2019年06月04日

754 チェコ.デザイン100年の旅

■2019年5月6日(月・振替休日) 晴

 10連休あったゴールデンウィークも本日が最終日。
 天気予報では曇時々雨でしたが、朝起きてみると快晴でした。
 よし! サイクリングを兼ねて岡崎市美術博物館へ行こう!
 農業大学校勤務の時に頂いた招待券があったからです。期限は5月19日(日)まで。今日行かないと、行ける日がなくなるかもしれません。

 堀田駅から東岡崎駅まで輪行し、美術博物館までは7km程。ちょうど11時に着きました。

 今回の展示は「チェコ.デザイン100年の旅」です。
 今はチェコとスロバキアは別々の国になりましたが、チェコスロバキアというと、名古屋グランパスのレジェンド、ストイコビッチ選手とサッカー日本代表のオシム監督を思い出します。
 正直、それ以外にあまり親しみがありません。

 本展は、家具、食器、ポスター、おもちゃ、書籍、アニメーションなどを展示する日本初の総合的なチェコ・デザイン展だそうです。
 複雑な造形ではなく、とてもシンプルなデザインの作品が多い印象でした。

 私が最も興味をそそられたのが、『チェゼタ・スクーター501型』です。
 最先端に一灯のヘッドランプが付いており、豚の鼻を想起させ、ホイールベースが長い外観で、「ピッグ」の愛称で親しまれたそうです。白と青の上下ツートンカラーのためか、何となくモーターボートを連想しました。方向指示器がないのも変わっています。

 もう一つ、「SKODA(シュコダ)」という自動車のポスターがありました。調べてみると、1895年創業で120年以上の歴史あるメーカーです。初めて聞く自動車ブランドです。私は見たことがありません。1991年にドイツのフォルクスワーゲンの一員となり、ドイツでは結構人気のある車だそうです。

 1時間20分ほど鑑賞し、昼食を求めて、岡崎中心街に自転車を走らせました。
 梅園小学校近くにあった「鶏そば屋 天頂」に入店。鶏白湯ラーメン1玉セット(950円、税込み)を注文。この店の一番の特徴は、チャーハン、白飯、煮玉子、鶏肉、野菜、漬け物、味付け海苔などが食べ放題だということです。
 どれも美味しくて、味も量も十分満足しました。

 備前屋でどら焼きを買って、往路は自宅まで自走しました。

使用自転車:TREK F600
走行距離:47km(累積118km)
走行時間:3時間04分
活動時間:6時間50分(午前9時15分自宅発、堀田駅9時38分発急行豊川稲荷行き乗車、午後4時05分自宅着)


Posted by まつぼっくり at 22:42│Comments(0)TrackBack(0)美術

この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t134857