というのは、外敵の侵入を防ぐために周りを柵で囲み、壕を巡らせた集落のことです。

 それに、復元された竪穴住居や高床倉庫などもたくさんあると思っていましたが、竪穴住居が2棟、高床倉庫が1棟あるだけです。
 ミュージアムの施設を見学するのにさほど時間はかからず、20分少々滞在していただけでした。

 今日のサイクリングは、新型コロナウイルスと交通渋滞を回避するため、佐屋街道経由で烏森まで行き、県道190号名古屋一宮線を北上するルートを選択しました。そうすると、名古屋の中心部・繁華街を通らなくて済みます。烏森から庄内川の手前までは一車線ですが、比較的道幅が広く、激しい車の往来もないので、走りやすい道です。

 枇杷島橋を渡って進むとキリンビール名古屋工場が左手に現れます。西田中交差点を右折すると、あいち朝日遺跡ミュージアムに到着することができました。

 復路も同じルートを走ります。南下するので、追い風気味。往路より楽に走れました。

使用自転車:Panasonic POS クロモリロード
走行距離:36.6km(累積601km)
走行時間:2時間10分
所要時間:3時間32分(9時03分~12時35分)
  

Posted by まつぼっくり at 22:00Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2021年02月10日

997 HILL’S WALK 徳重へ

■2021年1月30日(土) 明け方雪、曇ときどき晴

 午後はすっかり天気は回復しました。ただ雲は多いです。

 緑区のヒルズウォーク徳重まで自転車で行きました。
 距離的には東海通を走るのが近いのですが、この道は2車線で交通量が多い上に道幅が狭く、自転車には不向きです。若干遠回りとなりアップダウンもありますが、一つ南の県道220号阿野名古屋線を行く方が安全です。こちらは1車線で路肩幅もあるので、走りやすいのです。

 目的は、SWEN(スウェン)というアウトドアショップです。
 先月たまたま立ち寄ったとき、気になる商品がありました。そのときは迷いましたが、やはりあった方が便利だと思い、本日は、これを購入することが目的です。
 バックパック(リュックサック)のショルダーハーネスとチェストストラップに装着できるMILLETのスマホケースとmont・bellのアジャスタブルボトルホルダーです。

 私はサイクリングやウォーキングのとき、小さめのデイパックに必要なものを入れています。しかし、スマホをデイパックに入れていると、すぐに取り出せないので不便です。
 ハンドルやトップチューブに取り付けるスマホホルダーもありますが、取り外しが面倒ですし、走行中に何かの拍子で落下する心配もあります。

 サイクリングのときはフレームのボトルホルダーがあるので問題ないですが、ウォーキングのときは、水分補給する際、逐一バックを背中から下ろさないと行けません。ショルダーハーネスに付いていれば、その手間が省けます。(荷物が少ないときはウエストホーチタイプのボトルホルダーを使っています。)

 ところで、背負うバッグには、リュックサック、バックパック、デイパック、ナップサックなど、いくつかの名称があります。
 どう違うのでしょうか?
 少し気になったので、調べてみました。

 リュックサックはドイツ語(Rucksuck)、バックパックは英語(Backpack)、両方とも「背中に担ぐ荷物袋」の意味で、違いはなく同じものです。言語の違いだけのようです。登山用など容量が大きめのものを指すことが多いようです。
 デイパックは、1Day(日帰り)パックのことで、比較的に容量の小さいものを指します。
 ナップサックは巾着袋(しばりひも付きの袋)を背負う感じの簡易リュックといった感じのものが基本だそうです。
 結局、どれも大きな違いはなく、自分の好きな言い方で言えばいいようです。

 購入した品物をデイパックに入れて背負い、ヒルズウォークから自宅に自転車を漕ぎました。

使用自転車:BRUNO B-ant 406 Steel
走行距離:22.5km(累積406km)
走行時間:1時間33分
所要時間:2時間17分(13:20~15:37)
  

Posted by まつぼっくり at 19:43Comments(0)TrackBack(0)サイクリング

2021年02月08日

996 山崎川Walk その17

■2021年1月30日(土) 明け方雪、曇ときどき晴

 屋根や車のフロントにうっすらと雪が積もっていました。道路も濡れています。場所によっては凍結しているかもしれません。
 午前中は、自転車は転倒の危険を伴うかもしれませんし、跳ね上がりで汚れる可能性もありますから、ウォーキングにしました。

 山崎川の落合橋から石川橋まで往復します。
 ランナーもウォーカーも多数いました。

 久しぶりに東山荘に寄ってみると、茅葺き屋根の門にうっすらと雪が積もっていて、さながら冬の白川郷のミニ合掌造りのように見えました。これは趣ある風景です。スマホで写真を撮りました。
 東山荘の北側の坂道では、高校生の部活でしょうか、ダッシュを繰り返していました。

 石川橋西詰にある『KeePer LAB』には、ベンツやアウディなどばかりが止まっています。こういう所で洗車するのは、やはり高級車なのです。

 昼ご飯を物色しようと、『Sapore(サポーレ)』に入ってみました。やはり高級スーパーです。クオリティは高いのでしょうが、値段も高いです。

 私は午前中にサイクリングやウォーキングするときは、昼ご飯を買って帰ることが役目です。移動した距離に比べて所要時間が長いのは、お店に寄っている時間も含まれているからです。

 南下して、新瑞橋交差点近くの『世界一暇な焼肉屋』に行きます。お昼はテイクアウトのみの営業です。入口の看板に「安くて旨いに自信あり」とあったので、540円の焼き肉弁当を買いました。
 帰宅して頂きました。焼き肉は美味しかったです。ただ、ご飯が少しねっちょりしていたのは残念です。

使用シューズ:asics T3
走行距離:13.4km
所要時間:2時間33分
  

Posted by まつぼっくり at 21:15Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング

2021年02月05日

995 夜行列車

■2021年1月25日(月) 晴

 1月22日にJR東海道本線の「ムーンライトながら」の運行終了が発表されました。
 東京と大垣間の夜行快速列車でした。JR東日本とJR東海は、乗客の行動様式の変化により列車の使命が薄れてきたこと、及び使用車両の老朽化を理由にしています。

 私は若い頃、夜行列車や寝台列車を使って、鉄道の旅をよくしていました。

 「ムーンライトながら」には、青梅マラソンに出場するときは、行きか帰りのどちらかで度々利用していました。宿泊代と交通費、そして時間を節約するためです。

 大阪と青森を結ぶ寝台特急「日本海」には「デュアスロンinよもぎた」に出場した帰路、青森から敦賀まで乗車しました。
 「庄内デュアスロン大会in酒田」に出場したときの往路で、寝台特急「あけぼの」に上野から酒田まで乗車しました。

 大阪天王寺から和歌山の新宮までの夜行列車を利用して、紀伊半島一周をしました。
 また、京都から山陰線の夜行列車を使って米子まで行き、伯備線で岡山を経由して名古屋まで戻ってきたこともあります。
 夜行列車と青春18切符を組み合わせると、距離が稼げるのでかなり遠いところまで行くことができました。

 新幹線の延伸、高速道路の整備による夜行高速バスの普及、格安航空(LCC)の就航、ビジネスホテルの低価格化などにより、夜行列車の利用者は減少してきたため、当時の夜行列車や「ブルートレイン」は廃止されてしました。JR九州の「ななつ星」などの豪華寝台列車を除くと、定期運行されている寝台列車は「サンライズ出雲・サンライズ瀬戸」だけとなっています。

 かなり古いですが、はしだのりひことクライマックスの『花嫁』に
 「♪花嫁は 夜汽車にのって とついでゆくの♪ (中略)
  ♪何もかも 捨てた花嫁 夜汽車にのって♪」
とあります。
 私と同い年の石川さゆりの『津軽海峡・冬景色』は
 「♪上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中♪」
という歌詞です。

 夜行列車には旅の情緒を増幅する魅力があります。
 『花嫁』や『津軽海峡・冬景色』のような歌詞は、今後生まれることはないでしょう。
 時代の流れとは言え、夜行列車の利用経験者としては、とても寂しく感じます。
  

Posted by まつぼっくり at 21:37Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2021年02月02日

994 山崎川Walk その16

■2021年1月24日(日) 雨一時曇

 昨日は終日、雨が降りましたので、1日中おうち時間でした。朝も雨天でしたが、午前10時半頃、雨が上がりました。

 よし! 歩きに行こう!

 ただ、何時また降り出すかわかりません。すぐに帰宅できるよう、落合橋から左右田橋あたりをぐるぐる回ることにします。
 考えることは皆さん同じなのでしょうか。ランナーも10人ぐらいいましたし、犬の散歩をしている人もいました。

 何本かの桜の幹に張り紙がありました。
「皆様に長年愛されてまいりました桜ですが、樹木医による診断調査の結果、腐朽が進行していることが判明しましたので、2月頃に撤去し、若い桜に更新します。
 ご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。
    名古屋市 瑞穂土木事務所 維持係」

 別の木には、
「皆様に長年愛されてまいりました桜ですが、樹木医による診断調査の結果、腐朽が進行していることが判明しましたので、2月頃に撤去致します。なお、適切な植栽間隔確保の為、補植は行いません。(以下同上)」
と書いてありました。

 ソメイヨシノの寿命は、50から60年といわれています。ただし、きちんと手入れすれば長生きし、樹齢120年以上で、毎年きれいな花を咲かせる木もあるそうです。

 山崎川の桜も老木もあり、寿命が間近の木もあります。定期的に伐採と植樹をしなければ、桜の名所を保つことができないことがわかります。

 歩き始めて1時間半、ウインドブレーカに当たる雨の音が強くなりました。このまま降り続きそうです。急いで家に向かいました。

使用シューズ:MIZUNO GX
走行距離:8.4km
走行時間:1時間12分
  

Posted by まつぼっくり at 21:31Comments(0)TrackBack(0)ウォーキング