2019年10月16日

793 J1リーグ第27節(vsサンフレッチェ広島)-広島へ

■2019年9月28日(土) 晴

 広島へは高校の修学旅行、2003年の広島ベイマラソン、2007年と2011年のしまなみ海道サイクリング以来、5回目です。
 修学旅行のときも宮島や平和公園へ行きましたが、行ったという事実だけで何も覚えていません。
 せっかくのアウェイ観戦の旅ですから、広島観光を満喫しようと思います。

 広島駅で驚いたのは、外国人の多さです。それも欧米系の人達です。大きなバックパックを背にした大柄なカップルや家族連れが、とても目立ちました。一見してわからないアジア系の人達も相当いるでしょうから、行き交う人の半分は外国人観光客ではないかと思うくらいです。

 駅のコンコースには赤いビブスを着たボランティアガイドの人達が、そうした観光客に丁寧に対応していました。名古屋駅では見られない光景です。
 市内観光バスも3ルートあり、車内では英語での観光案内がビデオと音声で流されています。
 観光に力を入れている故の取り組みでしょう。

 娘が美術館に行きたいというので、ひろしま美術館で「印象派、記憶への旅 Impressionism-Light and Memory」を鑑賞しました。モネ、ゴッホ、マティス、ピカソなど、印象派の画家の企画展示です。

 ランチは館内の『cafe Jardin』にて、スパイシービーフカレー(1,080円)を食べました。「Jardin(ジャルダン)」とはフランス語で「庭」の意味。きれいに手入れされた中庭を眺めながら、食事ができるカフェです。

 広島駅北口午後3時25分発の「ジ・アウトレット広島」行きのバスに乗車(400円)。このバスは土日の日中のみ運行し、途中、スタジアムのある広域公園前駅のみに停車します。
 乗客は私達3人を含めて8人のみ。サンフレッチェの紫のユニフォームを着た、お父さんと息子の親子連れもいました。
 所要時間は37分ですが、4km近い西風トンネル(広島高速4号線)を抜けるので距離は結構あるようです。
 このバスは午後5時台で運行が終了するため、帰りはシャトルバスでJR横川駅まで行き、山陽本線で広島駅に戻ることになります。

 エディオンスタジアムは、ここが政令指定都市なの? と疑うような山あいにあります。

 1992年に完成し27年経ったスタジアムですが、古い上に造りも非常に悪いです。
 まず、横方向への通路が最上段にしかありません。これでは出入口への移動が大変不便です。
 そして、トイレ。
 ゴール裏スタンドには1箇所しかなく、長い階段を下りてスタンドから距離があります。出入口は一つで、便器の数も規模の割には少ない。
 この日は入場者数が10,880人と少なかったので、混雑はしませんでしたが、もしもっと多かったら、出入口に殺到して、入るのにも出るのにも時間がかかったでしょう。
 照明も暗いです。特にスタンドが薄暗いと感じました。

 それにしても、5万人入るスタジアムで1万人少々の観客とは、とても寂しいです。やはり、広島と言えば、広島東洋カープ。カープのグッズがそこかしこで販売され、専門店もあります。
 サッカーへの関心は薄いのでしょう。
 それに、MAZDAスタジアムは広島駅から歩いて行けるところにあるのに比べ、JRとバスを乗り継いで行く、不便さが集客力を弱くしていると思います。

 車窓から見て、広島は平地が少ないと感じました。広島駅の北には山が迫っています。実際、広島中心街とエディオンスタジアムの間は、山で隔たれています。スタジアム建設できるような平らな土地が他になかったのでしょう。
 名古屋は広大な濃尾平野にあって、平らな土地に恵まれた地域であり、だからこそ工業も農業も発展したのだと改めて実感しました。

 試合前の腹ごしらえ。スタジアムで広島名物の焼き牡蠣(2個600円)と山菜寿司(300円)、そして生ビール(700円)を買いました。スタジアムグルメは値段は高いのに、味も月並みで量も少ないです。

 さて、フィッカデンティ監督に替わって最初の試合。
 前半にコーナーキックからヘディングによるゴールを許してしまいましたが、前半のうちに前田のシュートで追いつきました。
 後半は決定機が少なく、盛り上がる場面がなかったのですが、危ないシーンを作らせず、スコアレスドロー。貴重な勝ち点1をゲットしました。ただ、新監督の守備は機能しましたが、攻撃面は物足りません。
 サポーターとしては新監督の手腕を信じて、次のホームでの試合に期待したいと思います。

<試合結果>
エディオンスタジアム広島(広島ビックアーチ)
1対1(前半1-1、後半0-0)
得点【名古屋】①前田(前44)、【広島】①野上(前33)
主審:東城
観衆:10,880人、開始:午後7時
ビジターシート大人 2,100円×3人
<成績>
8勝8分け11敗、勝点:32、得点:40、失点:41、得失点差:-1、順位:11位


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t136554