2019年06月09日

755 YBCルヴァンカップ第5節(vsセレッソ大阪)

■2019年5月8日(水) 晴

 カップ戦予選最後のホームゲーム。
 なんとか勝利で私達を喜ばせて欲しい。
 しかし、前半で2点のビハインド。

 カップ戦は若手主体臨んでいます。が、パスは回すものの、攻撃に決め手を欠きました。失点はいずれも、速攻へのファールで与えてしまったセットプレーから。
 主軸との力の差を露呈した内容です。
 この停滞感を打ち破ったのが、後半、途中出場した前田直輝とジョーでした。
 リーグ戦主力の2人があげたゴールで同点に追い付きました。
 リズムに乗った攻撃が展開され、もう少し時間があれば逆転できたかもしれません。
 それでも、負け試合と思われた状況で、重みのある勝ち点1を拾った感じです。

 1次リーグを突破できるか否かは、最終節のアウェイ神戸戦に持ち込まれました。勝てばプレーオフステージ進出、負ければ敗退です。
 次こそ若手の奮起を望みます。

<試合結果>
パロマ瑞穂スタジアム
2対2(前半0-2、後半2-0)
得点【名古屋】①前田(後24)②ジョー(後34)【セレッソ大阪】①片山(前15)②舟木(前40)
主審:笠原
観衆:9,852人、開始:午後7時30分
<成績>
1勝3分1敗、勝点:6、得点:4、失点:3、得失点差:1、順位:3位

この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t134927