2017年10月31日

535 ブログ引っ越します

▲2017年10月31日(火) 晴

 このたび、プロバイダーを乗り換えることになり、ブログサービス会社もメディアキャットから別会社へ引っ越すことになりました。
 どの会社にするか思案中ですが、明日11月1日からも、「二足二輪」のタイトルと「まつぼっクリ」のハンドルネームでブログを続けていきます。
 今後ともよろしくお願いします。
  

Posted by まつぼっくり at 23:38Comments(0)TrackBack(0)日常生活

2017年10月31日

534 農業大学校周辺JOG その3

▲2017年10月31日(火) 晴

 台風が過ぎ去ったら、昨日から急に寒くなりました。爽やかな秋の日が少なく、季節が狂っているのではないかと思います。

 本日は、平成30年度農学科推薦入学試験の合格発表でした。本年度は昨年度より12名多い、79名の受験者があり、66名が合格しました。私も試験運営に携わり、小論文の採点もしました。
 最近の高校生は、書籍や新聞を読まず、ラインやツイッターなどで簡単な短文しか書かないせいか、構成やつながりがしっかりとした文章が書けません。誤字脱字は言わずもがな、漢字が書けず、ひらがなが多い。中には論文のテーマから全くかけ離れた見当違いの作文をする生徒もいるほどです。
 これでは読むこと自体が苦痛になります。
 日本語を大切に、もっと国語を学んで欲しいものです。

 本日は陸上部の練習日ですが、一人も学生は現れず、単独走となりました。
 風が冷たく、汗はすぐに引いてしまいます。もう長袖Tシャツにした方が良いようです。

 さて、ごく普通の一般の大人が日常的に走るようになったのは、いつ頃からのことでしょうか。
 日本ではおそらく、1964年の東京オリンピックでマラソン中継を見てからのことであると思います。それ以前は、ランニングを趣味とする人は少数派で、回りから奇異な目で見られ、肩身の狭い思いをして走っていたのではないでしょうか。
 今は老若男女、誰もが気軽にランニングを楽しんでいます。
 一人で走っていても、気にすることはありません。良い時代になったものです。

使用シューズ:puma complete HOMURA
走行距離:5.5km
走行時間:38分
  

Posted by まつぼっくり at 22:24Comments(0)TrackBack(0)ランニング

2017年10月31日

533 J2リーグ第39節(vsザスパクサツ群馬)

▲2017年10月29日(日) 雨

 台風22号が東海地方に接近してきました。
 午前中は小雨でしたが、ちょうどパロマ瑞穂スタジアムに着いた午後1時過ぎから雨脚が強くなりました。予報では夕方あたりに最接近するようです。

 スタジアムの2階では、横断幕への寄せ書きが行われていました。私も一言「連勝!」と書きました。2位以内の自動昇格圏へは勝ち続けることが最低条件と言えるでしょう。

 午後4時キックオフ。
 上下ゴアテックスのウェアを着て、その上からアウトドア用の雨合羽を羽織っての観戦です。強烈な雨と風にさらされ、まるでシャワーを浴びているようです。
 水はけが良いと言われる瑞穂のピッチにも水たまりができるほどの悪天候で、選手の姿もボールも霞んで見えます。
 そんな風雨の中でも、グランパスはいつものとおりパスを回し続けます。
 前半18分、田口泰士が蹴ったフリーキックのボールを青木亮太が上手く合わせて先制。
 その後、雨も風も激しく、視界不良で、試合は一時中断となりました。

 スタンド下に避難し、試合再開を待ちます。
 大型ビジョンには「試合を中断しています。しばらくお待ち下さい。」の表示。
 これから台風はさらに近づくようだし、試合は中止になるだろうと思って、妻に「帰ろうか」と言いました。しかし、妻は待つとの判断。

 5時頃、「5時20分から再開予定です」とのアナウンス。西の空は夕焼けで明るくなっていました。雨も小降りになりました。
 こんなに早く回復するとは。

 前半23分からの試合再開で、1対0のままハーフタイムに入りました。
 後半開始早々、ディフェンスを崩され失点。さらに不用意なバックパスをカットされて、逆転を許してしまいました。いつもの悪いパターンです。
 しかし、5分後、玉田圭司が見事なシュートを決めてくれました。玉田がゴールを決めると負けないというジンクスがあります。ただ、この試合は引き分けではいけません。負けが許されないのは当然ですが、最下位群馬との一戦ですから、引き分けは負けに等しいと言えましょう。
 絶対に勝利しなければなりません。

 残り時間4分のところで、ゴール前で体を張ったシモビッチのバックパスを田口が冷静にミドルシュートを放ち、ゴールネット右隅に突き刺さったのです。
 逆転。
 スタジアムは歓声の渦に巻き込まれました。
 さらにアディショナルタイムに青木がゴールを決め追加点。4対2でシーソーゲームをものにしたのです。

 福岡が敗れ、長崎が勝ったため、2位長崎、3位グランパス、4位福岡の順位となりました。
2位との勝ち点差は2。他力本願ですが、長崎が1試合でも引き分けてくれたら、2位に浮上できるところまで来ました。
 残り3試合、連勝あるのみです。

<成績>
21勝6分け12敗、勝点:69、得点:82、失点:62、得失点差:20、順位:3位、
観衆:7,393人、開始:午後4時
前半22分から中断54分
  

Posted by まつぼっくり at 22:11Comments(0)TrackBack(0)サッカー