2019年11月04日

804 J1リーグ第29節(vsベガルタ仙台)

■2019年10月19日(土) 雨ときどき曇

 試合が始まる前から、勝てそうにない気がしました。良くて引き分けか。
 試合が始まっても、そんな不安を助長させるような試合展開です。

 前半開始早々にコーナーキックから簡単に失点してしまいました。

 試合後、誰かが言っていました。
 「選手同士の連動がないんだよな」
 本当にそのとおりです。
 一人一人のパフォーマンスも落ちているような気がします。
 ジョーはボールを収められないし、米本はボールを奪われる。

 それに、仙台のポーランド人のキーパーが素晴らしかった。
 決定的なシュートを3本は防いでいたと思います。

 これで14位に後退しました。ACL出場どころか、残留争いを演じるとは!

<試合結果>
パロマ瑞穂スタジアム
0対2(前半0-1、後半0-1)
得点【名古屋】なし、【大分】①平岡(前7)②ハモン・ロペス(後40・PK)
主審:松尾
観衆:15,485人、開始:午後2時
<成績>
8勝9分け12敗、勝点:33、得点:41、失点:44、得失点差:-3、順位:14位


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t136798