2018年05月06日

606 還暦-60歳の青春

★2018年4月20日(金) 晴

 本日、還暦を迎えました。

 還暦とは60年で生まれた年の干支(十干十二支)に一巡して戻ることから、「暦」が「還る」というところから来ています。生まれた年に戻るというところから、赤ちゃんに戻る・第二の人生に生まれ変わるという意味で「還暦」と呼びます。本卦還り(ほんけがえり)ともいいます。もう一度スタート地点に戻ると言うことでしょうか。

 でも、実際のところ、自分が人生の節目となる60歳になるなんて、全く実感がありません。外見や肉体はポンコツとなりましたが、心や精神年齢は二十歳の頃と変わらないと思います。3回目の成人式を迎えたといった方が相応しいでしょうか。

 現実的に変化を実感するのは、定年退職の時だと思います。
 経済的にも必要があるため、定年後も働くつもりですが、現役時代のような重い責任からは開放され、時間的余裕も今よりはできるでしょう。時間的制約でやりたくてもできなかったことにトライしてみたい。心の引き出しの中にしまっておいた夢を取り出してみたい。

 人生は有限です。“時間”は人間にとって最も“貴重”な資産です。それを意識するかどうか、何に使うかで、人生の充実度は違ったものになるでしょう。かけがえのない一日一日を悔いなく生きたい。生きている間は楽しく明るく過ごしたい。

 そのためには、健康がなにより大切です。健康な体がなければ、やれることが制限されます。さらに、健康を活かし、心身の活動の源となる元気や活力があれば、価値ある人生が創出できるでしょう。

 体力的には、走力やペダルを漕ぐ力に衰えは感じません。
 しかし、疲れがたまりやすく、なかなか回復しなくなりました。
 加齢とともに思いどおりに動かない部分が増えてきます。しかし、その部分に目を向けていても仕方がありません。自分の体と会話しながら調整し、新しい感覚をつかむようにすることも大切です。そこに楽しみや喜びもあると思います。
 老いは日に日にやって来ますが、最後の一日まで、喜びを見いだせる人生を生きたいと思います。


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t128521