2020年12月12日

964 J1リーグ第30節(vs大分トリニータ)

◆2020年11月28日(土) 晴

 グランパスファンクラブの無料招待券を使って、ロイヤルシートで観戦しました。パロマ瑞穂スタジアムでは最も良い席で、通常6,900円もします。初体験の席で、最高の試合を期待していましたが‥‥‥。

 淡々と試合が進みました。
 人によって見方は異なると思いますが、得点の気配が感じられません。

 大分は実質5バックで、しっかりとゴール前を固めています。前半はシュート1本しか打てず、後半は大分に押し込まれる時間帯が続きました。
 GKランゲラック選手のファインセーブもあり、失点はありませんでしたが、得点チャンスもほとんどありませんでした。

 せっかくのロイヤルシートでの観戦で、引き分けは残念で、もったいないです。でも、映画や演劇の鑑賞と違って、結果のわからない、筋書きのないサッカーの試合ですから仕方ありません。巡り合わせが悪かったと捉えるしかないでしょう。

<試合結果>
パロマ瑞穂スタジアム
0対0(前半0-0、後半0-0)
得点:【名古屋】なし、【大分】なし
観衆:9,085人、開始:午後2時
主審:山本雄大
<成績>
17勝5分け9敗、勝点:56、得点:43、失点:28、得失点差:15、順位:3位
  

Posted by まつぼっくり at 22:21Comments(0)TrackBack(0)サッカー