2018年04月08日

591 J1リーグ第4節(vs川崎フロンターレ)

★2018年3月18日(日) 晴

 昨季J1王者の川崎フロンターレに対し、グランパスは一歩も引くことなく果敢に挑みました。
 川崎は2012年から2016年まで風間監督が率いたチームですから、技術に重点を置いた攻撃を持ち味とするプレースタイルは兄弟のように似ています。ショートパスをつなぎ、密集地をかいくぐる地上戦を繰り広げ、攻守が瞬時に切り替わってしまう、見ていて面白い好ゲームです。
 試合を決めたのは、中村憲剛からのゴール前フリーキックを大久保嘉人がヘディングで押し込んだ得点でした。キックの精度、ゴール前の位置取りや駆け引きが、一枚も二枚も上手でした。

 ホームでの敗戦ながら、グランパスサポーターは声援と拍手でイレブンを讃えました。随所に好プレーが光った濃密な試合で、90分間があっという間に過ぎてしまった感覚だったからです。

 川崎には目立って大柄な選手はいません。大久保は170cm、大島僚太や登里は168cmと小柄な選手が多いチームです。それでも勝てるのは、パスの正確さ、ボールを失わない技術や連携、急所のつき方などが優れているかでしょう。
 それに比べれば、グランパスはまだまだです。
 しかし、風間サッカーが体現できれば、川崎のように強くなれる。優勝を狙えるチームになれる。そう感じさせてくれた今日の試合でした。

<成績>
2勝1分け1敗、勝点:7、得点:4、失点:3、得失点差:1、順位:5位
観衆:25,898人、開始:午後7時

 試合前、時間があったのでフォールディングバイクで豊田市自然の森公園内をポタリングしました。

使用自転車:TREK F600
走行距離:17.8km
走行時間:1時間20分


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t128042