2021年01月14日

986 中川運河をサイクリング

■2021年1月10日(日) 晴

 今朝も寒かったです。
 でも、今年になってまだ1回しか自転車に乗っていなかったので、寒くてもサドルにまたがろうと決意しました。

 身支度する段階から手足が凍えています。
 走り出すと、厚手の手袋の中の手も、厚手の靴下の中の足も、冷たくて感覚がありません。

 自転車での寒さ対策はなかなか難しいです。
 私が特に困っているのが、足先です。
 手の方は防寒用のグローブをはめて、指を動かすことで、ある程度温かくすることが可能です。
 しかし、足のつま先は厚手の靴下を履き、つま先カバーをしても、なかなか温かくはなりません。脚はペダリングで常に動いているのに、つま先だけは冷たいままなのです。

 これは、自転車に乗っているときだけでなく、日常生活でも同じです。
 寝るときは電気あんかや湯たんぽが必需品です。足が暖めれば上半身は多少寒くても大丈夫なのです。
 血流が悪いのでしょうか。
 ともあれ、なるべく経費をかけずに、いろいろなグッズを試してみたいと思います。

 さて、コロナ回避のため、なるべく人通りが少なく、近場で走りやすいコースを選び、中川運河沿いを走りることにします。

 東海橋から北上し、運河橋まで行きます。その先にはキャナルパークささしまがあります。人が多いわけでなく、落ち着ける穴場です。
 クルーズ名古屋の乗船場がありますが、はっきり言って水は汚いです。
 きれいな公衆トイレがあるので、とても助かります。

 南下して、河口の中川橋、稲永まで行き行きます。ブックオフやスポーツデポをブラブラし、何か掘り出し物がないか物色しましたが、これといったものはありません。

 きらく橋から新瑞橋に戻り、イオンモールのサブウエイで昼食買って帰宅しました。

使用自転車:BRUNO B-ant
走行距離:30.8km(累積383km)
走行時間:2時間
所要時間:3時間21分(8時45分~12時06分)
  

Posted by まつぼっくり at 19:56Comments(0)TrackBack(0)サイクリング