2015年05月16日

163 探訪あいち・東谷山と尾張あすか巡り

◆2015年4月29日(水・昭和の日) 晴時々曇

 最初に、参加者の皆様に謝罪しなければなりません。
 探訪あいちの企画データには、
「東谷山山頂に登りますので、歩きやすいシューズで参加してください。山頂まで約750m、標高差123m(片道約20分)の自然歩道です。」
と記載して事務局に提出していたのですが、掲示板にはそれがなかったのです。
 yuuminさんには「自転車で上ると思っていた」と言われましたが、ビンディングシューズ(SL)で参加された方には歩きにくかったと思います。
 データがきちんと反映されているかどうか、今後チェックするようにしますので、ご容赦いただきたいと思います。

 その東谷山は、標高198.3mの名古屋市内で最高峰の山。散策路には急な階段もありますが、子供達でも気軽に登れます。山麓には中社古墳と南社古墳、山頂には尾張戸神社古墳と3つの古墳があります。山頂の展望台からは名古屋駅の高層ビル群、小牧山など濃尾平野が臨めます。視界が良ければ伊吹山も見えるそうです。

 東谷山周辺の志段味地区は、1700年前の飛鳥時代の古墳がそのまま残る古墳密集地です。名古屋市には約200個の古墳があるそうですが、そのうちの3分の1が志段味に集まっているのです。
 最初に訪れた国史跡白鳥塚古墳は、この地区最大の古墳で、墳丘斜面に石英が大量にまかれて、白く輝く姿から白鳥塚と呼ばれるようになりました。
 次に訪れた東谷山白鳥古墳(白鳥1号墳)は、横穴式石室が特徴となっています。柵に鍵が掛けられていて、中に入れないのが残念です。下見の時は鍵がなかったので、中に入って埋葬施設の広さを体感できたのですが。

 名古屋市では、今後、志段味古墳群を「歴史の里」として整備していくそうです。その一環でしょうか、下見の時にはなかった史跡標柱が古墳の前に建てられていました。石に古墳の名称が刻まれ、古墳の価値が少し高められたような感じがしました。

 「お腹が空いた」との声が上がり、東谷山フルーツパークの散策を割愛し、昼食にすることにしました。森林公園内のアップダウンのある道を自転車で走った上に山にも登ったわけですから、空腹を感じて当然でしょう。
 フルーツパーク内のレストランは、あまり美味しくありません。森林公園の少し先まで戻って、博多ラーメン『一笑』に入りました。
 下見の時にたまたま食べてみて、結構美味しいと感じたので、ここにしました。ラーメンの味の好みは、人それぞれなので参加者の皆さんにはどう感じたわかりませんが。

復路で、色金山歴史公園とジャイアントストア名古屋に立ち寄りました。
 ジャイアント(Giant)は1972年創業、世界最大の台湾の自転車メーカー。会社名は「巨大機械工業」といいます。
 ジャイアントはOEM専門から旗揚げしたメーカーです。OEMとは、他社メーカーが委託者のブランド製品を製造することです。
 ジャイアントは自社ブランドの自転車を生産するのに加えて、実にたくさんの有名ブランドの自転車を生産しています。トレック、シュウイン、ビアンキ、コルナゴなどのブランドもジャイアントが製造しているのです。

 台湾第二のメーカー、メリダも自社ブランドはもちろんのこと、OEMで様々なメーカーを扱っています。スペシャライズドとか、ブリヂストンのアンカーとか、ヨーロッパの名門ブランドのあれやらこれやら。
 そして同じく台湾のパシフィック社。この3社で世界中のほとんどのスポーツバイクを製造していると言えるでしょう。自転車メーカーや自転車部品ってOEMだらけなんですね。

 ロードバイクはヨーロッパブランド、MTBはアメリカンブランドが幅を利かせていますが、よほどの高級車でない限り、欧州や米国内で生産されたものは少なく、ほとんどが台湾製です。台湾メーカーは、大手ブランドに品質からコストまで叩かれて、いじめられて今の技術とコストパフォーマンスを確立し、その結果、キャノンデールもビアンキも、ブランドだけが残って生産しなくなったのでした。
 ジャイアントやメリダをダサいとか、買う気が無いと言っている人も、知らずにジャイアント製自転車やメリダ製自転車に乗っている可能性が高い、という滑稽なことになっているのです。

 名東区のYWさん、日進市のKOさんが、途中で抜け、8人が瑞穂公園に到着しました。
 瑞穂スタジアムでは社会人サッカーの試合が行われていて、移動販売車が出店していて、女性陣2人がパフェを買っていました。私もそれにつられて、ソフトクリームを購入。火照った身体には美味しかったですね。

サイクリングコース
瑞穂公園(午前8時30分)→ 天白川沿い → 県道221号 → 梅森西 → 岩崎城跡公園 → 県道57号 → 長久手古戦場公園 → 長久手市役所 → 県道75号 → 西本地橋 → 三郷駅 → 森林公園 → 白鳥塚古墳など → 東谷山〔散策路で山頂まで登ります〕 →〔折り返し〕→ 〔昼食〕→ 色金山歴史公園 → ジャイアントストア名古屋 → 瑞穂公園(午後2時50分)

走行距離:57km
標高差:184m
所要時間:6時間20分
使用自転車:cannondale F700

参加者
菰野のカンさん、ミシガンさん、古いコルナゴさん、konさん、青いカタバミさん、yuuminさん、KOさん、KTさん、YWさん、幹事  計10人

参加者の声
<konさん>
有難うございました!!
新緑サイクリングでしたね。
わたくしは初東谷山でした、お天気良く暑かったです。

<ミシガンさん>
マツボックリさんらしい、えっこんなところにこんな史跡が! という発見がありました。古墳は奈良くらいにしか残っていないと思ってました。4世紀のこの地方はどんな感じだったのでしょうね。
東谷山"登山"含めて結構な運動量で博多ラーメンセットも美味しく頂きました。
次の探訪を楽しみにしています。有り難うございました。

<所さん>
生誕以来、愛知県で生活していながら、東谷山の存在を初めて知り、山頂まで登って良い景色を見られ、幾つかの古墳も見れ、楽しかったです。ありがとうございました。


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t108854