2019年05月07日

743 J1リーグ第8節(vsジュビロ磐田)

■2019年4月20日(土) 晴

 誕生日に勝ち試合が観戦できて嬉しいです。

 グランパスは早いパス回しでジュビロを押し込めたものの、なかなかシュートが打てません。5バックのような守備重視のジュビロの戦術にはまった感じです。
 後半、ガブリエルシャビエルがふわっとした浮き球をゴール前に送り、ジュビロのDFが空振りしたボールを、ジョーがヘディングで合わせます。これがジュビロのGKカミンスキーが伸ばした手の上を越えてゴールに入りました。
 終了間際に攻め込まれる場面が何度かありましたが、GK武田のビックセーブや、ゴール前ギリギリでの米本の見事なクリアーでしのぎ切りました。ジュビロのシュート精度の低さに助けられた面もあります。

 昨年のグランパスとは明らかに変わりました。風間監督が言うように戦える集団になったと思います。
 パスサッカーは変わりませんが、パスのつながる確率が上がり、展開が早くなりました。

 昨年は、お互いのパス交換のみでペナルティエリアに入れるパスが少なく、動きながらのボールの受け渡しがみられず、すぐカットされてしまうことが多くありました。
 せっかくドリブルで攻め込んでも、途中で止まってバックパス。何のためにドリブルしたのか。
 相手のパスをカットしようとする動きもなかった。上がりも戻りも遅かった。
 しかし、今年は攻守の切り替えが早く、厳しい寄せもあり、互いのサポートもしっかりしています。流れるようなボール回しに、見ていて本当に面白い、楽しいと感じます。

 次の強敵広島とのホームゲームも期待できそうです。

<試合結果>
豊田スタジアム
1対0(前半0-0、後半1-0)
得点【名古屋】①ジョー(後25)
観衆:28,585人、開始:午後2時
<成績>
5勝1分2敗、勝点:16、得点:16、失点:6、得失点差:10、順位:3位


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t134508