2016年02月06日

261 義父母の墓参り

●2016年1月30日(土) 曇ときどき晴

 義母が亡くなったのは、2006(平成18)年2月3日(金)午後2時52分のことでした。

 臨終のその瞬間にぎりぎりで間に合いました。あと10秒か20秒遅れていたら、立ち会えませんでした。
 もう危ない。
 すぐに娘を迎えに小学校に急ぎました。学校に電話を入れ、職員室で待っているようにお願いしました。娘は算数のテスト中だったようです。
 病院の手前で踏切に遮断されてしまいました。よりによってこんな時に‥‥。妻から携帯へ「早く!」の連絡。病院へ駆け込んでエレベーターに乗ったら、途中で降りる患者が2組も。焦りながら、病室に駆け込みました。
 「早く、おばあちゃんの手を握って!」
 娘と私は義母の手に触れました。それからすぐに義母の息は途絶えました。
 享年71歳。今の時代では、少し若かったと思います。

 義母はもしかしたら平成元年に死んでいたかもしれない人でした。大腸ガンを乗り越え、脳梗塞で倒れても奇跡的に命を取り留めた、不死鳥のような人でした。

 私が妻と出会ったとき、義母は既に脳梗塞の後遺症で体が不自由でした。ですから、私は、元気なときの義母の姿を知りません。面倒見の良い、快活な人だったと聞いています。

 それから7年後の2013(平成25)年1月29日に義父が亡くなりました。もう1週間遅ければ、夫婦で命日が同じになったのですが。

 義母の逝去からちょうど10年。今日、妻とともに、義父母が眠るお墓に行って参りました。

この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t114788