2019年01月25日

714 中川運河沿いサイクリング

■2019年1月13日(日) 晴

 晴天、風もなく、冬のサイクリングには恵まれた天候です。

 荒子川公園まで行き、中川運河沿いを往復しました。
 1月2日に走ったルートとほぼ同じです。
 正月三が日とは違って、トラックの往来が多いです。それでも、交差点以外では路肩が広いので走りやすいです。

 ささしまライブに直結していて運河の起点となる堀止には、クルーズ船が停泊していました。

 前回、かっぱ商店街には2体の河童像があると記載しましたが、今回、須佐之男(すさのお)神社の横にもう1体発見しました。
 ちょっと強面で座禅を組んだ河童像の台座に、かっぱ商店街由来の銘板がありました。

 かっぱの由来
  昔、笈瀬川(今の笈瀬本通り)に、
  子供好きな一匹の「かっぱ」が
  棲んでおったそうな。
  このかっぱは力持ちの男の子に
  変身する特技があったんじゃ。
  ある日、川でおぼれている
  子供を助け、それからみんなに
  「人助けのかっぱ」と
  親しまれたそうな。
  笈瀬本通り商店街も、
  このかっぱにちなんで
  家計を助ける
  「かっぱ商店街」へ
  生まれ変わったんじゃとさ
        笈瀬本通商店街振興組合

 なお、太閤通の笈瀬通交差点にある河童像は、あぐらをかいて徳利のようなものを手に持った「EXPANSION(発展)」と、ビーナスのような衣を身にまとった立ち姿の「GODDESS(女神)」とう作品です。製作者は2体とも「岡田方夫」という方です。

 中川運河右岸を南下して、荒子川公園に戻りました。

 帰路、熱田高校近くの『たこ焼きの店 すゞき』に寄りました。
 人気の店で、先客が6人いました。
 昼ご飯用に家族分20個を注文しましたが、最後に残った14個しか買うことができませんでした。
 この店は、醤油味付けのいわゆる名古屋系たこ焼き。1個60円とちょっと高いですが、鈴カステラのように、片面ずつ焼いたものを合体させた懐かしスタイルで、たこも大きいです。
 香ばしさがたまらない、私の好きな味です。

使用自転車:KHS Manhattan m451S
走行距離:41.1km
走行時間:2時間37分
所要時間:3時間35分(8:55~12:30)


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t132958