2020年08月28日

924 kiticaのガレット

◆2020年8月22日(土) 晴

 新聞記事に寄れば、昨年までの5年間で、愛知県内では人身交通事故全体の件数が3割減少する一方、自転車と歩行者、自転車同士の人身事故は2割増加しています。
 また、過去5年間に交通事故で亡くなった自転車利用者の97.7%がヘルメットを着用していなかったとのこと。これはある意味、当然といえる数字です。自転車利用者のほとんどはママチャリです。スポーツ自転車利用者のほとんどはヘルメットをかぶっていますが、ママチャリでヘルメットをかぶっているのは通学の中学生ぐらいではないでしょうか。
 かく言う私もスポーツ自転車のときは必ずヘルメットを着用しますが、ママチャリのときは年に1回か2回だけです。
 ママチャリにヘルメットはかっこ悪い、ゆっくり走るママチャリには必要ない、と思う人が圧倒的に多いと思います。
 まずは、ヘルメットをかぶる文化とか、雰囲気が醸成されないことには、着用率も上がらないでしょう。

 さて、今日のランチは東海テレビのぐっさん家で紹介されていた、熱田区白鳥の「kitica」のガレットにしようと思います。
 ガレット(galette)は、フランス料理の名称で「円く焼いた料理」を意味します。そば粉生地を薄く焼き、コテで薄い円形に伸ばして正方形に折りたたみます。中には、生ハムなどの肉類、魚介類、チーズ、鶏卵などが入っていて、洋風お好み焼きのような感じです。

 そこで、行き先は東海通を西に進み、木曽岬町としました。
 外周を回るのではなく、役場のある中心部を走ります。中心部と言っても人通りはほとんどなく、とても快適に走れます。木曽岬町はサイクリングに最適の町だと実感しました。
 ただし、調子に乗って走っていると、一旦停止を忘れて軽トラックにぶつかりそうになりました。ヒヤリとしました。注意しないといけません。

 11時40分頃、kiticaに着きました。
 既に半分くらいの席が埋まっています。若い人が多く、人気のお店のようです。
 お店の人に聞くと、今から注文すると出来上がりは12時半ぐらいになるとのこと。
 基本となる、チーズ、卵、ベーコンが入ったガレット(700円)を2枚注文し、いったん店をあとにしました。

 近くのコンビニでアイスクリームを買い、白鳥公園の木陰のベンチに座ってのんびりしました。
 直射日光を避けると、ずいぶんと暑さから解放されるものです。

 指定時間に店に行くと、ほぼ満席状態です。
 サイクルジャージ姿のおじさんに、何人かの目が集まりました。

 帰宅して食べてみると、見た目よりボリュームがありましたが、胡椒が強すぎて味はいまいちでした。

使用自転車:Panasonic POS クロモリロード
走行距離:61.6km(累積143km)
走行時間:3時間11分
所要時間:4時間23分(8:27~12:50)


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t140295