2020年08月21日

920 YBCルヴァンカップ第3節(vs川崎フロンターレ)

◆2020年8月12日(水) 晴

 半年ぶりのパロマ瑞穂スタジアムでのゲームです。瑞穂で試合が行われるラストイヤーです。
 来年から、2026年のアジア大会に向けて、スタジアムの建て替えが行われるからです。

 ルヴァンカップの予選リーグは当初の6試合から3試合に縮小され、本日が最終戦になります。グランパスは引き分け以上でプライムステージ進出が決まります。

 試合はいきなり動きました。
 開始1分、相馬のシュートが相手ディフェンダーに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれました。しかし、すぐに川崎が同点に追いつきました。
 続いてシャビエルがゴールを決めて再びリード。最初はグランパスが攻め込んでいましたが、徐々に川崎がボールを支配するようになり、2対2の同点になりました。
 さすが川崎です。ボールの収まりが良く、守備も安定しています。

 後半、川崎の大島が2枚目のイエローカードを受け退場になりましたが、1人少ないのを感じさせない試合運びです。
 グランパスは数的優位を活かすことができず、時間だけが過ぎていきました。

 結局、アディショナルタイムは攻めることなくボール回しに終始し、勝負を捨て、プライムステージ進出を選択した形です。
 先回のワールドカップで日本代表の試合運びを思い出してしまいました。

 何はともあれ、2年連続で1次リーグが突破できたことは、喜ばしい限りです。
 準々決勝は9月2日。8チームによるトーナメントです。どこと当たっても強敵揃いですが、少なくとも昨季突破できなかった準々決勝は勝ち抜いてもらいたいです。

<試合結果>
パロマ瑞穂スタジアム
2対2(前半2-2、後半0-0)
得点:【名古屋】①相馬(前1)、②シャビエル(前7)、【川崎】①②三苫(前6、38)
観衆:4,858人、開始:午後7時
主審:中村
<成績>
2勝1分、勝点:7、得点:8、失点:2、得失点差:6、順位:2位
プライムステージ進出決定


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t140209