2014年03月30日

30 Jリーグ第4節(vsヴィッセル神戸)

■2014年3月23日(日)午後  晴

春の日差しが暖かい瑞穂陸上競技場のスタンド。
いつものとおり、サポーターズシートのメインスタンドよりの中段に、妻とともに座りました。

私たちのすぐ後ろの席に座った女性二人。絶え間ないおしゃべりが続きました。
「なんでボールとられるんねん」
「はよ、走らんかいな」
「なにやっとんねん」
「も~、ほんまに」
グランパスのサポーターズシートに、なぜか関西弁。
「選挙行った?」
「行ったことない」
今日は大阪市長選の投票日ですから、大阪のおばちゃんのようです。
グランパスを応援する関西人もいるのですね。
しかし、2人で騒いで、やまかしいやら、うるさいやら、も~ほんまに堪忍してや!

試合は、新人の松田力が終了間際に逆転ゴールを決め、グランパスの勝利。3連勝で4位。
パスミスで先制点を献上したり、PKを失敗したりと、いい内容ではないものの、勝ち点はしっかり取ってくれました。

ところで、この日、埼玉スタジアムでは無観客試合が行われました。
3月8日に同スタジアムで行われた浦和対鳥栖戦の試合中、「JAPANESE ONLY」と書かれた横断幕が掲げられ、この表現が「日本人以外お断り」と解釈できるとしての処分でした。
Jリーグ規約第1章第3条には「人種、性、言語、宗教、政治またはその他の事由を理由とする国家、個人または集団に対する差別を行ってはならない」の規定があります。

差別はあってはなりません。

さらに言えば、試合というのは、対戦チームがあって成り立つものです。そして、相手チームのサポーターがあってこそ、盛り上がるものです。
両チームのファン・サポーターの声援、歌、応援旗などが、スタジアムを熱気や興奮で包み、非日常的で特別な体験の場とするといえます。
試合相手チームに敬意を表し、遠方から足を運んでくれたサポーターを歓迎し、おもてなすことが大切でしょう。大勢のサポーターが来場してくれれば、入場料収入も増えます。
スタジアムDJのYo Yo Yosukeさんが「△◇▽のサポーターの皆さん、ようこそ名古屋へ。素晴らしい試合にしていきましょう!」とアナウンスされているのは、とても素敵なことです。


この記事へのトラックバックURL

http://ma24ta.mediacat-blog.jp/t98343
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません