2019年06月13日

759 第17回市民サイクルパラダイスin日間賀島

■2019年5月25日(土) 晴

 朝4時に起床し、6時10分、自宅発。
 少し早めに自宅を出たことが功を奏しました。
 知多半島道路阿久比インター先で事故があり、渋滞していたのです。
 路肩で右側面がつぶれていた車が1台だけでしたので、おそらく単独事故でしょう。
 この事故の影響で、スタート時間が30分遅れました。

 交通事故は起こした本人が悲惨なだけでなく、多くの人に迷惑を掛けます。無理な追い越し、スピードの出し過ぎに注意し、安全運転を心がけたいものです。

 7時10分過ぎ、豊浜の駐車場に着きました。
 島まで持っていくものをリュックに詰め、ヘルメットをかぶってグローブをはめようとしたら‥‥‥
 えっ! 2つとも右手用だったのです。
 2つともルコックのグローブで色がよく似ていたので、間違えて持ってきてしまったのです。
 とほほ‥‥‥
 よく確認すべきでした。
 仕方なく、行く途中にあるファミリーマート南知多豊浜店で軍手を購入。

 西港で下船したらちょっと景色が変わっていました。船着き場前に新しく『日間賀島ポート』ができていました。今年3月に竣工したばかりの真新しい建物です。中に入ってみると、待合室、トイレ、観光案内コーナーがありました。観光振興を狙って整備されたのでしょう。島を訪れる人達には嬉しい施設です。

 東港の会場は人影がまばらです。知多半島道路の事故の影響です。

 雲一つない、突き抜けるような青空。
 日差しが強いので、東屋の下にレジャーシートを敷きました。早めに来て日影が確保できてよかったです。

 RedBull(レッドブル)の宣伝ガールがレッドッブルのプルタブを開けて1本渡してくれました。
 「何回も来てるんですか?」
 「10回以上は参加してると思います」

 大会では、いろんな自転車を見る楽しみもあります。
 中でも目を引いたのが「NISHIKI」のロードレーサーです。乗っていたのはやはり私と同じくらいの年配の男性。

 オールドファンならご存知のブランド、作っていたのは神戸の川村産業です。「ニシキ」とは「錦の御旗」のニシキ。かつてはミヤタや丸石などと共に高級自転車メーカーとして著名で、海外でも高級自転車の代名詞として知られていた名門でした。
 今はカワムラサイクルという名で、車いすを作っている会社です。1995年の阪神淡路大震災で川村産業は大打撃を受けたようで、それ以降は「NISHIKI」ブランドの自転車をサイクルショップで見ることはなくなりました。そのブランドは別会社に売却されたそうです。

 昨年は午前11時スタートでしたから、30分遅くなったとはいえ、今年の方が早く始まります。

 今年のママチャリ・ソロ部門の参加者数は、ママチャリ自体をあまり見かけませんでしたから、5、6人だと思います。いつも少ないので入賞の可能性はとても高いです。

 走る時間は1時間だけですから、私自身は毎年、一生懸命ペダルを漕ぎます。

 記録は残り1分を切って、5周回できました。
 昨年、一昨年は4周(52分12秒、53分51秒)でしたから、ずいぶんスムーズに走れました。日差しは強かったものの、カラッとして暑さを感じなかったのが幸いしたのでしょう。

 浜辺に張り出されたリザルト見たら、参加者6人、完走5人、着順は1位でした。
 私以外の人は2位と3位が2周、4位と5位が1周しかしていません。1時間コンスタントに走り続けたのは私だけで、あとの参加者は途中で休憩していたようです。この大会らしい結果です。

 今年の優勝は着順5位、準優勝は15位、3位は25位(エントリーが少ない部門は適度に決定)と大会ホームページで予告されていました。ママチャリの部は記録上5位の人が優勝となりました。
 正午から表彰式が始まり、私は、記録上本当の1位として表彰され、小さな賞状と、ライオン製品の詰め合わせをいただきました。

 昨年は表彰式が午後1時30分からでしたから、今年は北港から14時05分に出航するフェリーに乗船するまで時間があります。
 西港の店でお土産を買い、レースを見学しました。キャノンデール、ルイガノ、ピラネロ、ジャイアント、ビアンキなどのブランドが多かったように思います。少数派では、チッポリーニ、ドバッツ、テスタッチ、オデッセイなどが目に留まりました。

 自転車の乗客は、20人くらいはいたように思います。今年は終了時間が早くなったので、大勢になりました。昨年は父と男の子の親子と私の3人だけでしたから。

 フェリーは高速船の3倍くらい時間がかかりますが、デッキから、篠島や佐久島、渥美半島や知多半島、行き交う船、空と海‥‥‥景色を眺め、ゆったりとした時間を楽しめます。
 愛知県は工業だけでなく、農業や漁業も盛んなうえ、海、山、川、半島、島と自然にも恵まれ、バランスの取れた素晴らしい県だと、改めて実感します。

種目:1時間・ママチャリ・ソロの部
記録:1位/完走5人、DNS 1人
タイム:59分06秒
周回数:5周(走行は6周回)
走行距離:18.5km
(主催者は1周約3.7kmとしていますが、もう少し距離があると思います)
使用自転車:ブリヂストン・アルベルト

■費 用
船代(往復) 2,300円
  〔通常は 2,680円〕
高速道路代 大高IC ←→ 豊丘IC
     870円×2=1,740円
手袋(ライトグリップM)255円
  ファミリーマート南知多豊浜店にて
おみやげ(タコ饅頭)324円
  日間賀島西浜「かもめ」にて
■参加料
1,000円


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t134972