2018年02月19日

577 第45回刈谷市かきつばたマラソン大会

★2018年2月11日(日・建国記念の日) 晴

 昨日の午後から降り出した雨も明け方までに上がり、快晴です。しかし、非常に強い風が吹いていて、体感温度はとても寒いです。

 豊明駅で急行から普通電車の乗り換えたとき、通勤電車でいつも一緒になる男性を見かけました。その方は私と同年代と思われる容姿で、いつもウインドブレーカーを着て、赤いDバックを背負っています。左腕にはエプソンのGPSウォッチをはめているので、たぶんランナーだろうと思っていました。
 富士松駅で降りたので、マラソン参加者に間違いありません。その人のあとを付いて歩きました。ウイングアリーナ刈谷での受付で、その人の名が「シミズ」さんであることがわかりました。

 かきつばたマラソンには2014年から、2016年を除いて4回目の参加。このマラソンは毎回少しずつコースが変わります。今年は公園内から外周道路に出るまでのコースが若干変わりました。

 10時40分、10kmの部が一斉にスタート。
 逢妻川河川敷のコースは、ぬかるんで泥水が跳ね上がります。足が取られて走りにくいです。
 堤防道路に上がると、すごい風です。しかも完全な向かい風。押し戻されそうです。田んぼの中の細道では、道から落とされそうなくらいです。
 寒いし、鼻水は出るし、最悪のコンディション。
 途中1個所ある給水所では、紙コップが飛ばされて散乱していました。
 再び堤防道路に上がり、追い風を期待したのですが、横風になっただけでした。残念!
 冷たい風の壁を切り裂いて走っているようです。
 風はさらに強くなり、帽子が飛ばされないよう手で押さえながら走らないといけない状況です。実際帽子を飛ばされた人もいました。
 堤防道路から落とされる!
 怖いくらいの横殴りの風です。
 ほとんどが逆風で、追い風になったのは1kmもなかったでしょう。

 去年より3分以上遅いタイムでゴール。
 「こんな強い風がなけりゃ、1分は早かったのになぁ~」
 そんな声が聞こえましたが、同感です。

 農業大学校陸上部からは、10km一般男子一部(高校生から29歳)に2年生のヨウタくん(13位)と1年生のタイキくん(33位)、10km一般女子の部(高校生以上)に2年生のリコさん(111位)が参加しました。

 ゴール後、さらに悲惨な目に遭いました。
 着替えを済ませ、抽選会場の陸上競技場に入ろうとしたときです。5、6段の短い下り階段で転げ落ちたのです。
 一瞬、何が起きたのかと思いました。
 「大丈夫ですか?」
 近くの男性の声で、自分が転んだことに気がつきました。
 すぐに起き上がれましたので、大きなケガはないようです。
 「たぶん、大丈夫だと思います」
 気分が悪かったわけでも、階段を踏み外したわけでもありません。
 脚が疲労していて、重たいリュックサックでふらついたのか、よくわかりません。
 ジャージの裾をめくり上げてみると、左膝をかなり擦りむいていました。左頬と左肩も少し打ったようです。
 リュックサックがクッションになって、比較的軽い傷で済んだようです。

 災いは、いつ、どんな状況で、起きるかわかりません。用心していても遭遇することもあります。運命として受け入れるしかないのでしょう。

種目:10km第三部男子50歳以上の部
記録:55分19秒
種目順位:325人完走中213位
使用シューズ:MIZUNO GX


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t126979