2020年08月31日

925 勅使池と若王子池、そしてソフトクリーム

◆2020年8月23日(日) 晴ときどき曇

 先週16日に訪れた豊明市沓掛町に再び自転車で行きました。

 県道220号阿野名古屋線を走ります。
 この道は丘陵地を通るので、ほとんど平坦なところがなくアップダウンばかりで、変速機が活躍します。
 沿線には、新海池公園、滝の水公園、税務大学校、鳴海カントリークラブ、そして藤田医科大学病院(学校法人藤田学園)などがあります。

 地図を見ると勅使池(ちょくしいけ)の近くに若王子池があります。若王子池は「わかおうじいけ」ではなく、「にやくおうじいけ」と読みます。どちらも、少し変わった名称です。
 「勅使」とは、天皇、皇族、皇帝などの使いの者という意味です。名前の由来ともなっているように天皇の勅使によって改修工事が行われた池だとのこと。
 若王子池は、江戸時代初期の明歴元年(1655年)に造成された農業ため池です。

 若王子池の中にはソーラーパネルがありました。池の水面にソーラーパネルが設置してあるのは初めて見ました。なぜわざわざ池の中にあるのか不思議ですが、「土地の賃料が安い」「造成工事をしなくて良い」「周囲に日陰が少ない」「太陽光モジュールの温度が低く発電効率が下がりにくい」といったメリットがあるようです。
 勅使池に比べると若王子池の水はとても汚いですし、勅使池のように遊歩道は整備されていません。
 池の一角ではリモコンヨットを操縦しているおじさんが数人いました。リモコン飛行機は河川敷などで飛ばしているのをよく見ますが、船は初めて見ました。

 帰路、鳴海のアピタにあるスガキヤでソフトクリームを食べました。暑いときにはかき氷やアイスクリームが人気ですが、私はソフトクリームが好きです。スガキヤのそれは少し甘すぎるものの、160円と低価格なので気軽に買えます。

 先週16日のサイクリングの帰りに、瑞穂公園近くの「ウィークエンドスイーツ」という屋台のような店でソフトクリームを食べたのですが、台座となるコーンに対してソフトクリームの載せ方のバランスが悪く、店の前で食べようとしたらソフトクリームが倒れて地面に落ちてしまいました。
 こんなことは初めてです。
 お店の人に言ったら新しいのを作ってくれました。しかし、これも口を付けたところで崩れそうになり、手で支える羽目に。手がベトベトになりながらもなんとか食べ終えましたが、コーンの中にはクリームがほとんど詰まっていないことがわかりました。コーンの直径が細いうえ、乗っているクリームが重たすぎるのです。頭でっかちのなで、これでは倒れるのも当たり前です。
 300円で値段も味も普通ですが、また食べたいとは思いませんでした。

使用自転車:Panasonic POSチタンエンデュランスロード
走行距離:37.0km(累積1866km)
走行時間:2時間16分
所要時間:3時間30分(8:00~11:30)


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t140338